<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年06月18日

3回戦@マツダ 広島2−6北海道日本ハム 福井投手5回4失点で降板。打線元気なく敗戦。

15293271516001543576234.jpg

広島 先発の福井は5回4失点で降板 投手の上原に一発許す
6/18(月) 19:43配信

 「交流戦、広島−日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

 広島の福井優也投手が、5回80球を投げ6安打4失点でマウンドを降りた。

 初回無死一塁で大田に先制の12号左越え2ランを被弾。1−2の三回は先頭・西川への四球からピンチを招き、中田に右犠飛を許した。五回無死からは投手の上原にプロ1号となる本塁打を右翼席へ運ばれた。直後の五回裏2死一、二塁で打席が回り、代打会沢が告げられた。

 今季初登板で初黒星を喫した12日のオリックス戦(京セラドーム)でも2本塁打を打たれており、2試合連続で一発に泣いた。

福井投手の内容は非常に残念でした。初回、日本ハム西川選手にヒットで出塁され、続く大田選手にレフトスタンドへ2ランを浴びました。ランナー西川選手をマークし過ぎて、甘く入ったストレートを痛打されました。
重苦しい展開になって3回には日本ハム中田選手に犠牲フライを打たれ、1−3とリードを広げられました。
さらにショックだったのは5回、先頭の日本ハム上原投手にプロ1号となるソロホームランを浴びて1−4とされました。このホームランは痛かったですね。普段は打席に入らないパリーグのピッチャーにホームランを打たれたのは屈辱的です。

6回はフランスア投手、7回はアドゥワ投手、8回はジャクソン投手とランナーを背負いながらも必死の無失点リレーをしましたが、9回に登板した中崎投手が日本ハム鶴岡選手に2ランを浴びて、試合が決まってしまいました。中崎投手もビハインドの場面での登板だったので、モチベーションが上がらなかったのかもしれませんが、ちょっと心配です。

打線は初回の丸選手のソロホームランと、9回のバティスタ選手のソロホームランの2点のみでした。今日は元気がなかったですね。昨日二桁安打した反動があったのでしょうか?

これで交流戦は7勝11敗と負け越しとなりました。今年の交流戦は失点があまりにも多すぎました。話になりません。緒方監督が唱える守り勝つ野球が出来ていません。バッターは三振が多いと感じました。リーグ連覇した広島ですから、各チームのマークがきつくなっているのもあるかもしれませんが、それでも勝ち切ってこそ強いチームだと思うのです。金曜日からリーグ戦が再開しますが、選手の皆さんは心して戦って欲しいと思います。

2018年06月17日

3回戦@ヤフオクドーム 広島13−4福岡ソフトバンク 打線爆発14安打13得点!九里投手プロ初完投で2勝目!連敗5でストップ!

1529235205166730069327.jpg

広島、14安打13得点で連敗5で止める 九里がプロ初完投勝利
6/17(日) 16:29配信

 「交流戦、ソフトバンク4−13広島」(17日、ヤフオクドーム)

 広島が14安打13得点で大勝し、連敗を5で止めた。

 初回、2死一、二塁から5番松山が中前へ先制適時打を放つと、続くバティスタがバックスクリーン右へ9号3ランを放り込んだ。

 松山は「打ったのはフォーク。ランナーを何とかかえしたかったです。チームに勢いをつけたかったので、いい先制パンチになりました」とコメント。バティスタは「打ったのはストレート。アウトコースを狙ってコンパクトにスイングが出来ました。顎を締めて打つことが出来ました」と振り返った。

 3点リードの六回。松山、バティスタの連打で無死二、三塁の好機を作ると、野間が中前へ2点適時打をはじき返した。野間は「打ったのはストレート。追い込まれていたので、何とか必死に食らいついていきました」と振り返った。

 さらに2番手・笠谷の暴投、菊池、丸の連続タイムリー、鈴木の2ランも飛び出し、この回8得点。

 5月11日・阪神戦(マツダスタジアム)以来となる2桁得点を挙げた。

 先発の九里は大量点に守られ、9回6安打4失点でプロ初完投、2勝目を挙げた。

今日は選手の皆が必死に頑張った結果の大勝でした。

初回の先制攻撃は素晴らしかったですね。ソフトバンク先発の中田投手を攻め、2アウト1、2塁から松山選手がセンター前タイムリーで1点先制すると、続くバティスタ選手がバックスクリーン右へ3ランを放ち、4−0と主導権を握りました。このバティスタ選手のホームランは効きましたね。久しぶりにスタメンでDHで起用しましたが、それが見事にはまりました。

6回はビッグイニングになりました。ノーアウト満塁のチャンスで、野間選手がセンター前に2点タイムリーを放ち6−1。ソフトバンク2番手笠谷投手に代わりましたが、ワイルドピッチで7−1。菊池選手のレフト前2点タイムリーで9−1。丸選手のセンター前タイムリーで10−1。ソフトバンクは3番手岡本投手に代わりましたが、鈴木選手がレフトスタンドへ2ランを放ち12−1とし、試合を決めました。

9回にも下水流選手のレフト前タイムリーで13−1としました。

先発九里投手は完投で6安打4失点で2勝目を挙げました。今日は伸びのあるストレートと低めに多彩な変化球が決まり、ソフトバンク打線を翻弄しました。8回までは3安打で、ソフトバンクデスパイネ選手のソロホームランの1点に抑えるほぼ完璧な内容でした。9回はスタミナが切れたか、2本のホームランを浴びはしましたが、見事に完投しました。終始気合いの入ったピッチングにはドリヨシも感動しました。

今日もし負けていたら、完全に泥沼にはまって、セ・リーグ首位の座が危うくなっていただけに、今日の快勝は流れとしても本当に良かったです。

あて、明日は交流戦の最終ゲームの日本ハム戦です。広島先発は福井投手です。前回オリックス戦では6回5安打4失点で負け投手になりましたが、内容は悪くなかったと思います。明日はホームのマツダスタジアムなので、素晴らしいピッチングを期待します。日本ハムは上原投手です。広陵高校出身ですね。前回西武戦では5回6安打2失点のまずまずの内容ですが、攻略のチャンスは十分あるはずです。右バッターがカギを握りそうですが、今日大活躍したバティスタ選手がキーマンになりそうです。明日の最終戦スッキリ勝って、気持ち良くリーグ戦に戻りたいところですね。

2018年06月16日

2回戦@ヤフオクドーム 広島2−6福岡ソフトバンク 今村投手炎上で逆転負け。今季初の5連敗。

15291362569791544575436.jpg

広島、逆転負けで今季初の5連敗 4年ぶりの交流戦負け越しも確定
6/16(土) 16:56配信

○ ソフトバンク 6 − 2 広島 ●
<2回戦・ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが、7回に一挙4点を奪い逆転勝ち。広島は7回に登板した今村が1回4失点と崩れ、今季初の5連敗。4年ぶりの交流戦負け越しが決まった。

 広島は初回、敵失で幸先よく先制。3回には4番鈴木が8号ソロを放ち2−0とした。投げては、先発・ジョンソンが好投。6回を犠牲フライによる1失点に抑え、勝利投手の権利を持って降板した。

 しかし1点リードの7回、2番手の今村が、一死から3連打を許し同点に追いつかれた。さらに右腕は、3番中村晃に勝ち越し犠飛を許したあと、4番内川には4号2ランを浴びた。8回には3番手・中田も被弾。終盤の2イニングで5点を失った。

 広島は2015年の交流戦を9勝9敗の5割で乗り切り、リーグを連覇した16年以降は、11勝6敗1分、12勝6敗と2年連続の勝ち越し。しかし3連覇を目指す今季は、これで6勝10敗。残り2試合を残し、負け越しが決まった。

BASEBALL KING

連敗する時はこんなもんでしょうか。3年ぶりの5連敗となりました。

ジョンソン投手は6回を投げて3安打1失点の好投でした。6回にヒットと四球2つでノーアウト満塁の大ピンチでしたが、ソフトバンクデスパイネ選手の犠牲フライの1点に抑えました。よく粘ったピッチングでした。

打線はソフトバンクバンデンハーク投手から初回丸選手のセカンドゴロをソフトバンク川島選手がエラーして1点を先制しました。しかし、なおもノーアウト2、3塁のチャンスでしたが、鈴木選手が空振り三振。松山選手が申告敬遠で1アウト満塁から、新井選手が見逃し三振。西川選手が空振り三振で追加点がとれませんでした。ここが痛かったですね。
3回は鈴木選手が左中間スタンドへソロホームランで2−0とリードしました。

ジョンソン投手が今日も粘りのピッチングで頑張っていましたが、6回で降板し、勝ちパターンの継投に入りました。

しかし、7回に今村投手が登板したのですが、1アウト後、ソフトバンク市川選手、川瀬選手に連打を打たれ、代打長谷川選手にタイムリーを浴びて2−2の同点とされます。さらにソフトバンク中村選手に犠牲フライを打たれ、2−3と逆転されました。さらに内川選手にレフトスタンドへトドメの2ランを浴びて、試合が壊れてしまいました。今村投手はこの回4安打4失点と炎上しました。

8回は3番手に中田投手が登板しましたが、ソフトバンクデスパイネ選手にソロホームランを浴びてダメ押しを食らいました。

結局2−6て完敗でした。広島の投手陣はホームランを打たれ過ぎですね。四球も多いですが、被弾もなくしていかないと大量失点が続いてしまいます。そして、結果論で言う訳ではないですが、7回の勝ちパターンの投手をアドゥワ投手に任せてみてはどうでしょうか。彼のピッチングは安定していますし、伸びしろがあるので期待できます。今村投手がダメと言っている訳ではないですよ。

攻撃面でも少し淡白になっているような感じです。粘りがないですし、三振があまりにも多いような気がするのはドリヨシだけでしょうか。

さて、明日こそは勝たないといけません。広島は九里投手です。前回楽天戦では勝ちこそ付きませんでしたが、6回無失点の好投でした。とにかく明日は初回から飛ばして頑張って欲しいです。ソフトバンクは中田投手です。今季は安定したピッチングですが、どうこう言っていられないです。粘りのバッティング、つなぎのバッティングで攻略していきましょう。
今が正念場です。がんばれ!カープ!

2018年06月15日

1回戦@ヤフオクドーム 広島0−8福岡ソフトバンク 大瀬良投手4回3被弾7失点KO。打線元気なく4連敗。

1529070793239626214442.jpg

広島・大瀬良でも投壊止められず…3発浴びて、今季ワーストの7失点KO
6/15(金) 22:43配信

 「ソフトバンク8−0広島」(15日、ヤフオクドーム)

 頼みの右腕まで…。広島の先発・大瀬良が今季ワースト4回6安打7失点でKOされ、3敗目を喫した。自己ワーストタイの1試合3本塁打を浴び、試合を作れなかった。

 試合後は「全体的に調子は良くなかった。初回と二回であれだけ点を取られて申し訳ないです」と悔やんだ。

 両リーグ最速の10勝目もお預けとなった。

大瀬良投手でさえも負の連鎖は止められなかったです。初回から調子が悪かったですね。見ていてもわかるぐらいでした。
初回、2アウト後にソフトバンク松田選手に四球を与え、続く柳田選手にヒットでつながれ、デスパイネ選手に完璧な当たりをされ、バックスクリーンへ3ランを浴びました。2アウトランナーなしからの失点だけに、かなり悔やまれますね。
2回は先頭のソフトバンク甲斐選手に2ベースを打たれ、送りバントの後、高田選手にライトスタンドへ2ランを浴び0−5とされます。
4回は1アウト後、ソフトバンク川瀬選手に2ベースを打たれ、2アウト後、上林選手に右中間スタンドへ2ランを浴び0−7とされました。ここでほぼ試合が決まりました。

大瀬良投手の調子は今日は最悪でした。大瀬良投手の1試合3被弾はワーストタイだそうです。こういう時もあるのは仕方ないですが、悪いなりに粘れるピッチングをしてほしかったですね。彼ならそれが出来ると思います。結局大瀬良投手は4回6安打7失点でKOでした。次回はおそらく甲子園の阪神戦での登板になると思いますが、今日の悔しさを晴らすピッチングを期待したいですね。

5回はアドゥワ投手、6回7回は飯田投手が登板しましたが、飯田投手がナイスピッチングでした。打者6人をパーフェクトに抑え、そのうち5人から空振り三振を奪いました。この素晴らしいピッチングを見ると、勝負所での対左バッターのワンポイントに使えるのではないでしょうか。今日の唯一ポジれる話題です。
8回は一岡投手が投げましたが、ソフトバンク江川選手にソロホームランを浴びました。一岡投手も最近失点が多いので、一度二軍でリフレッシュした方がいいかもしれません。

打線は散発5安打で無得点でした。しかし、チャンスがなかった訳ではありませんでした。
3回は2アウト2、3塁がありまし、4回は1アウト満塁がありました。しかし、ソフトバンク先発の千賀投手の前にあと1本が出ませんでした。千賀投手も調子は良くない中で、要所をきっちり抑えた所は大瀬良投手と違いますね。

これで広島は今季ワーストタイの4連敗です。明日はなんとしても勝たないといけません。広島先発はジョンソン投手です。前回楽天戦は7回1失点の好投でした。確かジョンソン投手はヤフオクドームは得意にしているはずです。なのでしっかりソフトバンク打線を抑えてくれるはずです。ソフトバンクはバンデンハーク投手です。昨年までの完璧な状態ではありません。そして、丸選手が昨年のソフトバンク戦で、バンデンハーク投手から3打席連続ホームランを打っています。相性がいいだけに、明日は丸選手に注目ですね。

2018年06月14日

3回戦@京セラドーム 広島2−8オリックス フランスア投手粘投及ばず。リリーフ陣も打たれ同一カード3連敗。

n329-01.jpg

オリックス今季初の同一カード3連勝、貯金最多「3」 セ首位の広島を3タテ
6/14(木) 20:55配信

先発の金子は6回0/3、6安打2失点で3勝目

■オリックス 8-2 広島(14日・京セラドーム)

 オリックスは14日、京セラドームで行われた広島戦を8-2で勝利。今季初の同一カード3連勝を飾った。吉田正が12試合連続安打となる先制のタイムリーを放つと、この日、1軍昇格した中島が2安打2打点と打線が機能した。先発の金子は6回0/3、6安打2失点で3勝目を挙げた。

 セ・リーグ首位の広島を相手に今季初の同一カード3連勝を決めた。両チーム無得点で迎えた4回。1死二塁から吉田正が12試合連続安打となる中前タイムリーで先制すると、尚も1死一、二塁からこの日、昇格即スタメンの中島が中前適時打を放ちこの回2点を奪った。

 さらに5回は大城が左翼席へ4号ソロ、6回には中島が左越えタイムリー二塁打、武田のタイムリー三塁打でリードを5点に広げた。8回には安達の右翼線への2点タイムリー、武田の右前適時打で3点を追加した。

 先発の金子は6回まで走者を許しながらも無失点の好投を見せたが、7回に松山、新井に2者連続本塁打を浴び降板。それでも6回0/3を6安打2失点の粘投で3勝目を挙げた。

Full-Count編集部

まさか、まさかの同一カード3連敗です。楽天戦の3連勝が帳消しになってしまいました。残念です。

先発フランスア投手は悪くなかったと思います。3回までオリックス打線を3者凡退に抑えて、順調な立ち上がりを見せていました。
しかし、4回に落とし穴が待っていました。先頭のオリックス大城選手に四球を与え、ノーアウト1塁に、ここでオリックス小谷野選手の打席の時にボークをやらかしました。完全にセットが止まっていませんでした。ドリヨシが見ても明らかにセットが止まっていませんでした。これでフランスア投手のリズムが崩れ、オリックス吉田選手と中島選手にタイムリーを浴びてこの回2点を失いました。非常にもったいない失点ですね。フランスア投手の一人相撲的な感じがしました。
5回には2アウトランナーなしから、オリックス大城選手にソロホームランを浴びて0−3とされました。
6回は2番手の一岡投手が捕まりました。オリックス中島選手にタイムリー2ベースと、武田選手にタイムリー3ベースを浴びて0−5とされました。

打線は7回、オリックス先発の金子投手をようやく捕らえて、松山選手と新井選手の連続ソロホームランで2−5と追い上げました。

しかし、8回裏、4番手の中村恭平投手が、オリックス安達選手に2点タイムリー2ベースと、武田選手にタイムリーを浴びて2−8と試合を決められてしまいました。中村恭平投手のピッチングはいただけませんね。今日一軍に召集されてこんな結果では、中村恭平投手の野球人生も危うくなるかもしれません。正直ヤバいです。

結果、昨日に続いて今日も完敗でした。昨日の嫌な流れは今日も続いていたようです。昨日今日の試合を観ると、過去の広島の暗黒時代の試合を思い出します。投手陣が崩壊し、打線がどれだけ頑張っても追い付かない状況…。なんとかこの悪い流れを断ちきらないといけません。

明日からはヤフオクドームでソフトバンクとの3連戦です。明日は大瀬良投手が先発です。自身二桁勝利がかかった試合になります。モチベーションも高いと思いますので、素晴らしいピッチングが期待できます。ソフトバンクは千賀投手です。前回中日戦では4回6安打5失点しています。素晴らしいピッチャーですが、今季はムラが大きいだけに、漬け入るチャンスは十分あると思います。ロースコアになりそうですが、是非勝ち切って欲しいです。

2回戦@京セラドーム 広島5−12オリックス 岡田投手5回途中8失点KO。リリーフ陣も踏ん張れず連敗。

n329-01.jpg

岡田、まさかの大量失点=プロ野球・広島
6/13(水) 23:21配信

 広島の岡田がまさかの大量失点で五回持たずに降板した。鈴木が先制3ランを放った一回を簡単に3人で片付け、「初回の入りは良かった」。ところが二回先頭の吉田正に死球を与え、T−岡田に同点3ランを浴びた。

 四回は2点リードをもらいながら、直後に吉田正にソロを打たれ、五回には2四球と連打であっさり逆転を許した。8失点の黒星に「援護を守り切れず、申し訳ない。回の先頭を塁に出して、苦しい投球になった」と反省しきりだった。

岡田投手がまさかの炎上でオリックスに連敗となりました。
初回、打線はオリックス先発の山岡投手を攻め、鈴木選手の3ランで3−0とさい先よく先制しました。が、しかし、2回裏にオリックス吉田選手に死球を与え、西野選手にヒットでつながれると、T−岡田選手に3ランを打たれ、3−3の同点とされました。なんとなくヤバい雰囲気が漂います。

それでも打線は4回、田中選手が右中間への2点タイムリー3ベースを放ち、5−3と勝ち越しました。これで再び主導権を握ったかに見えましたが、その裏、オリックス吉田選手にソロホームランを浴び5−4。
5回裏にはオリックス大城選手のタイムリーで5−5。続くロメロ選手のタイムリーで5−6と逆転されました。ここで岡田投手は降板し、2番手にアドゥワ投手に代わりましたが、火がついたオリックス打線を抑えられず、吉田選手のタイムリーと西野選手のタイムリーで5−8とリードを広げられました。
6回裏は3番手に永川投手が登板しましたが、オリックス小田選手にソロホームランをあび5−9とされました。
さらに7回裏は4番手の藤井投手がオリックスT−岡田選手にこの日2本目となる3ランを浴び、5−12とトドメを刺されました。

今日は岡田投手が大誤算でした。普通にピッチングしていれば勝ちゲームになっていました。鈴木選手の3ランでいい流れをつかんだのですが、失点している回は四死球が絡んでいます。この四死球で自ら苦しめる結果になっています。

さて、明日に気持ちを切り替えてといきたい所ですが、選手の皆さんがどれだけ切り替えられているか気になるところです。広島の先発はフランスア投手です。前回日本ハム戦で4回2/3を1安打1失点の好投をしました。明日も素晴らしいピッチングを期待してます。オリックスは金子投手です。広島戦通算の防御率は0.89です。間違いなく難敵ですが、同一カード3連敗を避けるためにも、打線の奮起を期待してます。

2018年06月12日

1回戦@京セラドーム 広島1−4オリックス 福井投手6回4失点。打線沈黙2安打。

1528805967730784542446.jpg

オリックス 広島戦の連敗9でストップ!アルバース リーグ単独トップの8勝目
6/12(火) 20:45配信

 ◇交流戦 オリックス4−1広島(2018年6月12日 京セラD)

 オリックスが15年以来続いていた広島戦の連敗を9で止めた。

 先発のアルバースは7回を投げ2安打1失点の好投でリーグ単独トップの8勝目をマーク。

 打線は二2回に大城の2戦連発となる2ランで先制し、4回にはT―岡田の犠飛、6回にはロメロの9号ソロで加点した。

 広島は、5回に新井が2号ソロを放つも、2安打に抑えられ連勝が3でストップ。先発の福井は、今季初登板も6回4失点で敗戦投手となった。

打線がしっかりしないと勝てませんね。

先発福井投手は6回5安打4失点でした。内容はそんなに悪くなかったと思います。2回裏にオリックス大城選手に2ランホームランを浴びましたが、これはうまく打たれたので仕方ないと思います。強いて言えば、四球でランナーを出した事でしょうか。四球がなかったらこの回は無失点でした。
4回裏のオリックスT−岡田選手の犠牲フライは防げた失点だったと思います。カウントを3−1と悪くした事と、打たれた球が高く浮いたのが痛かったです。
6回裏のオリックスロメロ選手のソロホームランも防げた失点です。2アウトランナーなしの場面で、一発は絶対打たれてはいけない所での失点は痛かったですね。
もったいなかった所もありましたが、決して悪い内容ではなかったと思いますので、次回も是非登板のチャンスを与えて欲しいと思います。
7回は2番手アドゥワ投手が登板しましたが、3者凡退と安定した内容でした。彼を先発に回してみても面白いと思います。
8回は3番手永川投手が登板しましたが、無失点に抑えました。永川投手見事に復活しましたね。勝負所での登板もいけるかもしれません。

打線はオリックス先発アルバース投手の前に2安打1得点と、完全に翻弄されてしまいました。
5回表に新井選手がライトポール際にソロホームランを放ち、続く野間選手が四球を選び、オリックスアルバース投手が少しぐらついた感が出たかなと思ったところ、続く會澤選手が放ったライナーはセカンド正面でアウトになってしまいました。あの当たりが抜けていたら、展開は変わっていたかもしれません。

今日の負けは正直痛いですね。しかし、試合は続きます。切り替えて明日勝ちに行きましょう!広島先発は岡田投手です。ここ3試合は5回から7回を投げていずれも3失点と、ゲームを作ってくれています。序盤の制球難をなくせば、オリックス打線をしっかり抑える事は可能です。オリックスは山岡投手が先発です。広島瀬戸内高校出身ですね。前回読売戦では6回4安打1失点と好投しています。明日の試合はロースコアの接戦になりそうですが、接戦に強い広島を見せつけてやりましょう!

2018年06月10日

3回戦@マツダ 広島3−0東北楽天 西川選手決勝3ラン!投手陣無失点リレーで同一カード3連勝!

1528616671191348580900.jpg

広島、西川の値千金1号3ランで楽天を3タテ
6/10(日) 16:36配信

 「交流戦、広島3−0楽天」(10日、マツダスタジアム)

 広島が西川の先制1号3ランがそのまま決勝点となり、カード3連勝を果たした。

 先発・九里は初回は先頭の茂木に四球、銀次に犠打で1死二塁となったが、後続を斬った。その後も四回まで無安打投球を展開。五回1死からは嶋にこの日初安打となる右前打を許すなど一、二塁となったが茂木を空振り三振、銀次を遊ゴロに抑えた。六回を終えたところで降板し、白星はつかなかったが勝利に貢献した。

 そして迎えた七回2死一、三塁。西川が美馬の初球を捉え右翼スタンドへと運んだ。値千金の一発に「打ったのはカットボール。チャンスだったので思い切り振りました!高めのボール球でしたがうまくたたくことができました」とコメントした。

 楽天は先発・美馬が7回7安打3失点。力投したものの、打線が八回まで0行進と援護することができなかった。

ドリヨシの予想に反して、今日の試合も昨日に続き、広島九里投手、楽天美馬投手の投手戦になりました。九里投手は6回を投げて3安打無失点と好投でした。ピンチは初回、2アウト2塁がありましたが、楽天ウィーラー選手を空振り三振に仕留めました。5回はヒットと四球で1アウト1、2塁とされましたが、楽天茂木選手を空振り三振、そして銀次選手の三遊間の当たりをショート田中選手がダイビングキャッチして、2塁でホースアウトにするビッグプレーで無失点としました。今日は田中選手が2つのファインプレーで九里投手を救いました。

7回表は今村投手が2番手で登板し、楽天茂木選手に2ベースを浴びるも無失点に抑えました。

そして7回裏、楽天先発の美馬投手は徐々に球が甘く入り始めていました。先頭の鈴木選手は大きなセンターフライで倒れますが、続く松山選手がライト前ヒット、野間選手がセカンドゴロでランナー入れ替わり、2アウト1塁になります。続く會澤選手がランエンドヒットという形でレフト前ヒットで2アウト1、3塁のチャンスとなります。続く西川選手が楽天美馬投手が投げた初球の高めに抜けた球をジャストミート。打球はライトスタンドへ飛び込み、貴重な3ランホームランになりました。ドリヨシ的にはタイムリーでなんとか1点を取ればと思っていたのですが、3ランは見事でした。

8回表はジャクソン投手、9回表は中崎投手で締めて、3−0で勝利を納めました。

今日の試合は6回で九里投手を代えて無失点リレーで成功した広島サイドと、7回まで美馬投手を引っ張って、痛い失点をした楽天サイドのベンチワークの差が出た試合だったと思います。

これで広島は同一カード3連勝です。交流戦も6勝5敗と貯金が出来ました。今日の勝ちも、チームに勢いがつく勝ちだと思います。あさってから大阪でオリックス3連戦、続いて福岡でソフトバンク3連戦です。4勝2敗でいける可能性は十分あると思いますので、なんとか頑張って欲しいですね。

2018年06月09日

2回戦@マツダ 広島2−1東北楽天 松山選手値千金の逆転2ラン!ジョンソン投手粘投で4勝目!

1528532452137859402053.jpg

広島松山V弾、ジョンソン4勝目 楽天は借金18
6/9(土) 17:11配信

<日本生命セ・パ交流戦:広島2−1楽天>◇9日◇マツダスタジアム

 序盤は両先発の投げ合い。広島ジョンソンは3回まで毎回安打も粘りの投球。楽天則本は3回まで1安打とほぼ完璧な立ち上がり。

 中盤も両投手譲らず、6回までともに三塁を踏ませない投球。広島打線は4回1死一、二塁、6回1死二塁を生かせなかった。

 楽天は7回、嶋のスクイズで先制。広島はその裏、松山が逆転5号2ラン。ジョンソンが4勝目で貯金10。中崎は16セーブ目。楽天は今季最多借金18。則本は6敗目。

今日勝つには接戦に持ち込まないと難しいと思っていましたが、その接戦をモノに出来て大きな1勝となりました。

広島ジョンソン投手、楽天則本投手共に素晴らしいピッチングで6回まで両チーム無得点が続きました。

7回表、楽天はウィーラー選手が死球で出塁して、その後内野安打、送りバント、申告敬遠で1アウト満塁のピンチを迎えました。続く楽天嶋選手が2球目にスクイズを決め、1点を先制されました。楽天則本投手の出来を考えたら、この1点はかなり重いかなとドリヨシは思いました。

7回裏、先頭の鈴木選手が四球で出塁すると、続く松山選手がカウント2−2からレフトスタンドポール際へ逆転の2ランを放ち、2−1としました。前の打席では4回裏に1アウト1、2塁のチャンスでライトポール際への大ファウルを打ち、11球粘ったものの空振り三振に倒れていました。則本投手とはタイミング的には合っていたので、この逆転2ランも偶然ではなかったのかもしれません。

先発ジョンソン投手は7回を投げてスクイズによる1失点と粘りのピッチングを見せました。8回はジャクソン投手、9回は中崎投手が共に粘る楽天打線を抑え、2−1で接戦をモノにしました。

これで交流戦初のカード勝ち越しを決めて、リーグ貯金を10としました。交流戦の成績も5勝5敗の5割に戻しました。さあ、これからですね。

明日の先発は九里投手です。ここ2試合は失点が多いので、明日はしっかりと安定したピッチングを期待します。楽天は美馬投手です。今季まだ未勝利で、防御率も5.70と不安定なので、打線としては序盤からどんどん行きたいですね。ネガティブに考えれば打撃戦、ポジティブに考えれば快勝の試合になりそうです。

2018年06月08日

1回戦@マツダ 広島7−0東北楽天 大瀬良投手7連勝でハーラートップの9勝目!打線13安打で快勝!

1528463342472863916234.jpg

カープ・丸 1000試合出場で祝砲「節目の試合で勝利に貢献できてうれしい」
6/8(金) 21:42配信

 「交流戦、広島7−0楽天」(8日、マツダスタジアム)

 広島の丸佳浩外野手が球団35人目、プロ野球史上492人目となる通算1000試合出場を自らのアーチで祝った。

 初回1死二塁から左翼線への先制適時二塁打を放った丸は、三回には7号右越えソロ。「ホームランに関しても自分のいいスイングができた」と納得の表情で振り返った。

 守備でも三回2死一、二塁でウィーラーのライナー性の打球に猛ダッシュしてダイビングキャッチと奮闘した。4月28日の阪神戦(マツダ)では、同様なプレーで好捕した際に右太もも裏を負傷して離脱した。それでも恐怖心を振り払い、先発した大瀬良を助けるビッグプレーだった。

 1000試合出場を飾る攻守での活躍に「節目の試合で勝利に貢献することができてうれしい。浮かれることなく気を引き締めて頑張りたい」と語った。

 投げては大瀬良が7回4安打無失点。4月29日の阪神戦(マツダ)から自身7連勝となった。9勝目(2敗)を飾り、セ・リーグのハーラートップとなった。

今日も大瀬良投手は抜群の安定感で7回113球4安打無失点の好投でした。初回は若干球が高く、1アウト1、3塁のピンチを背負いましたが、楽天ウィーラー選手を空振り三振、銀次選手をセンターフライに打ち取りました。
3回は2アウト1、2塁のピンチを背負い、楽天ウィーラー選手がセンター前のヒット勢の当たりを放ちましたが、センターの丸選手がダイビングキャッチて好捕して無失点で切り抜けました。このプレーは今日のゲームのポイントになったと思います。

8回はジャクソン投手、9回は中崎投手で危なげなく締めくくりました。

打線は今日も活発で、楽天先発の辛島投手を攻め、初回は丸選手がレフトへのタイムリー2ベースで1−0と先制。2回は會澤選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち2−0。3回は丸選手がライトスタンドへソロホームランを打ち3−0。さらに楽天2番手の今野投手から會澤選手の犠牲フライで4−0とリードを広げ、試合の主導権を握りました。
丸選手は今日の試合で通算1000試合出場の節目の試合でしたが、自ら祝うホームランを放ち、守備でも大瀬良投手を助けるビッグプレーを見せ、丸選手自身、記憶に残る試合になったと思います。
8回は楽天4番手の池田投手から鈴木選手が走者一掃のタイムリー2ベースを放ち、7−0と試合を決めました。

今日は投打が噛み合って楽天に快勝でした。投手陣がしっかり頑張っていれば、間違いなく広島は勝ち続ける事ができます。打線が活発なうちに、投手陣の整備をしっかりしたいところです。

明日はデーゲームです。広島の先発はジョンソン投手です。一時帰国した後の復帰登板です。ジョンソン投手の成績次第で、広島が勝ち続けることができるかどうか、ピッチング内容に注目です。楽天 は則本投手です。奪三振は素晴らしいですが、則本投手には隙もあります。広島打線がその隙につけ入れることができるかどうかですね。明日勝ってカード勝ち越しを決めましょう。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。