<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年10月18日

育成ドラフト1位に旭川大高校の持丸選手を指名!

15714048029741997884691.jpg

広島育成1位の旭川大高・持丸に巨人先輩から激励
10/18(金) 19:09配信

バットを片手にガッツポーズをする広島育成ドラフト1位の旭川大高・持丸(撮影・佐藤翔太)

広島育成1位指名の旭川大高・持丸泰輝捕手(17)は、先輩の言葉を胸にプロの世界に飛び込む。

18日は同校グラウンドで練習。「指名後に(昨年巨人育成3位の)沼田さんから『おめでとう』とLINE(ライン)が来ていた。『自分の最高のプレーをする。悔いなく走れ』という先輩の教え通り、プロでも取り組んでいきたい」と決意を示した。

持丸選手はキャッチャーです。カープのキャッチャーは今激戦区になっています。石原選手、會澤選手、磯村選手、坂倉選手、中村奨成選手など、多くのライバルがいます。そんな中、持丸選手は育成なので、プロの体作りと技術力アップを同時に進めなくてはいけないという、厳しい現実が待っています。しかし、これを乗り越えれば、支配下登録の切符を手にすることができます。大変ですが、是非頑張って欲しいです。

ドラフト5位に天理大学の石原選手を指名!

1571390940908206581287.jpg

天理大・石原選手「勝てる捕手に」 広島ドラフト5位
10/18(金) 16:55配信

ドラフト指名を受け、理想の選手像とする「勝てる捕手」と色紙に書いた天理大・石原貴規選手=奈良県天理市の同大学で2019年10月18日午前11時31分、小宅洋介撮影

 17日のプロ野球ドラフト会議で広島から5位指名を受けた天理大学(奈良県天理市)の石原貴規(ともき)選手が18日、同大で記者会見した。「一日でも早く戦力になり、愛される選手になりたい」と抱負を語った。

 石原選手は兵庫県宝塚市出身で、創志学園高校(岡山市)を経て天理大に入学した。大学ではスローイングの正確さを武器に、2年生の春から正捕手として活躍。阪神大学野球で首位打者を獲得したこともあり、今秋には3季ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 広島の印象については、「良い環境で練習できるチームだと思う」。報道陣から渡された色紙に、理想の選手像とする「勝てる捕手」と記し、プロでの健闘を誓った。【小宅洋介】

スローイングが正確なキャッチャーのようですね。大学リーグでは首位打者にもなっているようですから、打てるキャッチャーとして、そしてランナーを刺せるキャッチャーとしての活躍が期待されますね。カープには、石原慶幸選手や會澤選手などと、素晴らしいキャッチャーがいるので、出来る限り良い所を吸収して、「石原キャノン」とか言われる選手になって欲しいですね。

ドラフト2位に法政大学の宇草選手を指名!

15713904096911082416617.jpg

広島2位法大・宇草「足を売りに」目標は鈴木誠也
10/17(木) 23:36配信

広島から2位指名を受けた法大・宇草は佐々岡監督のサインが入った交渉権とカープ坊やのクッションを手に笑顔を見せる(撮影・井上学)

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

広島2位の法大・宇草孔基外野手が自慢の快足で勝負する。

常総学院時代にセンバツ甲子園で1試合5盗塁をマーク。機動力を駆使するチームカラーを意識し「足を売りにしたい。盗塁というよりは次の塁を積極的に狙っていきたい」と話した。目標として主砲鈴木誠也の名前を挙げ「チャンスで強い。打席での心構えとかを聞きたい」と早くも弟子入りを志願した。

宇草選手は足のスペシャリストなんですね。カープは野手をドラフトで獲得する場合は、足が速い選手を基本にしていますね。宇草選手もカープのチームカラーにはぴったりだと思います。是非1軍の試合で自慢の脚力を見せて欲しいですね。

2019年10月17日

育成ドラフト3位に四国アイランドリーグplus香川の畝投手を指名!

15713174716051933757913.jpg

親子鯉が誕生!広島が畝1軍投手コーチの長男を育成3位で指名
10/17(木) 21:01配信

 広島から育成3位で指名され、西田監督(左)と握手を交わす香川・畝

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンス新高輪)

 広島が畝龍実1軍投手コーチ(55)の長男で、独立リーグ、四国アイランドリーグplusの香川に所属する畝章真投手(24)を育成3位で指名した。高松市で会見を行った畝は「小さい頃から見てきた球団。地元出身でもあるし、危機感を持ってやらないといけない年齢でもあるでの、1年目から頑張って支配下登録を勝ち取りたい」と抱負を語った。

 “親子鯉”となることについては「父のいる世界に飛び込むことができて良かった。(父からも)厳しく指導してもらい、一選手として成長していきたい。父は1軍登板もあるので、自分も頑張ってそこに近づきたい」と話した。

 広島新庄時代は内野手で、チームメートには巨人・田口がいた。名古屋商科大に進学して投手に転向し、18年に香川に入団。直球の最速は142キロ。7種類の変化球を操り、緩急を使った投球と制球力が持ち味だ。2年目の今季は24試合に登板し、5勝5敗、防御率3・28だった。

 カープOBでもある香川の西田真二監督(59)は「佐々岡新監督も期待していると思う。1イニングを任せられたら絶対に抑えること。外国人キラーでもいい。首脳陣から信頼される投手になってほしい」とエールを送った。

畝1軍投手コーチの長男さんがカープから育成3位指名されたのも、何かの縁でしょうか。ピッチングフォームが阪神の青柳投手に似ているそうで、多彩な変化球を駆使して、打者のタイミングを外すピッチングが特徴です。制球力もあるようで、香川の西田監督も言われてますが、ワンポイント的な役割が求められているようですね。育成からのスタートは厳しい日々になるでしょうが、なんとか這い上がり、支配下登録目指して頑張って欲しいと思います。

ドラフト6位に丹生高校の玉村投手を指名!

1571313187761726334868.jpg

広島“越前のドクターK”丹生・玉村を6位指名 福井大会で奪三振新記録
10/17(木) 18:58配信

丹生の玉村昇悟投手

 プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、広島が6位で丹生(にゅう)の玉村昇悟投手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 「越前のドクターK」にプロも熱視線を送っていた。高校球界では無名の公立校に突如出現した本格派左腕。10球団のスカウトが視察した1回戦・武生商戦で7者連続を含む毎回の16奪三振。球場表示で自己最速を2キロ更新する147キロをマークし鮮烈な印象を残した。敦賀気比との決勝では10奪三振で3失点完投も惜敗。甲子園出場は逃したが、計5試合42回1/3を投げての52Kは09年敦賀気比・山田修義(現オリックス)の49奪三振を上回る福井大会新記録となった。

 憧れの投手は、同じ左腕で奪三振率の高い楽天・松井裕樹。制球力の高さも魅力で、スカウトの一人は「ボールの質とコントロール、(打者の)内に放れる能力はいいものがある」と話す。

 ▼玉村 昇悟(たまむら・しょうご)2001年(平13)4月16日生まれ、福井県越前町出身の18歳。1メートル77、75キロ。左投げ左打ち。

これも楽しみなピッチャーが入ってきますね。左の本格派のようです。三振が取れるピッチャーですから、セットアッパーか抑え候補でしょうか…。「越前のドクターK」と呼ばれるほどの素晴らしいピッチャーですから、まずは体作りをしっかりして、万全な体幹を完成させた上で、1軍の舞台を踏んで欲しいと思います。

ドラフト3位に霞ヶ浦高校の鈴木投手を指名!

1571312488522804105756.jpg

広島3位霞ケ浦・鈴木「目標」遠藤と必勝コンビだ
10/17(木) 20:26配信

広島3巡目で指名された霞ケ浦・鈴木(撮影・河田真司)
<プロ野球ドラフト会議>◇17日

広島から3位指名された霞ケ浦(茨城)の187センチ右腕、鈴木寛人投手(3年)が、先輩との必勝コンビ結成を誓った。

広島で今年1軍デビューし、34試合に登板した遠藤は霞ケ浦高の2学年上にあたる。数日前には「(指名を)願って待て」とLINE(ライン)で連絡をもらった。「高校を出てからすごみを増した。目標であり、あこがれ」の存在だ。

最速148キロの直球と、高速の縦スライダーが武器。先発を希望しており、将来的には、今季6ホールド1セーブを挙げた遠藤と勝利の方程式を組む可能性もある。「自分と遠藤さんが投げれば勝てる、そういう投手になってチームに貢献したい」と青写真を描いた。

またプロで対戦したい打者には、巨人坂本の名前を挙げた。

将来が楽しみなピッチャーが獲得出来ました。MAX148キロの回転の効いたストレートは、今年ブレイクした高校の先輩、遠藤投手に匹敵するのではないでしょうか。高速で縦に曲がるスライダーも魅力的です。鈴木投手には、先輩の遠藤投手という目標があるだけに、モチベーションは上がりまくりですね。

ドラフト4位に花咲徳栄高校の韮沢選手を指名!

1571311691869731944060.jpg

広島4位韮沢「二遊間で勝負」菊池涼、小園らに挑む
10/17(木) 20:22配信

広島4位指名され手作りの広島帽子をかぶってガッツポーズする花咲徳栄・韮沢(撮影・鈴木正人)

魚沼市出身の韮沢雄也遊撃手(埼玉・花咲徳栄3年)が広島に4位指名された。 魚沼市出身では初のプロ野球選手誕生となった。「広島はクライマックスに出場する強いチーム。レギュラーをとれるように二遊間で勝負していきたい」。プロになるため故郷を離れ、追った夢が現実になった。開幕1軍へ、プロでの挑戦が幕を開ける。

   ◇   ◇    ◇

夢をつかんだ。校長室でドラフト会議のテレビ生中継を目を凝らしながら見つめていた韮沢は名前が呼ばれるとホッとしたような表情をみせた。息が詰まるような時間が流れていた。ヤクルト1位の奥川恭伸投手やロッテ1位の佐々木朗希投手などU18日本代表のチームメートが次々と指名されていく。「いつ呼ばれるのか、本当に緊張していました」と韮沢。指名後は「良かったです。本当に、良かった」と安心感が心の大部分を占めていた様子だった。 この日、初めての弾けた笑顔は会見後、チームメートの出迎えを受けた時だった。3年間、苦楽をともにした友から「おめでとう」の声と、万雷の拍手が沸き起こると笑顔を浮かべ、ドラフト指名を実感した。 子どものころから、この瞬間を夢見てきた。野球を始めた小1から魚沼の自宅から70キロ以上離れた新潟市内のチームに所属。練習には父・浩文さんの運転する車で通ったが「小4くらいまでは車酔いが激しく、着いたら吐いてしまうこともありました」と振り返る。 夢実現のため、高校はさらに遠くの埼玉へ。「花咲徳栄に来て、さらに成長できた。ここに来たことは正しかった」。中3での親元を離れた決断に胸を張る。 これまで遊撃手一筋で勝負してきた。広島は菊池涼介二塁手、田中広輔遊撃手のレギュラー陣のほか、昨年のドラフト1位小園海斗遊撃手など二遊間の層は厚い。だが「勝負をしたい。将来は日本を代表する選手になりたい」と宣言。さらなる夢の実現に向け、新たな挑戦が始まった。【山岸章利】

▽花咲徳栄・岩井隆監督(49)「(韮沢は)芯があり、我慢強さのある男。野球センスは非凡だが、その前に広島カープという球団で社会人としても成長してもらいたい」。

指名おめでとうございます。出身の魚沼から遠く離れた埼玉で高校野球に打ち込み、あこがれのプロの、広島東洋カープの扉を開ける事ができました。将来は内野の要としての活躍が期待されます。一つ先輩の小園選手と、二遊間を守る姿も見る事が出来るかもしれませんね。

ドラフト1位に明治大学の森下投手の単独指名に成功!

15713108566311757903759.jpg

広島が明大・森下を一本釣り 佐々岡監督「ホッとしています」
10/17(木) 19:56配信

プロ野球ドラフト会議で広島の1位指名を受け、笑顔で質問に答える明治大の森下暢仁投手(C)KyodoNews

 2019年度のプロ野球ドラフト会議が17日に都内で行われ、広島が明治大・森下暢仁投手の交渉権を獲得した。

 ドラフト前には競合が予想されたが、一本釣りで広島が森下の交渉権を獲得。佐々岡真司監督は「クジということも考えながらと思っていましたけど、単独で獲れてホッとしています。嬉しいです」と安堵の表情を浮かべた。

 森下を指名の決め手について佐々岡監督は「監督就任したときにビデオを見て、投げっぷり、フォーム、いろんなものを見た中で、すぐに森下君にいきたいと、オーナーにも伝えました」と説明。

 森下の将来について佐々岡監督は、「今うちは若いピッチャーが多い中で、ローテーションに入って、次のエースを目指して頑張って欲しいと思います」と期待を寄せていた。

▼森下暢仁
身長 / 体重:180センチ / 75キロ
投 / 打:右投 / 右打
ポジション:投手
生年月日:97年8月25日

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

本当に良かったです。今年の「ビッグ3」と言われた中の森下投手を獲得出来た事で、来季のカープ投手陣の層が厚くなりそうです。最速154キロのストレートに、カットボール、カーブ、チェンジアップの変化球を操る右の本格派です。来季は先発ローテーションの一角を担える実力はあります。非常に楽しみですね。

2019年10月16日

明日のドラフト、1位指名を明治大学の森下投手に決定!

15712283754072026960219.jpg

広島が明大・森下の1位指名公言 佐々岡新監督「スピードがあるし、コントロールもいい。そこに惚れた」
10/16(水) 18:18配信

スカウト会議に臨む広島・佐々岡監督(撮影・沢田 明徳)

 広島が16日、ドラフト前日のスカウト会議を開き、大学日本代表の明大・森下暢仁投手(22)を1位指名することを明かした。

 佐々岡新監督が「自分の意見を聞いていただき、即戦力投手で行くことになりました。明治の森下くん。スピードがあるし、コントロールもいい。そこに惚れました。競合は覚悟の上、(当たりくじを)引き当てたいと思っています」と語った。

 競合の場合は佐々岡監督がくじ引き役を務める。エースとして活躍した現役時代は験を担ぐタイプだったといい「新しいものを2種類用意している」と新しい下着で大一番に臨む。

 森下は大学No・1の評価を受けている最速154キロ右腕。明大2年時から3年連続大学日本代表入りしており、即戦力として期待されている。

 ◆森下 暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県出身の22歳。小3から野球を始める。大東中では軟式野球部に所属し投手兼遊撃手で全国大会出場。大分商では1年夏からベンチ入りし同年夏に甲子園出場。2年秋からエースで3年夏は大分大会決勝で敗退。明大では1年春からリーグ戦出場し、通算37試合で15勝9敗、防御率2・61(9月28日現在)。2年時から3年連続大学日本代表入り。最速154キロにカーブ、カットボール、チェンジアップを操る。1メートル80、76キロ。右投げ右打ち。

今季の広島投手陣の状態を考えると、やはり即戦力の投手を獲得するようになるでしょうね。ということで、明治大学の森下投手を1位指名する事になりました。右投げの本格派ですね。ドリヨシはまだ森下投手のピッチングを見たことはないのですが、威力あるストレートにカットボール、カーブ、チェンジアップの変化球を操るということで、カープが獲得した暁には、来季の先発ローテーションの一角を担える存在だと思います。森下投手については、そんなに競合しないと思われますが、大分商出身ということで、1位指名を非公表としているソフトバンクが狙っている可能性があります。いずれにせよ、カープは思惑通りに選手を獲得出来ればいいなと期待しています。

なお、明日のドラフトについては、カープが指名した選手全てをブログにアップする予定なので、よろしくお願いしますm(__)m

2019年10月05日

今年のドラフト1位指名選手は前日に決定へ

15702536338891591785746.jpg

【広島】1位指名決定はドラフト前日に…佐々木、奥川、森下が筆頭
10/5(土) 14:09配信

星稜・奥川恭伸(左)と大船渡・佐々木朗希

 広島は5日、マツダスタジアムでスカウト会議を開き、ドラフト会議(17日)の前日に1位指名選手を決定することを確認した。

 3日にプロ野球志望届提出が締め切られたことを受け、指名候補の約80人をチェック。その上で1位指名の筆頭候補を、大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、明大・森下暢仁投手の3右腕に絞り込んだ。

 苑田聡彦スカウト統括部長(74)は「3人が(実力的に)抜けてますので、(外れ1位、外れ外れ1位と)抽選、抽選になる可能性があります」と説明。松田元(はじめ)オーナー(68)は「将来性重視か即戦力か、監督の意向も聞かなくちゃいけない」と、この日の会議に参加しなかった新監督に内定している佐々岡真司投手コーチ(52)の意見も参考にすると話した。他球団の動向にも注目しながら、次回16日に都内で行うスカウト会議で最終的な方針を固める。

今年のドラフトは大船渡高校の佐々木投手、星稜高校の奥川投手、明治大学の森下投手に12球団が集中するんでしょうね。広島東洋カープもこの3人が最有力候補として絞っています。今季は投手陣の不安定さが露呈し、逆転負けの試合が多かった事もあり、その投手陣の立て直しが求められる中で、このドラ1候補が入団してくれると、チームとしてもビジョンが建てやすくなりますね。ドラフトまであと12日です。苑田スカウト部長をはじめとするスカウト陣の手腕の見せどころです。17日には素晴らしい結果になることを祈っています。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。