<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

「OCN モバイル ONE」【NTTCom】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
月額990円(税込)から定額でLTE高速通信サービスがご利用できる「OCN モバイル ONE」登場!
ご好評いただいている「OCN モバイル エントリー d LTE 980」がパワーアップし、
ご利用シーンにあわせて最適なコース(最大通信速度と通信容量)が選択可能になりました。

パケット代を節約したい方におすすめです。

  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLLVU+ADATUI+2IZU+ZTV6R 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


posted by ドリヨシ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

佐々岡新監督が就任会見

1570446149268220137193.jpg

【広島】佐々岡新監督「好きな球団。まだまだ恩返ししたい」会見全文(1)
10/7(月) 17:57配信

監督就任会見を行った佐々岡真司新監督(カメラ・岩下 翔太)

 広島の新監督に7日、今季1軍投手コーチを務めた佐々岡真司氏(52)が就任し、マツダスタジアムで会見が行われた。背番号88。5年程度の長期政権を視野に入れた単年契約で、年俸7000万円(推定)。

 チームを明るく変革することを旗印に掲げた新指揮官。広島19代目の監督として意気込みを語った。

 ―まず、ひと言を。

 「このたび広島東洋カープの監督をすることになりました佐々岡です。先ほど松田オーナーから温かい激励の言葉をいただき、改めて心引き締まる思いでいっぱいです。選手18年、そしてコーチ5年。そして今回大役を任されました。今年の経験を反省して、来季のV奪回、そして日本一を目指して、全身全霊務めさせていただきます。これからもよろしくお願いします」

 ―要請を受けた感想は。

 「まず球団の方から監督をお願いするという言葉をもらったとき、正直、本当にありがたい気持ちと、自分でいいのかなという不安な気持ちと、両方ありました」

 ―受諾してから考えたことは。

 「決めてからはカープのため、今年の悔しさをバネにもう一度優勝するんだ、という気持ちに変わっています」

 ―家族と相談したのか。

 「最初にこの話をもらって、自分一人では決められないということで、家族、息子、娘にも話をしました。最初は驚いて『冗談じゃないの?』という感じでした。自分がやるっていうことを決めた(伝えた)瞬間から、家族の中で『どういうことがあろうと、何を言われようと、しっかり家族は見守るし、応援するよ』と言ってくれました」。

 ―現役時のFA権取得時に、大好きな球団だから行使はないと話した。その大好きな球団で監督業。

 「プロ野球に入るとき、好きな球団に入れて、18年間選手をさせてもらった。そしてこの5年間コーチもして、最後にこういう大役、監督業を任せられた。プロ野球界でもそんなにできない仕事を、まして好きな球団でできる。自分の中に喜びがありますし、この球団にまだまだ恩返ししたいという思いもあります」

【広島】佐々岡監督「みんなに愛される」チーム作りでV奪回…会見全文(3)
10/7(月) 17:58配信

 ―若手選手の抜てき。

 「2軍で(コーチとして)若い選手を4年間、1軍でも不調になった選手などを見てきた中で、若い選手にチャンスを与えたい。(もちろん)それだけの実力がないとダメですが、カープの野球は若手を使いながら勝っていくもの。どんどんアピールして、2軍から1軍に上がってもらいたい。そこをしっかり見たいと思います」

 ―佐々岡さんと言えば1日300球を超える投げ込み。

 「そこは今の野球の違いというかね。トレーニングの違いもある中でも、しっかりと投げて覚えないといけないとこもあると思います。まあ僕らみたいな300球とか、そういう選手はなかなか出てこないと思いますけど。でも、やっぱり投げないと、打たないと。体に染み込ませるものは練習だと思うんですよ。選手も分かっていると思うし、しっかりやってもらいたい」

 ―どういうチームを作るのか。

 「僕は現役時代もそうですが、コーチになっても気持ちは変わらない。やはりチーム全体。野球というのは一人でできるもんじゃない。投手は野手に助けてもらうものだし、野手も投手のためにというそういう気持ち。それがチーム内に浸透し、みんなでひとつの目標に向かって、勝った喜びを味わう、負けた悔しさを味わう。そういうベンチであってほしいですし、(互いに)カバーできる、みんなに愛されるチームをやっていきたいと思います」

 ―ファンへメッセージを。

 「僕が引退したのは、旧市民球場最後の試合。(スタンドが)真っ赤に染まった中で『真っ赤に染めて選手たち、声援を来年も送ってください』と言葉を残した。今の時代、ファンの皆さんに毎試合スタンドを真っ赤に染めてもらい、選手に力を与え、支えてくれたと思います。ビジターでも半分以上も真っ赤に染めて応援してくださっている。ファンのみなさんの姿は選手、我々スタッフにとっても力になる。また来年も選手全員で優勝、日本一を目指して頑張ります。引き続き真っ赤に染めて応援してほしいなと思います」

 ―来季のキーマンは。

 「う〜ん。1人に絞るのもなかなか難しい。やっぱり投手は今年エースとして引っ張ってくれた大瀬良大地。(来季も)投手陣を引っ張ってほしいという気持ち。まあ野手では菊池涼、会沢、(鈴木)誠也らがレギュラークラスだが、もっともっと誠也に引っ張ってほしいなと思います」

【広島】佐々岡監督、FA権持つ会沢らに「一緒に戦いたい」…会見全文(4)
10/7(月) 17:59配信

 ―FA権を持つ野村、会沢、菊池涼にメッセージを。

 「当然、優勝、日本一するためにはこの3人は必要な選手。この3人がいなくなるというのは僕の頭にはないです。抜けるとウチとしては痛いので、一緒に戦っていきたいというのはあります」

 ―直接思いを伝える考えは。

 「まあ、そういう機会があれば…」(実はすでに3人に電話で慰留していたことが後に判明)

 ―佐々岡新監督の色は。

 「まず基本は広島野球というのがある。悔しさがあればそれを出し、勝つ喜びというものも出す。グラウンドに出ているレギュラー陣、ベンチにいる選手との一体感。それはコーチを含め全員で1球1球に対しての行動をね。チームに明るさもあり、厳しさもあり、ということになると思います」

 ―攻撃の作戦面、采配について。

 「これから決まるコーチングスタッフとの相談になります。僕は今まで投手しか見てきていない。それを考えながら、しっかり支えてもらえるコーチングスタッフと、話をしながらやっていきたい」

 ―組閣は1、2軍を入れ替えも考えるのか。

 「そうですね」

 ―狙いは。

 「うーん、それは球団との話し合いになると思う。後日いろいろと話をした中で決まっていくと思います」

 ―Bクラスの要因と改善点。

 「今年の緒方監督の投手を中心に守る野球というのをつないでいくと言ったように、それがカープ野球の基本。その中で、先行して逃げ切れなかった、逆転負けが多かった。それは終盤(7〜9回)のリリーフ陣の弱さが、ひとつの要因だった。終盤の投手を強化していきたい」

 ―指導スタイルは引き続き対話重視か。

 「今度は投手だけでなく、野手ともコミュニケーションを取りたい。それが自分のスタイルだと思っている」

【広島】佐々岡監督「感謝」「みんなから好かれたい」会見全文(5)
10/7(月) 17:59配信

 ―防御率が昨季から改善した。

 「去年の4点台から3点台になったが結局、失点は多い。ストッパーも確立できなかった。(中崎やフランスアが)調子を落とし、不調もあった。そういうところで、終盤の大事さというのを特に実感しました」

 ―攻撃面の課題、どう点を取るか。

 「カープ野球は走って1点を取る。だが、今の野球は走者をためて長打が出る。そういう野球も必要なのかなと思う。クリーンアップが(鈴木)誠也だけ固定されて、ほかがなかなか固定されなかった。長打力が少なかったというのも得点力不足の原因だと思う。それプラス(外国人打者の)補強というのが、クリーンアップの長打力というのが欲しいところではあります」

 ―今つけている赤いネクタイはカープを意識したのか。

 「それはそうだと思います(笑い)」

 ―ドラフト1位でほしい選手は。

 「まだそこまで話はしていない。でもやはり投手。即戦力というところが欲しい。いろいろ騒がれているピッチャー(大船渡・佐々木、星稜・奥川ら)もいますので、やっぱり投手中心になると思います」

 ―佐々木らは重複指名必至。佐々岡監督のクジ引きも。

 「そういう投手にいくのなら、クジになると思う。もしそういうことになれば…誰が引くんでしょうか(爆笑)」

 ―受諾した日は。

 「あの時(4日)に要請されて、返事をしたのは土曜日(5日)だったかな」

 ―座右の銘を。

 「現役を辞めた頃『感謝』という言葉を挙げた。皆に感謝しながら、野球をできる喜びに感謝。監督だからではなく、選手の時からそういう気持ちは変わらずね。選手の時は『好かれる選手になる』という思いがあったので、みんなから好かれるようにやりたい」

佐々岡新監督が誕生しました。記者会見を見ての印象は、佐々岡新監督はカープを愛する気持ちが半端ないなという感じでした。漠然と頑張るという決意表明だけでなく、具体的なプランをしっかり考えているようです。チームやマスコミ関係者からは優しくて人当たりが良いという佐々岡新監督ですが、ドリヨシは今まで結構クールなのかなという印象だったのですが、どうも間違っていたようです。コーチや選手とのコミュニケーションもしっかり取れそうですし、會澤選手、菊池涼介選手、野村投手にカープに残留するようにラブコールをしたところは、周りにたいする気配り、目配りが出来ている感じがします。佐々岡新監督は幼少の頃からカープファンで、その大好きなカープで活躍出来て、そのカープ一筋で全うし、そして大好きなカープの監督に就任するのは、野球人として幸せな事だなと思います。今後コーチ陣の組閣や、秋季練習、ドラフト会議など、慌ただしい日々ですが、佐々岡新監督がどんな手腕を見せてくれるのか、楽しみにしておきたいと思います。

カープOB横山竜士氏が1軍投手コーチ就任へ!

1570405539575234590630.jpg

広島1軍投手コーチに横山竜士氏が就任 投手王国復活に熱い魂で指導
10/7(月) 6:02配信

 1軍投手コーチに就任することが明らかになった横山竜士氏

 広島の1軍投手コーチに、球団OBでデイリースポーツ評論家の横山竜士氏(43)が就任することが6日、分かった。2014年の現役引退以来、6年ぶりの現場復帰となる。広島ひと筋20年で、選手時代はケガを乗り越え、先発、中継ぎとして通算507試合に登板した。新監督には佐々岡投手コーチの就任が確実。リーグV奪回と投手王国復活を目指す新指揮官を支えていく。

 投手陣再建の切り札として、横山氏に白羽の矢が立った。新監督就任が確実な佐々岡投手コーチとは現役時代から気心が知れた仲。かつてのセットアッパーが、新政権の重責を担うこととなった。

 現役時代は感情をむき出しにした魂の投球が代名詞だった。「味方に弱いところは見せられない」。拳を握り、雄たけびを上げ、ナインを鼓舞した。低迷期を支え、熱い姿がファンの共感を呼んだ。

 横山氏は福井商から1994年度ドラフト5位で広島に入団。プロ3年目の97年は56試合に登板し、10勝5敗、防御率3・27の好成績をマークした。その後は先発に転向。99年に右肩のルーズショルダーを発症し、登板機会が減少した時期もあったが、2007年にはセットアッパーとして自己最多31ホールドを記録した。13年には史上90人目の通算500試合登板。度重なる故障を乗り越え、広島ひと筋20年の現役生活を過ごした。

 14年に現役引退してからは広島を拠点に評論家として活動を開始。理論的で、鋭い評論には定評があり、中国放送(RCC)解説者としてもテレビ、ラジオで活躍した。フットワークも軽く、球場やキャンプ地を積極的に訪問。熱心な姿勢で見聞を広めてきた。

 現場を離れても、チームを近くで見守ってきただけに、投手陣の課題は熟知している。チーム防御率3・68はリーグ2位だが、1年を通して勝ちパターン継投の構築に苦しんだ。守護神・中崎が勤続疲労から不調に陥り、昨季までセットアッパーを担った一岡、今村も登板数を減らした。先発も実績ある薮田、岡田の不調が最後まで響いた。先発、中継ぎの経験がある横山氏の指導へ、期待は高まっている。

 一方で“佐々岡チルドレン”の高卒2年目の山口、遠藤、ルーキーの島内ら若手が来季へ飛躍の足がかりをつかんだ。将来性あふれる投手が多く、43歳の横山氏は兄貴分的存在となりそうだ。6年ぶり現場復帰へ意欲満々。新指揮官と共に、投手王国を築き上げる。



1軍投手コーチ就任が明らかになった横山竜士氏

ドリヨシ的には横山さんが1軍投手コーチに就任するのは大歓迎ですね。横山さんは現役時代、先発に中継ぎに大車輪の活躍を見せてくれました。負けん気がにじみ出て、相手打者に対しての気迫あふれるピッチングが印象的でした。
今季、チーム防御率は良くなったものの、継投がうまくいかず、逆転負けをしてしまうケースが多かっただけに、今のカープ投手陣を支えるには最適な人ではないかと思います。是非とも頑張って欲しいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。