<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年11月16日

2019世界野球WBSCプレミア12スーパーラウンド@東京ドーム 日本10−8韓国 壮絶な乱打戦を制する!スーパーラウンド1位通過でいよいよ明日決勝へ!

20191116-00000249-spnannex-000-5-view.jpg

侍J、ファイナル前哨戦打ち勝った!6点リードから岸6失点で乱打戦…宿敵・韓国戦を制す
11/16(土) 22:42配信

<日本・韓国>5回2死二塁、丸はタイムリー二塁打を放ち、ベンチに向かって手を叩く(撮影・森沢裕)

 ◇第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド最終戦 日本10―8韓国(2019年11月16日 東京D)

 野球世界一を決める国際大会「プレミア12」に出場中の日本代表「侍ジャパン」は16日、スーパーラウンド最終戦(東京D)で17日の決勝戦でも対決する韓国と対戦。激しい点の取り合いとなった1戦に10―8で打ち勝ち、ファイナル前哨戦をものにした。

 日本は1―1で迎えた3回に主砲・鈴木(広島)の勝ち越し打など松田宣(ソフトバンク)の押し出し四球を挟んで6連打と見事に打線がつながって一挙6点を挙げるも、先発投手の岸(楽天)が直後の4回、打者9人に6長短打を浴びて一挙5点を失い、一気に乱打戦の様相を呈した。

 その後、互いに点を取り合って9―8で迎えた7回。日本は外崎(西武)、山田哲(ヤクルト)、丸(巨人)が四球で歩いた1死満塁から近藤(日本ハム)の押し出し死球で貴重な追加点を入れ、10―8と2点リード。8回にマウンドに上がった5番手の大竹(巨人)が3人でピシャリと抑えると、最終回は決勝戦に備えて守護神・山崎(DeNA)は温存し、田口(巨人)が無失点に抑えて逃げ切った。

 4年前の第1回大会では準決勝で韓国に敗れて3位に終わった侍ジャパン。前哨戦に打ち勝った勢いをもって17日の再戦で初の頂点を目指す。

今日の試合は消化試合的な感じで、おとなしい試合になるかと思いましたが、日韓戦は熱くなりますね。

一時は7−1と大きくリードして、このまますんなり終わるのかと思いきや、韓国も粘りある攻撃を展開し、もつれる試合になりました。

この試合のポイントは5回の攻防だったと思います。5回表、2番手に登板した大野投手が本来のピッチングが出来ず、3者連続四球でノーアウト満塁の大ピンチを招いてしまいました。ここで得点されたら、試合が韓国のペースになるところでしたが、大野投手が開き直り、続くバッターを三振に打ち取りました。そして圧巻だったのは、次のバッターのライト線への飛球を鈴木選手が好捕。3塁ランナーがタッチアップして本塁を狙いましたが、鈴木選手からの返球を外崎選手が素晴らしい中継をしてバックホームして、3塁ランナーをタッチアウトにし、結局この回無失点で切り抜けました。これが大きかったですね。
その裏は山田選手のレフトへのタイムリー2ベースなどで2点を追加したのは、ある程度韓国にダメージを与えたのではないかと思います。

さて、我らが広島東洋カープの3人ですが、今日も活躍してくれました。2回に會澤選手がレフト線へ2ベースを放ち出塁すると、続く菊池選手はレフト前タイムリーで會澤選手を返し、先制点を挙げました。3回は鈴木選手がセンター前タイムリーを放ち、勝ち越しに成功しました。さらに會澤選手がセンター前タイムリーを放ち、貴重な追加点をもたらしました。このプレミア12では、カープの選手が本当に躍動しているので、本当に嬉しいですね。

さて、明日はいよいよ決勝です。相手は宿敵韓国です。何度も言ってますが、4年前のリベンジを果たすべく、侍の選手達はきっとやってくれると信じています。投手陣、野手陣全員野球で、栄光の世界一をつかみましょう!全国のプロ野球ファンの皆さん、明日は心一つに、東京ドームにエネルギーを送りましょう!
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。