<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年11月14日

2019世界野球WBSCプレミア12スーパーラウンド@東京ドーム 日本3−1メキシコ 投手陣1安打リレーで守り勝つ!メキシコと並んでスーパーラウンド1位に!

20191113-00000131-dal-000-5-view.jpg

侍ジャパンが難敵メキシコを撃破 坂本が猛打賞&美守披露 16日に運命の日韓戦
11/13(水) 22:08配信

 2回、適時打を放ちガッツポーズをする巨人・坂本勇(撮影・堀内翔)

 「プレミア12・2次ラウンド、日本3−1メキシコ」(13日、東京ドーム)

 侍ジャパンが難敵メキシコを撃破。3勝1敗でメキシコと並んで首位タイに浮上し、決勝進出に王手をかけた。16日に2次リーグ最終戦、運命の韓国戦(東京ドーム)を迎える。

 不振の男がついに目覚めた。稲葉監督の打順の組み替えが奏功。2番に入った坂本(巨人)が二回に今大会初タイムリー初打点をマークするなど、猛打賞で勝利に貢献した。遊撃の守備では二回2死無走者の場面で三遊間の深い位置に飛んだゴロをさばき、ノーステップで送球してアウトにするファイプレーも披露した。

 鈴木(広島)はこの日も4番の仕事を果たした。初回、左前打の坂本が起点となり、2死二塁の好機で迎えた第1打席。左腕ラミレスからきっちり中前適時打を放ち、先制点を呼び込んだ。今大会ここまでの6試合すべてで安打。「チームとして何とか先制点がほしい場面だったので良かった」とうなずいた。

 二回までに3点を奪って主導権を握ると、安定感抜群の投手陣がリードを守り切った。今永(DeNA)が6回1安打1失点。バトンを託されたリリーフ陣も甲斐野(ソフトバンク)、山本(オリックス)、山崎康(DeNA)が無安打無失点でつないで逃げ切った。4投手の継投で1安打1失点、15奪三振の快投だった。

 敗れたメキシコは3勝1敗。決勝進出をかけて、15日に韓国戦に臨む。

今日は日本が目指している「守り勝つ野球」が実践できたと思います。

得点は1回裏、ヒットで出塁した坂本選手を2塁に置き、鈴木選手がセンター前にタイムリーを放ち、1−0と先制しました。さらに近藤選手のタイムリーで2−0としました。久しぶりに打線がつながった感じがしました。

2回裏には、それまで打撃不振だた坂本選手が今大会初タイムリーを放ち、3−0として、試合の主導権を握りました。

守っては先発今永投手が好投!抜群の安定感を見せました。伸びのあるストレート、カットボールとブレーキの効いたチェンジアップのコンビネーションが冴え渡り、6回まで投げて、メキシコ打線をホームラン1本の1安打に抑えるナイスピッチングを見せつけました。7回からは継投に入り、7回は甲斐野投手、8回は山本投手、そして9回は山崎投手が締めて、無安打無失点リレーでメキシコ打線を圧倒。3−1で勝利しました。今日の投手陣は素晴らしい内容でした。まさに「守り勝つ野球」の完成です。

我がカープの選手ですが、菊池選手は首の違和感でスタメンを外れました。鈴木選手が相変わらず絶好調です。今日も先制タイムリーを放ちました。間違いなく打線を引っ張ってくれています。會澤選手はスタメンマスクで、今永投手、甲斐野投手、山本投手、山崎投手を好リード!今日は陰の立役者です。

さて、これでメキシコ、日本がスーパーラウンド3勝1敗となり、首位で並びました。次回は16日に宿敵韓国との試合になります。前回大会は準決勝で韓国に逆転負けを喫しています。ついにその借りを返す時が来ました。この韓国戦に勝利すれば、決勝進出が決まります。選手の皆さんも燃えていると思います。是非快勝して、決勝行きを決めて欲しいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9416727

この記事へのトラックバック
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。