<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2020年03月25日

練習試合@マツダ 広島3−4東京ヤクルト 対外試合11戦勝ちなしの9連敗。九里投手4回3失点と課題残す。

20200325-00000207-spnannex-000-3-view.jpg

広島、練習試合5連敗でOP戦から11戦勝ちなし9連敗 九里4回3失点 坂倉同点弾直後に中田打たれる
3/25(水) 16:53配信

<練習試合 広・ヤ>2回1死二塁、広岡(左)に2点本塁打を打たれた九里(撮影・奥 調)

 ◇練習試合 広島3―4ヤクルト(2020年3月25日 マツダ)

 広島は無観客で行われたヤクルト戦(マツダ)に3―4で敗れて練習試合5連敗。オープン戦から11戦勝ちなしの9連敗となった。

 広島は先発右腕・九里が4回5安打3失点で降板。0―3で迎えた4回に1死二塁から5番・高橋大の右前適時打で1点を返すと、6番・坂倉が右中間スタンドへ2ランを放って同点。だが、直後の5回、この回から登板した2番手・中田が2死走者なしから2番・吉田成、3番・雄平に連打されて勝ち越しを許し、これが決勝点となった。

 ヤクルトは2回に6番・広岡の左越え2ランで先制し、3回には2死走者なしから雄平、4番・村上の連打で3点目。3―3と追いつかれた直後の5回には雄平が2死二塁から中前に勝ち越し打を放った。先発マウンドに上がった新助っ人のイノーアは5回8安打3失点だった。

情けない試合となりました。今日も1点差で敗れるという、カープファンにとってはイライラがつのる日々が続きそうです。

先発の九里投手は2回にヤクルト廣岡選手に2ラン、3回にヤクルト村上選手にタイムリーを浴びて3失点しました。まだまだ開幕まで100%に持って行く途中の段階かなと思います。ストレートは力強く、しっかり投げきっており、ヤクルト打線から7個の三振を奪う事が出来ていますので、内容はまずまずだったて思います。

4回に3−3の同点に追い付いた直後の5回、2番手の中田投手が打たれました。2アウトランナーなしから、ヤクルト吉田選手にセンター前ヒットを打たれ、盗塁も決められて2アウト2塁とされ、ヤクルト雄平選手にセンター前タイムリーを浴びて3−4とされました。ここは同点に追い付いた直後だけに、中田投手には全力で抑えて欲しかったです。しかし、このイニングはカープがするべき野球をそのままヤクルトにされた感じで、非常に悔しいですね。

しかし、3番手の育成の藤井黎來投手、4番手の矢崎投手がランナーを背負いながらも無失点に抑え、5番手に今村投手が登板し、8回を3者凡退に打ち取るなど、今日はリリーフ陣が踏ん張りました。

打線は0−3で迎えた4回、ヤクルトイノーア投手から長野選手がレフト前ヒットで出塁。バッテリーミスで2塁へ進塁後、高橋大樹選手がライト前タイムリーで1−3。さらに坂倉選手が右中間スタンドへ2ランを放ち、3−3の同点としました。何か久しぶりに打線のつながりを見た感じがしました。しかし、5回以降チャンスは作るのですが、あと1本が出ず、結局今日も1点差で敗れてしまいました。

ここ最近のカープは、守備も攻撃も粘りがないような気がします。開幕が延期になり、選手の皆さんのモチベーションが上がらないのもあるかと思いますが、公式戦のための練習試合なので、雑にならないように、常にアグレッシブにプレーして欲しいですね。

今日のヤクルト戦で、練習試合は一旦お休みとなります。カープ球団としては4月上旬から再び練習試合をする予定です。ドリヨシもしっかりカープを追いかけて行きたいと思います。

2020年03月24日

練習試合@マツダ 広島2−3東京ヤクルト 薮田投手3回無失点好投!フランスア投手今日も失点で逆転を許す。

20200324-00000187-spnannex-000-3-view.jpg

広島、本拠マツダで練習試合4連敗 守護神候補フランスア2失点で敗戦投手に
3/24(火) 21:04配信

<練習試合 広・ヤ>8回2死満塁、雄平に逆転の適時二塁打を打たれたフランスア(右)(撮影・奥 調)

 ◇練習試合 広島2―3ヤクルト(2020年3月24日 マツダ)

 広島は本拠マツダで行われたヤクルトとの無観客練習試合に2―3で逆転負け。これで、すべてマツダで行われている練習試合4連敗となった。

 広島は3回に菊池涼の遊撃内野安打で先制し、さらに敵失で1点を追加して2点をリード。先発投手の薮田も3回無失点と好投して序盤を優位に進めた。だが、5回に3番手・一岡が四球を出してから失点して1点差とされると、8回には守護神候補の6番手・フランスアが3安打2四球2失点と逆転され、9回は堂林、代打・小窪、代打・長野が3者凡退に終わった。ドラフト2位ルーキー宇草(法大)は1番で先発し、1安打1盗塁。左翼の守備では8回に本塁へのダイレクト返球で走者を刺している。

 ヤクルトは0―2で迎えた5回、2死二塁から吉田成の右中間二塁打で1点を返し、8回には2死満塁から雄平の左前2点適時打で逆転に成功、これが決勝点となった。先発右腕・スアレスは5回7安打2失点。2番手・大下、3番手・中尾はそれぞれ2回無失点だった。

今日もなんとも重苦しい試合展開になりました。打線のつながりがどうも今一つです。今日の得点は3回の菊池涼介選手のショートへのタイムリー内野安打と、相手のエラーでの得点の2点のみです。ランナーはある程度賑わしても、あと1本が出ません。思い出したくありませんが、暗黒時代のカープの攻撃に似ています。本当に大丈夫なのでしょうか。

投手陣は明暗を分けました。先発の薮田投手は大分良くなってきましたね。ストレートの威力が増して、コントロールも出来ていました。立ち上がり、先頭のヤクルト坂口選手、山田選手を連続三振に打ち取り、薮田投手に自信がみなぎってきた感じがしました。薮田投手は3回を投げて3安打無失点の好投でした。ドリヨシ的にはもう2イニングくらい見たかったですね。先発ローテーション入りに大きく前進した感じですね。

4回に登板した高橋樹也投手と、6回に登板した塹江投手は、内容が良かったです。この2人は開幕1軍をほぼ手中におさめたと言っていいと思います。特に塹江投手は勝ちパターンで起用しても面白いでしょう。

9回に登板したスコット投手は圧巻のピッチングでした。キレキレのスライダーが冴え渡り、3人をあっという間に抑えました。現状、スコット投手が抑え候補の筆頭と言えるでしょう。

しかし、5回に登板した一岡投手がピリッとしませんでした。狙った所にボールが行かないという、制球にやや苦しむ場面が多かったです。2アウト2塁で、ヤクルト吉田選手にタイムリー2ベースを浴びて1失点しました。勝ちパターンで使うのはハラハラですね。

さらに、8回に登板したフランスア投手がいけません。球に威力がありませんし、球が高めに浮いていますし、いい時のフランスア投手とは程遠い感じです。2アウト満塁で、ヤクルト雄平選手にレフトへの2点タイムリーで2−3と逆転されました。今日も失点です。もはや1軍では通用しない状態ですね。

明日は3月最後の練習試合になります。今日に続いてヤクルト戦です。最近負けが混んでいるカープですが、明日こそはスッキリできる試合を見せて欲しいですね。

2020年03月22日

練習試合@マツダ 広島8−9中日 計4発など打線好調も、リリーフ陣踏ん張れず逆転負け。森下投手6回2失点と好投!

20200322-00222771-baseballk-000-2-view.jpg

広島、中日に3連敗も控え組が奮起 堂林&上本猛打賞、小園弾など計4発!
3/22(日) 17:26配信

広島・小園海斗

● 広島 8 − 9 中日 ○
<3月22日・マツダスタジアム>

 広島は中日との練習試合に3連敗。それでも、開幕一軍入りを目指す面々がバットでアピールした。

 まずは「1番・一塁」でスタメン出場した堂林が魅せた。初回、得点にはつながらなかったものの、中日先発・小笠原から二塁打を放ちチャンスメイク。一死二塁で巡ってきた3回の第2打席では、小笠原から左翼席へ飛び込む先制2ランを放った。8回にも中日4番手・藤嶋から二塁打をマーク。5打数3安打2打点と打線を勢いづけた。

「2番・三塁」でフル出場した上本も5打数3安打1盗塁を記録。キャンプ中の実戦から好調なバッティングを再びアピールした。「7番・二塁」でフル出場した三好は5打数2安打2打点を記録。二塁の守備では珍しくミスが目立ったが、2点を追う8回、同点に追いつく右越え2ランを放ち意地を見せた。

「8番・遊撃」でフル出場した小園も、5打数2安打1打点でマルチ安打を記録。8回に一時勝ち越しとなる右越えソロを放ち、非凡なパンチ力を披露した。

 7回には代打で登場した鈴木誠が、貫禄の左越え2ランをマーク。1点追う9回、無死満塁のサヨナラ機こそ逸したが、計4本塁打が生まれるなど打線は活発だった。

BASEBALL KING

今日の練習試合は絶対勝たないといけない試合でした。森下投手が好投し、打線も活発になった中で、完全にカープのペースになるべきですが、リリーフ陣がしっかりせず、逆転負けという情けない結果になりました。

打線は本文にある通り、活発でした。ホームランは4本出ました。堂林選手2ラン、鈴木誠也選手2ラン、三好選手2ラン、小園選手ソロと、素晴らしい当たりが出ました。しかし、8得点のうち7点がホームランによる得点で、打線がつながったという形ではないのが気になります。

8−9で迎えた9回裏は、ノーアウト満塁という、一打逆転サヨナラの大チャンスでしたが、代打の會澤選手、三好選手、小園選手と倒れて1点も取れないという、非常に情けない結果となりました。解説陣はカープの打線は活発だと言われているようですが、僕はそうは思っていません。2016年の時のように、粘りがないですし、非常に淡白のような気がします。

投げては、先発のドラ1ルーキー森下投手が好投しました。前回ソフトバンク戦の課題を見事に修正し、ストレート、変化球共にしっかり制球されていて、安心して見ていられました。森下投手は6回101球を投げて7安打2失点と、先発ピッチャーとしては合格ですね。次回登板も楽しみです。

7回は2番手に中田投手が今季1軍初登板しました。昨シーズンは制球に苦しみ、不甲斐ない1年だったので、今日のピッチングに注目でした。2アウト後、3ベースを打たれましたが、後続を断ち、無失点に抑えました。ピッチングフォームを少し変えたでしょうか。制球が安定し、球威も戻ってきている感じがしたので、今季は1軍で十分通用するかなと思います。

しかし、8回に登板した藤井投手が誤算でした。2/3イニングを投げて4失点でした。配球としては間違っていなかったのですが、最後の勝負球が甘く入って痛打されました。リリーフピッチャーとしては、絶対してはいけない勝負球の失投でした。藤井投手は1軍帯同から一歩後退ですね。さらに、このイニングの失点は、セカンド三好選手のエラーが絡んでいます。接戦では御法度ですね。

8回裏に打線が8−7と逆転し、さあ、逃げ切って勝利というところで、9回はフランスア投手が登板しました。2アウトまではなんとかこぎつけたのですが、その後ランナー1、2塁とされると、中日福田選手にセンター前タイムリーで同点とされました。さらにセンターの野間選手が3塁へ悪送球をしたため、1塁ランナーまで生還し、8−9と逆転されてしまいました。フランスア投手の内容が良くないですね。球威がありません。投げる際に体が早く開いてしまっているため、腕が十分に振れることなくリリースしているからだろうなと思います。さらに下半身を使わず、上体だけで投げているため、球が高めに浮いています。ドリヨシ的には、フランスア投手はファームで、自身のピッチングフォームをしっかりチェックしながら修正を図った方がいいと思います。このままではフランスア投手が自滅してしまいます。

打線が打てば投手陣が打ち込まれは、投手陣が頑張れば打線が打たないという、悪循環に陥ってしまってます。練習試合とはいえ、中日に3連敗はいただけません。

あさってからはマツダスタジアムでヤクルトとの練習試合です。選手の皆さんはモチベーションを上げるのは大変だと思いますが、投打の噛み合ったバランスの良いカープ野球を見せて欲しいです。

2020年03月21日

練習試合@マツダ 広島1−3中日 床田投手6回無失点好投!打線つながり欠き終始重苦しい展開。

20200321-00000084-dal-000-4-view.jpg

広島・床田が6回無失点 四死球0の好投「前回より一歩前進したかな」
3/21(土) 15:42配信

 先発し力投する床田(撮影・立川洋一郎)

 「練習試合、広島−中日」(21日、マツダスタジアム)

 広島の床田寛樹投手(25)が先発し、自己最長となる6回を投げ、四死球ゼロ。2安打無失点で降板した。

 最速は149キロを計測。カーブやスライダーをうまく織り交ぜながら打者を翻弄(ほんろう)し、三塁を踏ませなかった。「しっかりと真っすぐは投げられた。前回より一歩前進したかなとは思います」と手応えを口にした。

 春季キャンプから調子が上がらなかったが、前回の14日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)では5回6安打2失点と復調のきっかけをつかんだ右腕。「アピールしていかないといけないので頑張りたいです」と口元を引き締めた。

今日の床田投手のピッチングは前回のソフトバンク戦よりも一歩前進した感じですね。良い球と悪い球の差はまだありましたが、ストレートがしっかりしていた分、変化球が有効に決まっていたと思います。床田投手は6回2安打無失点で無四球だったのは素晴らしいですね。オープン戦から球が走らず、床田投手自身かなり悩んでいたようですが、今日のピッチングでまた自信につながっただろうと思います。次回の登板に注目ですね。

しかし、心配なのはリリーフ陣です。7回、2番手で登板した一岡投手が、中日福田選手にレフトスタンドへソロホームランを浴びて1点を献上しました。練習試合なので、いろいろな球種を試していたかもしれませんが、明らかな失投でした。もう少し緊張感を持って勝負して欲しいと思います。

さらに、8回に1−1の同点に追い付いた直後の9回に、4番手のDJ・ジョンソン投手が登板しましたが、ノーアウト1塁から、中日根尾選手の送りバントの当たりをDJ・ジョンソン投手が1塁へ悪送球し、1点を失い、さらに中日福田選手に右中間を破るタイムリー3ベースを浴びて2点目を失いました。DJ・ジョンソン投手は制球が課題ですね。特に変化球の制球は、もっとしっかりしなくてはなりません。変化球がストライクが入らないので、ストレートを完全に狙われた形になりました。ドリヨシ的には、DJ・ジョンソン投手は勝ちパターンでは起用できないと感じました。

一方、ナイスピッチングだったのは、3番手に登板したスコット投手です。スライダーのキレが鋭く、8回1イニングを3者三振パーフェクトに抑えました。常に球を動かして、相手打者を打ち取るパターンのピッチャーですが、ドリヨシ的には三振も取れるのではないかと思います。次回は是非抑えで起用して欲しいですね。

さて、問題は打線です。今日も得点は坂倉選手のファースト強襲のタイムリー2ベースの1点のみでした。チャンスは作るのですが、タイムリーが出ません。それどころかランナーを進めてコツコツ点を取るスタイルが確立できていません。送りバントや進塁打など、地味ですが小技をしっかりできるように、もう一度基本を見つめ直すべきではないでしょうか。

明日も中日との練習試合です。明日こそ打線の奮起を期待したいですね。

2020年03月20日

練習試合@マツダ 広島3−4中日 9回2死から猛追もあと一歩及ばず。大瀬良投手7回4失点も好投!

20200320-00000103-dal-000-2-view.jpg

広島、九回2死から猛追も1点届かず 先発大瀬良は7回4失点
3/20(金) 16:48配信

力投する先発の大瀬良(撮影・立川洋一郎)

 「練習試合、広島3−4中日」(20日、マツダスタジアム)

 先発マウンドに上がった広島の大瀬良大地投手(28)が7回を投げ、7安打4失点でマウンドを降りた。

 二回は5番・阿部、、平田、京田を3者連続三振に仕留める投球。六回を終えて2安打無失点。球数は69球。長打もない好投だった。

 だが七回、先頭の4番・ビシエドに中越えへ二塁打、5番・阿部の内野安打で無死一、三塁とし、1死後、京田の右前適時打で1点、さらに2死満塁から大島にセンターへの2点適時二塁打、高橋の適時内野安打で4点を失った。

 打線は中日投手陣のの前に三回に菊池涼の左越えソロによる1点のみ。九回2死から鈴木誠の左前打、上本の左前打で一、三塁とし、会沢の右前適時打で1点。さらに敵失でもう1点加えるなど粘りを見せたが1点届かなかった。

本来ならば今日が公式戦開幕のはずでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、開幕が延期になり、それまでの間は無観客で練習試合をすることになりました。

今日の大瀬良投手は素晴らしい内容でした。ストレートはスピンが効いて伸びがあり、フォークボール、カットボール、スライダーの変化球もキレがありました。6回まで2安打無失点のナイスピッチングで、2安打は中日大島選手だけでした。

しかし、7回、先頭の中日ビシエド選手に右中間を破る2ベースで出塁され、続く中日阿部選手のサードへの不運な当たりの内野安打で1、3塁に。続く中日平田選手はサードゴロで、3塁ランナーが挟殺でタッチアウトに。1アウト1、2塁から中日京田選手に打ち取った当たりが渋くライト前タイムリーとなり1失点。2アウト後、中日郡司選手に四球を与えて満塁とされると、中日大島選手の打ち取った右中間へのフライをセンターの西川選手がダイビング捕球を試みましたが、捕りきれず、2点タイムリー2ベースとなり、さらに中日高橋選手のファーストゴロの当たりが大きくイレギュラーしてタイムリー内野安打となり、さらに1失点。このイニング4失点してしまいました。大瀬良投手のピッチング自体が甘くなった訳ではなく、不運な当たりが続いた中での失点なので、ドリヨシは心配していません。結局大瀬良投手は7回101球を投げて、7安打2四球4失点でした。今日のようなピッチングができれば十分合格点だと思います。

2番手は塹江投手が8回に登板しましたが、見事なピッチングで無失点でした。右バッターのインコースに落ちるスライダーがかなり有効ですね。勝ちパターンの試合でも十分起用できる感じがします。

3番手は菊池保則投手が9回に登板しました。今日は安定した内容で、順調な仕上がりを見せてくれています。セットアッパー的な役目も可能かと思います。

打線は3回、2月アウト後、中日先発の柳投手から菊池涼介選手が左中間スタンドへソロホームランを放ちました。思い切りのいい菊池涼介選手のバッティングは今年は沢山見れそうです。

1−4で迎えた9回、2アウトからカープの粘りが見られました。中日岡田投手から鈴木誠也選手がレフト前ヒット。続く上本選手もレフト前ヒットで1、3塁とします。上本選手はオープン戦からバッティングが素晴らしいですね。何か掴んだ感じがします。上本選手をスタメンで起用しても面白いかと思います。続く會澤選手がライト前に渋く落とすタイムリーで2−4。さらに堂林選手のショートゴロの当たりを中日京田選手が悪送球して、3塁ランナーが生還して3−4と1点差に迫りました。しかし続く高橋大樹選手は空振り三振に倒れ、あと一歩及びませんでした。しかし、中日抑え候補の岡田投手を攻めることが出来たのは良かったです。

今日の試合は、投手陣に収穫が見られて良かったと思います。明日も中日との練習試合です。明日は打線のつながりを見たいですね。

2020年02月19日

練習試合@名護 広島1−5北海道日本ハム ピレラ選手マルチ!西川選手タイムリー!遠藤投手3回無失点!

20200219-00000193-spnannex-000-1-view.jpg

広島 ピレラ、初2番で打ってマルチ!走って快足!「コーチやチームメートに感謝したい」
2/19(水) 19:27配信

<日・広>1回無死一塁、ピレラは中前打を放つ (撮影・奥 調)

 ◇練習試合 広島―日本ハム(2020年2月19日 名護)

 広島の新助っ人、ホセ・ピレラ外野手(29=フィリーズ)は、自身初となる「2番・三塁」で先発し、マルチ安打を放った。

 初回無死一塁では、加藤の内角直球をライナー性での中前打。3回1死無走者からは、登板直後の鈴木の外角スライダーを左翼線にはじき返すと、全力疾走で持ち前の快足も披露し悠々と二塁打とした。

 2打数2安打と状態は上昇中で、「今日はいい一日。チームのために2安打を打てた。チームメートやコーチに感謝したい。毎日一緒に練習して、コーチからいろいろ教えてもらってこの結果になった」と新天地でのサポートに感謝した。

広島・遠藤、開幕ローテ入りへ前進 主力並ぶ日本ハム打線相手に3回無失点
2/19(水) 18:14配信

◆ 2年目の昨季は救援34試合で防御率3.16

 広島の遠藤淳志投手(20)が19日、日本ハムとの練習試合(沖縄・名護)に先発登板。主力が並んだ相手打線を3回無失点に抑え、開幕ローテ入りをアピールした.

 遠藤は初回、一死から2番・近藤に左翼線へ二塁打を浴びるも、続くビヤヌエバを中飛に仕留めたあと、4番・大田は遊飛。ピンチを招いたものの無失点スタートを切った。2回も一死から6番・渡邊に左中間突破の二塁打を浴びたものの、後続を断ち無失点。3回は1番・西川から空振り三振を奪うなど、計3イニングで2安打無失点3奪三振と好投した。

 遠藤は2年目の昨季、すべて中継ぎで34試合に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率3.16をマーク。3年目の今季は先発ローテ入りを目指し調整を続けている。

BASEBALL KING

今日は今季対外試合初の黒星となりましたが、良い点、悪い点ありました。

先発の遠藤投手は粘りのピッチングを見せて、3回2安打3奪三振で日本ハム打線を無失点に抑えました。初回、2回とランナーを出したものの、粘りのピッチングを展開し、崩れませんでした。これで遠藤投手は先発ローテーション入りに一歩前進したと言えるでしょう。次回登板にさらに注目ですね。

打っては新外国人のピレラ選手がマルチヒットをマークしました。初回、日本ハム加藤投手からセンター前にヒットを放つと、続く3回の打席では日本ハム鈴木投手からレフト線へ2ベースを放ちました。この打席、ピッチャーはサイドスローの右腕で、右バッターからすれば外へ逃げていく球が多い中で、見事に反応して長打にしました。ピレラ選手は日本の野球への対応力は十分あると見ました。公式戦でも戦力になりそうです。

西川選手も好調ですね。3回、ピレラ選手の2ベースの直後、右中間を破るタイムリー2ベースを放ちました。かなり勝負強くなった感じがします。3番の打順は当確ではないでしょうか。見た感じ西川選手の体が大きくなったようです。その分、バッティングに安定感が出てきたのではないでしょうか。今日の試合はこのタイムリーの1点のみでした。

他に投手では、新外国人のスコット投手とDJ・ジョンソン投手が登板しました。スコット投手は6回1イニングを無失点。DJ・ジョンソン投手は8回1イニングを無失点に抑えました。両外国人共に通用しそうな感じです。今後も注目ですね。

5回には高橋樹也投手が登板し、1イニングを無失点に抑えました。ストレートで打者を押し込んでいたのが印象的でした。中村恭平投手とダブルで左の中継ぎになれば最高ですね。

しかし、4回に登板した矢崎投手はピリッとしませんでした。日本ハム中田選手にライトスタンドへ2ランを浴び、その後もランナーをためて満塁とされると、日本ハム近藤選手に押し出しの四球を与えました。ピッチングの内容が変わっていなかったのは残念でした。おそらく矢崎投手はファーム調整になりそうです。

もう一人心配なのがフランスア投手です。7回に登板しましたが、連打でランナーをためると、日本ハム万波選手に右中間を破る2点タイムリー2ベースを浴びました。見る限り、フランスア投手の球に威力がないようです。2年前のあの唸るようなストレートではありません。まだ疲労がたまっているのでしょうか。今日のようなピッチングでは、勝ちパターンでの起用は難しいかもしれません。

さて、練習試合は今日でひとまず終了です。22日からはオープン戦が始まります。公式戦開幕まであとちょうど1ヶ月になりました。ドリヨシは投手陣が少し心配です。もう少しギアを上げてもらいたいですね。

2020年02月16日

練習試合@北谷 広島13−8中日 打線爆発23安打13得点!

20200216-00218927-baseballk-000-1-view (1).jpg

広島が5発含む23安打13得点で中日との乱打戦制す 西川2戦連発、野間4安打
2/16(日) 18:03配信

5回に3ランを放ち本塁でコーチらに迎えられる上本(背番0)

◆ 3失点の山口とケムナは二軍行き

 広島が中日との練習試合(沖縄・北谷)に13−8で勝利。打線が5本塁打含む23安打13得点と爆発した。

 広島は初回、3番・西川の右越えソロで先制。西川は15日の阪神戦でも右越えソロを放っており、2試合連発で3番定着をアピールした。4回は5番・安部が右中間席へ2ランを運び3−1。その後も中日先発・山本を攻略し、8番・中村奨の右前打適時打、代打・鈴木誠の左越えエンタイトル適時二塁打などで一挙5点のビッグイニングとした。

 5回も中日2番手・阿知羅を捕らえ、途中出場の三好が左越えソロ、上本は左越え3ランを放つなど一挙6得点。2イニング連続となる打者一巡の猛攻を見せ、5回までに大量12点を奪った。8回にも途中出場の坂倉が、豪快な右越えソロを放ち13点目。フル出場した野間は4安打をマークするなど打線の好調ぶりが光った。

 一方で投手陣は、2番手の山口、4番手のケムナがそれぞれ3失点。佐々岡監督は試合後「日南に行ってもらいます」と、山口とケムナの二軍行きを明かした。

BASEBALL KING

今日は中日との乱打戦になりましたが、13−8で打ち勝ち、練習試合3連勝となりました。

今日も西川選手が昨日に続いて1回に中日山本投手からライトスタンドへ先制のソロホームランを放ちました。西川選手の3番起用は正解だと思います。昨年はシーズン途中から1番に定着し、チャンスメイクに貢献しましたが、今季はポイントゲッターとしての活躍が期待されます。

4回はさらに中日山本投手を攻めて一挙5点のビッグイニングにしました。安部選手が右中間スタンドへ2ランを放ち、サードのポジション獲りをアピールしましたし、昨日右ふくらはぎに打球を受けて練習試合出場を回避した鈴木誠也選手も代打で出場し、レフトオーバーのタイムリー2ベースを放ち、引き続き好調をキープしています。

5回は中日阿知羅投手を攻め、三好選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち、さらに上本選手がレフトスタンドへ3ランを放つなどで一挙6点のビッグイニングにしました。三好選手も1軍生き残りをアピールしてますし、上本選手もムードメーカーの役割だけではなく、この対外試合ではプレーで貢献してくれています。

8回は中日福投手から坂倉選手がライトスタンドへソロホームランを放ち、非凡なバッティングセンスを披露しました。

今日は野間選手が4安打をマークしました。バッティングフォームを改造し、昨年秋のキャンプではバッティングが好調だっただけに、この春のキャンプも期待されましたが、思うような結果が出ず、野間選手もかなり焦りがあったかと思いますが、まずは今日4安打出来た事にホッとしているでしょう。

一方、投手陣は先発ローテーション入りを期待されていた山口投手が3失点と結果を残せませんでした。球が甘いコースにまとまり、中日打線に痛打されました。ドリヨシ的には、前にもコメントしましたが、山口投手はまだ野球を甘く見ている感じがしますので、まだまだ苦労する方がいいかもしれません。沢山失敗して、成功の糧を作って欲しいです。

そして、ケムナ投手も3失点とピリッとしませんでした。全体的に球が高めに上ずり、上ずった球を修正しようとすると引っかけて低く外れ、苦し紛れに投げた甘い球を痛打されるという悪いパターンでした。ケムナ投手はピッチングフォームに問題がありそうです。テレビ中継で解説されていた斎藤明夫さんが指摘されてました。

山口投手とケムナ投手は日南へ強制送還となりました。今日のピッチングを見る限り、仕方ないでしょうか。

対外試合3試合が終わりましたが、打線は好調ですね。し烈なポジション争いを生き抜くために、選手の皆さんが必死です。今のところどの野手もアピール出来ている感じです。来週からはオープン戦も始まりますが、少しずつふるいにかけられることになりますので、アピール合戦はさらにし烈になりそうです。心配なのは投手陣です。先発投手陣とリリーフ投手陣の整備が少し遅れ気味ではないかとドリヨシは気にしています。

2020年02月15日

練習試合@宜野座 広島7−1阪神 打線好調7得点!西川選手先制弾!高橋大樹選手2安打1本塁打4打点の活躍!

20200215-02150791-nksports-000-2-view.jpg

広島高橋大樹1発含む2長打「結果が出るのが大事」
2/15(土) 19:23配信

練習試合 阪神対広島 4回表広島1死一塁、左越え2点本塁打を放つ高橋大。投手中田(撮影・前田充)

<練習試合:阪神1−7広島>◇15日◇沖縄・宜野座

広島鈴木誠の欠場で急きょ先発出場した同期の高橋大樹外野手が1発含む2長打、2四球と結果を残した。

阪神との練習試合前、4番先発予定の鈴木誠が走塁練習中に打球を右ふくらはぎ付近に受け、欠場が決まった。

当初はベンチスタートだった高橋大が「8番左翼」で先発に起用された。3回の2打席目に阪神中田の浮いたカーブを上からたたいて、左翼ポール際に運んだ。さらに岩貞からは6回に粘って四球を選ぶと、7回は2点二塁打。朝山打撃コーチは「最初の1、2打席で代えられる危機感を持っている。打てばもう1打席、もう1打席とチャンスをもらえる」と評価した。転がり込んできた好機で生き残りをアピールした高橋大は「(多く打席に)立たせてもらったのはありがたい。結果が出るのが大事。ここから上がっていきたい」と試合後も表情を崩さなかった。

鈴木誠也選手が打球をふくらはぎに受けて、大事を取って練習試合を欠場しましたが、代わりに入った高橋大樹選手がバッティングでアピールしました。

3回に阪神中田投手の浮いたカーブを叩いて、打球はレフトスタンドへ入る2ランを放ちました。また、7回には阪神岩貞投手からレフト線へ2点タイムリー2ベースを放ち、4打点の大活躍でした。
持ち前の長打力で1軍生き残りをアピールしています。

高橋大樹選手は鈴木誠也選手と同期入団で、高橋選手がドラ1、鈴木選手がドラ2でした。なので、1軍で主砲として活躍している鈴木選手にかなりのライバル意識はあるはずです。かなりし烈な外野手争いに待ったをかけた高橋大樹選手は、明日以降も注目ですね。

今日の練習試合はドリヨシはテレビで観戦していましたので、率直な感想を述べてみます。

投手では、先発のアドゥワ投手は不安定でした。球が高めに上ずり加減で、キャッチャーの構えた所にビシッと決まらない傾向がありました。まだ調整不足のように感じました。

2番手の薮田投手は、まだまだみたいな感じがします。4回1イニングでしたが、阪神の打者に捉えられてた感じがします。

3番手の一岡投手は、ストレートのキレが戻ってきている感じがしました。今季は中継ぎで要所を抑えてくれそうです。

4番手の中村恭平投手は、多少球にばらつきがありましたが、150キロ越えのストレートの質はいいですね。今季も貴重な左の中継ぎで期待していいでしょう。

5番手の菊池保則投手は、安定感がありました。制球も球の質もいいですね。今季も勝ちパターンの投手に入るのは確実ですね。

6番手の岡田投手は、重いストレートは健在ですね。心配なのはコントロールですが、今日はまずまずでした。次回登板も注目です。

野手では、西川選手が順調ですね。3回、阪神横山投手から高めに浮いたストレートを上から叩いてライトスタンドへ先制のソロを放ちました。今日は3番に入りましたが、ドリヨシ的には3番は西川選手でいいと思います。今季もかなり活躍しそうです。

ドラ5の石原貴規選手も存在感をアピールしました。2回に阪神横山投手からレフト線へ2ベースを放ち、4回にも阪神中田投手からセンター前ヒットを打ちました。石原選手はバッティングセンスが結構いいですね。守備では5回に阪神近本選手が二盗を試みましたが、素早い送球で阻止し、強肩も見せつけました。

全体的に野手は順調に仕上がっているようですが、投手陣はまだまだ調整段階でしょうか。

明日は北谷で中日との練習試合です。ドリヨシは明日もテレビ観戦の予定です。

2020年02月14日

練習試合@コザしんきんスタジアム 広島5−4千葉ロッテ 鈴木誠也選手先制弾!投手陣に課題も佐々岡監督対外試合初勝利!

20200214-02140531-nksports-000-7-view.jpg

佐々岡広島が“初陣”1勝、鈴木誠也が先制アーチ
2/14(金) 16:43配信

広島対ロッテ 2回裏広島無死、鈴木誠也は中越え本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<練習試合:広島5−4ロッテ>◇14日◇コザしんきんスタジアム

今季初の対外試合となった広島は、2回に4番鈴木誠が唐川からソロを放って先制。

1点リードの9回、フランスアが3連打を浴びるなど一時逆転を許したが、その裏、相手7番手成田の連続死球などで再逆転。

5−4で勝利し、佐々岡監督の初陣を飾った。

広島−ロッテの練習試合は思わぬ幕切れ…2者連続死球で異例のサヨナラ終了
2/14(金) 18:39配信

◆ 本来なら展開に関係なく9回裏完了のはずが…

 広島とロッテの練習試合が14日、コザしんきんスタジアムで行われ、広島が5−4で勝利した。9回裏は2者連続デッドボールでのサヨナラ決着。場内は騒然となった。

 試合はロッテが4−3とリードし9回裏、広島の攻撃。ロッテは開幕一軍入りを目指す成田をマウンドに送ったが、左腕は2四球などで一死満塁のピンチを背負った。打席に広島のドラフト2位・宇草を迎えたが、ここでも成田は制球が定まらず押し出し死球を献上。宇草は6回の打席でも育成右腕のサントスから死球を受けており、臨時代走・小園を送られベンチに下がった。

 成田は続く上本にも死球を当ててしまい、計4四死球の大乱調。4−5と逆転を許した。ここで広島サイドが「終わり?」とロッテサイドに問いかけると、ベンチの井口監督は指で×印。結果的にサヨナラでの試合終了となった。

 この時期の練習試合は選手の調整が主となるため、両軍申し合わせのうえ、試合展開に関係なく9回裏まで完了するケースが多い。しかし、まさかの連続死球終了に観客も騒然。成田は帽子をとったままベンチへ引き上げた。

BASEBALL KING

まずは今日の練習試合、佐々岡監督にとっては初の対外試合になりましたが、なんとか初勝利をおさめることができました。

打撃では、鈴木誠也選手が好調ですね。2回にロッテ唐川投手の初球をフルスイング。先制のソロホームランを放ちました。初球から積極的にいけてるのが好調の証拠ですね。

注目されたのは先発の遠藤投手です。1軍生き残りをかけた今日の登板ですが、立ち上がりは球が高めに上ずり、味方の失策も絡んで3回3安打2失点の内容でした。今日の内容では、まだ生き残りは判断できないだろうと思いますので、次回登板に再注目ですね。

心配なのはフランスア投手です。3−2の1点リードで迎えた9回に登板しましたが、ロッテ打線に捕まり、3連打を浴びるなどして3−4と逆転を許しました。フランスア投手はまだ登板過多の疲労が蓄積しているのかもしれません。そうなると、新外国人のDJ・ジョンソン投手かスコット投手の活躍に期待がかかりそうです。

試合は9回裏、ロッテ成田投手の大乱調で1安打2四球2死球で5−4となり、試合終了となりました。佐々岡監督の初陣は勝利をおさめることができましたが、今一つスッキリしませんね。

試合経過は以下の通りです。

<練習試合:広島5−4ロッテ>◇14日◇コザしんきんスタジアム

広島が今季初の対外試合。5−4でロッテを破った。2回に4番鈴木誠也が今季1号となる先制本塁打を放った。

ロ002000002=4

広010002002=5

【1回表】

1番藤原は右直。右翼の鈴木誠がスライディングキャッチ。

2番藤岡は遊ゴロ。

3番中村奨は死球。2死一塁。

4番井上は四球で2死一、二塁。

5番安田は左飛。

【1回裏】

1番田中広は空振り三振。

2番菊池涼は右飛。

3番西川一ゴロ。

【2回表】

6番田村は右前打。無死一塁。

7番福田光は初球を右前に運び、無死一、二塁と得点機をつくる。

8番菅野は遊撃への小フライ。1死一、二塁。

9番岡は外角直球を見逃し三振。

藤原は変化球に見逃し三振。

【2回裏】

4番鈴木誠が唐川の137キロ初球を強振して左翼スタンドへ先制ソロを突き刺す。スタンドは大拍手に包まれる。1−0。

5番長野は二ゴロ。

6番ピレラは初球を打って左飛。

7番安部は投ゴロ。

【3回表】

藤岡は右前打で出塁。無死一塁。

中村奨は三ゴロも、三塁手ピレラが一塁へ悪送球し、一走藤岡が一気に生還した。中村奨は二塁に進んで無死二塁。1−1。

井上は中直も中堅西川がダイビングキャッチ。二走中村奨がタッチアップで三塁へ。1死三塁。

安田が中堅への犠飛を放ち、ロッテが2−1と勝ち越した。

田村は右飛。

【3回裏】

ロッテは唐川に代わってチェンが2番手で登板。唐川は2回1安打1失点。

8番坂倉は投ゴロ。

9番野間は四球。1死一塁。

田中広の3球目に野間が盗塁成功し、1死二塁。

田中広の右前打で二走野間が本塁を狙うも、タッチアウト。田中広に代走小園。

菊池涼は右飛。

【4回表】

広島が選手交代。(投)遠藤→塹江、(二)菊池涼→曽根、代走小園はそのまま遊撃。

福田光は一ゴロ。

菅野は三邪飛。

岡は中前打。2死一塁。

藤原は二ゴロ。

【4回裏】

西川は二ゴロ。

鈴木誠は左翼ポール際への大ファウルの後、中飛に倒れる。

長野は三ゴロ。

【5回表】

広島が選手交代。(中)西川→高橋大、(右)鈴木誠→宇草。

藤岡は空振り三振。

中村奨の代打佐藤は見逃し三振。

井上の代打香月は一ゴロ。

【5回裏】

ロッテが選手交代。(投)チェン→岩下。代打佐藤はそのまま指名打者、代走香月がそのまま一塁。

ピレラは左飛。

安部は遊飛。

坂倉中飛。3者凡退で無得点に終わる。

【6回表】

広島が選手交代。(投)塹江→高橋樹、(一)安部→堂林、(三)ピレラ→三好。

安田は遊ゴロ。

田村の代打柿沼は三ゴロ。

福田光が左前打で2死一塁。

菅野は空振り三振で無得点。

【6回裏】

ロッテが選手交代。(投)岩下→サントス、(遊)藤岡→(二)西巻、福田光が(二)→(遊)、代打柿沼はそのまま捕手。

野間は四球。無死一塁。

小園の2球目に野間が盗塁成功も、塁から離れてしまいタッチアウト。スタンドは歓声のちため息。小園は四球で1死一塁。

曽根は二塁への内野安打。1死一、二塁。

高橋大は中飛。2死一、二塁。

宇草は死球で2死満塁。

長野の代打小窪が四球を選んで押し出し。2−2に追いつく。

三好も押し出し四球で、広島が3−2と勝ち越した。

堂林は遊ゴロに倒れる。

【7回表】

広島が選手交代。(左)野間→正随。

岡は空振り三振。

藤原も空振り三振。

西巻は三ゴロ。

【7回裏】

ロッテが選手交代。(投)サントス→石崎。

坂倉は中飛。

正随は二塁後方に落ちる内野安打。1死一塁。

小園への4球目が暴投となり一走の正随が二塁へ。小園は右前にライナー性で運び、1死一、三塁。

曽根の投ゴロで正随が三本塁間で挟殺。打者走者の曽根は二塁へ進塁し、2死二、三塁。

高橋大は空振り三振。

【8回表】

広島が選手交代。(投)高橋樹→矢崎、(捕)坂倉→石原貴

佐藤は中飛。

香月は遊ゴロ。

安田は一ゴロ。

【8回裏】

ロッテが選手交代。(投)石崎→東條。

宇草は二ゴロ。

小窪は中前打。代走に上本。1死一塁。

三好は遊ゴロ。上本が進塁して1死二塁。

堂林は四球。2死一、二塁。

石原貴は空振り三振。

【9回表】

投手矢崎→フランスア。

柿沼は左飛。

福田光は右前安打。

菅野も右前安打で続き1死一、二塁。代走和田。

岡の中前適時打で二走の福田光が生還し同点、3−3。送球間に走者がそれぞれ進塁し、1死二、三塁。

藤原の二ゴロへの当たりをホームへ転送も、三走の和田がタッチをかいくぐり4点目。1死一、三塁。

西巻は捕飛。

佐藤は左飛に倒れる。

【9回裏】

投手東條→成田

正随は四球。無死一塁。

小園は右飛。

曽根は四球。1死一、二塁。

高橋大は左前安打で1死満塁。

宇草はこの日2度目の死球。押し出しとなり、4−4の同点。臨時代走に小園。なお1死満塁。

上本も2者連続の死球となり、押し出しで広島が勝ち越し、5−4で試合終了。試合は、練習試合のため、特別ルールで行われた。

<スタメン>

【ロッテ】

(中)藤原

(遊)藤岡

(指)中村奨

(一)井上

(三)安田

(捕)田村

(二)福田光

(右)菅野

(左)岡

(投)唐川

【広島】

(遊)田中広

(二)菊池涼

(中)西川

(右)鈴木誠

(指)長野

(三)ピレラ

(一)安部

(捕)坂倉

(左)野間

(投)遠藤
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ