<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2017年04月30日

6回戦@横浜 広島9−10横浜DeNA 広島1点差まで追い上げるもあと一歩届かず。

1493540089722-265468058.jpg

DeNAが打ち勝つ=プロ野球・DeNA―広島
時事通信 4/30(日) 17:18配信

 DeNAが打撃戦を制した。一回に2点を先制し、三回にはロペスが満塁本塁打。七回はエリアン、八回は石川の2ランで得点を重ねた。久保は5回3失点で今季初勝利。広島は九回に鈴木の2ランなどで1点差に追い上げたが届かなかった。 

あと一歩届かなかったです。ポイントはいろいろありましたが、やはり先発九里投手の不調でしょうか。4回7安打7失点でした。DeNAロペス選手に打たれた満塁ホームランが痛かったですね。なんか、カープのピッチャーはロペス選手に打たれ過ぎのような気がしますが、皆さんはどう思われますか?7回、ブレイシア投手がDeNAエリアン選手に打たれたソロホームランと、8回、薮田投手がDeNA石川選手に打たれた2ランも痛かったですね。一発打たれてはいけない場面で打たれたのが敗因でしょうか。薮田投手は降板してベンチに帰った時にグラブを投げつけてかなり悔しがっていましたね。その悔しさがあれば次回登板は大丈夫でしょう。

打線は今日は反発しましたね。最大7点差あったのを、1点差まで追い上げたのは素晴らしいですね。今日も鈴木選手に一発が出ましたし、西川選手はプロ初ホームランを打ちましたし、打撃に関してはポジティブ要素は沢山ありました。ただ、9回表の最後の攻撃で、1点差に詰めよってなお2アウト満塁の場面で、ピッチャーの打順で代打堂林選手でした。そこが違うと思いました。ドリヨシは小窪選手がいいと思いました。小窪選手は当てるのが上手い選手なので、DeNAパットン投手には合うのではないかと思ったんです。堂林選手は思い切りはいいですが、変化球にもろいし、ストレートには振り遅れる傾向があります。なので、あそこは小窪選手だと思ったのですが、まあ、ベンチの判断なので仕方ありません。結果堂林選手は空振り三振でゲームは終了しました。

今日は惜しいゲームを落としました。これでまたDeNAに負け越してしまいました。苦手意識を作ってはいけません。しかし、DeNAの勝利の勝利の方程式の三上投手、パットン投手を打ったのは、今後の戦い方に少なからず影響はあるのではないかと思います。ポジティブに考えましょう。

あさってからはマツダで中日3連戦、そして甲子園で阪神3連戦です。出来れば中日には3連勝したいですね。そして勢いをつけて甲子園に乗り込みたいです。九里投手は今日は反省して、来週は素晴らしいピッチングを期待します。

2017年04月29日

5回戦@横浜 広島6−1横浜DeNA 先発岡田投手3勝目。

1493454614142-1618944857.jpg

広島、4発の本塁打と岡田の8回1失点の好投でDeNAに快勝!De・今永に前回対戦のリベンジ果たす
ベースボールチャンネル 4/29(土) 17:05配信

 29日、横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの一戦が横浜スタジアムで行われ、広島が1-6で勝利を収めた。

 この試合で広島・岡田は8回1失点と好投し、今季3勝目を手にした。また、広島は前回対戦で初完封を許したDeNA・今永にリベンジを果たした。

 試合は、広島が一発攻勢で試合を優位に進めた。初回、今永から先頭の田中が初球を捉え安打で出塁すると、続く菊池も初球を右翼スタンドに運び、2球で2点を先制した。

 その後、4回に鈴木のソロ本塁打、7回に新井のソロ本塁打が飛び出し、今永から8回には2番手・平田から鈴木の今日2本目となる2点本塁打が飛び出し、4発で計6点を加えた。

 今永は今日3本目の本塁打を浴び、6回二死に満塁のピンチを背負ったところで降板となった。6回2/3を8安打、6奪三振、1四球、4失点と、一発に泣く内容となってしまった。

 広島先発・岡田は8回にプロ入り後最速の154キロを記録するなど、球威のある速球を中心にした投球でDeNA打線を沈黙させた。

 9回は薮田が1安打を許すも、後続を併殺に抑え試合を締めた。広島は、19日の前回対戦で1安打完封負けを喫した今永にリベンジ成功となった。
ベースボールチャンネル編集部

今日は投打ががっちり噛み合った試合になりました。打線は全得点がホームランという、一発攻勢になりました。初回、田中選手がDeNA先発の今永投手から初球をヒットし、続く菊池選手がこれまた初球をライトスタンドへ2ランと、試合開始からわずか2球で2点を先制しました。この先制は大きかったです。4回に出た鈴木選手のソロホームランは完璧な当たりで左中間スタンドへ、7回の新井選手のソロホームランもセンタースコアボードに当たるすごい当たりでした。8回は鈴木選手の2本目の2ランを左中間スタンドに運びました。新井選手はここ数試合調子が今一つだっただけに、今日のホームランは復調のきっかけになったと思います。鈴木選手の1試合2ホームランは昨年9月10日、あのリーグ優勝を決めた試合以来になります。今日はこの一発攻勢でDeNA今永投手をKOできたのも大きいです。

先発岡田投手は安定したピッチングで、ほとんど危なげない内容でした。ストレートには伸びがあり、変化球もキレていました。このまま完封勝利いけるのではないかと思いましたが、プロの世界はそんなに甘くはありませんね。8回にDeNA石川選手にタイムリーを打たれて、プロ入り初完封の夢は次回にお預けになりました。しかしながら、8回を6安打1失点は見事です。完全に先発ローテーションの柱になりましたね。次回登板(甲子園の阪神戦)がさらに楽しみです。

明日はカード勝ち越しをかけての一戦です。カープ先発は九里投手です。低めを丁寧につくピッチングとインサイドワークでDeNA打線を翻弄して欲しいです。DeNA先発は久保投手なので、早い回からの攻略に期待しましょう。

2017年04月28日

4回戦@横浜 広島3−9横浜DeNA 対DeNA3連敗。

1493381058703-1824188631.jpg

広島打線、無死満塁の好機つぶす DeNA・2番手の須田が好投
デイリースポーツ 4/28(金) 20:37配信

 「DeNA−広島」(28日、横浜スタジアム)

 広島が粘りの攻撃をみせた。

 1−7の6点差で迎えた六回だ。先頭の丸が「しっかり自分のスイングができました」と3号ソロを放つと、ここから打線がつながった。

 鈴木、松山の連打で無死一、二塁とするとエルドレッドが中前にポトリと落ちる適時打を放った。「詰まったけど良い所に落ちてくれたよ」。丸の一発後、3連打でさらに1点を返した。

 安部も中前にはじき返し、無死満塁と好機を広げた。

 だが、ウィーランドに代わって登板した須田の前に代打・西川が空振り三振を喫し、続く代打・新井も三ゴロ併殺打に打ち取られた。

今日は投打ともポジティブ要素が見つからなかったですね。先発加藤投手は初回、DeNA梶谷選手に先制2ランを打たれました。これは仕方ないにしても、4回、2アウトから満塁のピンチになり、なんとDeNA先発のウィーランド投手に2点タイムリーを打たれてしまいました。このタイムリーが加藤投手にも、チームにもかなりのダメージを与えてしまいました。結局加藤投手は3回2/3、4安打5四球4失点でKOでした。次回登板のチャンスは微妙かもしれません。個人的には、ファームでしっかり調整して欲しいなと思います。ファームで活きのいいピッチャーを一軍に上げて、どんどん投げさせてもいい時期ではないかと思います。

打線は6回に反撃に転じましたが、残念でした。先頭の丸選手がろソロホームランを打ち、さらに連打でノーアウト満塁のチャンスを迎え、DeNA先発のウィーランド投手を攻めたのですが、代わった須田投手から、続く代打西川選手が空振り三振、さらに続く代打新井選手はショートゴロ併殺で、見事にチャンスを潰してしまいました。ここでヒット1本出ていれば、流れが変わっていたと思います。ここで勝負あった感はありましたね。

これでカープは対DeNAに3連敗です。初戦こそ逆転サヨナラで勝利したものの、2回戦以降は重苦しい展開が続いています。苦手意識を作らないためにも、明日の試合は大事です。先発は岡田投手です。カープの先発投手陣の中では一番安定しているだけに、先制されないように粘りのピッチングを期待します。DeNA先発は天敵今永投手です。前回は完封を許しているだけに、打線の奮起を期待しましょう。特に明日は菊池選手、鈴木選手、エルドレッド選手、小窪選手の右バッターがカギを握っています。とにかく明日は一戦必勝で、気合い入れて戦ってくれることを祈るのみです。

2017年04月27日

6回戦@マツダ 広島1−0読売 大瀬良投手先発2年ぶりの勝利。

1493297710747-1242251420.jpg

広島・大瀬良 “4度目の正直”724日ぶり先発1勝「本当に幸せです」
スポニチアネックス 4/27(木) 21:19配信

 ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年4月27日 マツダ)

 広島の大瀬良大地投手(25)が巨人相手に7回を4安打無失点に抑え、今季4度目の登板で初勝利を手にした。

 「マツダスタジアムでファンの皆さんの声援を受けながら、勝つことができて本当に幸せです」と、童顔をほころばせた。

 序盤は息詰まる投手戦。「ここまで要所要所で打たれる場面が多かったので、きょうは絶対に抑えてやろうという気持ちでマウンドにいました」。最大のピンチは1―0の7回、四球と味方の失策で1死二、三塁とされた。宮国の代打・亀井を浅い左飛に打ち取ると、左翼・松山が本塁へ好返球し、三塁走者・重信の刺して得点を許さなかった。

 黒田が抜け、先発ローテーションを任された今季。1年目の14年以来となる完封の可能性もあったが、先発での白星は15年5月4日の巨人戦(マツダ)以来、724日ぶりとなった。「僕の中でも行ける気持ちあったが、すばらしい中継ぎの投手陣がいるので次回以降また頑張りたい」と自信を深めた様子だった。

前回の大瀬良投手の先発での勝利は、2年前の5月4日、あの小窪選手のサヨナラインフィールドフライの試合以来なんですね。今日の大瀬良投手に勝ちがついたのは、大瀬良投手本人にとっても、チームにとっても大きいと思います。

打線は5回、チーム唯一の連打(松山選手、エルドレッド選手)でノーアウト1、2塁のチャンス。続く安部選手が外野フライで1アウト1、3塁のチャンスで、続く會澤選手がレフトへの犠牲フライで先制しました。この1点が決勝点になりました。読売先発の宮國投手も素晴らしいピッチングで、カープ打線もほぼ完璧に抑えられていました。次回以降の対戦も手強そうですね。

大瀬良投手の最大のピンチは7回、1アウト2、3塁で、バッターは代打の亀井選手。浅いレフトフライを打ち、ここで3塁ランナーの重信選手がタッチアップでホームに突入しましたが、レフト松山選手の好返球でタッチアウトになりました。(ビデオ検証しましたが、判定通りアウトでした)緒方監督の目指す「守り勝つ野球」が出来た試合でした。今季初めての完封勝利試合でした。久しぶりにカード勝ち越しを決めました。

さて、明日からは横浜に乗り込んでDeNAとの3連戦です。是非ともこのカードも勝ち越して、広島に戻って来て欲しいですね。明日は先発はルーキーの加藤投手です。思う存分、思いきりのいいピッチングをして欲しいですね。

2017年04月26日

5回戦@マツダ 広島7−6読売 広島逆転勝ち。福井投手今季初勝利。

1493212754994-1538378166.jpg

広島が巨人に競り勝ち首位キープ 福井が初登板初勝利、會澤が決勝2点打
Full-Count 4/26(水) 21:26配信

1勝1敗として1.5ゲーム差に、安倍はタイムリー2本で貢献

 広島は26日、本拠地で巨人に7-6で競り勝ち、首位をキープした。今季初先発の福井が2回までに3失点も、打線が逆転。福井は3回以降は無失点に抑え、6回6安打3失点で初勝利を挙げた。広島は0.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦3連戦の第2戦を制して1勝1敗として、1.5ゲーム差とした。

 先発・福井は初回に中井に先制ソロを浴びると、2回には2死満塁で立岡に2点タイムリーを打たれた。

 しかし、広島打線はその裏に巨人・大竹から安部のタイムリーで1点を返すと、4回には鈴木、松山の連続タイムリーで同点。福井は3回以降も毎回走者を出しながら、6回まで追加点を許さない。すると、6回に1死満塁で會澤が2番手・池田から勝ち越し2点タイムリー。福井の代打・堂林は犠飛で3点差とした。

 7回、2番手・薮田が坂本勇のタイムリーなどで1点差に迫られるも、1死一、二塁で阿部を右飛、マギーを見逃し三振とリードを死守。その裏に安部のタイムリーで貴重な追加点を奪った。

 8回はジャクソン、9回は今村とつなぎ、7-6で勝利。首位の座を守った。
フルカウント編集部●文 text by Full-Count

昨日の試合と全く違って、今日は打撃戦になりましたが、なんとか逃げ切って首位をキープしました。先発福井投手は非常に不安定なスタートになりましたが、3回以降は悪いながらも得点を許さなかったのは大きかったですね。さすがジャイアンツキラーのスーパーエースですよ。今日福井投手に勝ちがついたのも大きいです。その後登板した薮田投手が2点を失いましたが、調子自体は悪くないので問題はないでしょう。ジャクソン投手も素晴らしいリリーフを見せてくれました。最後に登板した今村投手は不安の残る内容でしたね。次回の登板も注視です。

打線は見事なつながりを見せてくれました。松山選手に当たりが戻ってきたのは大きいですね。一気にではなく、次につなげる意識を各選手が持って攻撃していました。9安打で7得点と効率よく攻めていました。

今日は守備でも好プレーがあり、攻撃でも好走塁でタイムリーにつなげるなど、緒方監督の好きなアグレッシブなプレーが随所で見られました。さて、明日はカード勝ち越しのかかった一戦になります。先発大瀬良投手の快投を期待しましょう。相手の読売は宮國投手なので、十分チャンスはあると思います。今日のようなつなぐ意識があれば、必ず攻略できるはずです。がんばれ!カープ!
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。