<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年02月26日

春季キャンプ打ち上げ!

1551180400297564736710.jpg

広島が春季キャンプ打ち上げ 28日から練習再開もローレンス、中村祐は2軍再調整
2/26(火) 18:54配信

 一本締めで充実のキャンプを打ち上げる緒方監督(中央)らカープナイン(撮影・飯室逸平)

 「広島春季キャンプ」(26日、沖縄)

 日南、沖縄と続いた26日間の春季キャンプを打ち上げた。

 日南では大きな故障者が出なかったが、15日からの沖縄2次キャンプでは安部、庄司、山口がインフルエンザを発症。23日、日本ハムとの練習試合では、下水流が走塁中に左太もも裏を痛め負傷交代した。

 チームは27日の休日を挟み、28日からマツダスタジアムで練習を再開する。野手では、中村奨に続き磯村も別メニューだったため、2軍の捕手は白浜のみ。そのため船越が2軍に合流。また故障中の下水流も1軍を離れリハビリを行う。

 投手は、新外国人のローレンスと中村祐が2軍で再調整する。

あっという間に春季キャンプが終了しました。2月1日にスタートしたキャンプですが、選手の皆さんが必死に練習に取り組んだのは間違いないですね。練習量は12球団唯一ですからね。読売から移籍してきた長野選手もすっかりチームに溶け込んできましたし、ドラフト1位の小園選手、2位の島内投手、6位の正随選手が1軍キャンプを完走したのも素晴らしいですね。

キャンプ中、安部選手、庄司選手、山口投手がインフルエンザを発症しました。3人共に回復しましたが、ドリヨシは選手の間で広がるのではないかと心配していましたが、そうでもなかったのでホッとしました。そして下水流選手が左太もも裏を痛めて離脱する事になりました。下水流選手もバッティングの調子が良かっただけに残念です。

さあ、キャンプが終わり、オープン戦が本格的になってきます。野手ではチーム内のポジション争いがますますし烈になってきますね。外野手、サード、ファーストは一体どの選手が入るのでしょうか。投手陣も先発、中継ぎと争いはし烈です。最終的に誰が1軍に残るのか、ファンとしては楽しみです。

2019年02月22日

薮田投手が2軍降格

1550839700879593196965.jpg

広島佐々岡コーチ「厳しく」薮田を2軍へ強制送還
2/22(金) 20:29配信

ブルペンで投球練習を行う広島薮田(撮影・前田充)

広島佐々岡真司投手コーチは薮田和樹投手の強制送還を決めた。

21日阪神戦で押し出し四球を与えるなど制球を乱した右腕を23日に、2軍のキャンプ地日南へ送る。

2次キャンプも残り4日。すでに登板予定のない投手もいる中での降格は非情ともいえるが、佐々岡投手コーチは「彼だけでなく周りにも厳しく。みんなが競争というメッセージになれば」と投手全体にハッパを掛けた。

薮田投手の日南への「強制送還」は仕方ないかなと思います。今季は先発ローテーションに復帰を目指して頑張ってきました。しかし、昨日の阪神との練習試合でボール先行のピッチングで制球を乱し、押し出し四球を与えるという、厳しい内容となりました。薮田投手がブレイクしたおととしと比べると、球威がないですし、制球がバラバラになって、ピッチングの組み立ても出来なくなっています。ドリヨシ的には、もっと下半身を鍛え上げて、上体で投げるクセを無くして、体全体で投げるようにしないと、このスランプは抜け出せないと思います。頑張って欲しいですね。

ヘルウェグ投手が明日の練習試合登板に意欲!

15508398506582005577864.jpg

広島ヘルウェグ、初実戦のテーマは「制球」23日の日本ハム戦に登板へ
2/22(金) 19:10配信

談笑する広島・ヘルウェグ(右)と広島 カイル・レグナルト=沖縄・コザしんきんスタジアム(撮影・飯室逸平)

 「広島春季キャンプ」(22日、沖縄)

 ジョニー・ヘルウェグ投手が今季初の実戦登板に向けて、「制球」をテーマに掲げた。

 23日の日本ハムとの練習試合に登板予定で、「直球と変化球をストライクに投げられるようにしたい」と意気込んだ。

 昨季は日本シリーズで4試合に登板。し烈な外国人争いを勝ち抜き、勝ちパターン入りを目指す。

ヘルウェグ投手は昨年のシーズン終盤から1軍で登板し、日本シリーズでは6試合中4試合に登板しました。ヘルウェグ投手の持ち味は右バッターのインサイド、左バッターのアウトサイドへのツーシームです。このツーシームが非常にクセがあり、高速で曲がってくるので、相手バッターにとってはかなり厄介な球になると思います。ゾーンの中で十分勝負できるピッチャーですが、課題は制球力です。明日の日本ハムとの練習試合でヘルウェグ投手が登板しますが、この制球力がどこまで向上しているのか注目です。1軍の外国人枠もし烈な争いなので、ヘルウェグ投手も必死だと思います。

2019年02月20日

ドラ6正随選手が休日返上で練習!

1550661491047811204471.jpg

広島6位正随 休日返上で振り込み「いい練習に」
2/20(水) 11:31配信

休日返上で打撃練習を行う広島正随(撮影・前田充)

広島ドラフト6位正随優弥外野手(22=亜大)が20日、休日返上で約1時間バットを振り込んだ。

沖縄2次キャンプ最後の休日も、バットを片手に室内練習場に姿を見せた。「体は大丈夫。いろいろ試したいことはできた。いい練習になりました」。振り始めるグリップの位置(トップ)が浅くなる点を修正ポイントに、納得がいくまで振り込んだ。

21日から始まる最終クールは4試合を予定する。「出るチャンスは少ないと思うが、しっかり結果を残したい。まずは打つしかない」。売りとする打力を磨いて、本格化するサバイバルレースで1軍生き残りをかける。

正随選手の1軍生き残りへの本気度が伺われますね。正随選手は日南のキャンプから、持ち前の打力を披露して、首脳陣を驚かせています。本人も言ってますが、長打力が結構あるのが魅力ですね。外野手のポジション争いはかなりし烈ですが、正随選手は気持ちでは全然負けていません。地元広島の選手だけに、将来はレジェンド新井さんのような選手になって欲しいですね。明日の練習試合も出番はあると思いますが、良い結果を期待したいですね。

九里投手、明日の先発に向けて休日返上で調整。

15506614134171391378971.jpg

広島・九里、先発試合に向け休日返上 テーマは「真っすぐをどこまで投げられるか」
2/20(水) 19:29配信

キャッチボールで調整する九里(撮影・飯室逸平)

 「広島春季キャンプ」(20日、沖縄)

 九里亜蓮投手が沖縄2次キャンプの休日に、先発する21日の練習試合・阪神戦(宜野座)に向けて調整した。

 短距離ダッシュやキャッチボールなどで約1時間汗を流した右腕。自身今年初の対外試合で「真っすぐをどこまで投げられるか。そこをテーマに投げていきたい」と力強く話した。

昨年は後半から先発ローテーションの一角を担った九里投手ですが、今季も先発で頑張れるかどうかですが、まずはその見極めが明日の阪神との練習試合です。九里投手の特徴は、キレのあるストレートに多彩な変化球です。九里投手本人もコメントしていますが、ストレートでどれだけ相手を打ち取れるか試すようですね。明日の先発九里投手に注目です。

2019年02月19日

緒方監督、選手の順調な調整ぶりに前向き!

1550578782214677987500.jpg

広島、雨天中止も調整は「順調」 第4クール打ち上げ
2/19(火) 16:58配信

練習試合が雨天中止となり、報道陣に対応する広島・緒方監督=沖縄

 広島はロッテとの練習試合が雨天中止となり、主力は軽めの調整で第4クールを打ち上げた。緒方監督は「流れたのは残念だったけど、順調にここまで来られている」と前向きに話した。

 先発予定だった薮田は、一昨年に勝率第1位のタイトルを獲得するも、昨季は制球難でわずか2勝にとどまった。再起を誓う26歳の右投手は「次のチャンスを待って、もっといいものをつくっていきたい」と語った。

 20日は練習休み。(沖縄市)

3選手がインフルエンザで療養中であるにも関わらず、代わりの選手が大活躍して、戦力がダウンしていない事に、カープの選手層の厚さを感じますね。注目されるのはドラ1ルーキーの小園選手ですね。対外試合でも光るプレーが目立ちます。すごいのは、他の野手と比較してもひけをとらないところですね。週末からはオープン戦が始まりますが、どんどん使って欲しいですね。ドラ6の正随選手もなかなかいいバッティングでアピールしています。し烈な外野手争いに生き残れるか注目です。そして、読売から移籍してきた長野選手ですが、昨日の練習試合で、右に左にヒットを放ち、長野選手らしい広角なバッティングが光りました。さすが実戦に合わせてくる所は見事ですね。最終的に長野選手がどこの打順に入るのかも楽しみです。

投手陣で注目なのは、床田投手です。昨日の練習試合でも3イニングを無失点の好投を見せました。
肘の手術から復活し、これで先発ローテーションに入れば、ジョンソン投手と左腕が2枚になるので大きいですね。そして、もう1人復活して欲しいのが薮田投手です。本当は今日の練習試合で先発予定だったのですが、中止になったので残念です。薮田投手は当落線上にあると思いますので、いい結果が出る事を期待します。他にドラ2の島内投手や、加藤改め矢崎投手、中村祐太投手にも注目です。

明日はお休みであさって21日は阪神との練習試合が予定されています。この試合はCSのスカイAでテレビ中継がありますので、ドリヨシも楽しみにしています。

2019年02月18日

安部選手がインフルエンザ感染。選手では3人目。

15504833057021354896678.jpg

広島・安部がインフルエンザ感染 チームで3人目 KIAとの練習試合も欠場
2/18(月) 12:02配信

広島・安部友裕

 「練習試合、広島−KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)

 広島・安部友裕内野手がインフルエンザに感染したため、練習を欠席した。インフルエンザ感染は庄司、山口に続きチーム3人目となった。

 「6番・三塁」で先発予定だった今年初の対外試合、韓国・KIA戦には、代わりに堂林が入る。

庄司選手、山口投手に続いて安部選手もインフルエンザに感染してしまいました。ドリヨシが一番恐れていた事が起こってしまいました。今は特効薬も出来て、以前のように長期にわたって静養しないといけないような事はないでしょうが、やはり体力的にはしんどいと思います。インフルエンザになったのは仕方ありませんから、今はしっかり治して、再びベストな状態で練習に試合に出て欲しいと思います。

2019年02月17日

大瀬良投手、クイックモーションが大幅改善!

15504042579491340086797.jpg

カープ大瀬良クイックモーション大幅改善「もっと速くできる」
2/17(日) 17:56配信

フリー打撃に登板し力投する大瀬良

 「広島春季キャンプ」(17日、沖縄)

 シート打撃に登板した大瀬良大地投手が万全の仕上がりを見せた。

 2回を投げ無安打無失点。改良したクイックモーションのタイムは1・08秒をたたき出した。昨年の1・20から大幅な改善となり、「足の速いランナーのときに使っていきたい。もっと速くできると思う」とうなずいた。

これはすごいですね。クイックモーションが0.12秒速くなったのはかなり改善されました。速くするのも、体の使い方が良くなった証拠だと思います。それだけのトレーニングをオフにしてきた成果でしょうね。さすがカープのエースです。後のコメントで、セットポジションからの制球にばらつきがあったと言ってましたが、シート打撃では2イニングを無安打無失点に抑える素晴らしい内容でした。開幕投手に向けて確実に前進していますね。今から読売菅野投手との投げ合いにワクワクしますね。

長野選手がシート打撃でマルチ安打&好走塁!

1550404170933133426445.jpg

広島長野がマルチ&絶妙走塁、広瀬コーチも高評価
2/17(日) 18:31配信

シート打撃で右前打を放つ広島長野(撮影・前田充)

広島長野久義外野手が絶妙の走塁を見せた。シート打撃で2死一塁から左腕飯田の直球を右前打し、次打者のドラフト6位正随優弥外野手(22=亜大)の四球で二塁へ。バティスタへの3球目がそれる間に、三塁走者鈴木を追い越しそうな勢いで一気に生還した。

広瀬外野守備・走塁コーチから「1つ先ではなくて、もう1つ先の塁を狙う走塁をしてくれている」と評価された。打っては一岡から左前打も放ち、3打数2安打だった。

長野選手がいよいよエンジンがかかってきたようです。右に左にヒットを打ち分けて、長野選手らしいバッティングが見られました。また、2塁からピッチャーの暴投の間に一気にホームへ生還する好走塁を見せました。長野選手の存在感が日に日に増している感じです。これから対外試合が始まりますが、長野選手がどんなバッティングをするのか、非常に楽しみですね。

2019年02月16日

ドラ2島内投手、紅白戦で2イニングをパーフェクト!

1550313368926236911486.jpg

広島島内2回完全投球、佐々岡コーチ「リリーフ◎」
2/16(土) 19:29配信

紅白戦 3回から登板し力投する広島島内(撮影・前田充)

<広島紅白戦:紅組−白組>◇16日◇沖縄・コザしんきんスタジアム

広島ドラフト2位の先発候補、島内颯太郎投手(22=九州共立大)が開幕1軍に前進した。紅白戦で紅組の2番手として2イニングを完全投球。最速145キロの直球に変化球を交え、野間、菊池涼、バティスタ、松山、会沢、坂倉の一線級を封じ込めた。

物おじしないマウンドさばきが光った。先頭野間の1ボールからの2球目。最年長捕手石原のサインに首を振り、ストレートでファウルを奪った。最後はチェンジアップで一ゴロ。「まずは真っすぐでカウントを整えたかった」と振り返った。打ち気満々のバティスタはスライダーで捕邪飛に仕留めるなど、クレバーな一面も見せた。

ネット裏の中日鈴木スコアラーは「真っすぐで押し込めている。あとは、走者を出した場面でどうなるか」と警戒を強めた。佐々岡投手コーチは「打者が立てば(よくなる)という実戦派。短いイニングも面白いのかな」とリリーフとしての適性にも言及した。1軍戦力に1歩近づいたのは間違いない。

島内投手は楽しみな存在ですね。ストレートで押し込んで、最後は変化球で仕留めるという、島内投手らしいピッチングが出来たのではないかと思います。1軍のレギュラークラスの選手を抑えたのはかなりの自信になったのではないかと思います。佐々岡投手コーチはリリーフで使えそうな印象を持っているようですね。今後、練習試合やオープン戦で力を試されるでしょうが、結果をしっかり残して、開幕1軍をつかんで欲しいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。