<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2017年10月25日

2017マツダクライマックスシリーズ セ ファイナルステージ第5戦@マツダ 広島3−9横浜DeNA 広島惨敗。日本シリーズ出場ならず。

1508856025118-519325891.jpg

広島敗退、緒方監督「自分の責任」 ラミレス監督に脱帽「ズバズバ来られた」
10/24(火) 23:28配信

Full-Count
初戦勝利から4連敗で日本S進出ならず「自分の采配で引き出すことができなかった」

 広島は24日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦のDeNA戦に3-9で敗戦。アドバンテージを含めた対戦成績がDeNAの4勝2敗となり、ファイナルステージの敗退が決まった。4連敗で2年連続となる日本シリーズ進出を逃し、緒方監督は「監督として自分の責任」と肩を落とした。

 33年ぶりの日本シリーズ制覇を目指したシーズンが、その舞台に立てずに終了した。「一番は、最後まで勝利を信じて声援を送ってくれたファンの期待に応えられず申し訳ない」と話を切り出した緒方監督は「選手は気を緩めることなく全力でやってくれた。守備でもいいプレーが多くあったし、下を向くことはない」と選手を責めることはなかった。

 雨天コールドで初戦を勝利し、アドバンテージを含めて2勝0敗からの4連敗は、星勘定で言えば昨季の日本シリーズと同じ結果だった。緒方監督は「短期決戦では流れをつかんで、勢いをつけるような試合をしなければならない。選手は劣勢を跳ね返す力は持っているが、自分の采配でそれを引き出すことができなかったのは悔しい」と自らを戒めた。

 シーズンの成績では14.5ゲーム差をつけたが、対戦成績では負け越したDeNAについては「打力も強いし、力強い球を投げる投手もたくさんいる。このシリーズでは、内野の守備も素晴らしかったし、何よりミスがほとんどなかった」と相手を褒め、「ラミレス監督の采配もズバズバ来られた印象だった」と敵将に脱帽した。

 2年越しの日本一は道半ばで途絶えたが、「もう一回、短期決戦を勝ち抜けるように、また勉強する必要がある。この経験を次にどう生かす方が大事」と反省した緒方監督は「終わった瞬間から、来シーズンへの戦いは始まっている。体を休める期間も作って、また来シーズンに向けてスタートしていきたい」と、最後は前を向いていた。
大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

広島東洋カープの2017年シーズンが終わりました。まさかこんな形で終わるなんて…。この結果はドリヨシとしてはなかなか受け入れ難いですね。今日も広島が丸選手の一打で先制しましたが、あとはDeNAに防戦一方で、3回表にDeNA桑原選手に逆転の2ランを打たれてからは、DeNA打線に好き放題やられてしまいました。終わってみれば16安打打たれて9失点。そして5被弾と広島投手陣からみれば信じられない結果となりました。筒香選手には2本も打たれて…。新井選手の追撃の一発も焼石に水でした。

緒方監督は、選手を擁護する発言をしていますが、プロスポーツは結果が全てです。監督、コーチ、スタッフはもちろんのこと、選手一人一人にも責任はあると思います。ドリヨシ的には、今年のリーグ優勝はなかったと思うぐらいにしなければいけないと思います。現行のCS制度がある以上は、このCSを勝ち抜いて初めてリーグ優勝になると思います。

ドリヨシもまだ気持ちの整理がついてないですが、全国各地のカープファンの皆さんも、ただ茫然という感じではないでしょうか。もはや日本シリーズには興味がなくなりそうです。26日のドラフト会議も、関心なくしそうです。

今一番心配なのは、チーム内で不協和音が出ないかどうかです。選手の皆さんも今夜は眠れない夜になるでしょうが、この結果になってモチベーションが下がる一方にならないかが心配です。CS前に2人のコーチが退団する事を発表して、その翌日に2人共に某球団に行くみたいな報道があり、既にその時点から選手のモチベーションが下がっていたのではないかとか、いろいろ考えてしまいます。

いずれにせよ、このような結果になったからには、一から野球を見直して、徹底的に基本から叩き直していかないといけません。間違いなく、我々ファンの目は厳しくなります。今、この瞬間から来季の戦いは始まります。選手の皆さんもこの屈辱を忘れないで欲しいです。また、ドリヨシの頭の中が整理できたら、後日今回のCSを総括したいと思います。

2017年10月23日

2017マツダクライマックスシリーズ セ ファイナルステージ第4戦@マツダ 広島3−4横浜DeNA 先発薮田投手3点守り切れず、今夜も1点差に泣く。

15087619865081111753855.jpg

DeNA 3連勝で19年ぶり日本S王手 初回3失点も逆転、スクランブル継投実る
10/23(月) 21:29配信

スポニチアネックス

 ◇セCSファイナルS第4戦 DeNA4―3広島(2017年10月23日 マツダ)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は23日、マツダスタジアムで第4戦が行われ、DeNAが3点差をハネ返して4―3で逆転勝ちを収め3連勝。通算成績を3勝2敗(広島のリーグ優勝アドバンテージ1勝を含む)とし、3位チームとしては2010年のロッテ以来7年ぶり2チーム目、セ・リーグでは初となる日本シリーズ出場に王手をかけた。

 DeNAは0―3で迎えた4回、主砲・筒香が広島先発・薮田の直球をとらえて左越えに1号ソロを放ち反撃開始。5回には倉本、桑原の連続二塁打などで同点に追いつくと、ロペスの中前適時打で4―3と勝ち越した。

 6回の守りでは、初回に3点を失った先発のウィーランドが先頭・バティスタに四球を与え、続く新井に左前打を浴びて無死一、二塁とすると、ラミレス監督が執念の継投を見せる。

 最初にリリーフへ送った2番手・砂田が西川をストレートの四球で歩かせ無死満塁とピンチを広げると、すかさず3番手・三上にスイッチ。三上が岩本、小窪の代打陣を2者連続三振に仕留めると、4番手・エスコバーをマウンドへ送った。エスコバーがわずか1球で田中を凡打に打ち取り1点リードを守ったまま6回を終えると、7回にはレギュラーシーズンでチーム最多の11勝を挙げた2年目左腕・今永をマウンドへ。今永は菊池、丸を連続三振に仕留めるなど3者凡退でこの回を投げ終えると、8回も続投して再び3者凡退。9回は守護神・山崎康が締めくくった。

 DeNAが日本シリーズ出場となれば、横浜時代に権藤博監督のもと38年ぶりにセ・リーグを制し、日本一に輝いた1998年以来19年ぶりのこととなる。

ついに崖っぷちに立たされました。正直、初回に3点先制しましたが、全く安心できませんでした。先発薮田投手のピッチングにばらつきがあり、ボール先行の苦しい内容でした。3回表に1アウト満塁のピンチがありましたが、DeNAロペス選手を併殺に打ち取ってしのぎました。ドリヨシ的にはこの3回で薮田投手を代えても良かったのではないかと思います。続く4回表にDeNA筒香選手にソロホームランを浴びて3−1とされました。ここで交代もありだと思いましたが、まだ続投させました。さらに5回表にDeNAが桑原選手の2点タイムリーで3−3の同点とされてしまいました。ここで薮田投手から九里投手へスイッチしましたが、既に後手になった感じがありました。ロペス選手に勝ち越しのタイムリーを浴びて3−4とされてしまいました。4回表の筒香選手にホームランを打たれた所から、流れがDeNAに行ってしまいました。継投のタイミングに問題があったのではないかと思います。

打線は初回にタナキクマルが機能しました。先頭の田中選手が四球で出塁し、菊池選手が送りバントを決めて、続く丸選手がライトスタンドへ2ランホームランを放ちました。さらに、松山選手が2ベースを打ち、新井選手がさらにタイムリー2ベースでこの回3点を先制しました。しかし、2回以降はDeNAウィーランド投手から追加点が奪えず、流れがDeNAに行ってしまいました。6回裏、絶好のチャンスがやってきます。先頭のバティスタ選手が四球、続く新井選手がヒット、そして西川選手が四球でノーアウト満塁の大チャンスを迎えたのですが、代打岩本選手、続く代打小窪選手が連続三振。田中選手が内野ゴロで、見事にチャンスを潰してしまいました。実質この時点でジ・エンドだったと思います。

広島の野手の皆さんは何か浮き足立っている感じがします。しっかりした広島の野球が出来ていませんね。1点を守り勝つ野球をDeNAに見事にされてしまってますね。第3戦、そして今日の第4戦と、カープファンとしてはイライラマックスでしょうね。さあ、もう後がありません。明日敗れることになると、クライマックスシリーズ史上2度目、セ・リーグでは初の屈辱を味わうことになります。セ・リーグのチャンピオンチームの意地があります。明日は全員野球で勝って、逆王手をかけましょう。3位のチームに日本シリーズに行かれたら、日本プロ野球全体の問題になりますからね。全国のカープファンの皆さん、なお一層のエネルギーをマツダスタジアムへ送りましょう。

2017年10月22日

今日のCSファイナルステージ第4戦 広島−横浜DeNAは雨天中止

20170219152734.jpg

広島-DeNAのCSファイナル第4戦は、前日に続き天候不良のため中止
10/22(日) 10:20配信

Full-Count
予備日は25日まで、23日も中止の場合は広島に王手

広島-DeNAのCSファイナル第4戦は、前日に続き天候不良のため中止
本日(22日)の試合も雨天中止、2日連続の中止に
 マツダスタジアムで行われる予定だった22日のクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第4戦、広島-DeNA戦は台風接近による天候不良のため中止となった。試合開始(13時30分)予定の約4時間前に発表された。

 前日21日に続き、2日連続での順延。初戦はリーグ覇者の広島が勝利も、第2、3戦とリーグ3位のDeNAが連勝。ここまで2勝2敗(広島のアドバンテージ1勝を含む)となっている。

 ファイナルステージの予備日は25日までのため、23日も中止となった場合には、リーグ優勝を果たしている広島が日本シリーズ進出に王手を掛ける。
Full-Count編集部

今日は台風が接近しているため、雨が強くなるということで、早々に中止が決定しました。広島にとっては恵みの雨になったと思います。明日からは試合が出来ると思いますので、広島の選手の皆さんには、のびのびとプレーしてもらいたいですね。我々ファンは全力応援しかありません。

2017年10月21日

今日のCSファイナルステージ第4戦 広島−横浜DeNAは雨天中止

15085601241641355479002.jpg

広島−DeNA 第4戦は雨のため中止 
10/21(土) 13:09配信

日刊スポーツ

<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島−DeNA>◇第4戦◇21日◇マツダスタジアム

 この日の第4戦は、雨のため午後0時半に中止が決定した。

 杵渕セ・リーグ統括は「シートをあげて整備するのに1時間以上かかり、(試合開始を)遅らせても良くなる予報がなかったので」と中止と判断した理由を説明した。この日の試合は24日の予備日に行う。22日も予報は雨。同統括は「台風もあるので、お客さんの足のことを考えれば、早めに(試合可否の)判断をすることはある」と話した。

今日の中止の判断は妥当ですね。天気は悪くなる一方なので、強行したら最悪のコンディションになるのは間違いないですからね。そして、明日は台風の影響で中止になる可能性は高いですから、第4戦は来週月曜日以降になりそうです。予備日は25日までありますから、第6戦までもつれたとしてもなんとかできるかなと思います。ドリヨシ的には第5戦で決めて欲しいですが…。広島としては恵みの雨になると思います。第2戦、そして昨日の第3戦とイヤな流れで来ていただけに、今日、明日で立て直しができるのではないかと考えます。特に打線がつながりを欠いているだけに、野手の皆さんが今一度自分の役割をしっかり認識しながら、普段の広島らしい野球ができるように準備して欲しいですね。全国のカープファンは信じています。

2017年10月20日

2017マツダクライマックスシリーズ セ ファイナルステージ第3戦@マツダ 広島0−1横浜DeNA ジョンソン投手1球に泣く。打線ちぐはぐゼロ封負け。

15085062190171320560461.jpg

コイ打線かみ合わず、中軸変更も不発 忍び寄る重圧
10/20(金) 22:12配信

朝日新聞デジタル

(20日、セCS最終ステージ DeNA1―0広島)

 自慢の強力打線がかみ合わない。広島は拙攻を重ねた。6安打を放ち、回の先頭打者は4度出塁したが、無得点に終わった。

 2得点に終わった前夜を受け、この日は手を打った。これまでのCS2試合で無安打だった松山を4番から5番に下げ、好調のバティスタを4番に抜擢(ばってき)した。6番には大砲エルドレッドを初先発させた。だが六回の好機では、この3人が沈黙した。

 進塁もままならない。五、七回と無死一塁としながら、ともに石原が送りバントを失敗。八回無死一塁では一転、強攻策に出て、菊池が併殺打に倒れた。

 緒方監督は「うまくいかないことが多かった。1点差の試合の責任は自分だと思っている」と戦術の失敗を認めざるを得なかった。昨季のCSでは体験しなかった2敗目。レギュラーシーズンを独走した王者に、重圧が忍び寄る。(吉田純哉)

うーん。どうしたのでしょうか。打線が線として機能してませんね。打順を入れ替えたりしたのは間違いない事だと思います。松山選手を5番に下げて、バティスタ選手を4番にし、6番にエルドレッド選手を起用したのもわかります。ただ、機能していませんね。特に今日の試合は1点勝負なので、バントなどの小技が重要なケースになる中、石原選手が5回裏と7回裏に2回もバント失敗。8回裏は先頭の田中選手が四球で出塁するも、続く菊池選手がバスターで併殺になり、チャンスを潰しています。いつもの広島野球が出来ていません。かなり心配です。明日から気持ちを切り替えて、もう少しリラックスして攻撃して欲しいと思います。

先発のジョンソン投手は粘りのピッチングを展開しましたが、2回表に落とし穴がありした。2アウトランナーなしから、連続ヒットで1、2塁とし、続くバッターのDeNA井納投手にタイムリーを浴びて、結局この1点が決勝点になってしまいました。ジョンソン投手も頑張っているのでしょうが、この井納投手の打席で、ちょっと甘く見てたのではないでしょうか。それにしても、DeNAの投手も打席では本気出して来てますね。広島投手陣は野手並みに厳しく攻めるべきだと思います。
ジョンソン投手の後続のリリーフ陣は、DeNA打線をきっちり0に抑えたのは今日唯一のポジ要素でしょうか。

これで2勝2敗の五分になりました。広島は自分たちの野球が出来ていませんね。特に攻撃においては、つなぎの野球が出来ていません。DeNAのチームには勢いが出てきました。つなぐ野球はむしろDeNAの方が出来てますね。広島は今一度原点に立ち返って、シーズン中にしていた野球を思い出し、実践して欲しいと思います。

明日の広島の先発は大瀬良投手でしょう。余計な事を考えずに、2014年のCSで見せてくれた快刀乱麻のピッチングを期待します。DeNA先発は今永投手でしょう。広島はやや苦手意識があるでしょうが、今永投手は最近調子はあまり良くないので、攻略するチャンスは十分あると思います。明日は総力戦で勝ちを掴み取らないといけません。天気が心配ですが、天気も広島に味方してくれるといいのですが…。

2017年10月19日

2017マツダクライマックスシリーズ セ ファイナルステージ第2戦@マツダ 広島2−6横浜DeNA 野村投手5回8安打4失点と粘れず。

15084187635041930929080.jpg

広島 野村5回4失点で降板 3回と5回ともに満塁で痛打浴びる
10/19(木) 20:12配信

スポニチアネックス

 ◇セCSファイナルS第2戦 広島―DeNA(2017年10月19日 マツダ)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦は19日、マツダスタジアムで行われ、広島先発の野村祐輔投手(28)が5回8安打4失点で降板した。

 野村は3回、2安打と1四球で1死満塁のピンチを招き、主砲の筒香は空振り三振に仕留めたものの、続く宮崎にシュートを左前へ運ばれて2点を先制されると、5回にも2失点。2死二、三塁から柴田との勝負を避けて歩かせ塁を埋めた後で代打・乙坂に初球のカットボールを中前に弾き返された。

 この回を投げ切ったものの、その裏に先頭打者として打席が回ると代打・天谷が送られ降板となった。野村の投球内容は5回で打者26人に対して94球を投げ、8安打4失点。3三振を奪い、与えた四球は3つだった。6回から広島のマウンドには2番手・九里が上がっている。

野村投手が粘れませんでした。3回の2失点はDeNA宮崎選手に打たれた2点タイムリーでしたが、これはうまく打たれた感じでした。インコースの難しい球でしたが、詰まりながらもうまく捌かれました。これは仕方ないと思いますが、5回の2失点は痛かったですね。DeNA代打乙坂選手の初球が甘く入り、センター前への2点タイムリーになりました。あまりにも不用意な1球になりました。代打への初球は特に気をつけないといけないところでしたが、非常に残念です。

DeNAのペースになる前に、広島も先制のチャンスはありました。1回裏は1アウト3塁、2回裏は2アウト3塁のチャンスがあったのですが、あと1本が出ず、結果DeNAへ流れが行ってしまった形になりました。チャンスメイクはするのですが、もう一押しがなかったです。西川選手の2打点に終わってしまいました。丸選手や松山選手あたりにクリーンヒットが出ていないのが気になりますね。この2人がうちださないと、打線としてつながりにくくなるので、明日からの奮起を期待します。

明日の第3戦、広島の先発予想はジョンソン投手です。明日も雨の心配はなさそうなので、イライラしなくて済むでしょう。先週の社会人チームとの練習試合でのピッチングを展開していけば、DeNA打線を十分抑えることができるでしょう。DeNA先発は井納投手が予想されます。従来の広島打線であれば、十分攻略できると思うので、序盤からコツコツ点を積み重ねていきたいですね。明日勝って王手をかけましょう!

2017年10月18日

2017マツダクライマックスシリーズ セ ファイナルステージ第1戦@マツダ 広島3−0横浜DeNA(5回終了降雨ゴールド) 田中選手、菊池選手タイムリー!薮田投手5回無失点!

1508325583471-469663903.jpg

広島、雨天コールドでCSファイナル開幕戦制す!田中が決勝2点適時打
10/18(水) 20:15配信

スポニチアネックス

 ◇セCSファイナルステージ第1戦 広島3―0DeNA(2017年10月18日 マツダ)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは18日、マツダスタジアムで第1戦が行われ、広島が5回に田中の2点適時打と菊池の適時内野安打で3点を先制。3―0とリードして5回裏を終えると、雨足が強くなったため直後に試合は中断。そのまま雨天コールドとなり、ファイナルステージ2勝目(レギュラーシーズン1位のアドバンテージ1勝を含む)を挙げた。

 先発の薮田は立ち上がりから上々の投球。5回までDeNA打線を2安打に抑えた。対するDeNA先発の石田も4回まで広島打線を無安打に抑える投球を見せ、0―0のこう着状態のまま試合は中盤まで進んだ。

 試合が動いたのは5回裏。先頭のバティスタが四球で出塁すると、続く新井が左翼へチーム初安打。その後2死満塁となり、田中が均衡を破る中前2点適時打を放った。

 さらに2死二、三塁から菊池の適時内野安打で、もう1点を追加。3―0とリードを広げてこの回の攻撃を終えると、試合開始当初から降っていた雨が強くなり試合が中断。そのまま雨天コールドゲームとなった。

 DeNAは石田が4回まで無安打投球も、5回に広島打線につかまり3失点。直後に雨天コールドとなる不運に泣いた。

今日は幸運な勝利になりました。5回裏に広島に点が入った直後に雨が強くなり5回終了して試合が中断。そのままゴールドゲームになり、広島が勝利しました。先発の薮田投手はDeNA打線を2安打無失点に抑えるナイスピッチングでした。薮田投手は3回表にピンチを迎えました。1アウトからDeNA石田投手がヒット。続く倉本選手がヒットでつないで1アウト1、2塁にされました。が、ここで崩れないのが薮田投手です。続く桑原選手をショートゴロ併殺に打ち取りました。いやあ、ナイスピッチングでした。

打線は5回裏の攻撃前に円陣を組んだ直後でした。先頭のバティスタ選手が四球で出塁すると、続く新井選手がレフト前ヒットでつなぎました。この新井選手のヒットが大きかったですね。そして西川選手が送りバントで1アウト2、3塁となり、続く會澤選手が敬遠の四球で満塁に。薮田投手が三振の後、田中選手がセンターへ2点タイムリーを打ちました。ここでタイムリーが出ていなかったら、タイミング的には0−0で引き分けゴールドゲームになっていただけに、このタイムリーは値千金です。続く菊池選手が菊池選手らしい内野安打のタイムリーで追加点を奪いました。5回裏の3点はチームに自信を持たせる3点になりました。

今日の試合、ゴールド勝ちではありましたが、非常に大きい1勝です。日本シリーズ出場に大きく近づいたと思います。明日の広島の先発の予想は野村投手でしょう。持ち味の粘りのピッチングで試合を作ってくれるでしょう。DeNAの先発の予想は濱口投手でしょうか。今日の石田投手よりは力的には劣ると思いますので、今日以上に打線の爆発を期待したいですね。タナキクマルの躍動と、松山選手、バティスタ選手の一発を期待しましょう!がんばれ!カープ!
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。