<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年11月20日

佐々岡監督考案の「砂浜トレーニング」

20191120-11190837-nksports-000-32-view.jpg

広島佐々岡監督考案の砂浜トレ「楽しく、きつくね」
11/20(水) 8:42配信

砂浜でチーム対抗リレー走を行う広島ナインを笑顔で鼓舞する佐々岡監督(右)

宮崎・日南の砂浜で広島佐々岡監督考案のスペシャル強化トレーニングが行われた。秋季キャンプ参加中の投手15人が日南海岸国定公園に集結し、約40メートルのダッシュを8本。その後3人ずつ5チームに分かれ、チーム対抗リレーを実施した。

約7メートル間の両端に箱を設置し、片方に入った5つのボールをもう片方に移し替えてスピードを競った。自身の現役時代に行い、2軍投手コーチ時代にも実施。指揮官は「瞬発や切り返しの部分を鍛えられる。キャンプも最後だし、楽しく、きつくね」と語った。

秋季キャンプは20日に最終日を迎える。

砂浜でのトレーニングは下半身の強化には効果てきめんではないかと思います。佐々岡監督が現役時代の時は日南の砂浜でダッシュなどをしていたのを思い出しましたが、再び砂浜でトレーニングをしているのを見ると、懐かしく感じました。特に投手陣は下半身のさらなる強化が求められる中で、日南名物坂道ダッシュも含めて、有意義なトレーニングを進めているなと思いました。来春のキャンプももちろん、佐々岡式トレーニングが行われます。

2019年11月18日

野間選手、新打撃フォームに手応え!来季はブレイクの予感!?

20191118-00000057-dal-000-2-view.jpg

広島・野間、秋季キャンプ2号 新打法に挑戦、効果てきめん
11/18(月) 11:52配信

広島・野間峻祥

 「広島秋季キャンプ、紅白戦」(18日、天福球場)

 広島・野間が今キャンプ2号を放った。白組の「1番・中堅」で先発出場。初回の1打席目は先発山口の前に二飛に倒れたが、三回1死に2番手高橋樹の変化球を捉え、右翼席へ突き刺した。今秋からバットを寝かすフォームに挑戦。新打法の効果はてきめんだ。

野間選手の打撃がかなりいいみたいですね。バットを寝かす打撃フォームに変えた事で、スイングの時バットのヘッドスピードが良くなって、相手ピッチャーの球威に負けなくなり、ライナー勢の鋭い当たりが増えてきたようです。野間選手の来季にかける思いはかなり強く、ある意味危機感を感じながら、この秋のキャンプに挑んでいたと思いますが、いい収穫になったのではないでしょうか。来春のキャンプ、オープン戦、公式戦と楽しみになってきました。

2019年11月15日

ケムナ投手、実戦で存在感をアピール!

20191115-00000120-dal-000-2-view.jpg

広島・佐々岡監督 紅白戦で2回0封のケムナを高評価 薮田には苦言
11/15(金) 20:10配信
19


 紅白戦で2回無失点の好投を見せたケムナ(撮影・飯室逸平)

 「広島紅白戦、紅組1−0白組」(15日、天福球場)

 第3クール最終日の15日、紅白戦が行われた。佐々岡真司監督は「良いものが出せた選手と、課題が出た選手がいた」と総括すると共に、若鯉に最後のアピールを求めた。

 白組で先発した薮田は2回2安打無失点だったが四球からピンチを背負った。「結果的に0点だけど、内容的には良いものは出せていない」。一方で紅組の3番手で登板したケムナは2回無安打無失点。打者6人を完ぺきに封じた投球に「ボールに力強さがあったね」と振り返った。

 打者では坂倉が二塁打を放ち、高橋大も2安打をマークした。坂倉については「好調を維持しているね。レフト方向に良い打球を打っている」と話した。

 17日からの最終4クールでも紅白戦1試合が予定されている。若鯉にとっては、来年の1軍春季キャンプ参加メンバーに選ばれるための最後の実戦だ。指揮官は「投手も野手も最後の最後までアピールをしてほしい」と力を込めた。

若手選手にとっては、来春1軍キャンプに帯同するためのラストチャンスとなるこの秋季キャンプです。ケムナ投手が完璧な内容で、2イニング無安打無失点の素晴らしい内容でした。ケムナ投手は中継ぎ候補に挙がるのではないかと思います。
ルーキーの森下投手、若手のケムナ投手、遠藤投手など、生きのいいピッチャーが出てきそうですね。
外国人のモンティージャ投手もいい内容だったようです。投手陣全体の底上げができそうですね。

2019年11月12日

羽月選手、打撃改造でレギュラーを狙う!

20191112-00000029-dal-000-2-view.jpg

広島・羽月 打撃フル改造 内野安打狙いからフルスイングへ
11/12(火) 9:00配信

 打撃練習する羽月

 「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

 広島の羽月隆太郎内野手(19)が11日、残り2クールとなった秋季キャンプで、改造中の打撃の基礎を固めると意気込んだ。今季は三遊間方向へゴロを打つことを意識。俊足を生かして内野安打を勝ち取る打法に徹していた。現在は振り切るスイングに注力し、バットを振り込んでいる。

 高卒1年目の今季、ウエスタン・リーグで89試合に出場し、打率・300を残したスイングをリセット。「今年は球に合わせていた。今はしっかりと振った中で、ミートができるようにしています」。習得を目指すのはバットをきっちり振り切って放つ安打だ。

 年齢を重ねれば脚力の低下は避けられない。東出2軍打撃コーチの「今のままでは1軍で通用しない。バットで生きられる技術を、足が速いうちに身に付けよう」との言葉が、スタイル変更のきっかけにつながった。

 同じ左打ちの野間や西川の打撃も参考にできる日南キャンプは20日まで。実りの秋にすべく、羽月はひたむきにバットを振る。

羽月選手はドリヨシが推している選手です。小柄ながら常に全力でプレーする姿に感動しました。持ち味の俊足を生かすためには、やはりバッティング技術の向上が課題になります。今季羽月選手はウエスタンリーグで打率3割を残す素晴らしい成績を残しました。今年の9月はウエスタンリーグの月間MVPを受賞しました。東出2軍打撃コーチの助言で、バットを振り切るようにフォームを改造中です。安定した打撃力が身に付けば、50メートル5秒7の俊足だけに、カープの秘密兵器になり得る存在だと思います。来春の1軍キャンプの切符を手に入れて欲しいですね。

2019年11月11日

中村奨成選手がようやくエンジン始動!?

20191111-00000033-dal-000-2-view.jpg

広島・中村奨成 紅白戦V撃 初マルチ 春季C1軍へ猛アピール打ァ〜!
11/11(月) 9:00配信

 4回、中前適時打を放つ中村奨
 「広島紅白戦、白組6−2紅組」(10日、日南)

 広島・中村奨成捕手(20)が10日、紅白戦に白組の「2番・捕手」で出場し、決勝打を含む2安打2打点をマークした。今キャンプの紅白戦4試合目にして初の複数安打。残り半分となったキャンプでも、レベルアップとアピールを継続していく。

 日南の地で視線を一身に浴びた。2−2の四回1死二、三塁。中村奨はフルカウントから平岡の内寄り直球を中前へはじき返し、決勝の勝ち越し適時打。「引っ張りにいっていたら、ああいう結果になってなかったと思う。打ち返せたので良かったかなと思います」と声を弾ませた。

 この一打で終わらず、五回1死一、三塁では左前適時打をマーク。凡打の打席の内容も含めて「今日が一番良かった」とうなずく。この試合前までは紅白戦3試合で10打数1安打だったが、初の複数安打で今キャンプを折り返した。

 手応えも上々だ。左腰が浮いて伸び上がる癖や、軸足にしっかり体重を乗せることなどに意識を置きながら示した好結果。「いいものはちょっとずつ出てきているかと思います」。宿舎では紅白戦の映像を見て打撃、守備両面の復習も行う。とことん己と向き合い、成長への日々を過ごしている。

 試合後は、クール最終日恒例のロングティーでバットを振り込んだ。11日の休養日を挟み、12日から残り半分の秋季キャンプ。「しっかりレベルアップできるように、一日一日を大事に練習していきたい」。来年の春季キャンプの1軍切符をつかむためにも、全力で駆け抜ける。

中村奨成選手がバッティングで結果を出せずにいましたが、昨日の紅白戦で2安打2打点と結果を出しました。中村選手は今季は肋骨の疲労骨折や、頭部死球などで、ある意味散々なシーズンになりました。しかし、チームに復帰してからは元気よく練習に励んでいます。課題のバッティングも、自身の悪い癖を修正すべく、日夜バットを振り込んでいます。昨日の紅白戦で結果が出た事に、中村選手自身もホッとしているはずです。チーム内もキャッチャーのレギュラー争いがし烈です。石原選手、會澤選手は1軍の必要なピースです。従って、磯村選手、坂倉選手、そして今年のドラフトの石原選手と、レギュラー争いは常に激しいですね。ドリヨシ的には将来的には中村選手には坂倉選手と共にカープの扇の要を担って欲しいと思っています。そのためにも、来春の1軍キャンプの切符を手に入れて欲しいですね。

2019年11月10日

中神選手、キャンプ合流後いきなり紅白戦でタイムリー!

20191110-00000058-dal-000-4-view.jpg

広島・中神 日南キャンプ合流後初の紅白戦でタイムリー
11/10(日) 14:25配信

 2回、適時三塁打を放つ中神(撮影・飯室逸平)

 「広島紅白戦、紅組−白組」(10日、天福球場)

 広島・中神拓都内野手が日南キャンプ合流後初の紅白戦でいきなりタイムリーを記録した。

 9日から参加しているプロ1年目は、紅組の「7番・三塁」で出場し。1打席目となった1−0の二回無死三塁でケムナの3球目をはじき返し、右中間を真っ二つに破る適時三塁打とした。

 「積極的にやっていきたい」と意気込んでいた中、滑り出しから好結果をもたらした。

当初は秋季キャンプのメンバーから外れて、この度緊急招集となっただけに、中神選手も「やってやろう」という気持ちが高まっているはずです。菊池涼介選手のメジャー挑戦が現実となり、もしメジャー行きが決まった場合、内野手のレギュラー争いはますます混沌としてきます。ということは中神選手にもチャンスが来る事になりますね。今季はドラ1ルーキーの小園選手が1軍で活躍したのも、中神選手にとっては刺激になっていると思います。この秋季キャンプで結果を残して、1軍帯同のキップを手に入れて欲しいですね。

2019年11月09日

中神選手が日南秋季キャンプに合流!

20191109-11090149-nksports-000-10-view.jpg

広島中神が日南キャンプ緊急合流 小園らに対抗心
11/9(土) 9:48配信

広島中神拓都

広島の19歳の中神拓都内野手が9日から日南秋季キャンプに合流する。

曽根ら離脱者が出た影響で緊急昇格。市岐阜商から18年ドラフト4位で入団。今季1軍出場はなかったが、高校通算46本塁打のパンチ力と50メートル5秒9の快足に強肩も備える。

小園ら同期入団組は初日から参加しており、「自分だけ呼ばれなくて、正直すごく悔しかった。見返してやろうという気持ちでやりたい」と気合十分。この日は広島・廿日市市の大野練習場で体を動かした。

2018年のドラフト選手のうち、唯一1軍秋季キャンプから外れていた中神選手が合流することになりました。本文にもありますが、中神選手本人は同期入団メンバーのうち、自分だけ招集されてなかった事に、かなり悔しい思いをしていたと思います。中神選手もポテンシャルは高い選手です。パンチ力のあるバッティングと、俊足、強肩と、バランスの取れた選手です。この秋季キャンプに、今までの悔しさをぶつけて結果を残し、来春の1軍キャンプメンバーに選ばれるように頑張って欲しいです。

2019年11月08日

正随選手、持ち前の長打力をアピール!

20191108-00000059-dal-000-4-view.jpg
広島・正随 3ランで存在感示す
11/8(金) 14:20配信

 紅白戦で先制3ランを放つ正随(撮影・飯室逸平)

 「広島紅白戦、紅組−白組」(8日、天福球場)

 広島・正随優弥外野手が紅組の「5番・右翼」で出場し、先制の3ランをマークした。

 一回1死から小園、坂倉が連打で好機を作り、その後2死一、二塁の場面。岡田の初球、外角直球を振り抜き、右中間芝生席へ運んだ。

 前日の契約更改交渉後には「実戦でアピールしたい」と話していた正随。持ち味の長打力で、存在感を示した。

正随選手も、1軍で起用してもおもしろい存在ではないかと思います。今年の春のキャンプも1軍に帯同し、存在をアピールしていました。今日の紅白戦でも、岡田投手のストレートを叩いて右中間スタンドへ3ランを放ったようです。ドリヨシ的には、昔入団した時の新井選手に近いイメージがあります。入団当初は体の線が細く、パワーも備わっていない状態がありました。しかし、正随選手パワーと体幹はありますね。この秋季キャンプ、来春のキャンプでしっかり鍛え上げて、1軍帯同をもっとアピールして欲しいです。

2019年11月07日

坂倉選手の来季への思い。

20191107-00000009-baseballo-000-2-view.jpg

広島・坂倉将吾 代打では得た信頼。次は定位置へ/来季こそ主力に
11/7(木) 12:02配信

坂倉将吾

 坂倉将吾は独特のスタイルでフリー打撃を行う。打撃ケージをはみ出すくらい投手寄りに立ち、ボールの体感速度を上げて打ち返す。「バットが出るように、です」。自らの課題に黙々と取り組む。

 今春のキャンプでは三番候補に挙げられた。打撃に関して自分の形を持っており、パワーもある。オープン戦は.190にとどまったが、開幕一軍に抜てきされた。3月31日の巨人戦(マツダ広島)に六番・左翼で先発。3打数無安打に終わったが、4月7日阪神戦(マツダ広島)では途中出場でマスクもかぶった。4月8日に二軍降格となったが、期待の大きさが表れていた。

 5月17日に再び一軍に呼ばれた。二軍で打率.325、1本塁打、13打点の成績を残し、打力を期待されての昇格だった。5月19日の阪神戦(甲子園)で代打出場し、今季初安打の右前打を浜地から放った。同24日の巨人戦(東京ドーム)でも代打出場し、今季初長打の右中間二塁打を戸根から飛ばした。それからは代打で計算されるようになった。

 レギュラーにはなれなかったが、一、二軍を往復しながら持ち味は発揮した。代打出場した8月1日の巨人戦(東京ドーム)では、大竹からプロ1号となるダメ押し3ランを放ち、ベンチでチームメートの手荒い祝福を受けた。

 いつまでも控えの立場に甘んじるつもりはない。出場機会を増やすため複数ポジションに挑戦する計画もあるが、胸に秘めるのは正捕手への思い。「ポスト會澤」の座を虎視眈々(こしたんたん)と狙う。

写真=BBM

週刊ベースボール

今季の坂倉選手は、レギュラーは獲得できませんでしたが、シーズン後半は代打の切り札的な役割を担いました。本文にもありますが、8月1日の東京ドームでの読売戦で、大竹投手から3ランを放ったシーンは、ドリヨシも覚えています。

坂倉選手は数多く打席に立たせてヒットを量産するバッターだと思います。なので、来季はとりあえずレフトでのスタメン機会を与えて欲しいなと思います。そして、将来は中村奨成選手と2枚看板で正捕手の座を掴んで欲しいですね。

2019年11月06日

林選手、バッティングに手応え!

20191106-00000029-dal-000-2-view.jpg

広島・林 希望のマルチ 紅白戦で長打力魅せつけた
11/6(水) 9:00配信

 5回、林は適時二塁打を放つ(撮影・山口登)

 「広島紅白戦、紅組1−4白組」(5日、天福球場)

 日南から鯉党へ、確かな希望を届けた。1−1の五回2死一塁、高卒ルーキー・林が平岡のカットボールをフルスイングだ。引っ張り込んだ打球は痛烈に右翼線を破る適時二塁打。決勝点を呼び込む一打を含むマルチ安打の活躍に、佐々岡監督も目を細める。

 「結果を残せたことはうれしいです。今、取り組んでいることが実戦でできました」

 シーズン中から結果を追い求める余り、長打力という最大の長所が消えていた。だが、キャンプインと同時に「飛距離と長打が出るように」と持ち味を再確認。「間と体重移動」を強く意識した。前日の練習中には西川から「(体重を)後ろに残してみたら?」と助言をもらった。松山、西川、野間…。先輩の助言を糧に、実戦で結果を出した。

 練習でもゴロの割合が減り、長打が激増。午前中のフリー打撃では右中間へ推定130メートル弾を放ち、ファンを驚かせた。試合後のロングティーでは他の選手の倍となる2カゴ(500〜600球)のノルマを課せられながらも、必死にボールをはじき返した。

 今キャンプは同じ高卒ルーキーの小園、羽月が参加。「負けたくない。同期が打てば悔しいし、自分も打たないといけない」と言う。ライバルたちに負けないためにも、懸命にバットを振る。

期待のスラッガーがいよいよ開眼でしょうか。林選手の持ち味である長打力が出てくるようになったようです。ドリヨシ的には、ヤクルトの村上選手に匹敵するか、あるいはそれ以上のポテンシャルはあると思います。何より負けん気が強い選手ですから、同期入団の選手が活躍している事に林選手自身もモチベーションをさらに上げて取り組めるのではないかと思います。何かを掴んだのは間違いないでしょう。来春のキャンプ、オープン戦と楽しみですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。