<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2017年06月30日

10回戦@マツダ 広島8−3中日 先発ジョンソン投手粘投で3勝目!

1498830417210-987311298.jpg

広島 バルデス攻略!エルド3ラン&誠也決勝打で中日戦連敗3で止める
6/30(金) 21:12配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島8―3中日(2017年6月30日 マツダ)

 広島は2点のリードを許すもエルドレッド一発で逆転。6回には鈴木誠の決勝打が飛び出すなど中日先発のバルデスを攻略。中日戦の連敗を3で止めた。

 エルドレッドは2点を追う2回、無死一、二塁のチャンスでレフトスタンドに第18号の逆転3ラン。4回に追いつかれるも6回に鈴木誠が無死三塁からレフト前に勝ち越し打。7回には中日先発のバルデスをとらえ一挙4得点を奪い勝負を決めた。

 先発ジョンソンは7回3失点で今季3勝目。対中日戦は5連勝となった。

ジョンソン投手は今日はよく粘りました。アンラッキーな当たりもあったのですが、動じることなく、丁寧に投げていました。ただ、中日松井選手にソロホームランを打たれたのは反省ですね。そして今日はバックの守りもジョンソン投手を助けました。セカンド菊池選手、サード安部選手、ショート田中選手、レフト松山選手、センター丸選手と、ファインプレーがよく出て、ジョンソン投手を守り立てました。今日の試合は守り勝つ野球が出来たと思います。

攻撃も、ここぞという時に効果的な攻撃を見せてくれました。2回裏に出た逆転の3ランホームランは見事でした。中日先発バルデス投手の投げたチェンジアップを泳ぐことなくきっちりとらえたところは技ありでした。中日に2点リードされて重苦しい雰囲気の中でのホームランは大きいです。6回裏の鈴木選手のタイムリーは、インコースのボールを打ちましたが、いい詰まり方をしてレフト前に落としました。このバッティングフォームが鈴木選手の師匠のソフトバンク内川選手によく似ていました。その前に三塁打を打った丸選手も見事でした。7回裏には菊池選手、丸選手、松山選手のタイムリーで一挙4点を挙げました。ここぞという時の集中力はお見事です。カープの打線は相手投手から見ると、本当に脅威でしょうね。

今日はヒーローインタビューも笑いを誘う実に面白い内容になりました。鈴木選手へのインタビューを英語通訳の西村さんを通して行ったり、エルドレッド選手が日本語で答えたりと、チーム内の雰囲気が非常にいい証拠だと思います。

今日連勝してきた中日に勝ったのは大きいです。それも苦手にしていた中日バルデス投手を攻略したのはさらに大きいですね。明日は薮田投手が先発です。安定した内容なので、可能であれば完投して欲しいですね。中日先発は小笠原投手です。今のカープ打線ならば、早い回に攻略できると思います。明日も優位に試合を進めていけると思います。

2017年06月29日

2017オールスター選手間投票で菊池選手と鈴木選手が選出

1498747121633538402064.jpg

広島 菊池、鈴木は選手間投票でも球宴に選出
6/29(木) 17:12配信

デイリースポーツ

 「マイナビオールスターゲーム2017」(7月14日・ナゴヤドーム、同15日・ZOZOマリンスタジアム)の選手間投票結果が29日、発表され、広島から菊池涼介内野手と鈴木誠也外野手が選出された。いずれもファン投票での出場が決まっている。

 菊池は「選手間投票で選出された選手として恥じないようなプレーをできるように全力で頑張ります」と球団を通じてコメント。鈴木も「同じグラウンドでプレーする選手の皆さんに選んでいただき素直にうれしいですし、光栄に思います。セ・リーグ代表として、自分らしいプレーをお見せできるように全力で頑張ります」と話した。

ファン投票に続いて選手間投票でも選出されました。素晴らしいですね。とにかくケガをしないように楽しんで欲しいと思います。ただ、選手間投票でも丸選手が選出されなかったのが意外でした。丸選手は監督推薦で選ばれるでしょう。田中選手はどうでしょうね。微妙かな…。

明日からの中日戦先発3投手万全の調整

1498744345128-1658082514.jpg

広島・大瀬良「うまく強弱つけて」薮田「思い切って」中日戦へ投手陣意欲
6/29(木) 14:26配信

デイリースポーツ

 広島は29日、マツダスタジアムで投手指名練習を行い、30日からの中日戦3連戦(マツダスタジアム)に向けて、4投手が汗を流した。

 初戦に先発するジョンソンは畝投手コーチとのキャッチボールで万全の調整。第2戦に先発予定の薮田は「やるしかないので、思い切って行きます!」と気合十分だった。

 ここまで5勝負けなしで第3戦先発予定の大瀬良は「思い切っていけるところは思い切っていきたいし、バランスを意識した中で結果を残せている部分はある。うまく強弱を付けながら投球できればいい」と意気込んだ。

明日から好調中日との3連戦です。初戦の先発はジョンソン投手です。前回の阪神戦は粘りのピッチングを見せてくれました。まだ完全ではないと思いますので、前回同様、打線の爆発でジョンソン投手に大量援護をしてもらいたいですね。2戦目は薮田投手です。今のカープの先発投手の中で一番安定しているピッチャーだけに、可能であれば完投して欲しいですね。前回は雨の中でのピッチングだったので、彼らしくない内容になりました。結局ノーゲームになったので、記録には残りませんが、今一つの内容を払拭できるかどうかですね。そして3戦目が大瀬良投手です。前回は大事な場面で強気でストレートで押していく大瀬良投手らしいピッチングでした。同じような内容で投げれば、勝ち投手になれるでしょう。

打線はよく当たっていますので、心配しなくていいでしょう。ただ、バティスタ選手のバッティングが、一軍の各投手に攻められて、フォームが崩されてしまってますね。一旦ファームで修正して再び一軍に上げるのがベターではないかと思います。

可能であれば3連勝を狙って欲しいです。中日は阪神に3連勝して、勢いをつけてきてますから、明日の初戦が大事です。足元をすくわれないように、確実に勝っていきましょう。
posted by ドリヨシ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

2017年06月28日

11回戦@横浜 広島8−11横浜DeNA 岡田投手突然の乱調。リリーフ陣も打たれ逆転負け。

14986538458151201405871.jpg

広島岡田、今季最短3回6安打4失点で降板
6/28(水) 20:10配信

日刊スポーツ

<DeNA−広島>◇28日◇横浜

 広島の先発岡田明丈投手(23)が、今季最短3回6安打4失点で降板した。

 2回まで無安打に抑え、味方打線からは3回までに4点の援護点をもらった。だが、3回裏に暗転。球が高くなったところをDeNA打線につかまり、6安打を集中されて4失点。同点に追い付かれ、直後の打席で代打が送られた。

岡田投手はこういう突然の乱調があるのが怖いですね。5月の甲子園での阪神戦、大量援護をもらいながら、守りきれず大逆転負けを喫したあの試合がトラウマになっているのでしょうか?今日も3回表までで4点の援護をもらった直後の3回裏に突然乱れました。6安打打たれて4失点で同点にしてしまいました。岡田投手はメンタル面での課題があるのでしょうか?ピッチングはほとんど問題がないだけに、あとは精神面でどうコントロールできるかですね。

2番手に登板した九里投手、3番手に登板したジャクソン投手も失点を重ねたのが痛かったです。DeNA梶谷選手に打たれた3ランと、筒香選手と宮崎選手に打たれたソロホームランが余計でした。まあ、今日は岡田投手がDeNA打線に火をつけてしまったので、リリーフ陣の失点は後に尾を引かないとは思いますが…。

打線は最後まであきらめない姿勢を見せてくれたと思います。7回、勝ちパターンのDeNAパットン投手から1点を取り、さらに9回には抑えの山崎投手から2点取ったのは大きいですね。DeNA打線なホームランを打たれてなかったらカープが勝ってる試合です。負けたことは残念ですが、あきらめない姿勢を見せてくれた事は、強いカープの証だと思います。

ドリヨシは昨日、今日のゲームはカープの快勝だと言い切りましたが、結果敗れて、しかもDeNA先発久保投手に勝ちがつくという、全く予想外の結果になりました。慎んでお詫び申し上げます。

さて、明日はゲームはありません。あさってから最近好調の中日との3連戦です。足元をすくわれないように、しっかり戦って欲しいと思います。

2017年06月27日

10回戦@横浜 広島4−3横浜DeNA 新井選手逆転タイムリーで広島3連勝!

14985688699681800001043.jpg

広島・新井 代打逆転打 大歓声のファンに感謝「喜んでもらえたかな」
6/27(火) 21:41配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島4―3DeNA(2017年6月27日 横浜)

 広島の新井が一振りで勝負を決めた。2―3と1点をリードされた7回表2死二、三塁の場面でDeNA2番手パットンの2球目をとらえ、左中間を破る代打逆転適時二塁打を放ち、チームを勝利に導いた。

 新井は殊勲打を振り返り「最高にうれしいです」と笑顔。「皆が作ってくれたチャンスだったので、なんとかしたかった」とファーストストライクを積極的にフルスイングした。

 この一打で通算3500塁打を達成。ベンチのチームメイトから拍手を送られ「皆が喜んでくれて、塁上からその姿も見えたのでうれしかったですね」と満面の笑顔。「(ファンからも)すごい声援をいただいて、ちょっとは喜んでもらえたかな」と安どの表情に変わった。

 チームは3連勝で貯金は今季最多の19。「皆が勝ちたいという思いで1つになっている。今日はいい日になったので、明日もそうなるように頑張ります。またファンの皆さんに笑顔になっていただければいいな」とチーム最年長のヒーローは最後までファンを思いやった。

新井選手素晴らしいバッティングでした。7回表、DeNA勝ちパターンのパットン投手のインコース寄りのストレートをジャストミートして、左中間へ2点タイムリー2ベースを放ちました。同じバッティングをしろと言われてもなかなかできないような、それくらい見事なバッティングでした。それも2アウトランナーなしから、安部選手が四球、會澤選手が1塁線にエンタイトル2ベース、そして新井選手のタイムリーですから、本当に粘りのある攻撃だったと思います。実は、DeNA先発の濱口投手が多く四球を出して、ある意味自滅するところだったのですが、カープは2点しか取れず、フラストレーションがたまる流れだったんです。そこへ6回裏にDeNA筒香選手の一時勝ち越しとなるソロホームランが出て、最悪の試合展開のなかでの逆転劇だったので、すごく大きかった訳です。新井選手様様ですよ。

先発野村投手は6回3失点の粘りのピッチングで4勝目を挙げました。しかしながら、DeNAロペス選手と筒香選手に打たれたホームランは反省ですね。それと、今日の野村投手の表情が冴えない感じに見えました。自信なさげな顔つきがどうも納得いきません。昨年の最多勝投手なんですから、もっと勝負師の表情をして欲しいですね。

今日初めて新しい勝利の方程式の継投をしましたが、見事にはまりました。7回は中田投手、8回は中崎投手、9回は今村投手と、DeNA打線を見事に抑えました。ジャクソン投手はしばらく疲れを癒してもらって、その間にこの新勝利の方程式で抑えていただきましょう。

明日の先発は岡田投手です。ハーラートップタイの7勝がかかった試合です。ストレート中心の圧巻のピッチングを期待します。DeNAは久保投手が先発です。早い回での攻略を予想してます。明日は快勝できる試合だと思います。今日は阪神がまた敗れてますのでゲーム差が6になりました。

2017年06月26日

侍ジャパンの新ユニフォーム御披露目

1498481672332-608957168.jpg

侍J、『ファンと選手をつなぐ』新戦闘服!鈴木誠也「相手を威圧できる」
6/26(月) 18:59配信

ベースボールキング

 NPBエンタープライズは26日、野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニフォームを発表した。

 侍ジャパンは、同日よりアシックスとダイヤモンドパートナー契約を締結。それにより、アシックスのユニフォームが新ユニフォームとして採用。なお、今まで侍ジャパンのユニフォームはミズノが担当しており、同社以外のメーカーが野球日本代表のユニフォームを手掛けるのは初となる。

 新ユニフォームのデザインコンセプトは「ファンと選手をつなぐユニフォーム」。古来、侍が戦に勝ちをもたらすとして甲冑を染め上げた「青褐色(あおかちいろ)」、神聖と清浄無垢の象徴である「真白(ましろ)」、日の丸の赤である「紅色(くれないいろ)」、優美さと力強さの象徴「黄金色(こがねいろ)」の4色の日本の伝統色を採用し、デザインのテーマである『伝統美』を表現した。

 そしてユニフォームのストライプ部分は無数に繋がった小さな輪で表現。これは日本の伝統的な縞模様のひとつである「輪つなぎ」を取り入れたもので、色違いの無数の輪がつくりだす繋がりは、ファンと選手の間にある限りない想いの繋がりを象徴しているという。

 新戦闘服を身にまとい、発表記者会見に出席したDeNAの筒香嘉智は、「輪つなぎという全世代で結束して戦おうというコンセプトを表現している素晴らしいデザイン」と絶賛。広島の鈴木誠也も「かっこいいですし、相手を威圧できる」と胸を張った。

 また、デザインだけでなく、着心地も重視。鈴木は「すごく軽くて着心地が良い。良いプレーができると思います」と笑顔で話した。

 なお、新ユニフォームを身にまとった初の国際試合は7月12日からアメリカで開催される日米大学野球。アシックスとのダイヤモンドパートナー契約の期間は2017年6月26日から2021年5月末日までとなっている。

 2020年の東京五輪もこのユニフォームで戦う予定となっており、筒香は「今はまだシーズン中なので深くは考えられないが、侍ジャパンのユニフォームを着られることは本当に光栄。自分が子どものころ、ジャパンのユニフォームに憧れていた。子どもたちの夢や目標になるような選手になれれば。機会があれば選ばれるように頑張りたい」と意気込む。

 鈴木も「今年は悔しい思いをしたので、またジャパンのユニフォームを着て試合ができるように、シーズンで結果を残したい」と語気を強めた。
BASEBALL KING

新ユニフォームはなかなかカッコいいですね。強そうな印象があります。このユニフォームで2020年の東京オリンピック、そして2021年のWBCを戦うことになります。鈴木誠也選手はこの頃は主力のメンバーで戦うことになりそうですから、今から楽しみです。

2017年オールスターファン投票で新井選手、菊池選手、鈴木選手が選出!

1498480725541-485240638.jpg

広島新井「本塁打を打ちたい」球宴もおまかせなのだ
6/26(月) 17:02配信

日刊スポーツ

 「マイナビオールスターゲーム2017」にファン投票で選出された広島の新井貴浩内野手(40)菊池涼介内野手(27)鈴木誠也外野手(22)が会見を行った。

 新井は3年連続8度目の出場。「規定打席にも到達していないので…」と苦笑いしたが「喜んでもらえるように。無理だと思いますけど本塁打を打ちたいですね」と意気込んだ。菊池は4度目の出場。「ケガしないように、新井さんが絶対MVPに選ばれるようにアシストしたい」と新井のサポートを約束。2年連続2度目の鈴木は「去年は打つたびに神ってる、神ってると言われたので、今年は自分の実力で打って黙らせたいです」と誓った。

ドリヨシ的にはカープの選手はオールスターはしっかり休んで、ペナントレース後半頑張って欲しいという個人的な願いがあるのですが、ファン投票で選出された限りは、素晴らしい活躍を期待します。新井選手にはホームランを狙って欲しいし、菊池選手はセカンドでの華麗な守備を見せて欲しいですね。そして鈴木選手にはMVPを取ってもらいたいですね。あとは監督推薦がありますが、丸選手と田中選手あたりが選ばれそうですね。まずはケガすることのないように気をつけて欲しいですね。

ファン投票で選出された選手は次の通りです。

【セ・リーグ】

先発・菅野智之(巨人)5回
中継・マテオ(阪神)初
抑え・山崎康晃(DeNA)3回
捕手・梅野隆太郎(阪神)初
一塁・新井貴浩(広島)8回
二塁・菊池涼介(広島)4回
三塁・鳥谷敬(阪神)7回
遊撃・坂本勇人(巨人)9回
外野・鈴木誠也(広島)2回
  ・糸井嘉男(阪神)9回
  ・筒香嘉智(DeNA)3回

【パ・リーグ】

先発・千賀滉大(ソフトバンク)2回
中継・牧田和久(西武)4回
抑え・松井裕樹(楽天)2回
捕手・嶋基宏(楽天)8回
一塁・中田翔(日本ハム)7回
二塁・浅村栄斗(西武)5回
三塁・松田宣浩(ソフトバンク)7回
遊撃・今宮健太(ソフトバンク)4回
外野・柳田悠岐(ソフトバンク)4回
  ・秋山翔吾(西武)3回
  ・上林誠知(ソフトバンク)初
DH・大谷翔平(日本ハム)5回
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。