<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年09月12日

23回戦@マツダ 広島3−2中日(9回サヨナラ) 堂林選手気迫のサヨナラタイムリー!フランスア投手7勝目!

1568294159653617301365.jpg

広島 サヨナラ勝ちで2位DeNAに0差!堂林 第3子誕生祝いの5年ぶりサヨナラ打
9/12(木) 22:09配信

<広・中>9回1死一、二塁、堂林は左前にサヨナラ打を放ち長野(左)に飛びついて喜ぶ (撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年9月12日 マツダ)

 広島が今季両リーグ最多11度目のサヨナラ勝ちで中日を下し、2位のDeNAとゲーム差なしに迫った。

 2―2で迎えた9回、先頭の鈴木が右前打と犠打で二進すると、長野の申告敬遠で一、二塁とし、堂林が左越えへサヨナラタイムリーを放った。堂林のサヨナラ打は14年4月以来5年ぶり。11日に妻で元TBSの枡田絵理奈アナが第3子となる次女の誕生を発表したばかりだった。

 広島は4回、先頭の長野が左翼席上段へ今季4号ソロを放ち先制。5回には2死から菊池涼の安打と四球で一、二塁とし、松山の右前タイムリーで加点した。だが、その後は7回、8回と満塁としながらも得点できなかったが、最後に堂林が決めた。

 コンディション不良で出場選手登録を抹消され、8月28日以来の登板となった先発の野村は、6回を投げ7安打2失点。9回の1イニングを無失点に抑えたフランスアが7勝目。

 中日は6回2死から高橋、阿部の安打と平田の四球で満塁とし、代打・堂上が右前へ2点タイムリーを放ち追いついた。だが、その後は毎回得点圏に走者を進めながら得点できなかったのが響いた。

 先発・阿知羅は、7月17日の阪神戦以来となる1軍の登板で4回を投げ5安打1失点と力投も、今季2勝目はならず。9回に登板した藤嶋が2敗目を喫した。

昨日と同じような試合展開でしたが、最後は昨日とは違って、広島が寄り切って勝ちました。

打線は4回裏、中日先発の阿知羅投手から、長野選手が5球目を打って、レフトスタンドへソロホームランを放ち、1−0と今日も広島が先制しました。長野選手はここにきてバッティングが好調ですね。来るべきCSでも貴重なピースになりそうですね。

さらに5回裏、中日2番手の又吉投手を攻め、2アウトから菊池涼介選手がレフト前ヒットで出塁。鈴木選手が四球で1、2塁とし、続く松山選手が8球目を打ってライト前タイムリーを放ち、2−0とリードを広げました。2アウトからの得点は大きかったですね。特に、菊池涼介選手のヒットの前に、サードへのファールフライを打ち、3アウトかと思ったところ、中日高橋選手が落球したシーンがあったんです。ここからの得点なので、本当に大きいです。

広島先発の野村投手はコーナーを突く丁寧なピッチングを展開していましたが、ドリヨシ的には今日の野村投手は余裕がない印象がありました。野村投手の結果を考えるより、早い回で継投に入った方がいいかなと思いました。それでも5回まで無失点に抑えました。

しかし、6回表、2アウトランナーなしから、中日高橋選手、阿部選手の連打で1、2塁とされ、続く中日平田選手に四球を与え、満塁のピンチを背負いました。そして中日代打堂上選手にライト前へ2点タイムリーを浴びて、2−2の同点に追い付かれました。ところが1塁ランナーの中日平田選手が3塁を狙いましたがタッチアウトになり、攻撃が終わりました。このタッチアウトが今日の試合のポイントになったような感じです。

その後両チーム継投でつなぐタフな試合になりました。広島も中日も得点のチャンスは作りますが、あと1本が出ないという、ハラハラドキドキの展開でした。

そして9回裏を迎えます。中日は5番手の藤嶋投手が登板しました。この回先頭の鈴木選手がライト前ヒットで出塁しました。この出塁が大きくモノを言いました。続く代打野間選手が送りバントを決めて1アウト2塁とします。続く長野選手は申告敬遠で1、2塁となり、バッターは途中出場の堂林選手です。カウント1−0からの2球目のストレートを空振りした時に、もしかしたらヒットを打てるかもと思いました。そして3球目の抜けたフォークボールを思いきり叩いて、打球はレフトの頭を越えて、2塁ランナーの鈴木選手が生還。サヨナラタイムリーとなりました。

これで広島はこのカード勝ち越しを決めました。そして今日は2位DeNAが敗れましたので、ゲーム差なしになりました。2位を死守するためにも、残り8試合全勝あるのみです。

さあ、明日から東京ドームで読売との2連戦です。明日の広島の先発は九里投手です。気迫のピッチングで読売打線を圧倒して欲しいですね。読売は山口投手です。隙がありますから、広島打線はいけると思います。

22回戦@マツダ 広島2−3中日(延長10回) レグナルト投手痛恨の被弾。2位DeNAに1差。

15682073726731664582730.jpg

広島 レグナルトが痛恨の被弾…延長で敗れ連勝ストップ
9/11(水) 21:55配信

<広・中>10回無死、京田にソロ本塁打を打たれたレグナルト(撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ 広島2−3中日(2019年9月11日 マツダ)

 広島が延長戦の末、中日に2−3で敗れ連勝が2で止まった。2−2のまま突入した延長10回、5番手レグナルトが京田に3号決勝ソロを浴び3敗目。打線は4回以降3安打のみと振るわず。先発の床田が6回8安打2失点と好投も勝利を手にすることが出来なかった。

 広島は初回、1死三塁から鈴木のニゴロを阿部が本塁へフィルダースチョイス。三塁ランナーの菊池涼が生還し1点を先制する。3回には2死一、三塁から会沢の中前適時打によって追加点。

 床田は4回まで二塁を踏ませず。安定感ある投球見せていたが5回、2死二塁から大島の右前適時打により1点を失うと、さらに2死一、ニ塁となって福田に左前適時打を浴び同点とされた。それでも6回8安打2失点と先発の役目を果たしマウンドを降りた。

 2−2のまま迎えた延長10回、5番手レグナルトが京田に痛恨の3号決勝ソロを被弾。最後まで中日リリーフ陣を打ち崩せず連勝を逃した。

痛い敗戦です。ここに来ての1敗は致命的な1敗になってしまいます。

打線は1回裏、中日先発の小笠原投手を攻め、1アウト後、菊池涼介選手がレフト線への2ベースで出塁。その後小笠原投手の暴投で3塁に進塁し、鈴木選手のセカンドゴロの当たりで、中日阿部選手が本塁に送球するも野選となり1−0と先制しました。

さらに3回裏は2アウトから鈴木選手がレフトフェンス直撃の2ベースで出塁。中日小笠原投手の暴投で3塁に進塁し、長野選手が四球を選び、1、3塁とします。そして會澤選手が初球を打ってセンター前タイムリーを放ち、2−0としました。

広島先発の床田投手は、毎回ランナーを背負いながらも粘りのピッチングを展開し、4回まで2塁を踏ませず、無失点に抑えました。

しかし、5回表、先頭の中日平田選手に四球を与えました。この先頭打者への四球は痛かったですね。その後2アウト2塁となり、中日大島選手にライト前タイムリーを浴びて2−1となりました。さらにバックホームの間に大島選手が2塁へ進塁しました。この2塁への進塁を許したのも、ある意味ミスだと思います。続く中日京田選手が四球で1、2塁とされ、続く中日福田選手にレフト前タイムリーを浴びて2−2の同点になってしまいました。

しかしながら床田投手は6回101球を投げて、8安打ながら2失点と、試合を作ってくれました。8月に1軍に復帰して、4試合連続してクオリティースタートを達成しており、勝ち星には恵まれないものの、安定した内容ですね。

その後は両チーム譲らず、試合は延長戦に突入しました。

10回表、広島は5番手のレグナルト投手が登板しました。ドリヨシ的には、10回は遠藤投手の方がいいのではと頭をよぎったのですが…。
先頭の中日京田選手にカウント0−2と追い込んでからの3球目。インハイのカーブをジャストミートされ、ライトポール際へソロホームランを浴びて、2−3と勝ち越しを許してしまいました。追い込んでからの1球があまりにも不用意だったと思います。とても悔やまれる1球になりました。

10回裏の広島の攻撃は3者凡退に終わり、2−3で痛恨の1敗となりました。

今日は2位DeNAが勝利しましたので、ゲーム差は再び1に広がりました。CSをマツダスタジアムで迎える為にはもう絶対に負けられません。明日の先発は野村投手です。得意の中日戦なので、明日は快投を期待します。中日は阿知羅投手です。早い回にKOして、試合を優位に進めましょう!

西川選手が8月の月間MVP初受賞!

1568195970895985303487.jpg

広島・西川龍馬が初の月間MVP 水谷、嶋に並ぶ球団月間最多安打で活躍
9/11(水) 13:00配信

 「大樹生命8月月間MVP賞」を受賞を喜ぶ広島・西川(撮影・飯室逸平)

 広島の西川龍馬内野手が11日、セ・リーグ野手部門の8月度「大樹生命月間MVP賞」を初受賞した。

 西川の8月成績は打率・365、4本塁打、12打点、2盗塁。安打数42本は、78年の水谷実雄、04年の嶋重宣が持つ球団の月間最多安打記録に並んだ。「ほんまに僕でいいんかなと。自分の中でそんなに打った印象はないんですけど、数字を見たら、なかなかヒットを重ねたなって思う」と、うれしさを言葉に変えた。

 1番として打線のけん引役を担っている。当初は戸惑いがあったが「ヒットより塁に出ることを優先してやっている」ことで結果が伴ってきたという。シーズンは佳境を迎え、2位・DeNAとはゲーム差がなくなった。「残り試合、全部勝つつもりでやりたい」と意気込んだ。

西川選手の天才的なバットコントロールが少しずつ開花してきています。今季は丸選手が抜け、田中選手や松山選手の不調もあり、3番や5番などの打順を任されていましたが、シーズン後半は1番に固定となり、打撃の状態をぐんぐん上げてきました。そして本文記事にもある通り、8月の月間安打数42を記録し、球団タイ記録に並ぶ活躍を見せてくれました。今季から外野の守備に入っていますが、その外野の守備も目を見張るものがあります。今後もますます伸びていく西川選手が楽しみです。
posted by ドリヨシ at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

バティスタ選手が帰国。来季契約は白紙。

15681275042071026747741.jpg

広島バティスタが帰国 ドーピング違反で6カ月出場停止
9/10(火) 22:19配信

バティスタ

 広島は10日、NPBからドーピング違反で6カ月間の出場停止処分を科されたサビエル・バティスタ外野手がドミニカ共和国へ帰国したと発表した。

 鈴木球団本部長は「こっちにいてもやることがない。向こう(カープアカデミー)の施設も使うことはできない」と説明した。バティスタ本人には「(来季は)契約するかしないか分からない」と伝えているという。

 バティスタは6月7日の試合後にドーピング検査でA検体が陽性反応した。再検査を申し出たが、B検体でも結果は変わらなかったことが8月17日、発表され同日、出場選手登録を抹消された。

 検出されたのは「クロミフェン」とその代謝物である「ヒドロキシクロミフェン」。同物質は世界反ドーピング機関(WADA)が「S4.ホルモン調整薬」として禁止物質に指定しているもの。同物質は体内で生成されるものではなく、NPBで検出されたのは今回が初めて。

 NPBは今月3日に6カ月の出場停止処分を科すと発表。期間は同日から20年3月2日まで。ドーピング検査が本格的に導入された07年以降、違反による処分は7人目となった。

来季どうなるか全くわかりませんが、ドリヨシ個人としては、球団は来季後半から公式戦に出場させるなどの球団独自の処分を決めて欲しいなと思います。意図的に禁止薬物を摂取してないとはいえ、罰は罰としてバティスタ選手も受け入れて欲しいです。

しかし、NPBのこの度の処分について、某在京球団の外国人選手が「処分が甘い」とコメントした事について、ドリヨシは個人的に非常に腹立たしく感じます。
posted by ドリヨシ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

2019年09月10日

21回戦@マツダ 広島3−0中日 大瀬良投手8回無失点で11勝目!西川選手先制弾!小園選手2ラン!

1568123734223727941828.jpg

広島大瀬良11勝 球威ある荒れ球有効活用し0封
9/10(火) 22:37配信

広島対中日 お立ち台で笑顔を見せる広島の、左から大瀬良、西川、小園(撮影・栗木一考)

<広島3−0中日>◇10日◇マツダスタジアム

エース復権。広島大瀬良大地投手(28)が、7連戦初戦の中日戦(マツダスタジアム)で8回を無失点に抑え、ジョンソンに並ぶチームトップの11勝目を挙げた。

3戦勝ち星が付かない登板が続いたが、原点回帰で本来の姿を取り戻した。投打と守りがかみ合い、7連戦を快勝発進。この日敗れた2位DeNAにゲーム差なしに迫り、上位浮上へ弾みをつけた。

   ◇   ◇   ◇

捕手のミットを目がけ、大瀬良は思い切り右腕を振った。低めに投げることだけを意識。多少制球がズレても、腕の振りだけは強く−。うなりを上げた剛球が好調中日打線のバットを押し込み、スコアボードにゼロを並べた。8回6安打無失点。11勝はジョンソンに並ぶチームトップだ。

「厳しいコースに投げないといけないと縮こまってしまうことが増えていたので。一番の魅力は何かと思ったときに、真っすぐから入ってくる投手と思った。真っすぐからの変化球ともう1度リセットした」

今季は力強い真っすぐや決め球カットボールだけでなく、スライダーやフォークなどの球種の精度向上もあり投球の幅を広げた。ただ、相手も研究を重ねて攻略してきたことで、原点回帰。力強い投球で押すスタイルに立ち返った。

細かな制球よりも、球威を求めた。大胆さが副産物を生んだ。時折、打者のベルト付近に直球を投げ込んで詰まらせる場面が見られた。「意図して(高めに)投げている球は少なかったですけど、後々に効いてきたのかな」。顔に近い直球の残像を付けたことで、外角球が生きた。

また精度が落ちていたフォークの握りを浅くしたことも中日打線を惑わした。落差は小さくなったものの、球速が増したことで投球のアクセントとなった。緒方監督も「エースが素晴らし投球をしてくれた。初回からすごく力のある球もいってしたし、コントロールもどの球もしっかりできていた」と最敬礼だ。

大瀬良は次回登板も4週連続の中5日登板が予想されるため、8回116球無失点でお役御免となった。エースの好投にバックも応え、三塁安部が難しい打球を併殺にし、8回は中堅西川の好捕も呼んだ。「とりあえずカードの頭を取れてホッとしています」。この日巨人に敗れた2位DeNAにゲーム差なしに接近。エースはチームメートを信じ、7連戦しんがりの先発に備える。【前原淳】

▽広島佐々岡投手コーチ(大瀬良について)「よく頑張ってくれた。最初から飛ばしていたし(球に)強さもあった」

▽広島会沢(大瀬良を好リード)「ミーティングでも自信を持って、考えずにやっていこうと話をしていた。力強い球で空振りも取れていたし、ファウルも取れていた。大地有利に進められたと思う」

残り試合絶対負けられない戦いの中で、今日は大瀬良投手を中心に守り勝った試合でした。

打線は3回裏、中日先発梅津投手を攻め、1アウト後、西川選手が初球を打って右中間スタンドへソロホームランを放ち、1−0と先制しました。

さらに7回裏、1アウト後、會澤選手が右中間への2ベースで出塁。続く小園選手が3球目を打ってライトポール際へ2ランを放ち、3−0とリードを広げました。小園選手はこれで今季4本目のホームランとなり、1950年の紺田周三選手を上回り、高卒ルーキーの球団最多ホームランを更新しました。小園選手はとてつもない選手になりそうですね。

先発の大瀬良投手は、立ち上がりから気合いの入ったピッチングを展開しました。低めを意識した大胆なピッチングで中日打線に連打を許しませんでした。3併殺とバックの好守備にも助けられて、8回116球を投げて6安打無失点に抑えました。

9回はフランスア投手がきっちり抑えて、3−0で完封リレーて勝利しました。

これで広島は連勝で、今季対中日戦の勝ち越しを決めました。今日は首位読売が勝ち、2位DeNAが負けたので、首位読売まで5ゲーム差。2位DeNAまでゲーム差なしになりました。

あと残りは10試合です。10連勝で締めくくりたいですね。明日の先発は床田投手です。安定したピッチングを見せていますので、明日も試合をしっかり作ってくれると期待してます。中日は小笠原投手です。今季広島戦は初登板です。広島の右打者がカギになりそうです。特に鈴木選手、長野選手がどれだけ打てるかですね。明日も全力応援です。

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ


posted by ドリヨシ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。