<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年11月05日

助っ人外国人4選手と来季契約を結ばず。

20191105-11050563-nksports-000-3-view (1).jpg
広島がレグナルト、サンタナら4選手と来季契約せず
11/5(火) 17:50配信

カイル・レグナルト

広島は5日、カイル・レグナルト(30)ジョニー・ヘルウェグ(31)ケーシー・ローレンス(32)の3投手、フアン・サンタナ内野手(25)と来季の契約を結ばないと発表した。

今季加入した中継ぎ左腕のレグナルトは52試合に登板。6勝3敗15ホールド、防御率3・34だった。カープアカデミー出身のサンタナは7月に支配下選手登録されたが、13試合で打率1割8分2厘、0本塁打、5打点と振るわなかった。

残念なニュースですね。レグナルト投手は中継ぎ要員として頑張ってくれたとドリヨシは思います。が、勝負所での踏ん張りが効かず、痛打されてしまう場面もしばしばありました。カープとしては勝ちパターンでの中継ぎのピースとして期待していたのだと思いますが、残念です。

ヘルウェグ投手は、右バッターのインコース、左バッターのアウトコースへのツーシーム系の球がかなり有効かなと思っていたのですが、制球力に苦しみ、期待に添うピッチングが出来ませんでした。ドリヨシ的にはもう1年チャンスを与えてあげてもいいかなと思っていたのですが、残念です。

ローレンス投手はなかなか1軍で登板するチャンスがありませんでした。ファームでコツコツ頑張っていたのですが、ウエスタンの試合でも連打を浴びて失点するケースが目立ち、1軍登板のチャンスをもらうも、防御率が10点台と、不甲斐ない成績に終わってしまいました。残念です。

サンタナ選手はドミニカカープアカデミー出身で、今年7月に支配下登録、即1軍で出場しました。スタートはまずまずだったのですが、打撃不振で2軍調整になりました。未確認情報ですが、サンタナ選手は素行が悪く、先週ドミニカへ強制送還されたらしいです。残念です。

カープに入団したからには、素晴らしい活躍をして欲しかったですが、プロの世界はそんなに甘くはありません。数字で結果を残せない選手は球団を去らなくてはなりません。レグナルト投手、ヘルウェグ投手、ローレンス投手、サンタナ選手、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
この記事へのコメント
そうですね。バティスタ選手がどうなるのか、気になりますよね。
Posted by ドリヨシ at 2019年11月06日 08:33

寂しいですね…。
バティスタはどうなるか気になってます。
Posted by さなぎ at 2019年11月05日 22:50
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9386391

この記事へのトラックバック
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。