<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2017年07月31日

ジョンソン投手の現状

1501510842117308279414.jpg

ジョンソン抹消後2度目ブルペン 捕手座らせ42球
2017.7.31(Mon)

 左太もも裏の筋損傷でリハビリ中のクリス・ジョンソン投手(32)が30日、23日の出場選手登録抹消後、2度目となる投球練習を行った。大野練習場の室内ブルペンで捕手を座らせ42球。ノーワインドアップからカーブやスライダーなど変化球を交えながら力強く投げ込んだ。

 22日のランニング練習中に同箇所の痛みを訴え、「加療3週間」と診断された左腕。この日、投球を見守った菊地原3軍投手コーチは「投げる方はあまり問題ない。それよりも走ること。フィールディングができるかが大事」と説明した。
 今後は患部の状態を見ながらランニングメニューを強化し、ベースカバーなどの練習も取り入れる予定だ。

ジョンソン投手はピッチングにはそんなに影響なさそうですね。問題は守備とかダッシュとかの時に太ももの筋肉にどれだけ負担がかかるかでしょうね。ジョンソン投手自身も、早く一軍に戻りたい思いは強いでしょうが、決して焦らず、じっくり治して戻ってきて欲しいです。時期が来たら戦うであろうクライマックスシリーズや日本シリーズでは、ジョンソン投手の力が必要ですからね。またジョンソン投手の情報が入りましたらアップします。
posted by ドリヨシ at 23:30| Comment(17) | TrackBack(0) | 選手

高橋樹也投手、プロ初先発へ!

1501477875695901633326.jpg

広島・高橋樹、初先発へ気持ち高ぶる「すごく嬉しい」
7/31(月) 12:24配信

デイリースポーツ
 広島は31日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。野村、大瀬良、九里、岡田、高橋樹らが参加した。

 1日の阪神戦(マツダ)に先発する野村はキャッチボールやポール間走などで調整。「いつもと変わらずにやるべきことをやる。1戦1戦を大事にしていくだけ」と平常心を強調した。

 4日のDeNA戦(横浜)で2年目の高橋樹がプロ初先発する予定。「(1軍で)中継ぎとして7試合投げていますが、初めて先発することができてすごくうれしい。緩急とコントロールで勝負していきたい」と気持ちを高ぶらせた。

いよいよ期待のおととしのドラ3の高橋樹也投手が8月4日のDeNA戦に先発することになったようです。高橋投手は4月の横浜でのDeNA戦で、筒香選手から三振を奪ったシーンを覚えています。勝負強い、駆け引きできるタイプのピッチャーかなというイメージがあります。パワーピッチャーではありませんが、緩急自在のピッチングで打者を翻弄していくタイプですね。思いきったピッチングを期待します。

これで、今週のローテーションは野村投手、大瀬良投手、九里投手、高橋樹也投手、薮田投手、岡田投手で回ることになりそうです。マジック点灯がかかった6連戦なので、慎重かつ大胆に、しっかり投げきって欲しいと思います。
posted by ドリヨシ at 14:33| Comment(126) | TrackBack(0) | 選手

2017年07月30日

17回戦@マツダ 広島14−1東京ヤクルト 打線は14安打14得点で爆勝!岡田投手9勝目!

1501419426566-794368250.jpg

広島 14点大勝!セ60勝一番乗り 誠也21号計5打点
7/30(日) 21:43配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島14―1ヤクルト(2017年7月30日 マツダ)

 広島はヤクルトに14―1と大勝し、セ・リーグ一番乗りで60勝に到達した。

 4回、新井の適時打で先制。6回には無死一、二塁でヤクルト・石川が緊急降板すると、代わった2番手・山本から鈴木の21号3ランでリードを広げた。結局、打者12人の猛攻でこの回、8点。鈴木は4安打5打点の活躍で打点を76に伸ばし、リーグ単独トップに立った。

 先発の岡田は6回を5安打無失点で9勝目。2位・阪神とのゲーム差を再び10とした。

今日の岡田投手は初回から飛ばしていた感じでした。コントロールに若干のばらつきがありながらも、持ち味のストレートで押し込むピッチングでした。ヤクルト打線もストレートに狙いを絞ってコンパクトにスイングしてきてましたが、押し込まれてファールになっていましたね。変化球がしっかり決まって来れば、まだ楽なピッチングが出来ていたと思います。今日で9勝目です。次回は薮田投手と共に二桁勝利を狙う登板になります。是非、頑張って欲しいですね。

流れが変わったのは6回の攻防でした。1−0で迎えた6回表、2アウト1、2塁から、ヤクルト大松選手がライト前にヒットし、2塁ランナーの坂口選手がホームに突入しましたが、ライト鈴木選手のレーザービームで本塁タッチアウトにしました。このプレーは非常に大きかったですし、カープに流れを引き寄せるきっかけになりました。

そして6回裏、ノーアウト1、2塁になったところで、好投していたヤクルト先発石川投手が緊急降板し、急遽2番手のヤクルト山本投手が登板しましたが、鈴木選手が見事な3ランホームランを放ち、4−0として試合の流れをグッと引き寄せました。この回は打者12人の猛攻で8点を取り、試合を決めました。一度火がついた打線は止まりませんね。8回にも新井選手の3ランなどで5点を奪い、ダメを押しました。大量得点しても、決して手を緩めないのが今年のカープです。相手に隙を見せませんね。今日の試合はファンの皆さんも大満足でしょう。

さて、あさってからポイントとなる6連戦です。まずマツダスタジアムで阪神との3連戦、そして横浜でDeNAとの3連戦です。この6連戦を4勝2敗で乗り切って欲しいです。そうすれば待望のリーグ優勝へのマジックが点灯する可能性が高いです。そのための大事な試合になる事は間違いありません。我々ファンも全力で応援しましょう!

2017年07月29日

16回戦@マツダ 広島1−9東京ヤクルト 薮田投手6回6失点KO。

1501335736417906245376.jpg

【広島】薮田が先発転向後初黒星 まさかの3被弾で6回6失点KO
7/29(土) 22:41配信

スポーツ報知

◆広島1―9ヤクルト(29日・マツダスタジアム)

 広島の薮田和樹投手(24)が、先発転向後初黒星となる2敗目を喫した。5月30日の西武戦(メットライフ)から先発に回って以降、6戦6勝、防御率1・85と抜群の安定感を誇っていた。

 しかし、この日は初回にバレンティンに左翼席へ20号の特大アーチを運ばれると、5回2死三塁から奥村に勝ち越し打。6回には味方の失策から1死二、三塁となり山田に3ラン、続く大松にもソロを浴び6回6失点(自責5)で降板した。薮田は「今日は勝負どころの1球の大切さを感じました。(6回は)エラーはあったけど、その後を何とかしたかった。こういう試合こそ大事。(この経験を生かし)次に頑張りたいです」とリベンジを誓った。

薮田投手のピッチングは悪くなかったと思います。攻め方がもったいなかったですね。5回表2アウト3塁で打席はヤクルト奥村選手でしたが、次のバッターがピッチャーの小川投手なので、際どい球、誘い球で奥村選手に攻めて、カウントが悪くなったら四球で歩かして小川投手と勝負すればいいものを、簡単にアウトコースにストレートを投げて、三遊間に弾き返されてしまい、勝ち越しを許してしまいました。こんなケースは今季何回見てきたことでしょうか?特に接戦の場合は、ピッチャーの打順も視野に入れた広い判断力が必要です。薮田投手と會澤選手はこの5回の失点について話し合って欲しいものです。6回表はヤクルトバレンティン選手のセカンドゴロの当たりを菊池選手が後逸して、2、3塁の大ピンチになってしまいました。この菊池選手のエラーが試合を分けてしまいました。これで薮田投手が浮き足立ってしまい、ヤクルト山田選手に3ラン、さらに大松選手にソロホームランを浴びてしまいました。本当にもったいない内容でした。しかし、薮田投手も菊池選手も責められません。薮田投手は次回の登板でリベンジしてもらいましょう。そして菊池選手は明日の試合での活躍を期待します。そして、今日3番手に登板した飯田投手ですが、9回にヤクルト打線に捕まり3失点しました。ベンチに下がった飯田投手は涙目になって悔しがっていました。悔しい思いをしてるうちは必ずリベンジできます。なので、飯田投手は次の登板は素晴らしいピッチングをして欲しいですね。

打線は8安打しながら、安部選手のタイムリーの1点のみでした。チャンスは作れてましたが、ヤクルト小川投手の粘りのピッチングにやられてしまいました。安部選手のタイムリーの後もチャンスが続いたのですが、會澤選手、薮田投手の連続三振、田中選手も凡退で1点止まりでした。とにかく、今日は攻撃の面では精彩を欠きました。残念です。

さあ、明日は先発岡田投手です。前回登板同様、ストレート中心の押し込むピッチングを期待します。ヤクルトは石川投手です。初回からどんどん攻めて、早いうちに石川投手をKOしましょう!最下位のヤクルトに負け越す訳にはいきません。明日勝って弾みをつけて、阪神戦を迎えたいものです。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。