2017年06月28日

妻の真情、その1、心

(キャットセレクト) CATSelect 【ローター付き ポケット ショーツセット】Tバック クロッチ ポケット シースルー ランジェリー Gスト ホワイト フリーサイズ

新品価格
¥998から
(2017/6/28 22:39時点)




CooCo 女性用バイブ 電動ローター 卵バイブローター マッサージ器 遠隔操作 無線リモコン USB充電式 バイブレーション 激振 ただ生活防水 超静音 [成人]

新品価格
¥4,200から
(2017/6/28 22:39時点)




妻の真情、その1、心

私、下条真樹37歳、

身長172cm、体重67kg、

中堅企業の営業部に所属しています。

妻、美咲28歳、身長167cm

体重54kg、バスト86cm

Dカツプ、ウエスト62cm

ヒップ88cmの色白な女性です。

結婚して4年を、つい先日過ぎたところです。

高校時代、大学時代、会社に勤めてからも、

遊び続けた私の、女遊びも、美咲を知ってから、ピタリと止みました。

性格の相性は勿論、今まで出合った女性とは違う肌の質感…もち肌の

女性とは、これだったのか!と思わせてくれた女でした。

私は、美咲に溺れました。

23歳になったばかりの娘に9歳、年上の私が、

仕事も手に付かない程、夢中になりました。

どんどん、話しを進め、結婚にこぎつけた時には、まさに有頂天…

会社からの帰宅も一直線、共稼ぎでしたから、

私の方が早く家に着く事も度々でした。

会社帰りに待ち合わせして食事をしたりするのは、

今も変わりませんが、すれ違う男達が振り返る程の

スタイルの良さと、華やかな雰囲気に、私は鼻高々です。

ほろ酔い加減の美咲は、

艶やかさも加わり、体中から女の香りを放ちます。

私の左腕に絡まり歩く時には、豊かな乳房の

ふくらみが、心地よく、その場で抱きしめたい衝動に

駆られるのです。

そんなある週末の夜、少し酔った私達は、ぶらぶらと酔い醒ましを

かねて、自宅の手前駅で下り、歩く事にしました。

いつも見かける表通りはつまらないと、裏通りを

歩いてみました。

しばらく行くと、意外と広い公園に出て、釣りをしている人も、

何人かいます。

「へ〜こんな所に公園があるんだ」

『知らなかったの?』

「あぁ、全然知らなかった、いい所だなぁ…」

『あなた、あそこに倒れてる人がいるわよ』

「酔っ払いだろ?大丈夫だよ…寒くもないし」

『でも…病気かもしれないし、酔っ払いでも、

おサイフ取られるかもしれないよ』

そう言うと妻は、小走りにその男に近づき、腰を下ろしました。

私はベンチに腰をかけ、

妻と男を眺めていました。

『おじさん…大丈夫?

酔ってるの?気分が悪いの?…おじさん、しっかりして…

風邪ひくわよ…こんな所で寝ちゃだめよ…あっ!

おじさん、私、ようこさんじゃないのよ…

私、違う人よ…あなたぁ…ちょっと

来て…おじさん、奥さんと勘違いしてるみたい』

私が妻の所に行って見ると、

50年配の男が妻の足首をつかみ、片手は妻が

押さえているように見えました。そして

《ようこ…ようこ》

と、うわごとのようにつぶやいています…

『おじさん、酔って奥さんと勘違いしてる…』

私は黙って、妻の足首をつかむ手を、引きはがそうとしました。

『あなた、勘違いしてるだけだから…乱暴にしないで』

意外な言葉と反応に、私は一瞬、躊躇しました。

「だって、足首を…」

『私は大丈夫だから…お父さん位の年齢よ、きっと』

私は、そうか!そう言う事か…と納得しました。

美咲は中学1年の時に、父親を亡くし、

それ以降は母親と二人暮らしでした。

父親が美咲を溺愛した事は義母からも、

美咲本人からも、何度も聞いていました。

「ほっとけないんだ?」

『うん…私だめ…変かなぁ…ファザコン?』

「足首痛くないか?痣になっちゃうよ」

『平気…ようこって奥さんかなぁ…ようこ、

ようこって、かわいい…』

「可愛い?」

『可愛いじゃない…

酔っ払って、意識が無くても、奥さんの名前を呼ぶなんて…

私、好きよ…そんな男の人…』

「俺だって、酔っても美咲の名前を呼ぶよ」

『うふ!馬鹿みたい』

それから1時間くらい、

結局、おじさんが、のろのろと起き上がるまで、側に居たのです。

「おじさん、大丈夫?

駄目だよ、酔っ払って、こんな所に寝ちゃ…」

《あんた誰?どこで寝ようが…フン!…ここはどこだよ》

『ここは公園よ。おじさん!ようこさんって誰?

ようこさんが待ってるわよ…』

《ようこ?ようこって誰だよ!?そんな奴、

知らねぇよ!連れて来てみろ》

『奥さんでしょ!おじさんの奥さん!』

《あんた誰?兄ちゃんの

彼女か?いいな!いい…》

「おじさん、俺達、帰るけど家まで帰れる?

家、近いの?」

《家?そんなもんない!家なんかあるか!》

「美咲、帰ろう…もう大丈夫だよ」

『うん…大丈夫かなぁ…おじさん、大丈夫?

家まで帰れる?寝ちゃだめよ…送ろうか?家まで

送ろうか?』

《お嬢ちゃん、優しいねぇ…兄ちゃん、帰っていいよ、お

嬢ちゃんに送ってもらうから、兄ちゃん帰りな》

『ハハハ…旦那さんよ。私の旦那さん』

《え〜?お嬢ちゃん、お嫁さん?…

へ〜お嫁さん…お兄ちゃんの…》

「そうだよ!俺の嫁さんだよ」

《そうか!兄ちゃん、いい嫁さんもらったな!

…うん!いい嫁さんだ》

『ありがとう、おじさん…送って行くから帰ろう、おじさん』

《いいよ…帰んな…仲よくしろよ、二人共…

う大丈夫だから、俺は…ありがとうな》

確かに、徐々に言葉もはっきりとしてきたし、

酔いも醒めつつあるようでした。

『うん、わかった!じゃぁ、私達帰るね…

もう、寝ちゃだめよ…ようこ奥さんが心配して待ってるよ』

《待っちゃぁいないよ…死んだんだから…家で待ってる奴なんかいねー》

『え〜?!えっ?おじさん奥さん亡くなったの?本当?…奥さんの名前…

ようこさんって言うの?』

《お嬢ちゃん、なんでようこを知ってるんだよ》

『おじさんが酔っ払って

ようこ、ようこって言ってたのよ…覚えてないの?』

《俺が?…》

「そうだよ、ようこ、ようこって言いながら、

俺の嫁さんの足首をつかんで、離さなかったんだよ」

『あなた…』

《俺が?…お嬢ちゃんの足をつかんで?》

『おじさん、いいのよ、気にしないで…夢見てたんだから…』

《悪かったなぁ…お嬢ちゃん、ごめんな…

俺…迷惑かけたみたいだなぁ…》

『そんなことないわよ…それより、もう酔いは醒めたの?…』

《あぁ、もう大丈夫だから…すみませんでした》

「そう、じゃぁ俺達、帰るからね…美咲、帰ろう…」

『…うん……おじさん…何歳なの?』

《俺かい?…もうすぐ還暦だよ》

『還暦?…60歳?……父より2つ上なんだ…………じゃぁ帰るね……』

《あぁ…ありがとうな…》

妻は私の腕につかまり、歩き出したのですが…

『…………………………』

「どうした?気になるの?」

『……ん〜……可愛いそう……なんか、私…だめなのよ…

あんな感じの人……おじさん…家に帰っても

誰もいないのかしら……』

「わからないけど……お父さんと重なるの?」

『……タイプは違うけど……でも…何かしてあげたくなっちゃう……

なんか、寂しい気持ち……』

「そう……………じゃぁ…もし、おじさんに待ってる家族が

いなかったら…家に呼んで、三人で飲み直す?」

『えっ!?えっ〜!?いいの〜本当?ありがとう!あなた…私、聞いて来る!』

そう言うと、妻は走り出しました。私は何か複雑な思いはあったのですが…

美咲の嬉しそうな顔には勝てませんでした…

先程のベンチの所に、戻ってみると、

妻とおじさんが、笑いながら話していました。

『あっ!あなたぁ…山口さん…って言うの、おじさんの名前…』

「そう…おじさん、家で飲み直す?…迷惑でなかったら…」

《迷惑なんて…でも、気持ちだけ、有り難く

もらっておくよ。声かけてくれただけで嬉しいよ》

『だめよ!山口さん…行こう、遠慮なんかしないで…

私達、明日も明後日も休みなんだから、気にしなくていいからさぁ』

「山口さん、明日、仕事?」

《仕事は休みだけど…悪いじゃないか、若い夫婦の家に、

俺みたいな、おやじが…いいよ、遠慮しとくよ……邪魔しちゃ悪いよ》

「邪魔は邪魔だけど…ハハハいいから今夜は飲もうよ」

『そうよ、行こう山口さん、何にも無いけど、お酒ならあるから』

《本当にいいのかい?

俺みたいのが行って…俺は田舎者だから、行儀は悪いし、口は悪いし…》

「そんなの、もう知ってるよ、ハハハハ」

『うん!もう知ってる』

《ひでぇなぁー…そんなにひどかったか?悪いなぁ》

「いいから、いいから」

三人で家に向かいながら、

山口さんは、自身の事を話し始めました。

kasit クリップ式乳首ローター ニップル マッサージャー 乳首バイブ

新品価格
¥1,093から
(2017/6/28 22:39時点)




遠隔 操作 可能 小型 電動マッサージ器 ワイヤレス リモコン 無線 簡単 遠隔 防水 無線 Gスポット刺激 電池式 超静音 女性用 小さめ 携帯便利! (レッド  パープル)

新品価格
¥929から
(2017/6/28 22:40時点)




デンマ(AngelToys)充電式ローター【8振動パターン】コンパクト電マ

新品価格
¥1,599から
(2017/6/28 22:40時点)






続・私は名探偵、その6、最終回です。

お尻っ娘ヴィーナス2

中古価格
¥798から
(2017/6/28 21:15時点)




ワルキューレロマンツェ スィーリア お尻マウスパッド

新品価格
¥7,980から
(2017/6/28 21:15時点)




続・私は名探偵、その6、最終回です。

嫉妬と興奮でさらに強度がましたようだった。

妻は最後にゆっくりと逸物を深く口に含むと、

私の上にまたがって、亀頭をクリトリスで数回刺激したあとに

ゆっくりと茂みの中に導いて、挿入し始めた。

妻 「ああ・・・気持ちいい?・・はぁはぁ動かしてもいい?」

私は妻の目を見ながら頷いた、

妻の腰がゆっくりとスライドしはじめた、

妻は感じ出すと子宮が下がってくるらしく、

亀頭の先にコリコリと当たっているのが感じられた。

徐々に速度が速まってくるのがわかった・・・

妻が本日、何回目かの絶頂を迎えそうだった。

妻 「あああ・・・いいい・・あ・あなた・・

逝きそう・・イってもいいい?」

私 「ああ・・俺もイきそう・・中にだすぞ!」

妻 「いいよ!・・はあぁ・・いいよ・・ちょうだい!」

私 「ああああ・・・いく・・うああああ!」

妻 「ああああああぁーーーーーでてる・・・いいいい!!」

妻と私はきつく抱き合いながら一緒に絶頂を迎えた、

妻の子宮の奥まで届く勢いで射精しているのがわかった

妻と不倫をした間男ですが、私達と騒動があった翌日の夜に

顔を張らして、父親と一緒に謝罪に来ました。

聞けば、パニックになった間男は両親に相談したそうで、

嫁さんは親の取引先の娘だったらしく、

その縁で見合い婚だったそうで

激怒した両親にボコられて連れてこられたようでした。

父親は玄関に入るなり、土下座をはじめ

『この度は、本当にもうしわけありませんでした。』

と、ひたすら謝罪し続けました。

私の怒りは、両親まで連れ出してきた間男の情けなさの為、

もう、呆れるというか、馬鹿らしくなってきました。

私は父親に

『お父さん、頭を上げて下さい、これは、アナタが謝罪する事で

はありませんよ、、、。

あとは弁護士を通して話しあいましょう、今日は

お引き取り下さい!』

と言うと

『どうか、事を公にしないで下さい!おねがいします。

得にコイツの家庭には内密にお願い出来ないでしょうか?』

さすがに私も

『お父さん、それは虫のいい話しですよ。

人の嫁に手を出せば、其なりのリスクがあるのは、

息子さんも知っていたでしょうから、

実際うちら夫婦はメチャメチャですよ、、、。』

私は間男を睨み付けながら言いました。

『それは重々しております、真に勝手だとも承知しておりますが、

どうか、私とあなた様の間で示談させて頂きたい、お願いします。

本当にに勝手ですが、お願いします!』

と、深々と頭を下げながら言うので、

『解りました、ちょっと考えさせて下さい、

後日連絡さしあげますので今日のところは

帰っていただきませんか?』

と言い父親の連絡先を聞き帰らせました。

私は離婚経験のある友人に電話をして慰謝料の額について

聞き帰らせましたました。彼は請求された方でしたが(笑)

そこで、聞いた額に百万ほどふっかけて父親に切り出しましたが、

父親は、さらに百万ほどプラスした額を申し出てきました。

私はそこに、間男の撮った写真とか動画の引渡しと、

今後妻にちかずかない事を条件に示談しました。

今となってみれば、私達夫婦の性癖がオープンになり

夫婦生活が充実する結果となりました。

新車も買えましたし、、、何より間男とのハメ撮りは今でもたまに、

嫁とやる際に大画面で流しながら犯してやると、

嫁も私も狂ったように、萌えます(笑)

そんな、私達変態夫婦ですが、最近また夫婦の刺激になりる出来事が、、、

彼女はアナル奴隷~復讐の尻穴折檻~

中古価格
¥432から
(2017/6/28 21:16時点)




お尻っ娘ヴィーナス

中古価格
¥980から
(2017/6/28 21:17時点)




美尻を揺らし他の男と快楽を貪る淫ら妻 ごめんなさい、でもあなたのモノじゃ私満足出来ないの・・・

中古価格
¥1,579から
(2017/6/28 21:17時点)






2017年06月27日

続・私は名探偵、その5、妻はAVの様なセリフを恥じらいも無く即答します。

ムートン プリティ ヒップ miku ローション付

新品価格
¥5,855から
(2017/6/27 21:38時点)




ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ

新品価格
¥23,798から
(2017/6/27 21:38時点)




続・私は名探偵、その5、妻はAVの様なセリフを恥じらいも無く即答します。

私 『正直、直ぐに前みたいに戻るのは不可能だし、

今後俺と一緒に居たいならいくつか条件があるが・・いいか?』

妻 『うん!なんでも言って・・・あなたと居たいから』

私は妻に対して以下の条件を書き出して見せた。

1・今後は仕事が終わったら直ぐに帰宅する事。

2・GPSつき携帯に替えること。

3・GPSロガーを持ち毎日提出する事。

4・セックスの時は私の命令に絶対服従のこと。

5・もっと家庭とくに子供を大事にする事。

そして最後が一番の難問だとは思ったが、妻の覚悟を試す意味で。

6・今回の不祥事に対して、私たち夫婦と相手方夫婦での

話し合いの場をもうける事。

妻は文書を読みやはり最後のところで驚いているようだった・・・

私 『さぁ・・・どうする・・お前しだいだ・・・。』

妻 『・・・・しかたないよね・・あなたが信用してくれるなら、

わかりました・・・。』

私 『しかたない?・・・そうなのか・・・。』

妻 『・・・!違います!ごめんなさい!

なんでも従います許してください。』

私はやはりSらしかった興奮した、後で聞いた話しだと

妻もこの時濡れていたらしいMなのだ。

私は間男に携帯をかけた、2コールで男がでた、

やはりビクビクしてるか・・・笑

ここから、間男の制裁が開始された・・・・。


私 「おお!間に合ったねぇ〜、でさぁ今日これからお前の

うちに行ってPC没収しに行くからちゃんと準備してまっていろよ!」

男 「これからですか!・・・妻が居るんで別の日に

してもらえませんか?・・・お願いです。」

私 「はぁ? お前まだ自分の立場がわかってないようだな! 

ばらしちゃうか? 別にいいよ。」

男 「す・すいません!わかりました!

せめて夕方にしてもらえませんか?お願いです!」

私 「・・・わかった、仕方ない夕方にいくからな変な細工するなよ!」

男 「ありがとうございます!ホントすいませ・・・」

ムカついたので私は直ぐに電話を切った。・・・やはりムカつく

私は妻の方を向いた、下を向いてうなだれている。

妻を見ていると昨日の光景が蘇ってきて、

体は筋肉痛で悲鳴をあげているのに愚息が

ギンギンに起きあがってきた。

妻は子供を迎えに行くために外出用の格好をしていた、

スカートから見えるストッキングを履いた足が

私の目には刺激的に見えまた妻を犯したい衝動が襲ってきた・・・。

私は妻に近づくと無言で妻の手首を掴みリビングに連れて行った。

妻もなにをされるか悟ったようだった・・・。

妻 「あなた、またするの? 

昨日あんなにいっぱいしたのに大丈夫・・・?」

私 「おれもどうしたらいいかわからないけど、

お前を見てるともうパンパンになっちゃうんだよ! ほら!」

私は妻の前にギンギンに反り返った物をさらけだした。

妻 「ああ・・・あなた、嬉しい!こんな私で・・・!!!」

私は反り返った逸物を妻の口にねじ込んだ、

妻の嗚咽がきこえた、しかし止まらない

妻の頭を掴むと咽の奥深くまでゆっくりとスライドさせた

妻 「おっう!・・おああ・・ゲホっ!」

私 「苦しいのか?やめるか?」

妻は上目使いで私の方を向きながら涙目で首を振った、

またそれが私のSに火を着けた

私は妻の頭を両手で掴むとバックからやるような速度で

腰をスライドさせ始めた。

妻 「おおおっ!ぼふぉ!・・・えっふ・・・げはぁ・・ううう」

妻は何回か吐きそうになっていた、流石に可哀想にみえた、

そしてそれと同時に愛おしく思え私は妻の口から物を抜くと

その口に貪るようにキスしはじめた、

妻もそれに応えるように舌を絡めてきた。

私は激しいキスをしながら妻をリビングの床に押し倒し

スカートを蒔く仕上げストッキングの中に手を押し入れた

グチョグチョに濡れていた・・・・。

私 「苦しいのに、こんなに濡れているぞ!淫乱!・・・

感じてるのか? ええ!」

妻 「ごめんなさい・・・!気持ちいいです!

気持ちいいです!あああああ!」

妻はやはりMの性癖があるようだった、

我慢できなくなった私は妻のシャツの胸元に

手を掛けると一気に引きちぎった

ボタンが跳びリビングの床に弾けた・・・。

妻 「ああああ!いい・・・嫌・・・でも、いいい・・・

もっと!あなた!もっと!」

もはや妻の中のリミッターは外れたようだった。

昨晩のように妖艶な表情に変わっていた。

私は妻の胸に顔を埋めると両手で乳房を

揉み乳首を交合に力強く吸い始めた。

妻 「いいぎぃ・・・あっあっあっ!

痛い!いいい・・・あっあああ」

妻は苦痛のなかにすら快感を感じはじめていた。

私は妻のパンストに手をかけると又の部分だけ力任せに

引きちぎった、中からグチョグチョになった紫色のTバックが

姿をあらわした・・・・・

妻の姿は上半身は胸元が露出し下半身はボロボロに

なったストッキングで、まさにレイプされている様な

格好になっていた、人から見ればまさに

犯されているとしか見えない格好だ。

0私は妻の腰を掴むと四つん這いにさせ、自分の物の先で

妻のクリトリスを刺激しもてあそんだ・・・。

妻 「あああん・・・お願いです、お願いします・・・

入れてくだい、早く!はやくぅう!はぁ」

私 「まだいれるかよ!・・・・ちゃんと声に出してどこに

欲しいか行って見ろ!」

今になって考えると安いAVの様なセリフをと思いますが、

妻の口からは恥じらいも無く即答で

妻 「おマンコ・・・おマンコ!○○のおマンコに

入れてください! お願いです!早く!」

私は昨日まで、とても妻の口からは発せられない言葉に

異常な興奮が襲ってきた。

妻の腰をガッチリ掴むと、妻の子宮をぶち破る位の勢いで

ギンギンになった逸物をたたきつけた!

妻 「あああああああああっ!いいいいいぃい! 

あっ!あっ!あっ!・・・・あああ!」

私 「犯されるのが好きなのか!○○は!・・・変態だな!」

妻 「いいです!はぁはぁ!・・・もっと激しく突いて下さい!

お願い・・!ああああ」

私は力の限り妻の尻に腰をうち続けた、

体中が痛かったがそれすら快感に思えてきた・・・

変態ですね。

10分位腰を振っていたが、流石に限界だった・・・。

すると、妻がそれを察して

妻 「ああん・・はぁ・・あ・あなた・・変わるから・・・

そこに寝て・・ああ」

私は妻のマンコから逸物を抜いた、抜く瞬間にジュポンと音がした。

倒れるように仰向けになった私のうえに妻が覆い被さってきた、

そして首筋や乳首を愛おしいそうにしゃぶり始めた

これも、間男に仕込まれたのか・・・

PPP 淫虐幼尻 120ml ヒアルロン酸 Agローション付き

新品価格
¥3,639から
(2017/6/27 21:39時点)




つばきのおもい

新品価格
¥25,400から
(2017/6/27 21:39時点)




EXE 約2キロの大型2穴ホール! 俺の尻 EXE 15mlローション DVD2枚

新品価格
¥8,500から
(2017/6/27 21:40時点)




ムートン HIP HAPPY SHAKE 2 ローション・パウダー・保存用袋付

新品価格
¥9,720から
(2017/6/27 21:41時点)







続・私は名探偵、その4、あの男にアナルもやられたのか

半熟サキュバス 等身大 サキュエルひっぷ しぃし~ 3kg おもらしギミック搭載

新品価格
¥12,900から
(2017/6/27 21:27時点)




RUBY 和尻 DVD・ローション・パンティ付き

新品価格
¥26,140から
(2017/6/27 21:28時点)




続・私は名探偵、その4、あの男にアナルもやられたのか

私 『いいぞ!我慢しなくて!出してしまえすべて!・・・・。』

妻 『うううううううううう・・・・・うっんんんん!!!!!!!』

妻は顔を真っ赤にしながら仰け反って全面のマンコから

激しい勢いで液体を噴出した。

私はその液体を顔で受け止めた。しょっぱくはなかったので、

これが潮吹きというやつだなとおもった。

妻のアソコからしばらくの間だ少しの刺激だけで

液体が噴出しつづけていた。

私はそっと妻の口からタオルをとり、

頭を掴み私の引き寄せ妻の耳元で

私 『よく我慢したな・・・だけど、

これだけでおしまいじゃないぞ!!』

そうつぶやくと妻の体が期待と興奮で小さく震えたのがわかった。

妻はコクりと頷いた。

私は妻にシャワーをかけると腕を掴むと、風呂場の外へと引きず出した。

私はこの時の自分にあるサデストの血をはっきりと感じていた。

私はこの時の自分にあるサデストの血をはっきりと感じていた。

妻を風呂場から引きずり出した私は、妻を台所へと連れていき食卓の上に

寝かせ両腕を椅子の背もたれにパンストで縛り付けた

そして、太股と足首をガムテープで固定し強制的にM字状態にした。

妻 『いや・・・何・・・どうするの?』

妻は口では嫌と言っていたがアソコは期待と興奮で塗れまくっていた。

私 『めちゃくちゃにして欲しいんだろ!・・・してやるよ!』

そう言うと私は妻の尻を押し上げアナルを舐め始めた。

少し苦かったがひたすら舐め続けた。

妻 『嫌!・・・汚いよ・・やめて・・あっ・・!』

妻は拒絶する言葉を口にしたが、体は抵抗する様子もなく私の

責めを受けとめていた。

しばらく、舐め続けるとァナルの穴がだいぶほぐれてきた。

私は舐めるのをやめ人さし指をゆっくりと入れてみた。

なんの抵抗もなくヌルンと入っていった・・・やはり!私は妻に

私 『おまえ!・・・あの男にここもやられたのか!』

妻 『・・・・・ごめんなさい・・・でも・・

あの人は・・小さかったから・・・あっ!』

妻はやはり、あの男にいろいろと仕込まれたようだった、

私は激しい嫉妬にかられた。

まだ、私も入れたことのない妻のァナルをあの男は・・・。

私 『じゃあ、俺のもできるだろ!』

妻 『怖い・・・貴方のは大きいから壊れちゃうよ・・・・・・・・・・

わかった・・でも何か塗って・・・』

私はあたりを見回した潤滑油がわりになりそうなものは・・・・

石鹸が目にはいってきた、それを水で泡立て妻のァナルに

なじませながら、入れる指の数を徐々に増やしていった・・・。

妻の穴はしだいに、ほぐれかなり広さになった。

私 『もういいだろう・・・入れるぞ!』

妻 『はぁ、はぁ・・・お願い最初はゆっくり・・・はあああああぅ!』

私は妻の願いを無視し一気に根本まで差し込んだ、

妻の顔が苦痛に歪む、

私は奥まで差し込んで動きを止めた。

私 『痛いか?』

妻 『あああ、お願い・・・少しづつ・・はぁ・・

少し・・づつ・・動かして・・』

私はゆっくりと腰をスライドしはじめた、

いままでに味わった事のない感覚だった、

マンコとは違い妙な暖かさと締め付けがした。

最初こそ苦悶の表情を浮かべていた妻だったが、

しだいに眉間の皺がなくなり目が虚ろになりはじめた。

妻 『あああ・・・ああああ・・大丈夫・・・

もう少し早く動かしても・・あっ!』

私は速度を少し上げた。最初よりも滑らかに入っていくのがわかった。

妻 『ああっ!・・ああっ!・・いい・・・・・

いい・・・気持ちいいよ!あっ!』

とうとう妻は尻の穴を責められる事に快感を感じはじめた。

さらに私は腰の動きを早くし始めた。

私 『はぁはぁ・・あの男に・・・何回・・ァナルを・・犯された!』

妻 『はあああああ・・・わかんない・・・いい・・あっあああ・・!』

私は嫉妬と興奮で腰の動きが通常時いやそれ以上に早くなっていた、

ほとんど根本まで出し入れしていた。

妻の口もとからはヨダレがたれ流され、目の焦点がふらついていた、

その表情がさらに私を興奮させた・・・。

あれだけ出したのにまた射精感が襲ってきた。

私 『はぁああ!・・・出すぞ!いいか!出すぞ!・・・

どこに出してほしいかちゃんと言え!!』

私は妻に向かって叫んだ

妻 『はああっ!・・お・お尻・・・お尻の中に・・・

出して〜〜ああああああ!』

妻も絶叫していた・・・

私  『あああああ!・・・で・でる!・・ああ・・・うっ!』

妻のァナルの奥深くに思いっきり射精してしまった・・・

射精後も妻のァナルが私のを締め付けているのがわかった。

妻も笑っているような、泣いているような表情で放心状態だった。

私はそっと腰を引いた、妻のァナルから薄茶色の精液が

ドロッとでてきた少し臭ったが、それでも興奮した。

その後も私たちは家の様々な場所で激しく貪りあった、

トイレ、玄関、子供部屋でまで・・・・。

最後はリビングの床で結合したまま力つきて寝てしまった・・・・。

翌朝(昼近くだが)目が覚めると私の隣に妻がしがみつくように

して寝息をたてていた・・・いつもの妻の表情だった。

私は昨日の事が嘘のように思えた、悔しいがやはり妻が愛おしい・・・いや・・

正直なところ全く別の女性に思えた。

その別な女性に魅力を感じてしまっている自分が情けなかった。

私はだるい体を起こした、体中の筋肉が悲鳴を

上げているように痛んだ。

頑張りすぎたようだ、腰がカクカクした。

やっとの思いでシャワーを浴びに浴室へと向かった。

シャワーを浴びながら、今後の事を考えた・・・

取りあえず私の腹は固まったようだった。

風呂場からでてキッチンに向かうと妻が朝食

(と言っても昼だが)の用意をしていた。

私は腕を組ながら入り口から妻の姿をじっと見つめていた。

妻は私に気づいて、こちらに急いで近づいてきて

土下座をして謝罪しはじめた・・・。

妻 『あなた、ホントごめんなさい。私が本当に

好きなのはあなただけ、だから直ぐに

許してもらえるとは、思わないけど、

信用してもらえる様に何でもするから離婚だけは

辞めて・・お願いします・・・。』

私 『・・・・勝手な言い分だな・・普通の旦那なら、

お前とあの男殺されていてもおかしくないよ・・・。』

妻 『・・・・・・ごめんなさい。』

私 『あの男とは今後どうするの・・・。』

妻 『もちろん、終わりにする、だからお願いします、

私を好きに戻って・・・お願い』

私は飽きれながらも、パンツ一枚で泣きながら土下座して

懇願してくる妻に対して、言いしれぬ征服感を

覚えて興奮した。

そして私は妻を見下ろしながら語り賭かけはじめた。

BIGグラマラス極上女器 澁谷果歩の桃尻 [ローション付き]

新品価格
¥10,000から
(2017/6/27 21:28時点)




プリ☆ケツ シリズリーナ

新品価格
¥5,210から
(2017/6/27 21:29時点)




Utimi オナホール リアルボディ 大型オナホ 据え置き オナホ 蝶の刻印 1.1KG

新品価格
¥3,500から
(2017/6/27 21:30時点)






2017年06月26日

続・私は名探偵、その3、目の前にいる妻は私の知っている妻ではない。

ぺたんヒップDX

新品価格
¥6,340から
(2017/6/26 21:42時点)




素晴らしき尻哉、人生!

新品価格
¥11,678から
(2017/6/26 21:42時点)




続・私は名探偵、その3、目の前にいる妻は私の知っている妻ではない。

妻の尻は汗なのか淫汁なのかびしょびしょだった。

私は妻の腰を引き寄せると勢いよく後ろから貫いた。

妻 『んあっ!ああああああああああああ!』

声にならない悲鳴を上げてのけぞった。その光景は別人のようだった。

私は妻の放漫な尻(画像参照)を思いっきり平手で叩いた。

妻 『ああっ!』

私はもう一度叩いてみた。

妻 『いい・・あっ!』

明らかに感じているようだった、

私は腰をスライドさせながら妻の尻を連打した。

妻 『あああああ・・いいいい・・いぎいい・・・』

狂った様に叫びをあげると同時に私は下腹部に

温かさを感じた。床

の方を見ると液体が水たまりの様には広がっていた・・・

妻は失禁したのだ。

私 『おい!・・・また漏らしやがって・・・ドスケベが!!』

私は結婚してこの方妻に対してこんな暴言を

吐いたことなどなかった。

しかし、この時は妻を性処理の道具としてしか

扱っていなかった。

妻 『あああ・・お・おしっこ出ちゃう・・・・。』

そう言うと、私と妻の結合部分から大量の液体が

出し入れするたびにあふれ出した。

私 『もう、やめるか?』

(もちろんやめる気はないが)

妻 『いや!・もっと突いて・・もっと・・ああ!

へんになるうう・・変に・・うあぁ!』

妻の口からはAVでしか聞いたことのない卑猥な言葉が

次々と発せられた。後ろを振り向く妻の口もとは

垂れ流されたヨダレでべちょべちょになっていた。

私は腰のスライドを速く深くしはじめた、しばらくすると突くたびに

先の方でコリコリする感覚がし始めた。

後でわかったのだが、恐らく子宮が下がってきてるようだった。

私は興奮の極みにいた、もう目の前にいる妻は

私の知っている妻ではなかった。

男を喜ばせる最高の肉便器と化していた。

一心不乱に突く私も自分の限界が近づいているのがわかった。

私 『あのくそ野郎に何回もやられた、〇○の中に出してやるよ!』

妻 『ああ・・・いいよ・いいよ・・・

いっぱい・いっぱい・・出して・・あっ!』

私はその時にはもう、この快楽のことだけで

頭がいっぱいになっていた。

恐らく、薬物を使うとこんな感覚なんだろ

(もちろん使用したことはないが)
  
私 『うっ!うあぉおおおおお・・・・!』

言葉にならない雄叫びとともに妻の子宮の奥深くに

欲望の塊を放出した・・・

しばらくはのけぞった状態で固まった、

妻の体がピクピクと痙攣していた。

私は妻から、そっと腰を引くと、ブビィ!ブホ!

と言う音とともに精子が淫汁に混じりでてきた。

それと一緒にオシッコらしきものもジョビジョビと噴出していた。

私は後ろから、痙攣しながら腰を上げヨダレをたらしながら

放心する妻を見つめていた。

私は妻の腰から離れると妻は床にへばりつき崩れた、

まだ意識が朦朧としているようだった。

妻はうわごとのように『ごめんなさい・・・・ごめんなさい・・・』

と繰り返していた。

フラフラする足取りで私は風呂場へと向かいシャワーを頭から浴びた。

あまりにも、いろいろな事が有りすぎた頭が混乱していた、

夢なんじゃないかとさえ思えた。

しかし、妻のあの姿を思い出すとまた堅くなってきた・・・・

情けない・・・

風呂場の扉が開く音がして人が入ってくる気配がした、

振り返ろうとすると妻が後ろから抱きついてきた。

妻 『あなた、本当にごめんなさい・・・

これからは何でもあなたに従うから、離婚しないで・・・お願い』

私 『正直いまはどうしたいか自分でも、わからない、、

ただお前を見ると犯したくなる・・・。』

私はもう復帰した逸物を妻に握らせた。

妻 『!?・・・いいよ・・・もっと・もっと、あなたの好きにして・・

もっと変にして・・』

妻は握った手をゆっくりとスライドさせ亀頭の先に指を絡めてきた、

これもあの男に仕込まれたのか・・・。

そう思うと私の股間はさらに堅くなってしまった。

妻 『ああっ・・・やっぱり、貴方の大きい、

気持ちいい?・・・どうすればいい?』

私は妻の腰を引き寄せ妻の口を喰らうくらいの激しいキスをした。

妻もそれに応える。

しばらくの間だシャワーを浴びながら激しいキスを続けた・・・。

息が荒くなってきた妻は私からそっと離れ、

私の反り返った逸物の前に顔を落とした。

そして、ゆっくりと口に含んだ、今度はさっきとは違い愛おしいそうに

私の逸物をゆっくりとしゃぶりはじめた。

妻 『ジュボァ・・はぁ・・はぁ・・き・ジュボ・・もち・・いい?』

妻は下から私の顔を上目つかいでのぞき込みなが聞いてくる。

私 『これも、あの男に教わったのか?・・・・。ううう』

妻 『ごめんなさい・・・ゆるして・・私をもっとめちゃくちゃに

してもいいから・・・貴方の好きにしていいから。』

私は妻の口から腰をひくと、妻に風呂の縁に腰掛けるよう指示した。

脱衣所からタオルを持ってきて妻の口に噛ませた。

私 『いいか絶対に叫ぶんじゃ無いぞ・・

タオルを落としたら・・やめるからな!』

妻は切なそうな表情で2回頷いた。

私は妻の股間に顔を埋めクリトリスを舌先でゆっくり刺激した、

つまのアソコは想像以上に敏感になっていて、

電気が体中に走ったようにつまは仰け反った。

妻 『うっ!うううううう・・・。』

私はクリトリスを舌先で転がしながら、

人さし指をゆっくりと膣の中へと進入させ徐々に速度を上げていった。

妻 『んんんんっ!・・・・・んんん』

妻は頭を前後に動かし髪を振り乱しながら必死に

食いしばりタオルを落とさないように耐えていた。

その様子をみて私はもっと妻を陵辱したくなった。

私 『いいか!落としたらおしまいだからな!・・・でも・・

我慢しなくていいから出したくなったら出していいぞ!わかったな!

妻は眉間に皺をよせ悶絶の表情を浮かべながら激しく頷いた。

私は人差し指と薬指を2本いれて膣の上部をピンポイントで

責め始めた。妻の反応が狂ったようになった・・・。

妻 『んんんんっ! んうっ! んんんんっんんnうううう・・!!!』

体をよじらせながら妻の腰は私の責めから逃げようとしはじめた。

私は片方のてで妻の腰を掴み逃げられないようにして、さらに

膣内の指の動きを早くした。妻のこしが風呂の縁から浮きはじめ、

仰け反りはじめた。

いよいよ絶頂を迎えそうだった。

壁尻

新品価格
¥3,137から
(2017/6/26 21:42時点)




リアルボディ極生腰6.3Kg

新品価格
¥16,062から
(2017/6/26 21:43時点)




Utimi オナホール 大型据え置きオナホ 二穴構造 3Dリアルボディ 1.5kg

新品価格
¥4,500から
(2017/6/26 21:43時点)






続・私は名探偵、その2、Sの目覚め

【 スマホ タブレットで モニタリング 操作 】 新型 アイタンク i-TANK -GENERATIONS- 写真 動画 撮影 保存 共有 重力センサー ジャイロ ラジコン ロボット 戦車 (シルバー)

新品価格
¥4,040から
(2017/6/26 21:25時点)




サブマリナーカメラ

新品価格
¥6,480から
(2017/6/26 21:25時点)




続・私は名探偵、その2、Sの目覚め

私はフェラしている妻の前にその画像を見せて

私 『ほら!見てみろコイツはちゃんと自分の嫁とも、

同じことやってるんだよ・・!』

妻は必至に頭を前後に動かしながら男の方を見つめた。

男は申しわけなさそうに下を見つめて正座していた。

私は男の股間に目がいった、妻のこんな状態を

見せつけられ興奮しているかと思いきや。

男の何は小さく萎んで皮まで被っていた・・・

コイツ仮性か・・・ぷっ!

話はそれるが、私の好きな戦国の歌舞伎者(いくさ人)が言っていた様に、

男の胆力は戦場(今ならこの状況)時の逸物のでかさでわかるらしいが、

この男!男にあらず・・・・と思ってしまった。

気が付くと妻はいかせようと必至で手でシゴキはじめていた。

私 『コラ!コラ!コラ!誰がしゃぶるの辞めていいって言った!

口でするんだよ!く・ち・で』

妻は下から懇願する様なまなざしで私を

見つめながら、また必至にしゃぶり始めた。

私は妻にしゃぶらせながら男の方をにらみ、

いよいよ本格的な取り調べを開始した。

男の話では、妻とは妻が以前、派遣されていた会社の

同僚で妻が派遣期間終了で辞める際の

送別会の帰りに一緒の方向だという事で車で送った帰りに、

泥酔した妻に発情し車で事に及んだのが始まりだそうだ、

妻はその後、別の会社に移り暫くは音信不通だったが、

事に及んだ時に妻の痴態を数枚撮影していたらしく、

それをチラつかせて妻を誘い出しズルズルと半年ほどこの関係を

続けてきたらしい、多分、妻も途中からは快楽におぼれたのだろうが・・・。

私は正直この時、コイツを殺してやろうかと思った。

男が自分の話術や魅力で女を落として男女関係に

なるならまだしも、こんなに小汚い手段で人妻を

脅迫まがいに付き合わせるとは、ゴミだ・・・

世の為にやはり埋めよう(不法投棄だが)

と、思いはしたが子供たちのことを考えると、

そんな凶行にはでれなかった。

私 『てめぇ〜!絶対、合法的に世の中から抹殺してやるよ!!・・・』

男 『す・す・スイマセン・・・ほ・ホントにスイマセン!!』

また泣きながら頭を床に着け始めた、ほんと屁タレすぎる・・・。

私はどうしてやろうか考えていた。警察に脅迫として

被害届を出そうか?いやでも目撃した限りは

和姦だしな・やはり弁護士をとうして慰謝料だろか?・

家族にでも知らせてやろうか?

考えているうちにひらめいた、コイツを真綿で首を

絞めるようにじっくり苦しめてやろうと。

私 『とりあえず、お前の携帯番号と嫁さんの携帯番号おしえろや!!』

男 『えっ!。。やっぱりかけるんですか。。

本当に勘弁してください!!』

私 『いますぐに、どうこうはしない・・

・ただ、今後なにかとお前に連絡とるから

俺から電話があったら3コ−ル以内に出ろ、

じゃなきゃ嫁さんに直行で電話でGAMEセット』

私  『どうする・・・?』

男  『分りました・・すぐに出ますから嫁には言わないで・・・。』

私は今日のところはもう、この男の屁タレ顏を

見ているのに嫌気がしていたので今日のは

解放する事にした。

私  『今日はもう帰れや!顏見てるとホント殺しそうだし・・・

ただし3コ−ル忘れるな!』

男  『はい!すぐに出ます!・・・あの〜カメラを・・・。』

私はまたイラっとした、本当にKY過ぎる・・SDカ−ドを

取り出しカメラをバットの先で粉砕した。

私  『ねえ?ほんとに〇○山に埋まりたい?・・・

埋まってみるか!?これから行く?』

男  『すいません・・スイマセン・・妻の画像が・・・。』

私  『ボケ!どうせまだうちのヤツの画像あるんだろ!

全部持ってこい!人質だよ!』

男  『はい。明日もってきます・・』

私  『あ〜殺したい!!空気よめや!何のための3コ−ルだ!

うちには二度とくるな!!

近所で見つけたらひき殺すからな!!早く帰れ!』

男はそそくさと服をきると逃げる様に帰っていった・・・

どっと疲れがでてきた・・・下を見るとまだ必至に

しゃぶっている妻がいた。

そうだ、次はコイツの番だった・・私は妻を冷めためで見つめていた。

私  『・・・・・・・。』

妻  『はぁ・はぁ。あなた本当にご免なさい・・・

あなたの事が一番。。。うっ!』

私は妻の口からでる、定番の言い訳を遮るように

妻の頭を掴みしゃぶらせた。

妻  『うっ!。。。ジュボ。。ジュボ。。うっ、はぁ』

私は上から妻の体をマジマジと見つめた、よほど慌てて着替えてきたのか

ブラウスの下には不釣り合いなスカ−トを履いていた。

しゃぶり続けていたせいでブラウスの襟元はヨダレで濡れていた

私は男と妻の行為がフラッシュバックして愚息がさらに固くなった。

もうどうせ離婚するのだろうから、

今日は自分の欲望の限りをつくして妻を責めてやろうとおもった。

私は妻を押し倒すとブラウスに手をかけて

一気に引き裂き、妻の足を開かせてパンツを

剥ぎ取り一気に私の凶器を妻の奥深くへと

押し込んだ。妻のアソコは濡れすぎなくらいだった・・・

妻 『うっ!ああああああっ・・・・!』

妻は男との行為のときよりも大きなこえで叫んだ!・・・

感じているらしかった。

私はこれから、もっと突きまくるのにうるさいと思い妻の

口にパンツを突っ込んだ

妻 『うううっ!』

私は無言のまま腰を前後にスライドさせ始めた、

そして妻の膣をぶち抜く勢いで突きまくった。

結婚して十数年、こんなに乱暴に妻を扱ったことはなかったが

レイプのような行為に異常な興奮を感じていた、

妻 『うっ! うっ! うっ!・・・・ぱっはぁ!・・あああ・・!』

妻の口からパンツが吐き出された。。

私は無言のまま腰を前後にスライドさせ始めた、

そして妻の膣をぶち抜く勢いで突きまくった。

妻 『ああ!…あなた・・・あなた!・・あっ!・・・

ごめんなさい!・・・あっ』

妻はしきりに私に対して謝罪の言葉を口にした、

それが益々私の責め立てる心に火をつけた。

私は無言のまま妻の奥を責め続けた。

妻 『あぅうあ・・・あっ!・・あっ・・ああああ!』

妻の謝罪の言葉はいつの間にか止まり、

言葉にならない喘ぎ声を出し始めた・・・。

恐らく、本来の私はS気があったのだろう、

妻が徐々に狂っていく様に異常な興奮を感じた。

私 『お前は、あいつのチンポの方がよかったんだろ?・・

・どうなんだ!?』

妻 『あっあ!・・・そんな・・・あなたの方が・・・

あっ・・いいぃ・・・!』

私は妻の腰から一旦抜くと、妻をよ四つん這いにさせた。

FR X100 FPV ミニドローン HDカメラ付き iPhone&Android生中継可能 気圧センサーによる高度維持 マルチコプター 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ WI-FIカメラ FPVリアルタイム

新品価格
¥4,200から
(2017/6/26 21:26時点)




ROVOSPY LT-728 ブラック WiFi 戦車 タンク ロボット 遠隔操作 ラジコン 監視カメラ iPad/iPhone/Android対応 高性能IPカメラ搭載 ★スマホ対応日本語説明書付き★ 暗視対応 マイク内蔵 防犯カメラ

新品価格
¥13,800から
(2017/6/26 21:26時点)




【 スマホ 操縦 の カメラ 付き ラジコン : シルバー 】 タブレット ipad iphone 操作 可能 戦車 ラジコン カー 動画 写真 も 撮り放題 【アイタンク2015 ジェネレーションズ】

新品価格
¥6,980から
(2017/6/26 21:26時点)






続・私は名探偵、その1、屁タレのくせに人の女房に手をだせたな・

Flylinktech 1080P HD高画質 メガネ型ビデオカメラ 高解像度スポーツサングラス型 ハイビジョンビデオ&カメラ メガネ 小型カメラ 防犯 録画 (グレー)

新品価格
¥4,680から
(2017/6/26 21:07時点)




UYIKOO ACアダプター型カメラ 1920×1080P 内置32GBカード 動体検知 ループ録画

新品価格
¥6,500から
(2017/6/26 21:08時点)




続・私は名探偵、その1、屁タレのくせに人の女房に手をだせたな・

私は名探偵の続編です。私は名探偵、その8、妻と間を追い詰めますの続きです。

男の呼吸が少しづつではあるが、落ち着きはじめてきた。

私 『おい!大じょぶか!・・・チっ!・・・なんだお前は・・』

目を充血させ涙とヨダレを垂れ流しながら私の持つ袋で必至に

息をしている男をみてると滑稽にすら見えてきた。

まだ、闘争心むき出しで飛びかかってきた方がこっちも思いっきり

殴ることが出来てスッキリしただろう。

これだと、一方的な暴行でいじめである。

日頃、子供たちには弱いものには優しくしてあげなさい。

と言ってる手前、どうにもやるせない。

私 『なぁ・・お前さぁ・・そんな屁タレのくせによく人の

女房に手だせたな・・。』

そう言うと私は妻の方を一瞥した。

布団に包まりまだヒクヒクないていた。

私 『お前も、こんなのでいいわけ・・俺って、

この屁タレより格下なわけ?』

妻は私の方を向いて首を大きく振り回した。

私 『チっ!・・めんどくせえな・・とりあえず下に

降りてこいや! お前は服きてから来い!』

そう言うと私は男の腕を持ち上げ下へと連れていった。

とりあえず男はもとに戻ったようだった。

下に降りると私は男に座るように言った。

すると男はソファ−に腰かけたので私はイらっとして!

私 『何してんの?・・・・怒』

男 『へ!?・・座れと言われたので・・・?』

私はまだ持っていたバットで床を指示し

私 『お前、歳は何歳だ?・・・・。』

男 『27さいです・・・・・。』

ゆとり教育世代か・・・と私はため息がでた。

私 『お前自分が何したか分ってるのか?・・・。』

男 『はい・・・スイマセンでした・・ホントすいません。』

私 『だったら!!なんでそんな所に座れるんだ!! 

正座だろ!せ・い・ざ!!!』

男は慌てて床に正座しなおしてオドオドしはじめた。

ホントにくそみたいな屁タレであった。

それだけになんで妻が・・・?と苛立った。

そうこうしているうちに、服を着て妻が降りてきた。

私 『お前も、そこに正座・・・・。』

妻も男と間をあけて正座してすわり、下を向いてうつむいていた。

私 『おい!お前(間男)、財布、携帯出して! 

携帯はロック解除しろよ!』

男は、えっ!と驚いたが、恐らく鬼の形相で

バットをちらっかせながら睨む私に怯えながら

財布と携帯を差し出した。

私は財布の中身を確認し免許書を取り出して男の身元を

確認した、隣町在住だった。

名前は賢治(仮名)、歳は27歳だった

次に携帯を開いた、そこには恐らく、嫁であろう女性と

2ショットで映っていた。

私 『結婚してるの?』(もちろん知っているが)

男 『いえ、前の彼女です・・・。』

嘘つきやがった!また私はイラついてきた。

ちょっといたぶってやろうと思い始めた。

男の前髪を掴むと顏を向けさせた。

私 『嘘をつくな!嘘を!・・・自分が写真を

撮れないからって!人の女房を便所で裸にして
    
激写するのか!てめぇは!』 

男と妻はギョッとして私の方を見上げた、

また間抜け面であった。

私は男の携帯のアドレスを開き男に

私『お前のカミさんの電話番号おしえろや!・

ここに呼ぶからさぁ!』

男は狼狽え出して、深々と土下座しはじめた

男『ほんと!お願いします!おねがいします!、

それだけはやめて下さい!おねがいします!』

妻『ごめんなさい!あなた!それは辞めてあげて! 

呼んでどうするの!』

私 『もちろん、こいつの前でぶっ壊れるまで

犯してやるんだよ!』
    
(もちろん嘘です、相手の奥様も被害者のわけですからね。)

男・妻 『!!!!!!!』

男は泣き出して私に懇願しはじめた・・・。

早っ!早すぎる、もっといたぶりたいのに・・・。

ホント屁タレすぎである。

言っている自分の方が虚しくさえなってきた。

さてどうしたものか・・・・。

男・妻 『!!!!!!!』

男は泣き出して私に懇願しはじめた・・・。

早っ!早すぎる、もっといたぶりたいのに・・・。

ホント屁タレすぎである。

言っている自分の方が虚しくさえなってきた。

さてどうしたものか・・・ん!待てよ!

こいつ撮った写真はどうしたんだ?

私はキャンプ場での撮影会のことを思い出した。

私『おい!そういえば撮った写真は?

っていうかカメラだせや!!』

男はビクッとしてすぐにカバンの中からカメラを出した。

そしてちょっと待って下さいと言い

カメラの弄ろうとしたので、私は男からカメラを奪い取った。

男はハッとして私の方をみたが、

私の一睨みでまた俯いてしまった。

私はカメラの画像デ−タを確認した。

そこには、卑猥な恰好をした妻の姿があった・・・。

今日撮ったであろう画像以外にも、

フェラ画像やSMのようなパンストで縛られた画像があり。

私は怒りとともに

見たことのない妻の痴態に興奮してしまい。

愚息がまた熱くなりはじめた。

私はこの時はもう妻とは終わりだと思っていたので

妻にも制裁を咥えようとひらめいた・・・。

私 『おい!お前(妻)、しゃぶれ!!』

妻 『!!!!』

私は唐突に妻の前にギンギンに反り立った凶器を向けた。

妻 『えっ!・・・ここで舐めるの・・・。』

妻は戸惑いの表情をうかべた。

私 『そうだ! コイツのはこんなに舐めているのに、

俺のは舐められないってか!!・・・・仕   方ないな、

じゃあコイツのカミさんに処理してもらうけど、

いいってことだな!!!』

妻は首を大きく横に振ると、急いで私のチンポを咥えこんだ・・

私 『ちゃんとイかせる気でやらないと、本気で呼ぶからな!』

妻は私の膨張した逸物を口いっぱいに含み必至で前後に動かし始めた、

口の周りは涎で一杯だった

本気で私をいかせる気で今までにした事がないほど

深くまで咥えこんでいた。

しかし、すでに2回発射済みの私はまだ射精をコントロ−ルできた。

妻にフェラをさせながら、さらにカメラの画像を

確認した・・・んっ!?

私は別のデ−タフォルダ−がある事にきがついた。

そのフォルダ−を開いてみると、

そこには男の携帯に写っていた女性(奥さん)の

痴態が写っていた。

【小型カメラ|盗撮厳禁】zj-830 高精細スコープタイプカメラ

新品価格
¥12,500から
(2017/6/26 21:08時点)




目覚まし時計型ビデオカメラ/置き時計/隠しカメラ

新品価格
¥2,980から
(2017/6/26 21:08時点)




WISEUP ボールペン型カメラ 8GBメモリー内蔵 小型スパイカメラ 録画対応

新品価格
¥3,749から
(2017/6/26 21:09時点)






 

2017年06月25日

私を混浴に連れて行って、その12、最終回です。

ほどよいサイズの極生BODYふわふわおっぱいボディ

新品価格
¥17,799から
(2017/6/25 19:56時点)




ましろのおねだりボディ

新品価格
¥22,869から
(2017/6/25 19:56時点)




私を混浴に連れて行って、その12、最終回です。

若者の両手を持ち上げ、自ら両方の乳首に導き触らせています。。。

そして、妻がのけ反りながら騎乗位の形で上下運動を

繰り返しています。。。

「あぁ〜・・・とっても気持ちいいよ・・・奥さんの中・・・
 
あったかくて・・・まとわりついてくるみたい・・・」

若者が腰を入れると同時に妻も腰を入れ、

若者が腰を引くときには妻も腰を引き、

お互いが受ける刺激が最大限になるように、

妻が若者の行為に合わせ二人の息が

不思議とぴったりと合っているように仕向けています。。

妻が女性が初めての若者に対し自信を持たせようと努めています。。。

「あぁ〜ん・・・もっと、もっと・・・お願いだから・・・もっと・・・」

若者が腰を入れると同時に妻も腰を入れ、

若者が腰を引くときには妻も腰を引き、

お互いが受ける刺激が最大限になるように、

妻が若者の行為に合わせ二人の息が

不思議とぴったりと合っているように仕向け・・・

二人は腰を動かしたまま抱き合い・・・

そして二人でガクガクと体を震わせると、

妻が再びオルガスムスを迎えました。。。

妻は呼吸を乱しながらも、一旦間を取り、

妻に挿入していた勃起したイチモツを離させ、

「この前の・・・温泉の時・・、私のカラダ見て・・・

コーフンしたの・・・?」

「も、もちろん・・・」

「もうオバさんよ・・・若いオトコの人をコーフンさせられる・・・?」

「え・・ええっ・・・奥さんの白い肌を見たら・・・

誰だってオトコなら・・・」

「・・・それだけ・・・?」

「きれいで大きなオッパイや・・・」

「まだあるの・・・?」

「奥さんの大事なトコロです・・・」

「フフフ、今、そこ舐めちゃったのね、主人の前で・・・」

「はい・・・とってもおいしかったです・・・」

「おまけにどうしたからしら・・・?」

「は、はい・・・入れさせてもらいました・・・」

「わたしのアソコ、気持よかった・・・?」

「ええ・・とっても・・・奥さんとの事・・・忘れられません・・・」

妻は満足感を顔に浮かべ虚ろな表情で、

若者に再び裸体をもたれました。

妻はロンとした涙目になって若者の首に両手を回しながら、

「私のカラダってまだ魅力ある・・・?

オトコの人から見てコーフンする・・・?」

「えぇ・・・もちろんですよ・・・

お邪魔した時から勃起しっぱなしです・・・」

「もう、オバさんだけど・・・抱きたくなる・・・?」

「そりゃもう・・・奥さんなら・・・ボク毎日でも・・・」

「まぁ、ホントなら・・・うれしい・・・」

「それなら・・・今日だけじゃなくて・・・

またお邪魔していいですか・・・?」

妻は、若者のそんなお願いに軽率にもウインク

しながら頷いています・・・

そして、妻自ら仰向けになり若者を誘っています。。。

不慣れな若者が妻の上に覆いかぶさるように

正常位の形を取っていますが、

なかなか挿入出来ないでいると・・・

再び自ら若者のイチモツに指を添え・・・

花芯に自ら導き迎え入れ・・・

そして・・・ゆっくりと挿入・・・

再びコーフンし始めた妻が、

「あぁっ・・・いく、いく、いっちゃう・・・

あぁ〜・・・どぉしよ〜」

「もうだめ、もうだめ・・・いいっ・・・いいっ・・・

あぁ〜ン・・・カンジるぅ・・・」

顔を左右に振りながら、繰り返しています・・・

そして・・・

「でも・・・お・・・お願い・・・中に・・・

中には出さないでね・・・」

「いいじゃないですか・・・」

「ダメよ・・・お願い・・・そろそろ危ない時期だから・・・」

「でも、アイツだって、さっきそのまま奥さんの中で・・・」

「ダメよ、さっき、どうしても間に合わなかったら・・・

だからダメ・・・」

「初めてで・・・うまくできない・・・」

「じゃ、チョット待って・・・あっ、あっ、

あぁ〜・・・お願い・・・」


若者は妻の言葉を無視するかのように腰の動きが

一段と激しくなり・・・やがて大きく体を痙攣させ・・・

若者がカラダごと妻に覆いかぶさっているため、

その重みで妻は身動き1つできません。。。

「あぁ〜っ、ダメよっ、ダメダメっ、

チョット、チョットぉ・・・」

「お・・・奥さん・・・あぁ〜・・・

あぁ〜・・・あぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜っ」

雄たけびのように風呂場にこだました瞬間・・・

先の若者同様、妻は再び若者の大量の精液を

中出しされてしまいました。。。

息を整えるも結合したままの状態の妻の亀裂から流れ溢れ

出ている大量の白濁液の様子が、

今も鮮明に記憶に残っております。。。

翌日、若者達が帰宅後、狂おしい嫉妬感と異常な

コーフンから妻に襲いかかり、

「オマエはオレだけのものだ、このカラダはもう誰にも渡さない!」

「彼らと付き合うのは、お願いだから今後一切やめてくれ!」

を連呼しながら、セックスを繰り返しました。

ところが、恐れていた不安が現実となり、妻が妊娠・・・

誰の子供か疑心暗鬼だったため、

堕胎を余儀なくさせられました。。。

以上がK夫妻と混浴旅行から帰宅後、若者達と起こった出来事です。

あれから3年・・・

ようやく傷心が癒され始め、普通の夫婦生活に戻り

落ち着き始めた矢先・・・

Kさん夫婦から再び混浴旅行のお誘い・・・

KさんがA型フルのため、また、お

互いの妻の生理日調整のため、

幸か不幸か一旦延期となりましたが、

正直、悶々としております・・・

長くなりましたが、お付き合い頂き誠に有難うございました。

【野宮さとみの淫部完全レプリカ 私をオナホにしてください】陰部計測シーン&AV男優による挿れ比べ検証を収録した40分の撮り下ろしDVD付属! 加えて野宮さとみの愛液を再現したローションも付いています。

新品価格
¥6,817から
(2017/6/25 19:57時点)




RIDE 【快感ダイブ】VDD

新品価格
¥3,300から
(2017/6/25 19:58時点)




すじまん くぱぁ ココロ 2.4kgの巨大トルソー型!

新品価格
¥7,854から
(2017/6/25 19:58時点)










私を混浴に連れて行って、その11、中に出さないでって言ったのに・

リアルボディDカップ SK-027 二穴構造 OLボディ7.5kg

新品価格
¥16,900から
(2017/6/25 08:44時点)




リアルボディ 3Dボーンシステム ぽっちゃり 持田まゆ

新品価格
¥20,723から
(2017/6/25 08:44時点)




私を混浴に連れて行って、その11、中に出さないでって言ったのに・

射精を終えた若者は、妻の体の上に突っ伏したのですが、

まだ、結合は解かれていませんでした。

妻と若者は、もう何年も肉体関係のある恋人同士のようです。。

二人はお湯でも浴びたように汗でびっしょりになっていて、

若者は、時折、妻の乳房の汗を口でなめとっています。。。

そして、若者はようやく結合を解いて、

妻の横に横たわりました。。。

妻の陰部の亀裂から大量の白濁液が

垂れ漏れ始めています。。。

妻がうつむきながら、

「あぁ〜ん。。。中に出さないでって言ったのに・・・」

「す・・・すみません・・・気持よくってガマンできなくて・・・つい・・・」

「妊娠して・・・主人の子じゃなかったら・・・わたし・・・」

「ご・・・ごめんなさい・・・」

そんな懺悔状態の若者を押しのけ、もう一人の若者は

そんな光景を間近で見せつけられ続け、もう待てないとばかり、

「次はボクの番です・・」と、

かすれた声で言っています。

先に二人の行為が終わった後のマットには

大きな染みができていて、

妻の体液と若者の精液のにおいが浴室に充満していました。

しかし、すでに一人の若者と行為を終了した妻が、

さらに大胆になっていたのです。。。

「こいつはまだ・・・女性とまだ経験した事ないんですよ。。」

そう指摘されたもう一人の若者がモジモジしていると妻が、

「あ・・・そうだったの・・・どぉ?初めて生で見る人妻の裸は?」

妻のその言葉に、呼吸があらくなった若者は

「すごいです」と言うのがやっとのようでした。

「やだ、そんなにジロジロ見られると恥ずかしいじゃない・・・」

妻は照れたように言います。

「あ、さっきよりも硬くなってるんじゃない?」

妻が若者のいきり立ったイチモツに触ったようです。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

若者の荒い息遣いがいっそう聞こえてきます。

「先っちょぬるぬるしてる。見てて分かる

くらいどんどん出てくるね」

どうやら妻が目の前でカチカチになった童貞チンポを

弄んでいるようです。

そして無言になったかと思うとチュパチュパ…と、

ディープキスをしている厭らしい音が

聞こえてきました。何十秒も続く厭らしい音・・・

「あ・・・、あんまり触られると出ちゃう・・・」

たまらなくなったのか、若者は囁くようにそう言いました。

「うふふ、ごめんね。ちょっと調子に乗っちゃった」

イタズラっぽく、妻が言います。

「オッパイ、もう一回さわってもいい?」

甘えたような、そんな声で言う若者に、

妻は「いいよ」と優しく応えます。

「あっ…」

妻が反応します。若者がオッパイをさわったのでしょう。

「どう?」

「やわらかい・・・」

「もっと強く揉んでも大丈夫だよ」

「はい・・・」

浴室内には荒い息遣いが聞こえます。

「ちゃんと下も見てみたいでしょ?」

「はい…」

浴室の曇りガラス越しに、妻の背中を確認することができます。

「ここがクリトリス、女の人が触られると気持ちいいところ。
 
その下の穴がおしっこが出るところ。

で、ここがおちんちんを入れるところ」

妻が説明します。

「さわってみてもいい?」

「いいよ。クリトリスさわって・・・」

「はい」

若者が触っているところはこちらでは確認できません。

「あっ、あっ…、気持ちいい…」

妻の声が漏れました。

声を抑えているのでとても厭らしく聞こえます。

妻の厭らしく響く喘ぎ声がしばらく続き、

「すごい、ぬるぬるしてきた」

妻は「恥ずかい・・・」と応えます。

「指じゃなくて・・・なめて・・・」

もっと気持ちよくなりたいのでしょう、妻が哀願します。

ピチャピチャ、クチャクチャという厭らしい音と妻の

喘ぎ声が浴室に響いています。

どれくらい続いたころでしょうか、妻の喘ぎ声が大きくなってきました。

「あっ、あっ、あっ、いきそう、イク、イクッ、イクーッ!!!!

あああああ!!!!!」

童貞の若者に逝かされてしまった後、

今日初めて女性と交わる緊張で怖張った若者を座らせ、

妻自ら若者をリードし座位の体位で交わろうとしています。

妻は両手を若者の方にかけながら、

「そんなに緊張しなくても・・・もっとリラックスして・・・」

「え・・・えぇ・・・」

「抱いてみたくないの・・・? オバさんだとイヤ・・・?」

「そ・・・そんな・・・」

若者はこれから迎える童貞喪失に、緊張からか

喉がカラカラのようです。。

座ったままなかなか行動に移せないでいる若者に

向かって、妻が、

「いいわ・・・そこに仰向けになってみて・・・」

「は・・・はい・・・」

若者が言われた通りマットの上に横たわると若者の

怒張したイチモツは、自分自身の顔に向けて

いきり立ったままです。。。

妻が横たわるものの緊縛状態の若者に、

「そのまま・・・もっとリラックスして・・・」

「えぇ・・・」

「教えてあげる・・・」

妻が両脚を拡げ若者に乗りあがります。。

若者の目の前に妻の秘密の花園が広がります。。。

若者は首を上げ必死になって視線を陰毛に

隠れた妻の性器に向けています。。。

そして・・・

妻自ら若者の怒張しっぱなしの肉棒に手を添え・・・

自ら花芯の位置へ導き・・・

そして・・・

妻が腰を徐々に落としていきます・・・

若者の肉棒が・・・

妻の花芯にスローモーションのように侵入していきました・・・・

『…ングング…ヌチャ…チュ…』

「はぁっ・・・はぁっ・・・あぁっ〜・・・お・・・奥さん・・・」

「あ・・・あっ・・・アァ〜んっ・・・」

妻も恥ずかしさからか両手で顔を覆ったりしているものの、

もっとカンジたいのでしょう。。

Paloqueth 大型オナホール 2穴ホール 立体3D 腰振名器 振動の卵 USBホールウォーマー

新品価格
¥7,990から
(2017/6/25 08:44時点)




Utimi オナホール リアルボディ 大型オナホ 据え置き オナホ 蝶の刻印 1.1KG

新品価格
¥3,500から
(2017/6/25 08:45時点)




リアルボディ 3D ビキニ ボーンシステム 1.6kg

新品価格
¥5,200から
(2017/6/25 08:46時点)






私を混浴に連れて行って、その10、あなたのオンナになってあげる・

リアルドール Paloqueth 超リアル立体3D男性自慰偽膣リアルボディ 肉感タイプ 振動の卵、USBホールウォーマー (Style1)

新品価格
¥14,990から
(2017/6/25 05:28時点)




リアルボディDカップ SK-027 二穴構造 OLボディ7.5kg

新品価格
¥16,900から
(2017/6/25 05:28時点)




私を混浴に連れて行って、その10、あなたのオンナになってあげる・

妻はじっと伏し目がちなままです。。

そんな妻の様子を見て、私は燃え上がる嫉妬心との戦いに精一杯でした。。

息を切らしながらもう一度若者は、

「お・・・奥さん・・・指輪したままだと・・・」

「え・・・?」

「そのままだと・・・逆にご主人を裏切ることになるのでは・・・?」

「.........」

しばし沈黙の後、妻は・・・・

ついに・・・

「あなた、ゴメンなさい・・」

薬指につけていた結婚指輪を・・・

自ら取り去ってしまいました・・・

妻は、最後に残されていた心の垣根を自ら取り去り、

スイッチが入ってしまった瞬間でした。。。

それからの妻は、何かに取り憑かれたように激しく若者に

抱きつき、若者の首に手を回し

顔を引き寄せ唇と舌を重ね合いました。。

お互いの唾液を吸いつくすかのような激しいディープキスを

しばし楽しんでいます。。。

「ハァ〜ハァ〜・・・奥さん・・・これで・・・ホントに・・・」

「満足・・・?」

「は・・はい・・・でも・・・?」

「でも・・・?」

「早く・・・奥さんと一緒に・・・結ばれたい・・・」

「そ・・・それは・・・」

わたしは魂まで侵されてしまった妻に向かって

最後の抵抗を続けました。。。

「オマエはオレのものだ・・・」

妻はそんな私の言葉が聞こえていないかのように、

あらためて若者の顔を引き寄せ、

唇と舌を重ね合っています。。

「そんなにわたしのことが好き・・・?したいの・・・?」

「もう・・・待てない・・・」

樹液で潤った陰唇、そして、妻の亀裂の中に潜む膣内に、

いよいよコーフンで怒張した肉棒が・・・

とうとう妻とひとつになる瞬間がやってきました。

「ボク・・・もう・・・ガマン・・・・できない・・・」

妻は目を伏せながら、ようやく覚悟を決め、

悟ったかのように頷きました。。。

妻が頷いた瞬間、若者は理性をもった人間から、

完全に動物に変わった瞬間でした。。。

目をつぶって若者の目の前に全裸で妻は横たわっています。。

両膝をついて奥さんの秘部の前にひざまづき、

若者は自らの肉棒を妻の陰部にあてがいました。。

若者になされるがままにされていた妻は、怒張したいきり立つ肉棒に・

か細い指を添え・・・

私にとって人生で一番の屈辱、最大のコーフンする瞬間を

迎えようとしています。。

妻を奪われるジクジクたる思いにさい悩まされる私が、

ソバで見ている事を意識してジラシているのか、

はたまた、妻のカラダを弄ぶ妄想が現実となる悦びと

妻への挿入の感覚を深く脳裏に刻み込むためか、

若者の亀頭は、何度も妻の陰唇入口に当たっては、

妻の亀裂に沿って上下しています・・・

そしてやがて・・・

妻の指が若者の肉棒に添えられ・・・

「お願いよ・・・早く・・・もう・・・

ガマンできなくなっちゃった・・・」

「でも旦那さん、そこで見てるよ・・・」

「欲しいの・・・早く・・・」

「ホントに奥さんに入っていい・・・?」

「いいわ・・・」

「今日だけ・・・あなたのオンナになってあげる・・・」

「ホントにボクのオンナになってくれるんですね・・・」

「いいわよ・・・」

若者は背後の私に向かって一瞥し、ニヤリと笑いました。。。

夫の私に対する征服感・妻を我がものとする達成感からか、

私にとっては、若者への敗北感・屈辱感でしかありません。。。

若者の意志と妻の意志が合致し・・・

ついに・・・若者の肉棒が・・・

妻の花芯にスローモーションのように侵入していきました・・・・

『…ングング…ヌチャ…チュ…』

「はぁっ・・・はぁっ・・・あぁっ〜・・・お・・・奥さん・・・」

「あ・・・あっ・・・アァ〜んっ・・・」

徐々に妻が体から力が抜けていくのが分かりました。。。

私の目は二人に釘付けで、怒りとコーフンで頭は真っ白で、

股間は痛いほど屹立しています。。

「あぁ〜・・・すごいよ・・・とっても気持ちいいよ・・・

奥さんの中って・・・あったかくて・・・吸いこまれるみたい・・・」

「あぁ〜ん・・・恥ずかしいわ・・・こんなコーフンしちゃって・・」

「旦那さんもいつもこんな風に・・・きっと気持いいんだね・・・」

「こうな風になっちゃって・・・どぉしよぉ・・・わたし・・・」

「奥さんの中・・・とってもあったかくて・・・こうして奥さんを・・・
 
旦那さんから奪い取って・・・今ボクのものにしてるんだ・・・」

「いやぁ〜んん・・・私は主人の妻よ・・・でも・・・

あぁっ・・あぁ〜ん・・・わたしも・・・でも・・・

気持ちよくなっちゃってる・・・どうしよぉ・・・」

若者のピストン運動はしだいに激しさを増していきます。。。

このままだと、若者が生で妻の膣の中で果ててしまいます。。。

「はぁ〜っ・・はっはっ・・・・あぁ〜んんん・・・・

いい・・・すごく感じる・・・いい・・逝きそう・・どうしよう・・」

若者の表情を見ると、目を閉じて私だけのものだったはずの

妻と結合した満足感に酔いしれているようです。。。

「・・・旦那さんだけのものだった奥さん・・いただいちゃった・・」

激しい上下運動の後、妻と若者は体位を入れ替えています。。

いよいよ、若者が妻と交尾し、そのまま生中出しで

果てるつもりのようです。。

恥辱・屈辱以外の何ものでもありませんでした。。

若者のピストン運動は徐々にゆっくりと、しかしながら激しさを

増していきます。

妻の口から漏れる「あぁん・・・ハぁっ・・・」

といった声も次第に大きくなっていきます。

若者は、ピストン運動をしている間も、長いキスをしたり、

勃起したままの乳首をついばんだり、

すっきりと脱毛された腋をなめあげたりします。

妻は、

「いく、いく、いっちゃう・・・あぁ〜・・・

このまま・・・どぉしよ〜」

「もうだめ、もうだめ・・・いいっ・・・いいっ・・・あぁ〜ん・・・」

髪を振り乱しながら、うわごとのように繰り返しています・・・

そして・・・

「お・・おっ・・・お願いだから・・・

中に・・・中に出さないで・・・」

「そんな・・・いいじゃないですか・・・」

「お願い・・・そろそろ危ない時期だから・・・」

「でもこのまま・・・」

やがて、若者の腰の動きが一段と激しくなると・・・

突然「おおっ」という声があがり・・・

大きく体を痙攣させ・・・

大量の白い体液を妻の体内にそのまま生で

放出してしまいました。。。

リアルボディ 3Dボーンシステム グラマラスゴシック

新品価格
¥19,315から
(2017/6/25 05:30時点)





オナホール 超リアルオナホ オナニー 大人のおもちゃ シリコン製 2.1KG アダルトグッズ リアルボディ膣 2穴式 多体位実現でき セックスを再現

新品価格
¥5,699から
(2017/6/25 05:30時点)




リアルボディ 3Dボーンシステム ちゃいドル 二階堂りお

新品価格
¥19,980から
(2017/6/25 05:31時点)




Utimi オナホール 大型据え置きオナホ 二穴構造 3Dリアルボディ 1.5kg

新品価格
¥4,500から
(2017/6/25 05:31時点)






2017年06月23日

私を混浴に連れて行って、その9、指輪が邪魔です。

100cm リアルドール かわいい人形 ロリ 高級TPEフルシリコンドール 女性のボディモデル 等身大(05)

新品価格
¥60,000から
(2017/6/23 21:21時点)




女子校生の愛液ローション 特濃ジェル

新品価格
¥941から
(2017/6/23 21:22時点)




私を混浴に連れて行って、その9、指輪が邪魔です

若者の身動きが早くなるにつれ、再び妻はまさかに備え両脚を

固く閉じています。。

若者は身をひるがえし、半ば強引に69の態勢を取り、

妻の太ももに手をあてがい、

徐々に妻の両脚を広げ始めました。。

「あぁ〜ん・・・そんな・・・恥ずかしいこと・・・

ダメよ・・・ダメダメ・・・・」

「奥さん。。。旦那さんと、こんなふうにして楽しむ

事もあるんでしょ・・・?」

「あぁ〜ん・・・そんなこと言わないで・・・

おかしくなっちゃう・・・」

すでに、妻の花園の奥に潜む陰部も蜜液で

十分潤っているのがわかりました。。

妻の陰部の亀裂に沿って若者の中指がなぞり上がり、

妻の膣の入口で少しだけためらっていると・・・

「あぁっ、あぁっ・・・ダメよ・・・

ダメダメ・・・指入れないで・・・
 
ダメよ・・・お願いだから・・・あぁ〜っ・・・」

「奥さん・・・もうガマンできない・・・」

「ダメよ・・・・そんな・・・」


若者は、妻のクリを弄び十分に刺激を与えると妻は、

「あぁ〜んン・・・いい・・いい〜っ・・・

どうしよう・・・・気持いいい・・
 
はぁっはぁっ・・・あぁ〜んっ・・・恥ずかしい・・・

でも指は・・・中に入れないで・・・」

若者は呼吸を乱しながら、

「お・・・奥さん・・・もうボク・・・ガマンできません・・・

奥さんのアソコ・・・舐めていい・・・?」

「えっ・・・あっ・・・そんなこと・・・

ダメよ・・・いくらなんでも・・・」

「どうして・・・?」

「このままだと・・・マズイわ・・・遊びじゃなくなっちゃう・・・・」

「憧れだった奥さんと・・・もうそろそろガマンの限界です・・・」

若者が衝動的に妻の下腹部の秘密の花園に顔を強引に寄せると、

「あぁっ・・・そんなのダメよ・・・ もう・・・

そんなにしたら… あっ、アァ〜〜〜」

直後に今までにない妻の悶え声が遠慮なくもれてきました・・・

今までとは違うあえぎ声に私は激しく不安となり、

再びドアの隙間に身を寄せました。。

私の視界に入ってきたものは・・・

私にはとても耐えがたい屈辱的で、恥辱的なものでした。。。

ついに、若者は自分の指を十分に潤っている妻の

花芯に挿入していました。。

ネットリと指にからむ妻の愛液と、複雑に入り組んだ陰唇や赤い秘肉に、

若者の指が吸い込まれています。。

「あぁっ・・・あぁっ・・・ダメよ・・・ダメダメ・・・

指入れないで・・・ダメだったら・・・

お願いだから・・・あぁ〜っ・・・」

「奥さん・・・もうガマンできない・・・」

「ダメよ・・・・そんな・・・・」

「もう今日、ボクが・・・奥さんを・・・独り占めします・・・」

「ハァ〜っ〜・・・ハァ〜っ〜・・・うっ・・・

う〜〜んっ・・・ハァ〜っ・・・・
 
ダメよ・・・ダメ・・・でも気持いい〜っ・・・・

ア〜んっ・・どうしよう・・・」

そんなコーフンでピクピクしている妻の陰部に、

若者は衝動的に再び顔を埋め陰唇にキスをし舌を膣内に侵入させ、

妻の蜜液をしゃぶり吸い始めました。。

「ああぁぁ〜ん・・・・どうしたらいいの・・・

わたし・・・とっても恥ずかしいけど・・・
 
でも・・・気持ちいい・・・あぁ〜ん・・・」

「はぁっ・・はぁっ・・・はぁっ・・・奥さん・・・

も・・もう・・・・ガマンできない・・・
 
奥さんの中に・・・・入れたい・・・・・・」

「ダ・・ダメよ・・・絶対それだけは・・・そんな事したら・・・」

「そ・・・そんな・・・奥さんと早く一緒になりたい・・・」

「でも・・・それじゃ・・・・このままだと・・・ダメよ・・・
 
ハァっ・・・わたし・・・主人のこと裏切れない・・・・・」

私はフル勃起させガマン汁を亀頭からあふれさせながら、

ドアの隙間から浴室の様子を伺うと・・・

私の視界に入ってきたものは・・・

私にはとても耐えがたい屈辱的で、恥辱的なものでした。。。

妻は仰向けに寝かされ、若者達はその横に沿い寝するように

3人並んで横たわっていました。。

若者は、妻の横で左腕で肘をつき、空いた右手で妻の全身を

愛撫し始めている最中でした。。

もう一人の若者は少しの間、妻の髪も撫でていましたが、

妻のあごに手をやり自分の方を向かせています。

とっさのことで、妻は驚いた様子でしたが、

覚悟を決めたように目を閉じ、されるままにしていました。

ちょうど、妻は足をこちら側にに向けるように仰向けになっているので、

顔の表情はよくわかりませんが、やや少しM字に両脚を開いているため、

やや薄めの陰毛に覆われた妻の陰部の様子は、

こちらからも伺う事が可能でした。。

若者の手のひらがゆっくり、そして、妻のカラダを

ていねいにいたわるように、妻の裸体を優しく

這いずり回っています。。

そして、時折、若者の手は妻の2つの麓の周囲から、

ゆっくり円を描きながら妻の隆起の緩やかなカーブに沿って這い上がり、

やがては、隆起の頂きに覆われる妻の茶色い乳輪の淵にたどり着き、

淵に沿って指先を這わせます。。

もったいぶってじらすように、一直線に妻の隆起の頂きに

若者の指や手のひらは辿り着きません。。

しかし、乳首が性感帯の妻は、もうその時点で妻はすでに

カンジてしまい、口からあえぎ声がもれまいと、

必死に快感に耐えているようです。。

若者がささやきます。

「お・・・奥さん・・・薬指のリング・・・外して・・・」

若者に結婚指輪を外してほしいとせがまれる妻は、

「そ・・・それは・・・できないわ・・・」

「リングあると・・奥さん・・なんかボクのものじゃないみたいで・・」

「そんな事したら・・・わたしだって・・・ぜんぶ・・・

あなたに捧げちゃうみたいで・・・」

「だって・・・奥さんは・・・ボクのものだ・・・」

「ダメよ・・・わたしは・・・主人のものよ・・・だから・・・

その一線、越えられない・・・」

「今日だけ・・・一緒に越えましょう・・・・」

妻の乳首は再び赤みを帯び、悩ましいほどに勃起していました。。

やがて、そのコーフンで熱くなった妻の乳首に、若者は断続的に

接吻を繰り返しながら、

舌先で妻の乳首から乳輪を転がしています。。

妻が必死に抑えようとしても、どうしても喘ぎ声が

もれてしまっています。。

妻の喘ぎに伴って呼吸が早くなっている若者は、

「指輪したままだと・・・」

「え・・・?」

そして、妻の全身に若者の唇が再び這い始めました。。

若者達の股間のものはどす黒く充血し、そり返っています。。

夫である私に遠慮しているのか、妻は必死に声を押し殺して

いるようでしたが、切ない声が遠慮なく洩れています。。。

慎ましやかな一掴みの草むらの奥に舌を這わせたあと、

やがて、クリトリスを入念に舌で愛撫されたようで妻の息は

大きく乱れ始めます。

65センチメートルミニプラチナシリコーンかわいい人形 ドール メタルスケルトンと 女性のボディクローエ 金色の毛

新品価格
¥66,479から
(2017/6/23 21:23時点)




65cmかわいい人形のためのラブリーモデル金属の骨格とソリッドTPE

新品価格
¥37,800から
(2017/6/23 21:24時点)




125cm リアルドール かわいい人形 ロリ 高級TPEフルシリコンドール 女性のボディモデル 等身大(02)

新品価格
¥70,000から
(2017/6/23 21:25時点)




女子校生の愛液ローションBIG

新品価格
¥1,076から
(2017/6/23 21:26時点)




白濁本気汁ローション 600ml

新品価格
¥619から
(2017/6/23 21:26時点)







私を混浴に連れて行って、その8、人妻だけど・・今日は・・あなた達のものになっちゃった・

65cm ラブドール TPEシリコン コンパクトサイズ セクシー 正規品

新品価格
¥69,000から
(2017/6/23 20:49時点)




100cm リアルドール かわいい人形 ロリ 高級TPEフルシリコンドール 女性のボディモデル 等身大(01)

新品価格
¥60,000から
(2017/6/23 21:01時点)




私を混浴に連れて行って、その8、人妻だけど・・今日は・・あなた達のものになっちゃった・

「・・・指じゃなくて・・・・」

快楽に溺れ始めた妻は・・・

もっと気持ちよくなりたいのでしょう・・・

若者達に哀願します。。。

「なめて・・・・」

「え・・・?今、なんて・・・?」

「お願い・・・」

「え・・・?マジ、いいんすか・・・?ホントに・・・?」

「いいわよ・・・」

その妻の言葉キッカケに、いよいよ若者の顔は

妻の花園に入り込み、

若者の唇と舌は妻の陰部の亀裂に

沿って上下にうごめいています。。

「あぁ〜っ・・・」

と私が大きなため息をついた時、妻は驚いた様子で

私の方を一瞬見ましたが、

覚悟を決めたように目を閉じ、若者にされるままにしていました。。。

私は激しい嫉妬で、胸が締め付けられハチ切れそうになり

息が苦しくなってしまいました。。。

どれくらい続いたころでしょうか、

妻の喘ぎ声が大きくなってきました。。。。

「あっ、あっ、あっ、いきそう、

イク、イクッ、イクーッ!!!!ああぁぁぁ。。」

声を抑えることができなかったのか、妻は大きい声をあげ

絶頂に達したのでした。

聞いていた私もギンギンに勃起し、

目の前が真っ暗になりかけました。。。

妻が・・・危ない・・・

このまま・・・

主人の私が浴室ドアの外でジクジクたる思いでいる中、

若者達によって1回目の絶頂に達してしまった妻は、浴槽の

淵に腰かけたまま恍惚の表情を浮かべながら若者の首に

自ら腕を回し、自身の裸身を若者に預けるように抱きついたままです。。

絶頂から少々時間が経過し、妻はようやく呼吸が整ったようで、

自らのカラダを預ける若者に向かって、

「人妻だけど・・・今日は・・・あなた達のものになっちゃった・・・」

「お・・・奥さん・・・そうですよ、ボクの・・ボクのものなんだ・・」

「ウフフッ・・・そんなにうれしい・・?」

「もちろん。。」

「どのくらい・・・?」

「すっごく・・・」

「どぉして・・・?」

「だって・・・」

「え・・・?」

「あの温泉の時以来、奥さんと・・・こうしている事・・・いつも妄想してた・・・」

「あれからずっとだったの・・・?もぉ・・エッチなんだからぁ〜・・・」

「今・・・こうして・・・ボクのものになってるんで・・・」

「イヤァ〜ン・・・ダメ・・今日だけよ・・・

ホントは主人のものなんだから・・・」

「でも・・今日だけなんだと思うと・もうチョットお願いが・・・?」

「え・・・?」

「あそこのお風呂のマット・・・そこに敷いていい・・・?」

「え・・・?チョット・・・何言ってるの・・・そんな事したら・・・
 
チョットチョット、ねぇ、あなた・・・どぉしよぉ・・・?」

「おい、オマエら・・・いい加減にしろ・・・そこまででもういいだろ・・・
 
オマエら・・・まさか・・・妻と・・・」

「旦那さん、大丈夫・・・遊ぼ・・奥さん・・ボクが教えてあげる・・・」

「チョット・・何するつもり・・?まさか・・そんな・・・ダメよ・・・」

「ボクに任せて・・・」

と、若者は言いながら、浴槽からあがり、

サッサと洗い場にお風呂マットを敷きました。。

そして、浴槽の淵に不安げに座り続ける妻に向かって、

「さ、さ、奥さんも早くこっちに来て・・・」

妻がいぶかしげに浴槽から上がり近寄ると、

若者は再び妻の全裸肢体を優しく自らの腕の中に

引き寄せ抱擁します。。。

「あぁっ・・・」

「奥さん・・チョットこのまま・・・」

そして、もう一人の若者が背後から妻を抱きしめ、

いきり立ったイチモツを

妻のお尻の亀裂に沿って押し当てています。。。

「あっ、おっきいぃ・・・」

「もうボク、ガマンできない・・・」

「チョ・・チョっ・・・チョットぉ・・・

ダメよ・・・あなた・・・」

腰を落とし膝を折り曲げながら若者のイチモツを、

妻の大事な花芯めがけて、

必死に閉じている妻の両脚をこじ開けようとしています。。。


「ダメダメ・・・それだけはダメ・・・」

「おいおい、オマエ達何考えてんだ・・・

そんな事もう許せんぞ・・・」


そんな我々夫婦の言葉など若者の耳には入らないようです。。。

しかし、若者はイチモツを妻の両脚の間から押し当てても、

なかなか進まない事を悟ると、

若者は両手で妻の太ももを開こうとしています。。

「あ・・・そんな・・・そんな事したらダメ・・・」

妻はまさかに備え、なんとか必死にこらえています。。

そんな様子を見たもう一方の若者は妻を片手で抱擁したまま、

ボディシャンプーを手に取りました。。

そして、お互い正面抱き合った上半身の隙間にボディシャンプーを流し、

若者自らカラダをくねらせ始めました。。

シャンプーがローションのようなカンジとなり、

お互いの素肌の感触を楽しんでいます。。

2人密着したまま若者が動きをリードしながら、

少し激しい動きになってきました。。

「はぁっはぁっはぁっ・・・・どぉ・・・

奥さん・・・?気持ちいいでしょ・・・?」

「ハァッ・・ハァッ・・・どうしよぉ・・・」

「気持ちいいでしょ・・?」

若者は、妻を抱きかかえながら自らなだれ込むように

マットに寝そべり、

妻を自分のカラダの上に持ってきてしまいました。。

「ソープ遊びって知ってます・・・?」

「そんなの・・・知らない・・・」

妻は赤面から両手で顔を押さえています。。

「そっかぁ。。。そうですよね・・・じゃ、

奥さんに・・・サービスしますねぇ。。」

若者はそう言うやいなや妻と体制を入れ替わり、

横たわる妻の裸身にさらにボディシャンプーを数滴落とし、

そして、妻に覆いかぶさるようにして自らのカラダを妻に重ね滑らせます。。

そして、妻の勃起し続けている乳首付近を執拗に自らの胸部に

重ね合わせ滑らせます。。

「はぁっ・・はぁっ・・・奥さん、どぉ・・?気持いい・・・?」

「・・・」

「なんか・・・心配・・・?」

「あなたのアソコ・・・私のアソコのまわりで・・・

さっきから・・・あたってて・・・」

SAMMOR かわいい Fカップ人形 女性のボディ フルシリコン ラブドール 100CM 13KG

新品価格
¥68,000から
(2017/6/23 21:02時点)




105cm リアルドール かわいい人形 ロリ 高級TPEフルシリコンドール 女性のボディモデル 等身大(riho)

新品価格
¥60,000から
(2017/6/23 20:57時点)




お嬢様の愛液 匂い付きラブローション

新品価格
¥807から
(2017/6/23 21:00時点)




女子校生の白濁愛液ローション

新品価格
¥1,036から
(2017/6/23 21:05時点)






私を混浴に連れて行って、その7、ここがクリトリスよ、

65センチメートルミニプラチナシリコーンかわいい人形 ドール メタルスケルトンと 女性のボディクローエ 金色の毛

新品価格
¥66,479から
(2017/6/23 20:29時点)




女子校生の性器の匂いローション

新品価格
¥536から
(2017/6/23 20:32時点)




私を混浴に連れて行って、その7、ここがクリトリスよ、

「まぁ、二人とも赤ちゃんみたい・・・」

「こんなにいい気持ち・・・ボク・・・もう・・・」

「いいわよ・・・」

「え・・・?」

「だって・・・吸ってみたいんでしょ・・・?」

「あ・・はい・・・もちろん・・・」

「いいわよ・・・」

その妻のヒト言で、理性が吹っ飛んだようです。。。

「ホントに・・・いいんですね・・旦那さん、そこで見てますけど・」

ドアから見ている私の方を一瞥しながらも・・・

唇が・・・・

妻の乳首に・・・・

近づいていきます・・・

温泉旅行以来、そしてその夜からずっと

妄想していた人妻の乳首を・・・

これから自分のモノにする瞬間を惜しむかのように・・・

勃っている妻の乳首を目前にしたまま・・・

ジッとガン見しています。。

そして、ついに・・・

若者の唇が妻の乳首を含み・・・

妻の乳房の三分の一は若者の口中に消えました。。。

アァぁ〜っ・・・・

表現しようのない屈辱感はもちろん、嫉妬感と

コーフンが私の脳天を直撃し、失神しそうな感覚に襲われました。。

妻の乳首は、尽きる事のない欲望に弄ばされ始めました。。。

若者は衝動を抑えきれず、妻のややツンと上向きの

乳首とその周囲を覆う乳輪にしゃぶりついています・・・

『チュッ・・チュッ・・・ハァ、ハァっ・・・チュルチュル・・・』

半狂乱のように、

「オッパイ!オッパイ!オッパイぃぃ!!」

と叫んでいます。。

「あぁ〜ん・・・お願い・・・もっと優しくね・・・」

若者は、すっかりコーフンのるつぼに陥ってしまったようです。。

手で空いているもう片方の妻の乳首を揉み続けています。。

「はぁっ・・・はぁっ・・・チュッ・・チュッ・・・」

若者は理性などどこかに消えてしまったようです。。。

妻の乳首をしゃぶり・・・

乳房全体に吸いつき・・・・

そして、もう一方の手は・・・・

妻の乳房から這いおり・・・

恥骨を隠し押さえている妻の手の上に重なり・・・

そして、妻のその手をどけようとしています。。。

妻が、

「あぁ〜っ、そこはダメよダメダメっ・・・・

 チョットチョット・・・待って・・・ダメダメっ。。。」

夢遊病者のようになってしまった若者は、自らの手の

動きをそのまま止めようとしません。。。

「アァ・・・っ・・・ダメダメ・・・そんなの・・・アァ〜っ・・・」

「あれ・・・奥さん・・・濡れてますよ・・・こんなに・・・」

「あぁ〜〜ん・・・いやいや・・・ダメダメ・・・そこは・・・
 
ダメよ〜・・・そこに主人いるし・・・怒られちゃう・・・」

「今日だけ・・・ボク達にも・・・奥さんのソコ・・・お願い・・・」

「ダメよ、そんなの・・・もう・・・」

「お願いです・・・ここまできたら・・・」

「わたしは・・・人妻なのよ・・・」

「わかってます・・・でも・・・」

「そんなに・・・見たいの・・・?」

「そりゃぁ・・・もちろん・・・まして・・こんな美しい奥さんのなら・・・」

「ダメだダメだ、オマエら・・・妻に何するつもりだ・・・それだけは・・・
 
マジに・・・勘弁しろ・・・」

しかし、もう、すっかり妻のカラダを弄びコーフンで

理性を失っている若者達には、

私の声が耳に入らない状態のようです。。

そんな若者達を相手にしている妻も・・・

理性を失い、若者達のペースにはまってしまっているようです。。

若者の空いている手は、妻の髪から首筋にかけて優しく這い、

さらには妻の隆起した2つの丘の頂きを目指し、

徘徊を続けています。。

そして、若者の唇と舌は妻の裸体に沿って妻の

カラダすべてを堪能するかのように、ゆっくりゆっくり

降りていきます。。

妻のおへそあたりに来ると、一旦躊躇し、

これからいよいよ妻の花園の中に

進むことをためらって立ち止まるかのように、

おへそ周辺を徘徊しています。。

浴室のドア越しに、若者達に舌と手で愛撫されるに従い

徐々に全裸姿態をくねらし始めている妻の様子を

確認することができます。。

妻は湯気の立ち上る浴槽の淵に座りなおし・・・

私を一瞥したものの、とうとう自ら少し太もも部分を広げ・・・

そして・・・妻の口から・・・驚きの言葉が・・・

「少しだけよ。。ここがクリトリス、女の人が触られると

気持ちいいところ。。。で、ここがオトコを迎えるところ・・・」

信じられませんでした。。。

「奥さん・・・そこらへん・・・さわっていい・・・?」

「え・・・ダメよ・・・そこにいる主人に怒られちゃう・・・」

「さわってみたい・・・」

「もぉ、甘えんぼさんなんだから・・・チョットだけなら

主人許してくれるかも。。。」

私は金縛りにあったように何も反応できません。。。

「じゃ、あなた・・・いいってことね・・・」
 
「・・・」

「いいわ・・・あなた達も・・・ほんの少しだけよ・・・」

「は・・・はい・・・じゃ、少しだけ・・・」

若者の手が恐る恐る妻の花園に伸びて行きます。。。

どうやら若者が妻のクリを触っているようですが、

こちらから確認できません。

「あっ、あっ、あぁ〜っ・・・・とっても・・・

恥ずかしいけど・・・あっ・・・あ〜ぁ〜ン・・・き・・・気持ち・・

いい・・・はぁっ、はぁっ・・・」

妻の声が漏れました。。。

声を抑えているのでとても厭らしく聞こえます。。。

妻の厭らしく響く喘ぎ声がしばらく続くと。

ピチャピチャという音が聞こえてきました。

「すごい、なんかぬるぬるしてきた・・・」

若者の言葉に妻は、

「あぁっ・・やめて・・・私・・・・・・

あぁっ・・・とっても恥ずかしい・・・」

と応えます。。。

若者達の股間のものはどす黒く充血し、

そり返リピクピク波打っています。。

妻は、夫である私に少々遠慮しているのか、

必死に声を押し殺していましたが、

切ない声も遠慮なく漏れ始めています。。。

ピチャピチャ、クチャクチャという厭らしい音と妻の喘ぎ声が

浴室に響いています。。。

妻はじっと伏し目がちなままです。。

そんな妻の様子を見て、私は燃え上がる嫉妬心との

戦いに精一杯でした。。

65cm ラブドール TPEシリコン コンパクトサイズ セクシー 正規品

新品価格
¥69,000から
(2017/6/23 20:34時点)




お嬢様の愛液 匂い付きラブローション

新品価格
¥807から
(2017/6/23 20:36時点)




65cmかわいい人形のためのラブリーモデル金属の骨格とソリッドTPE

新品価格
¥37,800から
(2017/6/23 20:37時点)






2017年06月22日

私を混浴に連れて行って、その6、奥さんの乳首・・・・舐めたい・・

HK SHARBAN INT'I COMPANY 電動乳マッサージ機

新品価格
¥980から
(2017/6/22 21:27時点)




CTVshopオリジナルプライバシーベロア袋付き 吸引乳首責めローター 乳首バイブ 乳房マッサージ (ピンク)

新品価格
¥1,980から
(2017/6/22 21:27時点)




私を混浴に連れて行って、その6、奥さんの乳首・・・・舐めたい・・

「や・・・やめてくれ・・・」

私は、頭に血が逆流し脈打つ動悸が激しく卒倒寸前でした。。

こちらからよく見えないですが、湯船の中で妻の

オッパイをさわったようです。。。

「あっ…」

妻が反応しました。。。

私の角度からは、湯船に浸かる妻と若者の姿が

ところどころ見える程度でハッキリ見えませんでしたが、

「あ・・・奥さん・・・ごめんなさい・・・」

「大丈夫よ・・・どぉしたの・・?」

「奥さんのオッパイ・・・旦那さんに断らず・・・

少し触わっちゃった・・・」

妻が、浴室ドアの外から様子を伺っている私に向かって

「ごめんね・・・あなた・・・

わたしのオッパイ・・・触わられちゃった・・・」

と言い放ちました。。

中の様子がハッキリ見えない事も手伝い、

ジクジクたる思いで堪りません。。。

私はフル勃起状態でした。。

妻に向かって声を振り絞りました。。

「オマエのカラダ・・・触わらせるの・・・やめてくれよ・・・

オマエはオレのもんなんだぞ・・」

若者も後ろめたい気分になっているようです。。

「あ〜いうふうに旦那さんに言われると・・・なんか罪悪感・・・」

すかさず妻が、

「あなた、今日だけよ・・・ほら、こんなにコーフンしちゃって・・」

「おいおい、頼むから・・オレも中に入れさせろよ・・・」

「ダ〜メ! どぉ・・・?人妻の胸を主人がいるそばで

触わちゃった感想は・・・?」

「奥さんを奪い取ったみたいで・・・それに・・・とっても・・・

や・・・やわらかいっす・・・」

「もうチョットだけ・・・先っちょも触わってもいいよ・・・」

「へえ・・・?それって・・・奥さんの・・・乳首・・・

もっと触わっちゃっていいってことっすか・・・?」

「ゥフフ・・・緊張しちゃう・・・?」

「そりゃぁ・・・でも・・・」

「いいよ・・・今日だけ・・・」

会話がしばし止まり、湯の動く音が聞こえました。。

「あァっ…アァ〜ン...」

再び妻が反応しました。。。

どうやら・・・遂に妻の乳首を摘んだようです・・・

私だけ自由にできた妻の乳首が・・・

今、他のオトコの手に・・・

私の心情に合わせ、脈打ちながらいきり立つ私の

ムスコからガマン汁が溢れ出ています。。

「お・・・奥さん・・・ちょっと・・・乳首・・・だんだん・・・

おっきくなっちゃってます・・・」

「アぁ〜ン・・・・そんな恥ずかしいこと言わないで・・」

「触わってたら・・・どんどん赤くなってきちゃった・・・・」

「もうチョット・・・強く揉んでも・・・平気よ・・・」

「は...はい…」

浴室内にはときおり湯が波打つ音が聞こえ、

妻の乳房をまさぐっているようです。。

断続的に妻のあえぎ声と若者の荒い息遣いがこだまします。。。

若者は、コーフンと共にすっかり湯船の中で上気してしまいながら、

「奥さん・・・ボク・・・旦那さんの前で言いにくいんですけど・・・

今日だけ・・・せっかくなんで・・・もうチョットだけお願いが・・・」

「どぉしたの・・・?遠慮せず言っていいわよ・・・」

「あのぉ・・・奥さんの・・・乳首・・・吸ってみたい・・・・

あ・・・・言っちゃった・・・」

「まぁ・・・カワイイ・・・赤ちゃんみたい・・・

恥ずかしがらずにもう1回言ってみて・・・」

「奥さんの乳首・・・・舐めたい・・・」

「ウフッ....ダメよ、ここは・・ここを口にできるのは主人と娘だけよ・」

「そうだ!そんなこと・・・調子に乗り過ぎだ・・・

いくらなんでもダメだぞ!」

「やっぱ・・・無理ですかねぇ・・・ハァ〜ぁぁ・・・・・」

会話がすっかり停止してしまい・・湯のうごめく音もまったく聞こえず・・・

ややピンと緊張感が周囲を覆い始めました。。

「どうしても・・・吸ってみたい・・・?」

「え・・・えぇ・・・ハィ・・・」

「じゃぁ・・・」

「いいんですか・・・?」

「少しだけなら・・・」

湯船の中に座っていた妻がスッと立ち上がり、

浴槽の淵に腰掛けました。。

そのためようやく私の視界に、

横向きの妻の姿が入りました。。

妻は、湯の中で若者と戯れの行為を

続けたせいか、カラダ全体が火照っており、

横向きに見える妻の乳房の頂きにある乳首は、

若者の手で愛撫を受けたせいか、

あるいは、これから若者に吸われるのを妄想し

既にカンジているのか、

赤く色を変えて勃起しています。。

妻が浴槽の淵に腰かけたので、まだ湯船の中に

座っている若者の視線は、

妻の陰毛に覆われた秘密の花園、そしてその花芯に

向けて彷徨い始めています。。

妻は、その卑猥な視線に気が付いたか、

片手で恥骨あたりを恥ずかしげに覆い隠しています。。

私のいる横の角度からよく見えませんが、

妻の性器が既に見えてしまっているのか、

若者の視線が頻繁に妻の下腹部に注がれるようになりました。。


妻も、さすがに若者達の視線が下ばかりを

彷徨っているのに気が付き、

「いや〜ぁ・・・ン・・・エッチねぇ・・・人妻のソコ見ちゃダメ・・・」

「おいおい、オマエ達、妻のどこ見てるんだ・・・?」

「あっ・・・えっ・・・いえ、そのぉ・・・つい・・・」

「うふふ、私のオッパイ・・・欲しかったんじゃないの・・・?」

「は・・・ハイ・・・奥さん・・・」

「ほら見て・・・主人だけが吸ってるものよ・・・」

そんな妻の言葉と妻の乳首を目の当たりにして、

若者達は唾をゴクリと呑んだまま、

行動に移せない様子です。。

「いやぁねぇ〜、緊張してるの・・・ほら・・・

こっちへ来てもいいのよ・・・」

「旦那さん・・・・ゴメンナサイ!」

と言うやいなや中腰のままま妻にスルスルっと近づき、

妻の上半身に抱きつき両腕を妻の背中に回しました。。

そして、そのまま紅潮している頬を妻の胸の谷間に

さっとうずめました。。。

「うふふ・・・甘えん坊さん・・・カワイイのね・・・」

「お・・・奥さん・・・とっても・・・ううぅ・・・

ハぁ〜・・・柔らかい・・・」

と言いながら、妻のオッパイの7合目あたりにあるホクロに

唇を重ねています。。。

「奥さんのオッパイ・・・やわらかくて・・・あったかい・・・」

CANCAN 電動マッサージ器 男専用 肛門や前立腺マッサージャ 男のGスポットや前立腺などの敏感箇所に刺激 2連玉振動タイプ 静音 防水 ブラック

新品価格
¥2,480から
(2017/6/22 21:27時点)




Tiyano バイブレーター ピンククリア 快感度アップ効果 振動機能 電動マッサージ 静音設計 振動棒 さまざまな用途での使用がオッケー

新品価格
¥1,420から
(2017/6/22 21:28時点)




Plyax(TM) 女性のための7の回転パターンのセックスのおもちゃマッサージャー乳首刺激物質をスピニング乳首VI-がき-または豊胸サクションカップ

新品価格
¥12,010から
(2017/6/22 21:28時点)




Ryncex(TM)シリコーン指カバークリトリス膣乳首マッサージャー女性大人のおもちゃ51OVためのイオン

新品価格
¥1,858から
(2017/6/22 21:30時点)






私を混浴に連れて行って、その5、奥さん、ボクのアソコも洗ってくださいよ・

スライヴ ハンディマッサージャー MD01

新品価格
¥1,852から
(2017/6/22 21:12時点)




Anjelly M字ジョークブレース 拘束具 アイマスク 手錠 3点セット (収納袋付)

新品価格
¥2,275から
(2017/6/22 21:14時点)




私を混浴に連れて行って、その5、奥さん、ボクのアソコも洗ってくださいよ・

若者達の背後で妻は膝まづき、ボディシャンプーを泡立て、そして、

「へぇ〜・・・やっぱり広くてオトコらしい背中なのねぇ・・・」

と言い、私に一瞥しながら若者の背中を洗い始めました。。

背後にいる若者には、まだわからない様子でしたが、

妻の陰部を覆っていた手も既に彼らの背中に。。。

若者達が振り返って妻の下腹部を見れば、

マン毛に覆われた盛り上がった妻の恥骨の様子が

わかってしまう状況です・・・

「奥さん・・もう背中はOKですから・・・

早く、ボクの前も洗ってくださいよ・・・

 あれ・・?ところで奥さん、今、両手で洗ってくれてます・・・?」

「片手だとあまり力入らなくて・・・キレイに洗えないから・・・」

「じゃ・・じゃぁ・・今・・奥さん・・・

どこもカラダ隠してないんすね・・・?」

「えっ・・・えぇ・・・まぁ・・・そういう事よ・・・」

「そのままの状態で、早く前に来て、ボクのアソコも洗ってくださいよ・」

妻は言われるまま、若者達の前に移動し始めようとしています。。

「おい、チョット待てよ・・オレの前で・・アソコも見せる気か・・?」

「大丈夫よ・・・この人たち覗きこまないって

約束してくれたし・・ねえ・・・?」

「そうそう旦那さん、大丈夫っすよ。。そんなに妬かなくても・・・」

と言いながら、待ちきれないように妻の腕をつかみ、

自分達の前に妻を強引に導いてしまいました。。

妻も、もう自分のカラダのどこも隠そうとせず、

イスに座った若者の目の前に立ちすくみました。。

若者の目線上には、フサフサとマン毛が生い茂った妻の

恥骨全体の様子が・・・そして視線を上げた目と鼻の先に

妻の両乳首が・・・

覗きこまないの言葉とは裏腹に、若者達は視線を上下させながら、

私だけが自由にできるはずの妻の裸体にガン見状態です・・・

「さぁ、奥さん・・・立ってないで早くしゃがんで洗ってくださいよ・・」

若者の魂胆を見抜けず、妻は言われた通りしゃがみこんでしまうと・・・

恥骨の中に潜む秘部に走る亀裂が若者の前で明るみに・・・・

「オぉ〜・・っ」

若者達はこれ以上ないコーフンに包まれているようで、

どす黒くいきり立った肉棒を妻の目前でピクピク脈打たせています。。

妻は、泡立てたタオルで、さっと両手で肉棒を包みこみました。。。

そして・・・軽く上下にさすり始めてしまい・・

「あぁ〜っ、ダメですよ・・・奥さん・・・そんな事したら・・・
 
気持ちいいけど・・・出ちゃう・・・・」

「ふふふ・・・キレイにしましょうね・・」

「ハァ・・ハァ・・・ハァ・・・っ・・・

もうボク・・・や・・・ヤバイっす・・・」

もう自ら抑制ができなくなってしまい・・・妻の乳房を目の前にし・・・

「奥さん・・ボク・・・奥さんのオッパイ洗ってみたい・・・」

「あぁ〜っ・・・や・・・やめろ・・・オレの妻だぞ・・」

「あぁ〜ン・・・ダメよそんな・・・背中だけ・・・ね・・・」

「ダメっす・・・旦那さん・・・すいません・・・もう・・ボク・・・」

浴室で妻と若者達はお互いに何も一切身に着けず・・・

もう何ら隠すことすらお互いなく・・・暴走し始めていました・・・

妻は上気しながら顔を紅潮させ・・・

乳首を赤く染めてフルに勃たせてしまっています。。

もういても立ってもいられず、私は服を脱ぎ去り、

妻を我がものにしようとしている若者の行動に、

フル勃起したイチモツを晒しながら、浴室へ入っていこうとしました。。

「フフフ・・あなた・・・妬いてるの・・・?

ダメよ・・・あなたはこっちに来ないで・・・」

「そうですよ・・旦那さんはあっちに行っててください・・・

奥さんとジックリ楽しむんで・・」

「オマエら・・・わかってんのかよ・・・オレの目の前で・・・」

「旦那さん・・・そんなにおっきくしっちゃって・・・

ひょっとして悔しくてたまらないんすか・・・?」

「おい、わかってんだろうな・・オレの妻なんだぞ・・」

「ハイハイ、わたしはあなたの妻よ・・・

でも、今日は特別サービス、ねっ?まだまだこれからよね?」

「ヒャぁ〜、有難うございます、奥さん!」

「だから、あなたはあっち行ってて。。」

と妻は私を浴室のドアの向こうに押し戻そうとしています。。

私はもうガマンできず、妻の乳房を鷲掴みにしながら、

「これはオレのものだ・・・オマエらなんかに触らせない・・・」

と半狂乱になってしまいました。。

「いや・・・あなた・・・そんな乱暴しないで・・・

皆きっとあなたより優しくしてくれるわ・・・」

「モチですよ・・けど・・・ホントいいんですよね、

奥さんも・・・?ご主人の前ですけど・・・?」

「でも・・・絶対約束、今日だけよ・・・ね・・・」

妻はそう言いながら、私の背中を押しドアの

向こうに追い出してしまいました・・・

「あなた、どうしても私たちが気になるんなら、

ドアの外から私たちを見てて・・・」

「じゃ・・・ここらへんで洗うの終わりにして、

いっしょに湯船に入りましょっかぁ・・?」

「い・・・いいんすか・・ホントに・・・・

奥さんといっしょに・・・この小さな湯船の中に・・・?」

「そうよ・・わたしじゃイヤ・・・?」

「いやいやそんな・・・でも・・・ピッタリ密着しないと・・・

旦那さん、嫉妬で怒っちゃうかなって・・・」

「気にしない、気にしない・・・じゃ、わたし先に入るわよ・・」

妻は片足をあげ、浴槽に入る瞬間、陰毛に隠された秘密の

花園を晒していました。。

さすがに若者達もその一瞬のチャンスを逃がしたりしません。。

「じゃ、ボクも・・・奥さんの横にっと・・・失礼しまぁ〜す・・・」

若者一人が妻の待つ湯船に入ると、

湯船から湯が勢いよくこぼれ出ています。。。

浴槽は畳一畳くらいの大きさです。。

妻と若者は湯船の中でほぼ完全に密着状態です・・・

「どぉ・・?こんな近くで触れる人妻の肌は・・?」

妻のその言葉に呼吸がさらに荒々しくなった若者は、

「その・・・なんていうか・・・もう心臓バクバクしちゃってて・・・」

と言うのが精一杯で、目がうるんでギラギラしています。。

「やだ・・・そんなにジロジロ見られたりしたら・・恥ずかしい・・」

妻は照れたように言います。。

「あら・・・さっきよりもっと硬くなってる・・・?」

妻が動き、湯船から湯があふれました。

「ハァハァ・・・」

より荒い息遣いがいっそう聞こえてきます。。

「先っちょ・・・ヌルヌルして・・・どんどん出てくるね・・・」

「奥さん・・あ・・あんまり触られると・・・出ちゃう・・・」

「フフ・・・ごめんね。ちょっと調子に乗っちゃった・・・」

イタズラっぽく、妻が言います。。

「奥さん・・・言いにくけど・・オッパイ・・さわっていい・?」

甘えたような声で言う若者に、

「いいよ・・・」

と妻は優しく応えます。。。

吸引乳首責めローター 乳首バイブ 乳房マッサージ (吸引)

新品価格
¥2,980から
(2017/6/22 21:14時点)




バックルロックコンビネーション Expansion kit バイブホルダー

新品価格
¥1,500から
(2017/6/22 21:14時点)




ダブルディルド貞操帯女性SM 拘束 レッド

新品価格
¥3,736から
(2017/6/22 21:15時点)




強力吸引! ニップルサッカー クリサッカー ポンプ SM グッズ 大 中 小 乳首 グッツ 2個セット LVE82M (小 内直径1.8mm)

新品価格
¥1,580から
(2017/6/22 21:15時点)





2017年06月21日

私を混浴に連れて行って、その4、あなたの妻はハダカのまま皆にマッサージされるの・

馬用興奮剤を飲んだ男女が中出しぐちょぐちょ種付けSEX 神ユキ / UMANAMI(うまなみ) [DVD]

中古価格
¥597から
(2017/6/21 21:19時点)




HOT GIRL ホットガール 媚薬 女性用 発情

新品価格
¥3,980から
(2017/6/21 21:46時点)




私を混浴に連れて行って、その4、あなたの妻はハダカのまま皆にマッサージされるの・

「オレ、奥さんの白い背中やお尻見えただけで・・・

もうたまらんです!」

「オレは、オマエ達と女房がハダカで一緒に

この狭い風呂場にいるのを見てるだけで、
 
嫉妬で息苦しいよ、さっきから・・・」

皆それぞれが緊張し、何も会話がないまま若者達の

唾を飲み込む音だけが響きました。

妻の全裸後ろ姿を完全に若者2人に見られています。。。

二人共、妻のカンジンな場所を見る前から、これ以上ないドス黒く

脈打つムスコを屹立させています。。

妻は、私のいる浴室ドアに向かってオッパイを腕ブラしていますが・・・

どうしても隠しきれず、腕から肌茶色の乳輪がはみ出て

チラチラ見えしまっています・・・

そして、下腹部に適度の隆起を伴った恥骨を覆う黒々とした林が、

妻の秘密の花園へ誘う道しるべのように生い茂っています。。

妻は、若者達に見られまいとしてもう一方の手で隠していますが、

乳輪同様、どうしても周囲のマン毛がハミ出て見えてしまっています。。

いよいよ妻の全裸姿態を若者の前に差し出し・・・

妻を・・・温泉旅行の暗い部屋でよく見えなかった妻のカラダを

妄想し求め続けてきた連中に・・・

明るい状況で目の前で生で見られる屈辱の瞬間が・・

最大の屈辱とコーフンです。。。

若者は、もう遠慮もなくこの時間を楽しまんとして、

「すみませんけど、奥さん・・・風邪引いちゃうんで、

早くこっち来てボクのカラダ洗って下さいよ。。」

妻は、すっかり酔いが醒めたようで、

「あ・・・あなた・・・・どぉしよう・・・」

妻のハダカが晒されて若者達が悦ぶ姿を見たくはない・・・

でも、恥辱と共に襲ってくるコーフンを味わってみたい・・・

腕ブラと恥骨を隠しながら背を向けている妻に向かって、

若者は調子に乗って、

「奥さん、タオルなんかで隠さないでくださいよ。。

さ、さ、早く早く・・・」

私に視線を向ける妻に、私は無言で頷いてしまいました。。

「わ・・・わかったわよ・・・あなたまで・・・」

遂に妻は、若者達に振りかえり近づき始めました。。。

腕ブラしているものの妻の肌茶色の乳輪がチラチラと垣間見え・・・

片手で恥骨の盛り上がりを隠すもマン毛がはみ出たまま・・・

若者達の背後に近寄る妻の全裸姿態に、私は早まる動悸と

胸がハチ切れそうな嫉妬感を味わいました。。

同様に呼吸が異常に早まっている様子の若者達は、

「お・・・奥さん・・・両手がふさがっていたらボクの

カラダを洗えませんよ・・・」

「・・・」

「奥さん・・・早く洗ってもらわないと

風邪引いちゃいますよ・・ボク・・・」

「え・・えぇ・・・」

「さぁ、早く・・・お願いしますよ・・奥さん・・・」

「わ・・わかったわ・・・・・・」

遂に妻は・・・

両乳首を隠していた腕を・・・・

若者達の背後で・・・

ついに腕を・・・下ろしてしまいました・・・・

若者達が明るい灯りのもとで何度も見たがっていた妻の乳首が・・・

今、若者達の目の前の鏡に恥ずかしげに映っています・・・

さらには、至近距離で乳輪の中央にある妻の乳首を、

若者は振り向きながらジッとガン見しています・・・

私は脳天がカッとなり血が逆流したような意識に襲われ、

卒倒しそうでした。。

妻の乳首を、若者は自分も認知した事で私に対し勝ち誇ったように、

「旦那さん・・・悪いっすけど・・・ボクの目の前に・・・

ありがとざぁ〜す。。。」

「チッキショ〜くやしいよ・・オマエ達なんかに・・・

女房の乳首を生で見られちゃって・・・」

「いやぁ・・・薬指に光るリングが・・・

またそそりますねぇ・・人妻のハダカ・・・
 
それと、ボクが想像していたより・・

奥さんの乳首って大き目なんですね・・・
 
もしかして奥さん・・ボクに見られて勃ちゃってます・・・?」

「やめて・・・2人とも・・そんな言い方・・・

さ、早く洗っちゃいましょ。。」

妻はそう言いながら若者達の背中を洗い終えると、若者は、

「奥さん・・せっかく浴衣脱いで張り切ってるんで、

当然ボクの前も洗ってくれますよね・・・?」

「え・・・?前も・・・?」

「当たり前じゃないですかぁ・・さぁ、奥さん・・・

ボクのまん前に来てください。。」

「でも、そんなことしたら・・私のカラダ・・

ぜんぶ知られちゃう・・・」

妻は私に、『もうどうなっても知らないから・・』

のように一瞥しながら、

若者達の背後から前に出ました。。

まだ、下腹部の花園は手で覆って隠しています。。

ここだけは他のオトコに侵略させたくない・・・

そんな妻の意志をカンジます。。

しかし、イスに座る若者の視線の位置から少し斜め上に、

妻の2つの程良い稜線を伴った隆起・・・

その頂きに程良く冠雪したような乳輪・・・

そして頂上には妻の乳首が・・・

「おおぉ〜っ・・・奥さん・・ついに・・・」

「覗き込まないって約束でしょ・・・?」

「だって、目の前にこんな魅力的で素敵な奥さんが全裸でいれば・・・

オトコなら誰だって・・・」

妻は、若者達からそんな告白めいたものを受け、

やや気を良くしたのか、

「いつもそんな風にジロジロ私のカラダ・・・

想像してたり、見てたの・・?」

「だって、魅力的なんですもん・・今だってボクのムスコ・・・

ほら、こんなんなっちゃって・・奥さんのせいですよ・・」

「突然そんなこと言われたって・・・どうすれば・・・?」

「じゃぁ、奥さんが私のカラダを洗ってくれる代わりに、私が奥さんを

マッサージしてあげますけど・・・いいですかねぇ・・・?」

「おい、オマエ達、何言ってんのかわかってんのかよ・・・」

「旦那さん、そんなにコーフンしなくても・・・

奥さん・・・すっかり疲れてるみたい

ですから・・・奥さんに対するせめてもの奉仕ですよ・・・」

妻の柔肌に・・・若者達の手が近づいていきます・・・

妻のカラダに憧れている若者達の手が・・・

妻の全裸肢体に触れる・・・

若者達はマッサージと言いながら、妻の乳房や乳首・・・

胸から下腹部に沿い陰毛をかき分け、もしや妻の秘部に

もその手が伸びていく・・・

これからそんな事がすぐ始まるに違いないと想像すると、

いてもたってもいられなくなり、

「オレも一緒に入っていいだろ・・・?」

「旦那さん、ダメダメ・・・ダメっすよ・・奥さんに

まだカラダ洗ってもらってないし・・・
 
そこで見ててくださいよ・・」

「あなたが・・・イジメるからよ・・・あなたの妻がハダカになって、

皆の全身洗ってあげて、

そして、あなたの妻はハダカのまま皆にマッサージされるの・・・

そこで見てて・・・」

「おいおい・・・そんな・・・嫉妬で気が狂いそうだよ・・・」

「ダメよ・・・ねぇ、じゃ、背中から洗いましょうか・・・」

「奥さん、その調子!お願いしま〜す!

旦那さんはそこで黙って見ててくださ〜い!」

馬用興奮剤を飲んだ男女が中出しぐちょぐちょ種付けSEX 初美沙希 / UMANAMI(うまなみ) [DVD]

中古価格
¥700から
(2017/6/21 21:43時点)




媚薬 女性用 Pacomin パコミン

新品価格
¥2,980から
(2017/6/21 21:48時点)




ナマイキ地下アイドルが興奮剤を飲まされデカチン洗脳!! 狂ったように白目を剥いてキモオタの巨根でイキまくりヨダレ垂らして失神悶絶の過激中出しセックス130分!! 伊東紅 / UMANAMI(うまなみ) [DVD]

中古価格
¥980から
(2017/6/21 21:49時点)


]

媚女の名水

新品価格
¥3,980から
(2017/6/21 21:49時点)







私を混浴に連れて行って、その3、妻が若者達の目の前で全裸に

馬用興奮剤アン●カを混ぜた飲み物を女に飲ませたら、超ド淫乱なチ●ポ狂い痴女に豹変していきなり襲い掛かってきた!! [DVD]

中古価格
¥399から
(2017/6/21 21:16時点)




純正ガラナ100%を配合 飲み物に混ぜて淫乱興奮

新品価格
¥5,400から
(2017/6/21 21:16時点)




私を混浴に連れて行って、その3、妻が若者達の目の前で全裸に

今晩泊るんだし、ついでにシャワー浴びちゃったら・・?」

「いいっすか・・・?そ・・・そうさせてもらいます・・・」

「ここまでサービスしたんだから、あなたにもサービスして

もらわないとねぇ〜」

「え・・・・?」

「じゃ、まずサービスしてもらう前に私が背中流してあげよっかぁ・?」

「おいおい、そんなぁ。。オマエだけズルイよ。」

若者の一人がひがんでいましたが、すかさず妻から、

「あなたにもサービスしてもらうから、心配しない心配しない、

一緒にね。」

「だ・・旦那さん・・・いいっすか・・・?

ボク達、奥さんと風呂入ったりして・・・?」

「まぁ、女房は浴衣着てるし・・・オマエさん達が

お気に入りの人妻に背中流してもらえるなんて・・・

サイコーだろ・・・?」

「え・・えぇ・・・そりゃぁもう・・・」

既に皆理性を失いかけている中、安易にOKしてしまった事が

のちのち大きな後悔を招くとは、

この時、私にはわかりませんでした。。

若者達と妻は、酔いも手伝い、スケベなハプニングを

楽しもうとしているカンジでした。。

若者二人が、早速、洗面所でYシャツの

ボタンを外し始めています。。

妻は、床にこぼれた酒を拭き終わると、

早速そのまま浴衣姿で脱衣場に向かいました。。

私も、何が始まってしまうのか恐れながら妻の後を追いました。。

妻が間仕切りのカーテンを開けると、若者達は既に上半身裸で、

スラックスに手をかけているところでした。。

若者の一人が、

「あ・・・ちょっと奥さんに見られるの恥ずかしいなぁ・・・」

「いまさら何言ってるのよ・・さ、さ、早く脱いで・・・」

と、浴衣姿の妻は、若者のスラックスのベルトを

緩めジッパーに指をかけ下ろし始めました。。

「あ・・・」

「だから恥ずかしいって言ったじゃないですか・・・奥さん・・・」

「だって、こんなに・・・・」

若者のパンツを盛り上げる肉棒の先から滲み出たガマン汁で、

パンツの先が大きなシミを作っています。。

「いやねぇ・・・まだ私のカラダ見てないうちから、

こんなんちゃって・・・」

「でも・・・さっきから・・・浴衣の隙間から、

奥さんのオッパイがチラチラ見えちゃって・・・」

「いやらしいわねぇ〜・・・エッチなんだから〜」

と、妻は浴衣の前に手を置いたものの、すぐさま、

「さぁ、パンツも脱いで・・・」
と、妻は若者のパンツを下ろしてしまいました。。

陰茎の先っちょを濡らしながら、はち切れんばかりに天を

向いていきり立っています。。

「あっ・・・おっきいぃ・・・」

「いやぁ、恥ずかしいんで、チョット先に中入ってます・・」
と言い、若者は肉棒を手で隠しながら風呂場に先に入りました。。

妻は驚きながらも私に視線を向け、

「あなたのより、ずっとおっきいわね・・・ビックリ・・・」

と、私に屈辱的な言葉を残し、さっさと若者達の待つ風呂場に入りました。。

私は、風呂場に素っ裸の若者達と浴衣姿とはいえハダカに

近い姿の妻だけにして、このまま暴走してしまうのを恐れ、

風呂のドアを少し開けて、横で見守っていました。。

「じゃ、洗いましょうね・・」

「は・・はい・・・お願いします・・・」

「じゃ、髪の毛もついでに洗ってあげちゃいましょうかねぇ。。」

妻は、イスに座りムスコを手で隠し続けている若者達の頭を抱え、

シャンプーで髪の毛を泡立てはじめました。。

「お・・・奥さん・・・」

「なに・・・かゆいとこあるの・・?」

「い・・いえ・・・さっきから・・・・」

「え・・・?」

「奥さんのオッパイがあたっちゃって・・・」

「あ・・・」

妻が洗うのに夢中でノーブラのオッパイを若者達の

肩周辺に押し当てているようです。

私の方を振り向き舌を出しましたが、そのまま洗い続けています。。

私が、

「オマエ、ノーブラなんだから・・・あまり喜ばせるなよ・・・

オレ嫉妬で悔しいよ・・・」

「だ・・・旦那さん・・すいません・・でも・・いい気持ちっす・・」

妻のオッパイの感触を知られてしまった悔しさから、

「コノヤロぉ〜、オレの妻だぞ・・・わかってんだろぉなぁ・・・」

「あなた、まぁそんなに怒らなくても・・・」

妻は、そう言いながらも、若者達の髪をすすぎ洗い終え、

タオルで髪を拭き始めました。。

すでに妻の姿は、シャンプーの泡が所々飛び散り、

すすぎのお湯でびしょ濡れになっていて、

2つの隆起が先端部の突起とともに浴衣に張り付いていました。。。

「じゃ、次カラダ洗いましょうね・・・」

「その前に奥さん・・・もうびしょびしょじゃないですか・・・」

「しょうがないわよ・・・」

「脱いじゃったほうがいいんじゃないですか・・・?」

「おいおい、何言ってんだ、オマエら抜けぬけと・・・」

と言いながらも、私は、若者達の前で妻がハダカになって、

嫉妬とコーフンで自分がどうなってしまうのかを味わって

みたくなっていました・・・

「え〜っ・・・でも・・・」

「濡れたもの着てるとかえって風邪ひいちゃいますよ、奥さん。。」

「う〜ん・・・」

「裾もビショビショだし・・・パンティいっちょうに

なった方がいいんじゃないですか・・・?」

「え・・・・?でも・・・・あなた、どうしよう・・・」

妻の浴衣の下はノーパンである事を知りながら、

私も妻を困らせています。。。

「あなた、どーしようかしら・・・?」

屈辱でたまらなかったですが、

「・・・オマエの好きにしたら・・・風邪ひいちゃうし・・・」

すると妻は意を決して、若者達に背中を向けながら・・・

浴衣を両腕から抜き・・・上半身からスルスルと・・・

ついに浴衣を脱いでしまいました・・・

とうとう妻が若者達の目の前で、

一糸まとわぬ全裸になってしまいました。。

妻の全裸後ろ姿を完全に若者達に視姦されています。。。

妻はうずくまった態勢で腕ブラし、もう一方の片手で陰部を隠しながら

若者達に背を向けたままで、夫の私が見ても妻の肌色の

背中が妖艶で眩しいです・・・

そんな姿の妻を目の当たりにし、若者達は妻のまッサラな

背中を見ながら口々に、

「あれ奥さん、浴衣の下、ノーパンだったんですか〜?」

「お、奥さん・・・奥さんの白い背中・・・くぅ〜っ・・・

なんていうか・・・温泉の時思い出します!」

「やだ・・・あっち向いてて・・・」

「オレ達・・・どうしよう、もうヤバイっす・・・旦那さん・・・」

「ダメだぞ・・・オマエ達、妻に手出したら・・・」

馬用興奮剤を飲んだ男女が中出しぐちょぐちょ種付けSEX 風間ゆみ / ケイ・エム・プロデュース(UMANAMI) 【Onafes(オナフェス)2016】 [DVD]

中古価格
¥400から
(2017/6/21 21:17時点)




LOVE SHARE(ラブシェア)(単品)

新品価格
¥3,980から
(2017/6/21 21:17時点)




紅柘榴(単品)

新品価格
¥7,980から
(2017/6/21 21:18時点)




ヤリマン女子大生が極悪産婦人科医に未承認の性興奮剤入りの媚薬を塗られ感度が上がり過ぎ、激イキ潮吹きでヨダレとマン汁ダラダラ痙攣大絶頂! 一条リオン (限定特典:直穿きパンティ1枚&生写真1枚のセット付き)(初回限定) / UMANAMI(うまなみ) [DVD]

新品価格
¥3,218から
(2017/6/21 21:18時点)






私を混浴に連れて行って、その2、悔しくてコーフン

ウクライナの美人妻の恥穴 エヴァ 32歳 [ローション付属][非貫通]

新品価格
¥5,800から
(2017/6/21 20:58時点)




完全再現 初脱ぎ熟女名器 沢村ちひろ 50歳 [日本製][ローション付属][非貫通]

新品価格
¥3,527から
(2017/6/21 20:58時点)




私を混浴に連れて行って、その2、悔しくてコーフン

意外とテンション高く、

「いらっしゃい。この前はこんなオバさんが一緒に

混浴しちゃって・・・ゴメンナサイね。恥ずかしかったわ。

もっと若い女性がいいわよね。」

「いえいえ、そんな事全然ないですよ。

奥さんがとっても魅力的だったんで。
 
だからこうしてもう一度お会いしたくなって来ちゃったんですから。。」

「あらあら、若いのにお上手だこと」

「本心ですよ」

そんな会話をする彼らは、妻の浴衣姿を期待していたので

少々落胆した表情を浮かべたものの、

「旦那さん、今晩期待してますんでよろしくお願いします」

と、妻にとって訳のわからないセリフを吐いていました。

もう夕方なので早速宴会開始に。

乾杯とお酌が続いたものの妻は約束に

反しガードの固い普段着のまま。

いい加減若者たちから約束が違うんですけどと

クレーム混じりの声が。。

約束通り妻は浴衣姿になる事を余儀なくされ・・・

妻のカラダを・・・

若者達は見たいんだろうな・・・

若者達に妻のすべてを見られたら、

オレはどんな気持ちになるんだろう・・・?

見られるだけでなく、妻の乳首を舐められたりしたら・・・?

ましてやコーフンした肉棒が妻に入り込んだら・・・

結局、若者達のクレームに負け浴衣姿に着替えた妻が、

酒に酔っぱらい始めた若者達のいる部屋に戻り、

「ごめんなさいね、お待たせしちゃって・・・」

「いやぁ〜奥さんて普段着姿もエロいですけど・・・

今ノーブラですか・・・?」

「あら、よくわかるるのね・・」

「目の前にキレイな奥さんが・・・

ノーブラでいると思うと・・・オレ・・・」

「いやぁねぇ・・・さ、さぁ、どんどん呑んで・・・

もう遅いし今晩泊まってったら・・・?ねぇ、あなた・・?」

「おー、せっかくだからいいじゃないか・・・?」

「いいすか・・?じゃ、奥さんも一緒に呑みましょうよ・・」

「いいわよ。喜んでお相手するわ。」

「いやぁ、今晩ホントお邪魔してよかったす。」

「そうだよ、オマエ達、温泉の時も女房の

カラダジロジロ見てたしな〜・・」

「・・・・」

「やっぱりそうだったの・・?」

「だって・・・奥さん・・・あの時タオル1枚のお姿で・・・」

「今だってノーブラよ・・お待たせしましたぁ〜」

アルコールにそれほど強くない妻も、かなり酔った勢いで、

「ホントよ、今、ノーブラなんだから・・・ほら・・・」

と言いながら、浴衣姿のまま自ら上下にカラダを揺すっています。。

ノーブラのせいか、胸全体に収まりがなく、カラダが上下する度に

ユサユサと乳房全体が揺れ、おまけに乳首の突起で浴衣の胸の

部分が上下に揺れながら尖っています・・・

そんな妻の姿を見ながらも、若者達は調子に乗り、

「う〜ん・・・奥さん?ホントのところよくわからないんだけど・・・」

こうなると売り言葉に買い言葉状況です。。

「わかったわよ・・・じゃぁ・・・」

と言いながら、妻は浴衣の裾に手をかけました。。。

「おいおい、みんな・・・・」

若者達を家に招いた後悔の念が生じはじめ、

今晩、我々はどこまで行ってしまうのか

不安とコーフンを覚えながら緊張しならがも、

勃起が収まらなくなっていました。。

私の制止する言葉を聞かず、

もうムキになってしまっている妻は・・・浴衣の胸元に手をかけ、

そして帯を解こうとし始めました。。

若者達は、いよいよとコーフンで顔を紅潮させながら、

「奥さん・・そんな無理しなくてもいいっすよ・・・」

と、言葉では言うものの、お気に入りの妻のヌードを目の当たりに

できるのでは?の期待感からニヤけており、

本当に制止する気持ちは、まったくカンジられません。。。

私は心配になり、

「おいおい、そこら辺で止めとけよ。。。

オマエのオッパイ、見せたくないよ・・・」

「奥さん、ボクらもそんなつもり、ぜ〜んぜんありませんから・・・」

気持ちとまったく裏腹な事をヌケヌケと若者達は言っています。。

しかしながら、妻は負けず嫌いの性格にアルコールの勢いが重なり、

止めようとしません。。。

そして、ついに帯を解いて外してしまいました・・・

「さぁ、帯外したわよ。。このまま前を開けば・・・

あなた達にオッパイ見られちゃうわ・・・」

と言いながら、妻自ら徐々に胸元の前を・・・

左右に広げ始めました。。。

私は、もう緊張とコーフンで金縛りにあったようになり、

ただ妻の動作を見守っています。。

若者達はと言えば、もう妻の動きを制止したりせず、

むしろこの先を急がせようとしているのが

ミエミエです。。

妻の浴衣から程良い起伏の谷間が7合目あたりまで見えたところで、

今まで私だけが知っていた妻の胸の隆起の途中の

場所を若者の一人は指さして、

「あ、奥さん・・・こんなところにホクロあるんですねぇ・・・

ゾクゾクしちゃいますねぇ〜」

そんな若者の言葉に、まだ私だけが知っている妻の

乳首を見られてしまう前から、

ジクジクたる嫉妬とコーフンで痛いほど勃起してしまいました。。

「あっ、旦那さん〜イヤだなぁ。。。勃ってる・・・奥さんのオッパイ、

ボク達に見られちゃうの・・・悔しくてコーフンしてるんすか・・・?」

学生のくせにコノヤローと思いましたが、図星です。。

さぁ、これからいよいよご開帳の時に色めきだったか、

若者の呑んでいたグラスが手から滑り落ちてしまい、

若者のいきり立って盛り上がった股間と、その下の床に

酒が飛び散ってしまいました。。

「あらあら・・・いやだ、コーフンしちゃったの・・・?」

「あちゃ〜・・・ス・・・スミマセン・・・」

「ちょっと待ってて、タオル持ってきますから・・・」

と、妻は布巾とタオルを持って来て、若者の股間部と

床を前屈みになって片手で拭き始めました。。

もう一方の妻の片手は帯が解けたままの

浴衣を押さえている状態です・・・

しかしながら、胸元がパックリ開いてしまった浴衣から

見え隠れしている妻の丸いお椀上の乳房・・・

その頂きに見える肌茶色の乳首・・・

若者についに至近距離で・・・

妻の乳首をハッキリ見れるよう、若者は自らの視線の角度を

調節するため体を動かしています。。。

私にとって大変な屈辱と嫉妬で胸がハチ切れそうです・・・

妻の手がタオルと共に若者の股間部にタッチすると、

「あ・・・すみません・・・チョット・・

待ってください・・・奥さん・・・」

「あら、や〜だぁ・・・勃ってるの・・・?でも、

パンツまで浸みこんじゃってるわよ・・・

初撮り五十路名器 美月瞳51歳

新品価格
¥960から
(2017/6/21 20:59時点)




RUBY(玩具) 人妻痴遊戯(DVD同梱) エクセレントローション15ml 付き

新品価格
¥3,153から
(2017/6/21 20:59時点)




RUBY(玩具) 人妻姦淫遊戯 【ローション】付き

新品価格
¥2,638から
(2017/6/21 20:59時点)






2017年06月20日

私を混浴に連れて行って、その1、妻はノーテンキ

ジャンキーミセス

新品価格
¥759から
(2017/6/20 21:45時点)




オナニーサポートセンター 奥様は元ヤリマン 守崎恵編 オナニーサポートCD付きオナホール

新品価格
¥3,360から
(2017/6/20 21:46時点)




私を混浴に連れて行って、その1、妻はノーテンキ

妻(35になりました)は相変わらずノーテンキというか無頓着なので、

夫である私は妻の行動にいつもヒヤヒヤさせられています。

昨年11月には、紅葉見に高速SAに前夜停泊。

夜寝る時はノーブラノーパンでないとダメな妻は、

停泊中のクルマの中でも・・・

深夜、妻がトイレのため起き、SAのトイレに行くから一緒に行ってと

ノーブラノーパンで行こうとする妻・・・

おいおい、見えちゃうよと言っても、ガマンできない面倒くさい、

戻ってすぐまた寝るからと言って聞かない妻。。。

深夜なものの意外とトラックドライバーや若者達で人が多く、

ノーブラ姿でトイレに向かう妻とすれ違った際に、

トレーナーに浮かぶ妻の乳首チラチラ見られたり、

きつきつのジャージにパンティラインの浮かばない妻の尻を

舐めるように視姦されてたり。。。

もう一度そんな妻を見たいのか野郎どもはトイレに引き返し

妻がトイレから出てくるのを待ってたり・・・

翌朝は翌朝で天気が良く、朝日が指し込み車中

がまる見えの中で着替する妻・・・

ファミリーで来るお父さんドライバー達や若者達が

車間を行き交い賑わい始め、

ごそごそ動く車中でほぼ全裸姿になって

着替えている妻に気づくと、

何度も我が家のクルマの前や横を行ったり来たり

しながらチラ見の連続・・・

車中に朝日が差し込みかなり明るくなっていたので、

完全に妻の生乳首は見られ、

陰毛すら見られていたと思います。

嫉妬とドキドキでたまらんかったです。

あの3年前スワップした知人夫婦とは、その後お互いバツが悪く疎遠と

なっていたのですが、Kさんの奥様から妻に正月久しぶりにコンタクトがあり、

今年は妙に寒いから、また両家で温泉でも行かない?

とお誘いがあったそうで。

私としては、あれ以来ご無沙汰していたし、

なんか顔合わせるのも気恥ずかしく

躊躇していましたが、ノーテンキな妻は既に二つ返事

してしまったとの事。

また妻はKさんに抱かれたいのか・・・と悶々としていると妻から、

また奥さんと一緒にいい事したいってあなたの顔に書いてあるわよと。。。

久々に悶々としています。

妻によれば、Kさんの奥さんとお互いの生理日を

確認、今月下旬の土日に双方の子供を実家に預け、

再び想い出(?)の混浴温泉に行くとの事。

奥方同士はすっかり夫婦交換前提のようです。

あの時は一応4人合意での事とは言え、

自分自身の中では割り切れない悶々としたものが残ったのも

正直な処です。

3年越し、ようやく心にこびり付いていた懺悔心や

モヤモヤを消し去れた処だったですが、

妻経由Kさん夫婦のお誘いに、Kさんの奥さんとの一件が

まざまざと蘇り、もう一度あの清楚な奥さんを

抱ける一方で、大事な妻もまた他人のオトコに

提供しなければならないと考えると、

嫉妬とコーフンで今から勃起が収まらない状況です。

それと、3年前のあの時温泉で知り合い、

夜中妻が眠る部屋に招き妻の乳首を触わりコーフンの

挙句乳首を舐める直前でお預けとなった

大学生若者2人からあの後執拗に携帯連絡あり、

何とか妻を承諾させ自宅に招いたお話をしていませんでしたね・・・

温泉旅行中、夜に部屋へこっそり招いたものの道半ばで

お預けになった若者から執拗に携帯連絡受け

続け困ってしまい、ある日妻に、

「この前温泉で知り合った若者2人いるだろ?覚えてる?」

「覚えてるわよ。混浴で私のハダカ、黙ってジロジロ見てた

若い2人組でしょ?」

「実はオマエの事すごくお気に入りで忘れられないで、

家に遊びに来たいんだって。

わりと近所みたいで。。。オマエと仲良くなりたいそうだ。」

「え〜、そんな事突然言われても。

それに私みたいなオバさんとなんか。
 
もっとトシ相応の若い女性がいるでしょうに。」

「それが二人共まだ彼女できていないらしくて。。」

「チョットなんかヘンな事考えてないでしょうね?」

「当たり前さ、指一本オレがやきもち焼きな事よく知ってるだろ。
 
この前のKさんとの事だって、気が狂っちゃったよ。」

「あなただって奥さんといい思いしたじゃない。オアイコよ。

でも、家に来てもらってどうするのよ?」

「夕食ごちしてお酒でも呑んで

ワイワイ楽しくやりゃいいんじゃない?」

「まぁ、そのくらいならいいっかぁ。。」

「じゃ週末いいね、呼んで?」

「んー、つまみみたいな料理作るくらいでいいのね?」

「あぁ。あ、それとオマエ浴衣姿で接してくれよ。

あの時の気分に戻ってオマエと話したいって

彼らの希望なんだ。」

「んー、まぁ、そのくらいはいいけど。。。」

「あ、それから・・うーん・・・」

「え?」

「・・・あの時と同じって事でブラは付けないで・・・」

「チョット何考えてんのよ。いくら10歳以上年下だって

もう大人のオトコよ。
 
酔っぱらった勢いで襲われたりしたらどうすんのよ。

彼女いなくて、
 
溜まってるんだろうし・・・」」

「まぁまぁ・・・Kさんとは違って、オマエの胸元

チラチラ見えたりだけで
 
満足できるんだろうし・・・オレも嫉妬しちゃうかもだけど。。」

「ウフフ・・・あなた妬けるの?なら、ノーブラノーパンに

しちゃおっと。」
 
「おいおい・・・いくらなんでも限度はあるからな・・・」

早速、若者に連絡すると歓喜の声で、

「わかりました!予定きちんと空けて万難を排しお邪魔します。
 
でも、我々の期待ってわかって頂けてますよね?」

「え・・・?」

「イヤだなぁ。。あの夜、オレ達生殺しだったじゃないですか。。。
 
旦那さんには申し訳ないですけど、あの後ずっと奥さんオカズにして
 
お世話になってます。あの時オトコ同士の約束しましたよね!」

「もぉ、しょうがねぇなぁ・・・・」

そして、週末を迎えたのでした。

若者2人を駅に迎えに行くと、既に待合せの場所に来ていて、

落ち着かないそぶりを見せていました。

「よぉっ久しぶり。」

「あ、旦那さん。待ってました。本日ご招待頂き有難うございます。」

「オマエらが押し掛けて来たんだろうが・・」

「えへへ。実はきのうドキドキしてよく眠れませんでした。」

「おいおい。。今日は妻が浴衣で接待してくれる事になってるから」

「うひょ〜、ってことはあの時のような格好って事ですよね?」

「あぁ、そんなカンジが望みなんだろ?」

「約束ですもんね!奥さんとまた・・ドキドキしてきました!」

そんな他愛のない会話をしながら家にたどり着くと

普段着姿の妻。

我妻なたれ乳 THE HOLE

新品価格
¥4,400から
(2017/6/20 21:46時点)




性欲発散膣口 1

新品価格
¥1,900から
(2017/6/20 21:46時点)




RUBY(玩具) 人妻姦淫遊戯(DVD同梱) 【ローション】付き

新品価格
¥3,610から
(2017/6/20 21:46時点)




初撮り五十路名器 美月瞳51歳

新品価格
¥960から
(2017/6/20 21:47時点)






思いと裏腹な妻、その32、最終回です。

オナニーサポートセンター 生理前の人妻の股間の匂い付きオナホール

新品価格
¥1,900から
(2017/6/20 21:28時点)




欲求不満な若妻のおねだり ローション付き

新品価格
¥1,189から
(2017/6/20 21:28時点)




思いと裏腹な妻、その32、最終回です。

そのゴソゴソする音の中から、彼と妻のひそひそ声。

"あ、、とう、ざ、ました、、、"

"ふふっ、、で、、、だ、、すご、、、、"

"、ぁ、、だ、じょ、ぶです、、、、あの、おな、えお、えて、ださい、、、"

"、、よ、、、"

"、、さん、、、また、き、くだ、い、、、"

"ふふっ、、、だん、といっし、なら、、、"

"もち、ん、、、、でいいで、、"

よく聞こえなかったが、だいたいの会話の内容は分かる。

妻が、でもまだすごい、と言ったと思う。

彼のモノを見たのか?、、、あるいは、手で触れたのか?

そこで会話が止まったので、僕は、後ろに下がりそーっと

チェアに座り直した。

中からカーテンが開かれ、ブーツを手に抱えた彼が立つ。

照れ臭そうな笑みを浮かべ、ありがとうございました、と僕に言う。

「ははっ、、スッキリした?、、、」

「はい、、、かなり、、、」

そう言う彼の股間を見ると、確かにまだ大きいままだった。

ついついそれを見つめてしまう僕に気づいた彼が、

「、、あ、、あの、、では、、これ、包んでまいりますので、

少しお待ち下さい」

と、気恥ずかしそうに店内に戻って行った。

ブースの奥の妻を見る。

その光景は、カーテンを閉める前との違いを

見つけるのが難しかった。

明らかに違うのは、妻が鏡にもたれたままの姿で僕を

見て微笑んでいることだった。

僕は、笑顔を返しながら腰を上げて、妻に歩み寄る。

ざっと、ビフォーとアフターの違いを自然とチェックしてしまう。

妻のコートの前は、閉じられているが両脚を床に

ペタっとつけた女の子座り。太ももの愛液は、拭き取られていた。

ブースの床に丸まったティッシュ、、、と、

微かな彼の精液の匂い、、か、、、

ハンカチは?、、、お尻の下か、、、妻の脚の隙間から

チラッと見えている。

妻の前に腰を落としてキスをすると、

「んっ、、んっ、、、んっ、、、」

と妻も顔を上げて激しく舌を絡めてくる。

しばらく、妻との口づけを楽しむ。

妻が戻ってきたという安心感を感じるこの瞬間が

僕は大好きだった。

ねっとりとした口づけを交わしたあと、

「ふふっ、、、どーする?これ、、、」

と妻が破れたパンストを指で摘まむ。

自分から、破って!、と言っておきながらのこの言葉が、

なんとも妻らしい。

「、、、すごいビリビリだね、、、、とりあえず脱ごっか、、」

妻を立たせて、ボロボロになっていたパンストを脱がしていると、

妻が、自分の手の匂いを嗅ぐ仕草をする。

「、、、何?、、、」と、

僕が妻に聞いてみる。


「ふふっ、、、彼の匂い、、、」

彼の?、、、精液の匂いか?、、、

手で受け止めたのか?

僕が丸めたパンストを手に持ちながらクラクラする頭で

妻を見上げて黙っていると、

「、、大きくて硬くて、、それに、、ふふっ、すごい量だったわよ、」

と、妻が僕に止めを刺した。

店長が戻ってきた。

「お待たせしました、、、こちらがブーツ、、きれいにしておきました、

お手入れ用のクリームも付けておきますね、、、、

あと、これ、奥様に、、、、」

と、彼が新品のパンストの袋を妻に差し出す。

3つもある。

「わっ、、ありがと、、、」

と嬉しそうに受け取る妻。

「コレクション?、、」

と自称脚フェチの彼をからかう僕。

「はは、、まさか、、、少しですが売ってます、」

よく見ると、輸入物の高そうなやつだった。

「いいの?、、タダ?、、、」

「もちろんです、、僕が破いてしまいましたから、、、」

そう仕向けたのは、妻だったが、、、

「ふふっ、得しちゃった、、、また今度、

破いてもらいに来ようかしら、、、」

と、妻が無邪気な顔でドキドキする冗談を言う。

そして、、

「ふふっ、、、覗かないでね、、」と、

カーテンをシャッと締めてしまった。

そんな妻に唖然とする僕と店長は、思わず顔を

見合せて吹き出していた。

今回はこれで最終回とさせて頂きます、

長文読んで頂いてありがとうございます。

人生色々、夫婦色々です。

初撮り人妻名器 高森ゆうみ43歳

新品価格
¥1,076から
(2017/6/20 21:29時点)




J-HOLE印度の人妻の肉壷 Amurita

新品価格
¥1,120から
(2017/6/20 21:29時点)




J-HOLE印度の人妻の肉壷 Amurita

新品価格
¥1,120から
(2017/6/20 21:29時点)




RUBY(玩具) 人妻痴遊戯 エクセレントローション15ml 付き

新品価格
¥1,860から
(2017/6/20 21:30時点)








思いと裏腹な妻、その32、チンポの先を妻に向けながらゴシゴシしごくきます

妻の名器をお貸しします 2

新品価格
¥1,800から
(2017/6/20 21:20時点)




若妻・淫モラル 白金台の肉便器セレブ 優華

新品価格
¥1,524から
(2017/6/20 21:20時点)




思いと裏腹な妻、その32、チンポの先を妻に向けながらゴシゴシしごくきます

これが、彼の見ていた世界か、と思って鏡を見ると、僕の背後で

親指を立ててニヤニヤしている彼の姿が見えたので、

可笑しくなって小さく吹き出してしまった。

「、、あの、、そのブーツ、、きれいに拭いてきましょうか、、、」

と、店長が言う。

確かに愛液がブーツの中まで入っていってしまっていた。

「そうだな、、そうしてもらおうかな、、、やっぱり履かずに持って

帰るから袋に入れてくれる?、、」

「了解です、、、かしこまりました」

と彼が仕事モードに戻った風で答えた。

僕は、妻のブーツを脱がそうと手をかけた、が、

ふと気が変わった。

その自分の思いつきに、再びドキドキし始めていた。

「、、、店長、、、まだ少しここにいても大丈夫?、、、」

と僕が振り返って聞くと、

「はい、、、奥様が回復されるまでゆっくりして

頂いて大丈夫ですよ」

「いや、、店長は?、、、まだ、戻らなくて大丈夫?、、」

腕時計にチラッと目を落としてから彼が言う。

「あ、、と、、そうですね、、、、まだ少し大丈夫ですよ」

ここに二人で戻る直前に、彼が近くのスタッフに声を

かけていたのを思い出した。

どういう根回しをしたのかは、知らない。

「、、、じゃあ、これ、もう一回、店長が脱がしてくれる?、、、」

と僕は、立ち上がってブースから出て彼の背後に回った。

「えっ?、、僕がですか?、、、」

と少し驚く彼に、うん、と頷いた。

「あ、、で、、では、、、」

と、妻の前にしゃがみ込んで投げ出されている妻の

片足のブーツに手をかける。

「あ、、ちょっと待って、、、」

と僕が彼を制止して、チェアに置いてあった妻のカバンの中を

漁ってポケットテッシュを取り出した。二つあった。

それとハンカチ。

しゃがんだまま半身を振り返っている店長に

ポケットテッシュを一つを、ハイッ、と

手渡して彼の口を指差す。

あ、っと思い当たった彼が、ありがとうございます、

とテッシュを一枚取り出して妻の愛液で

ベトベトだった自分の口周りを拭いた。

続いて僕が、もう一つのポケットテッシュを彼に、

「はい、これも」、と手渡す。

???、と、その意味を取りかねている彼に、

僕は、ははっ、と一つ笑って試着室のカーテンを半分横に引いた。

「そのズボンの前が辛そうだなって思って、、、使う?

それ、、、今のうちならいいオカズが目の前にあるし、、」

と僕は、自分の股間の前で片手を握って前後に動かして見せた。

「ええっ!?、、はは、、い、、いいんですか?、、、

ありがとうございます、、、使わさせて頂きます、、、

実は、爆発寸前で、、、、」と素直に嬉しそうな彼。

「ははっ、、、大丈夫、覗いたりしないから、、、

あと、これで彼女の脚を拭いてあげて、、、」

と、ハンカチを手渡した。

「えっ?、、、あ、、は、はい、、、分かりました、、、」

さて、、、

と、僕は、壁際のチェアに腰を下ろして、

閉ざされた試着ブースのカーテンを見つめる。

いや、この場合は、耳を澄ます、といった方が正しいか。

遮られたカーテンの向こう側から、

ゴソゴソと彼の動く音が聞こえてくる。

その微かな音からしか想像を膨らませるしかない

状況に興奮する。

パリッ、、、、

シュッ、シュッ、、、、

カチャ、カチャ、、、、、

そして、衣擦れの音、、、

自分の股間が冷んやりして気持ち悪かったが、自分の想像を

カーテンに投影し、その中心の男根は、再び熱く膨張していた。

人形のように鏡に背をもたれ、力なく脚を投げ出して置かれた妻。

彼がズボンとパンツを太ももまで下げて、

ギンギンに反り返った硬い男根を取り出す。

ブーツに手をかけ、脱がす、、、、どうやって?、、、

僕なら、そのまま抜くなんてことは、しない。

妻の膝を曲げて、、持ち上げて、、、か、、、

いや、、、僕なら、まだブーツを脱がさない、、、、

両膝をそーっと立てて、、、、開く、、、

そして、コートの下の妻の股間を丸見えに、、、

ビリビリに破かれたパンスト、、、

スポットライトの下、、、愛液でキラキラ光る妻のアソコ、、、

ひょっとしたらコートのボタンを少し、あるいは全部外して

妻の裸体を上から下まで隅々と楽しむかも、、、、

それを見ながら彼が剥き出し男根の先を妻に

向けながらゴシゴシしごく、、、

ズボンの上からだったが、、、けっこう大きそうだった、、、

妻は、、、そのまま気がつかない振りを続けるだろう

、、、たぶん、、

妻は、それを薄目を開けて見ているだろうか、、、

彼は、触れるだろうか、、、妻に、、、

妻の太ももに、、、胸に、、、そして、アソコに、、、

ああ、、、覗いて見たい、、、

そんな衝動に駆られながら僕は、ジッと堪える。

カーテンの向こう側で、何か判別できない微かな音と

人の気配がしているだけだった、、、

んっ、、、

妻の微かな声

ドックン、、と僕の心臓がハンマーで打たれた。

んっ、、、、ぁぁ、、、

妻のかすかな喘ぎ声らしきもの

ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、、と僕の心臓がバスドラムのような

低音を踏み出す。

音を立てないようにそーっとチェアから身を乗り出す僕

、、ぁぁ、、、んっ、、、ふっ、、、、、

ドキドキしながら腰を落として静かにカーテンに近づき、

そのまましゃがんで耳を研ぎ澄ますが、

自分の心音が大きすぎてよく聞こえない。

何かをこするような微かな音と、、、

、、んっ、、ふっ、、ぁっ、、んっ、、、と妻の感じているような声

続いて、、小さく囁く男の低い声

、、ぁぁ、、うぅぅぅ、、、

すぐに、、、

、、ぅあぁっ、、くっ、くぁっ、、うっ、ふっ、、ぅっ、、ぅっ、、

これが、、、妻をオカズにしている生々しい男の

射精のうめき声か、、、

ハーッ、ハーッと男の荒い息遣い、、、

ティッシュの音

そして静寂、、、、、、終わったようだ、、、

カーテンの向こうから色々な音が聞こえ出す。

金属音、衣擦れ、足踏み、、、彼の動く音。

そのゴソゴソする音の中から、彼と妻のひそひそ声。

センタービレッジ 肉厚菩薩

新品価格
¥2,790から
(2017/6/20 21:20時点)




オナニーサポートセンター出産後の人妻 母乳の匂い付きオナホール 匂いボトル ローション付き

新品価格
¥2,445から
(2017/6/20 21:21時点)




TIARA J-HOLE 人妻の淫らなあそこ 西野エリカ ローション付き

新品価格
¥760から
(2017/6/20 21:21時点)




白金台の肉便器セレブ優華。黒々と生え茂ったアンダーヘアを完全再現!容姿からは想像できないほどの淫猥ビラビラ♪お手入れしていないだらしのないヘアの生え方が、ある意味リアルに人妻っぽい。

新品価格
¥1,980から
(2017/6/20 21:21時点)






2017年06月19日

思いと裏腹な妻、その31、妻の股間にタコのように吸い付く店長

モリマンおばさん 匂いボトル60ml、ローション付き

新品価格
¥2,754から
(2017/6/19 21:49時点)




素人人妻名器 南あゆみ 36歳

新品価格
¥1,866から
(2017/6/19 21:49時点)




思いと裏腹な妻、その31、妻の股間にタコのように吸い付く店長

やめないで、という意味だと分かって僕は、興奮してしまう。

僕も、てっきり、先ほどのリベンジでそのまま指がアソコの穴に

入ってくるか、と期待していたので、

あれっ?

と、思ったが、次の彼の動きに驚いた。

両手を妻のお尻に回しながら彼の顔が妻の股間に接近する。

そして、なんと、、、、

いきなり妻のアソコに吸い付くように口づけをした。

堪らなかったのは、妻だったに違いない。

まさか、下からいきなりクンニをされるとは、

思っていなかったはずだ。

思いがけない突然の快感に目を見開き、

身体を大きく仰け反る。

そして、突風が吹いたように、

一気に絶頂に持っていかれる妻の身体。

「んっ!はぁぁぁ、んっんーーぁぁんんんんんーー

ぃゃぁぁあぁぁぁーーーーーーーーーー」

胸が電気ショックを受けたようにググッと前に突き出されて

コートの前がフワッと開く。

そのままピーンと伸び上がるように反り返る背中。

両手で必死に口を押さえながら顔を天井のライトに向け、

髪を振り乱す。

「んっんんんんっーーーー、、んっんんんんっーーぁっぁぁー」

前後にガクンガクンと大きく振られ始める妻の腰。

それに振り落とされないように、足元の彼がより強く、そして激しく、

大きく開けた口で妻のアソコにジュルジュルと吸い付き続ける。

コートの前が波打つほどの快感に悶える狂う妻を、

僕は、後ろから必死に支え込む。

「んんんぁぁっ、くっぁ、んっふぁぁーーんっ、くっ、ぁぁぁーー」

やがて、無声の絶頂状態に入った妻が、

静かに、だが激しくビクビクと身体だけの痙攣状態を続ける。

「ーーーーーーんふっ、、ーーーーーーーーんぁ、ーーーーーーー」

鏡を見ると、、、まるで妻主演の栗原さんVを大画面で見ているような錯覚。

スポットライトの下でコートの前をはだけた半裸の妻が、、、

ビリビリに引き裂かれたパンストのまま、、、

ロングブーツの片脚を上に抱えられ、、、

そして、、、、

その大きく開かれた股間に吸い付く男、、、、、

そんな映像を見ながら妻のお尻がグイグイと僕の

股間に押し付けられていたので、、、

そう、、、白状しよう、、

僕は、妻を抱えながら、すでにズボンの中で射精してしまっていた、、、

「ーーーーーーーぁぁ、ーーーーーーーーーーぁぁ、ーーーーー」

無声絶頂状態に入った妻に次に起こることは、、、、

吐き出したばかりの精液の生温かさをズボンの中で感じながらも、

僕は、何とか意識を保って、それに備えて腰を少し落として準備をする。

いつものようにピーンと伸びた状態で痙攣していた妻の身体が、

突然、フッ、と糸が切れたように重さが僕の体にのしかかる。

妻の身体をしっかりとホールドしながら、抱えていた妻の片脚を

そーっと降ろした。

妻の股間にタコのように吸い付いていた店長が、

プハー、と大きく息を吐きながら、妻から離れて鏡にもたれた。

口の周りが妻の愛液でベトベトに光っていた。

それを拭おうともせず、目隠しのまま妻を見上げていた。

ハー、、ハー、、ハー、、ハー、、、と、

僕ら3人の走り切ったような息遣いがブース内で反響していた。

僕は、ぐったりと力が抜け切った妻の肩越しから店長に、

もうそれを外していいよ、とジェスチャーする。

まだまだピクピクと絶頂の余韻の最中にいる妻には、

もう何も見えていないだろう。

それに、今更見られたところで、妻にとってもそんなに

恥ずかしいことでもないはずだ。

彼がストールマフラーを外し少し目を細めてから、

僕に嬉しそうに爽やかな笑顔を見せた。

股間を大きく膨らませたままだったのが可笑しかったが、、、

僕は、後ろから妻のコートの前のボタンを止めようと手を回すが、

妻を支えながらなので上手くできない。

下から見上げていた彼が、僕を手伝おう、と思ってくれたのだろう、

少しふらつきながら立ち上がる。

ずっと腰を落としていたので脚が固まったみたいだった。

彼の仕事ぶり?と誠実さに敬意を評して僕は、ボタンに

手をかけようとする彼を制して、妻のコートの前を

そーっと左右に開いて見せた。

目隠しの布越しではなくその裸眼に

焼き付けるように妻の裸体をジッと真剣に

眺める彼がつぶやく。

「、、、す、、ごく、、きれいですね、、、」

「、、、、ちょっと、触っていいよ、、やさしく、、、」

と、僕が言うと、

嬉しそうな笑顔を浮かべ、そっと両手を妻の胸の上に

置き指でその柔らかさを確かめ始める。

彼の優しい愛撫に妻の小さな声が口から漏れる

「、、ぁ、、、んっ、、ぁぁ、、ぁ、、、」

男なら誰でも、つい、そうしたくなるだろう、彼が指で

妻の乳首を軽く摘まんでしまった。

イッたばかりで敏感になっている妻の身体が、

ビクンッ、と跳ねて、

「、、ああんっ、、、、」

とやや大きな声が試着室に響く。

慌てて手を引く店長。

僕も焦ってスペースの入り口に首を回す。

その声を聞いた誰かが入ってこないか、、、と、身構える、、、、

大丈夫だった。

ホッとした僕と彼が、はーっ、と息を吐き、目を合わせて、

今のはヤバかった、と笑いをこらえた。

僕は、なぜだか彼に対して悪巧みをしている共犯者、

あるいは、同志のような感覚を持ち始めていた。

そして、はは、、と、小さく笑いながら彼が名残惜しそうに

妻のコートの前のボタンを上から順番に止めていってくれた。

さて、、、と、、、

僕は、フラフラの妻をブースから引きずり出して

チェアに座らせようと思ったが、、、、止めた。

こんなビリビリに破れたパンストの姿をもしも彼以外の人に

見られたら面倒臭いことになる。

代わりに、このままここに妻を座らせようと思い、

ブースの奥に入ろうとする僕を見て、

店長が横をすり抜けて外に出てくれた。

妻を鏡を背にして座らせた。

別に彼にワザと見せるつもりではなかったが、自然と座る脚が

折り曲げられて開くので、ブースの外の彼には、

妻の股間が丸見えだったに違いない。

その妻の脚を真っ直ぐ伸ばして置き直す。

乱れた髪、ビリビリに裂かれたパンスト、太もも内側で光る愛液の筋、、、

目を閉じ、両脚を力なく少し開いたまま前に投げ出して鏡にもたれる妻。

その姿が、まるで強姦されて捨て置かれた女のように見えてきた。

僕は、隅に落ちていた僕の黒いストールマフラーに気づき拾い上げた。

そしてそのまま自分の目に当てて妻を見てみる。

思った通り、いや、思った以上の透け透けの視界だ。

アブノーマル研究所 近親相姦 義母の濡れたマ●コの匂い…

新品価格
¥3,200から
(2017/6/19 21:49時点)




アブノーマル研究所 昼下がりの人妻 愛液でネバネバしたマ●コ ハードローション付き

新品価格
¥2,860から
(2017/6/19 21:50時点)




性欲発散膣口 2

新品価格
¥880から
(2017/6/19 21:50時点)




美人妻の秘膣 安野由美 48歳 [ローション付属][非貫通]

新品価格
¥3,946から
(2017/6/19 21:50時点)






思いと裏腹な妻、その30、プリプリのお尻の下の股間から出現する彼の手

アブノーマル研究所 人妻のガバガバだけどよく濡れるマ●コ 温感ローション150ml付き

新品価格
¥2,400から
(2017/6/19 21:33時点)




素人人妻名器 鮎原いつき40歳

新品価格
¥1,076から
(2017/6/19 21:33時点)




思いと裏腹な妻、その30、プリプリのお尻の下の股間から出現する彼の手

凄かったのは、、、、

その妻のプリプリのお尻の下の股間から出現する彼の手だった。

ビリビリと音を立てながらお尻に向かって

進んでくるその両手がまるで、妻の股間からお尻に向って生えて

来る2本の尻尾のようだった。

いや、そんなキュートなものじゃない、、、、

前後左右に暴れるその様子は、妻の股間から生まれてくる

エイリアンと言った方がしっくりくる。

なんだ、これ、、、凄い、、、

そんな地球外生命体のような彼の両手が妻のお尻に到達して、

パンストを食い荒らすよう上下左右に引き千切る。

無残に引き裂かれたパンストの亀裂から見えるのは、

妻のゆで卵のような白いお尻の肌。

前の鏡に目を向ける、、、

前傾になった妻のコートの前が垂れ下がるように

開いてしまっていて、彼の頭上で妻の乳房がプルプルと震えている。

その上で目をギュッと閉じた妻が顎を反らして

必死に口を両手で抑え続けている。

「んんんぁぁ、、ぃゃぁぁ、、んんっぁぁ、、んふぅぁぁぁ、、」

もう食い荒らすものがなくなってしまった彼の両手が動きを止めた。

あれっ?もう食べ物がなくなってしまったぞ、、、

どうしよう? どうしようか?、、、

おやおや?ここに美味しそうなデザートがあるじゃないか。

それに美味しそうなジュースも溢れ出てるじゃないか。

食べちゃってもいいかな?、、、

と、手の形をしたエイリアン達が会話していたのか

どうか分からないが、、、、

荒々しかった彼の両手が一転して優しくソフトな

指使いで妻のお尻の愛撫を始めた。

ビクン!、、、震える妻の背中

まるでデザートのアイスクリームを舐めるように彼の

10本の指が妻のお尻の肌の上を這い回る。

「んんっ、、んふっ、んんっぁぁ、、んっ、、、」

そして、、、

妻のお尻の柔らかさをゆったりと堪能した10本の指達が、

その割れ目に吸い込まれるように集まっていく。

愛液が湧き出る泉を中心とした禁断の地を見つけた指達が、

そ聖地を躊躇なく踏み荒らし始めた。

「んふぁぁっ、くっ、ふっ、、ぁんんっぁぁ、、ぁぁ、、」

ビクン、、、ビクン、、、ビクン、、、

トロトロと溢れ出す愛液が妻の太ももをツーっと垂れていく、、、

一筋、二筋、、、、

濡れる指達が妻のアソコの周りで踊る、、、、

ピチャ、、、クチュ、、、、と微かな水音を立てながら、、、

アソコの穴の周りをウロウロする指

お尻の穴を見つけてその周りを跳ねる指

それぞれの指達がまるで意思を持って縦横無尽に

妻の下半身を蹂躙する。

「んんっ、、んふっ、、んふぁぁ、、ぁぁ、、」

ああ、、す、凄い、、、これは、凄い、、、

この時、僕は、勃起したまま、ただそれを見ていた、、、

見ていたかった、、、ずっと、、、、

ついに指達がアソコの穴の入り口に気がついたように動きを止める。

フーッ、フーッ、、と肩で息をしながら妻がジッと動かなくなった。

ああ、、、見つかってしまった、、、妻の大事な場所が、、、

一番長い指の1本が穴の入り口を少し覗き込み、

ブルッと震える妻のお尻

そして、指がゆっくりと、、、沈み込んでいく、、、

「んぁんっ、、んーふんんっ、、んんっ、んんんっ、、、、」

それを見ていると、、、

まるで、妻の穴が彼の指を呑み込んでいっているように

錯覚してしまいそうだった。

しかし、、、あと少しでその指のすべてが呑み込まれようとした時、、、、

つい彼の指の一つが妻の一番敏感な突起に強く触れてしまった。

「んっふぁぁっ、、、、」、

その瞬間、ビックンッと妻の背中が飛跳ねるように反る。

そのあまりに強烈な刺激から逃れようとしたのか、反射的に妻の腰が前に

逃げるように押し出されて、妻の身体が上に伸びる。

引かれていた腰が元の位置に戻り、前のめりになっていた店長の

顔にまともに妻の黒い茂みが当たったようだ。

弾かれたように体を後ろに引く彼、その反動でいったん彼の両手も妻の

下半身から離されてしまった。

この時、僕も反射的に妻の背中に両手を伸ばして前に身を寄せた。

一瞬、このまま後ろ側に倒れてくるんじゃないか、と思ったからだ。

いや、実際に倒れてきていたのだろう。

妻の身体の重さが僕の体にかけられてきたので思わず後ろから

抱きついて支える。

そこで妻の腰がまだ前後に振られていることに気がついた。

「んふっ、、ぁぁ、、んんっ、、ぁぁ、、、んぁ、ぁ、」

逝き切れなかったようだ、、、

もっと、、もっと、、、と腰をくねらせる妻が鏡に映る

それを見て息が苦しくなるような興奮に襲われて

ドクン、、、と心臓が膨らんだ、、

あまりの興奮に僕は、衝動的に腰を少し落として妻の股下に

手を差し込んだ。

妻のアソコに触れるためじゃない、、、

後ろから一気にグイッと妻の片脚の膝を上に抱え上げた。

指の隙間から妻の声が漏れる。

「ぁぁぁ、、ぃやぁぁぁぁぁ、、、」

一本足立ちの妻の股間を大きく開く。

濡れ濡れの妻のアソコのすべてがライトに照らされキラキラと光り、

彼の眼前に晒された。

興奮で狂っていた僕は、もうこのまま彼が立ち上がって

妻を犯し始めても構わない、とまで思っていた。

しかし、、、

目隠しの奥からジッと妻のアソコを眺めた彼は、

そーっと片手を前に伸ばす。

右手の人差し指を一本だけ立てて、その指先を濡れた割れ目に沿って

ツーっと上下に這わせ始めた。

「んっ、、んんっ、、、」

目隠しされて見えていない動きではなかったが、

もう妻にはその判断力はなかったようだ。

「んんっ、、んんっ、、んんっぁぁ、、、」

割れ目をなぞるようにゆっくり上下に往復する彼の指先。

つい今しがた絶頂の入口を見た妻にとって、その彼の

焦らすような指先の動きがもう我慢できない様子だった。

「んんっ、、、ふーーーっ、、、んっ、ぁぁ、、」

妻の腰がいやらしく前後に誘う

もっと、、もっと気持ち良くして、とその指に自らアソコを突き出す。

もたれかかるように背中を僕に預けた妻の全身から絶頂までの

助走のようなガクガクする痙攣が僕の体に伝わり始める。

「、、んっ、ふぁぁぁ、、ぁっ、、ぁっ、、

ぁっ、、ぁっ、、んっぁ、、、」

妻の喘ぎも、その瞬間を、今か、今かと待っているように

一定のリズムになってきた。

彼の指先がもう一度でもクリト◯スに触れれば、

あるいは、アソコの穴に侵入するだけでも、

きっと一瞬で絶頂に登りつめしまうはずだ。

その瞬間に備えて僕は、自然と妻の身体を抑え込む体勢を準備していた。

ところが、、、、

ここで彼がアソコの割れ目に沿って上下させていた手を

スッと引いてしまった。

妻の両手の下から、「、、ぃゃぁぁ、、」

というくぐもった声が聞こえた。

ENJOY TOYS すごまん4-淫華【人妻肉厚花弁】

新品価格
¥753から
(2017/6/19 21:33時点)




出産後の人妻のユルマン 匂いボトル60ml、ローション付き

新品価格
¥2,950から
(2017/6/19 21:34時点)




【萌えあがる募集若妻 淫熟名器物語】プレステージ人気ナンバー1人妻☆大塚咲ちゃんの性器をまったり柔らか素材で再現したオナホール♪

新品価格
¥3,980から
(2017/6/19 21:34時点)






思いと裏腹な妻、その29、パンスト・破かれちゃいました。

アポポ(apopo) リアルオナホール 非貫通オナホ

新品価格
¥1,399から
(2017/6/19 21:04時点)




電動オナホール 10種類の振動パータン USB充電式【喘ぎ声機能付きのオナホ】※リアルな強力吸着 (ホワイト)

新品価格
¥1,499から
(2017/6/19 21:05時点)




思いと裏腹な妻、その29、パンスト・破かれちゃいました。

「ふふっ、、ありがと、、」と言いながら妻が首に

巻いていた赤いストールをシュルシュルと外し出した。

妻も暑くなったのか?、、、と思いながら、

いい香りのするそれを受け取った僕。

そして、クルッと後ろに向きを変えた妻。

一転して両手を腰に当てて足幅を肩幅より広げた

仁王立ちのような立ち姿で、鏡の前で跪いたままの店長を

見下ろして声をかける。

「ふふっ、、店長さんも、、ありがと、、、見れなくて残念ね、、、」

ただ、その声は、優しい菩薩のようだった。

そして、、、、なんと、、、

腰に当てていた両手をスッとコートの胸の下あたりに動かして、

コートの前をそーっと左右に大きく開いた。

うわっ、、、

コートの下の妻のスレンダーで美しい裸体の全貌。

白い乳房の膨らみとツンと突き出た乳首の陰影が

スポットライトの下で強調され全身鏡に映る。

驚きの大きさでは、店長の方がはるかに

大きかったかもしれない。

彼の喉がゴクリと動いた。

目隠しの向こう側で見開かれてる目が想像できる。

あまりにも息を呑む神々しい光景だったのか、とっさの

言葉が出てこない彼。

「あ、、、あの、、あ、、いえいえ、、あ、、あの、、

先ほど、十分見させて頂きましたから、、、」

彼の狼狽ぶりもよく分かる。

妻も、彼から見えていないと思って、

ここまで大胆になっているのだろう。

もともと、後で妻に種明かしをしようと

思っていたので、これで楽しみが増えた。

その自分の姿が彼から見えていないと信じて

疑わない妻が言葉を続ける、

「ふふっ、、、今それを外したら、もっとすごいものが

見えるかも、、、外したい?、、、」

一瞬、呆気にとられた様子の彼だったが、

コクリ、と頷いた。

マジか?、、、本当に見せるつもりか?、、、

「でも、、ダメよ、、、まだ、絶対に外さないでね、、、」

、、、、、違った、、

「両手を真っ直ぐ前に出して、、脚を触ってみて、、、、そう、、」

、、、、はっ?

「、、わかる?、そこが膝ね、、、そのままゆっくり上がってきて、、」

、、、、なっ?

「、、あっ、もっとゆっくりよ、、、そう、それぐらい、、」

前に伸ばされた彼の両手がそれぞれ妻の左右の脚の

膝を掴むように置かれて、そこから太ももを触りなが

らゆっくりと上がっていく。

ビクッ、と震える妻の身体、、

「、、、あっ、、、ストップ、、、、」

彼の広げた両手が妻の脚の付け根まで

上がったところで止められた。

両手の親指がちょうど妻の股間に突き当たった状態で。

静寂のブース内

ハァー、、、、ハァー、、、ハァー、、、

ブースの中に広がり初める妻の荒い息遣い、、、

僕と彼が次の妻の言葉をジッと息を潜めて待つ、、、

ハァー、ハァー、、、んっ、、

彼を見下ろしながら、唇が開いたり閉じたりする。

次の言葉、、、それを口にすることを何度かためらう妻、、、

何を?、、、、

理性と欲望の狭間で揺れ動いているような妻のためらい。

しかし、、、

明らかにその、何か、に興奮している妻。

裸の胸が荒い呼吸で大きく上下しているのが鏡面に映る。

ハァーー、、ァァ、、、ァァ、、、、、

「、、ァァ、、もう、だめ、、、」

と、ついに小さく吐き出された妻の降伏の言葉、、、、理性の崩壊、、、

続いた言葉に耳を疑った、、、、

「ァァッ、、そ、、そこ、、、破っ、、、て、、、」

!!!、えっ?、、なっ?、、、何だって?、、、破って???

足元の彼も、たった今、上から降ってきた妻の言葉が信じられない、

といった感じで固まったまま動かない。

そんなことをしてもいいのだろうか、と逡巡しているのかもしれない。

動かない彼に焦れたのか、いったん堰を切ってしまった妻の

口から躊躇なく懇願の言葉が溢れ出す。

「ああっ、、そこを、、破って下さい、、お願い、、です、、、」

しかも、急に敬語、、、、

僕には、今までこんな言い方をしたことがなかった。

これは、、たまらない、、、、

凄い、、凄い、、興奮する

妻の後ろでそっと頷いてしまった僕を見たのだろうか、、

彼が動く、、、

跪いていた体勢のまま、両手に力が入れやすいように

少し前に体重移動する。

両手の指を妻の股間の前、ちょうど黒い茂みが

生えてるところに集中させて、パンストを摘み

上げるように引っぱる。

「、ぁっ、、んんっ、」妻が下唇を噛む。

ビッ、、、、、、、「あっ、、」

シンクロする妻の声、、、

繊維に亀裂が入った。

妻の片手が広げていたコートの前から離れて口に当てられる。

ここから先は、もう声が抑えられないと思ったのだろう。

彼がその小さな起点に両手の指を差し込み、

力を込めて左右にグッと両手を広げる。

ビッ、、ビリッ、ビリッ、ビリッーーー

「、んあっ、んぁんんぅ、、んんっ、ぁっ、んんーーーーー」

一気に破られるパンストと連動する妻の圧し殺された喘ぎ声。

それを抑えるには、片手では足りないと瞬時に感じたのか、

妻の両手が口をギュッと覆う。

破られた部分から白い肌と黒々とした陰毛が

あっさりと露出された。

ブルブルと脚が震え出し、膝が崩れそうになるのを耐えている妻。

裂け目をさらに広げようとする彼の両手が止まらない。

妻の股間の下に潜り込んだ両手が濡れた部分の

パンスト破りながらお尻の方へ進んでいく。

ビリリ、、ビリッ、、ビッ、ビリッ、、、、、

「んんんぁ、、、っんん、、ァァァんんっ、、」

ビクッ、ビクビクッ、、ビクッ、、ビクッ、、、

今まで聞いたことのない興奮の三重奏だった、、、

ビリビリとパンストを裂きながら進む彼の手。

その甲や指の背が妻のアソコに直接触れてしまっているようだ。

快感から逃げようとする妻の腰が後ろに引かれ、

そして堪らず前傾になる上半身。

僕の目の前でコートの後ろの合わせ目が開放され、

パンストに包まれたお尻が露出してフルフルと左右に

振られている。

オナホール Paloqueth ポケットの腟超リアルのマスターベーション立体的な螺旋の穴非貫通型大人のおもちゃ

新品価格
¥1,399から
(2017/6/19 21:06時点)




アブノーマル研究所 人妻の母乳の匂いと産後のマ●コ

新品価格
¥2,000から
(2017/6/19 21:12時点)




EXE 寝取られ人妻 -石原莉奈- 【エクセレントローション】付き

新品価格
¥1,579から
(2017/6/19 21:13時点)






2017年06月18日

思いと裏腹な妻、その28、濡れ濡れの股間を晒します。

人妻の口まんこ 井上綾子 44歳

新品価格
¥1,862から
(2017/6/18 17:21時点)




RUBY 妖艶熟女名器 帝塚真織 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,851から
(2017/6/18 17:21時点)




思いと裏腹な妻、その28、濡れ濡れの股間を晒します

片脚立ちになる準備のため右手を真横に

伸ばしてブースの壁につく。

後ろからお尻がチラッとのぞき、コートの前もやや横に開く。

もっと大胆に広がるかと思ったが、そうでもなかった。

しかし、この後の展開に期待してドキドキが高まる。

妻の右足が床から離れてスーッと膝が前に上がっていく。

腰の高さまで膝が上げられてコートの裾が大きく広がり、

パンスト直履きの下半身が完全に彼の目の前に晒される。

彼が手を差し出せば触れられるほどの至近距離。

おお、、凄い、、

先ほどしっかり見れなかった分、感動も大きい。

天井からのスポットライトは十分すぎるほどの光の量を

妻の下半身にも降り注いでいた。

鏡にはっきりと映る透けた黒い茂み。

さらにその奥の股下の部分のパンストが濡れて

色が変わってしまっているのも分かる。

ここまで思いのほか妻の動作がゆっくりなことに驚いた。

背後の僕を喜ばせようとしている感じではなかった。

ジッと足元に跪く彼を見つめたまま、それを見ることができない彼に

見せつけているようなスローモーション。

まるで、ふふっ、こんな近くで見せているのに見られなくて残念ね、

と妻の心の声を勝手に想像する。

それを見ながら、僕の心臓は、胸から飛び出しそうな勢いで

ドクドクと大きく脈動していた。

手足が細かく震えるほどの興奮に包み込まれる。

股間にもドクドクと血液が送り込まれ、男根が張り裂けそうな

勢いでカチカチに膨張していた。

妻は、知らない、、、、

実は、、、、彼からそれがほとんど見えて

しまっていることを、、、

種明かしをすると、、、、

僕が彼の目に巻いた黒いストールマフラーは、

サラサラしていてすごく軽い。

大きく広げて一枚布にしてみると、かなり薄くて

編み込みが荒い代物。

一枚布の状態で目を覆った場合、向こう側の景色が

ほとんど透けて見えてしまう。

逆に黒い色の効果で外側からは目が

透けて見えることはない。

妻とのセックスで目隠しで使えないかな、と思って、

以前、自分一人で目を覆って試したことがあったので、それを知っていた。

周りの光量にもよるが、家の明かりの下で布を

折って4枚に重ねても人のシルエットが分かるほどだった。

その時は、なんだ透けて見えるんじゃ、使えないな、と思ったが、、、

こんなところで役に立つとは、、、

店長に目隠しする時に、目のラインだけ一枚布に

なるようにストールマフラーの外側を事前に

折って調整してあった。

実は、目隠し作戦を立てていた店内でも試しに

彼の目にこのストールマフラーを当ててみたところ、

「、、、うわっ、、ほとんど向こう側が見えますね、

これ、、」と彼も驚いていた。

視界は狭くなると思うが、このブース内の明るい

光量の下では、かなり見えているに違いない。

彼には、妻のコートの下がパンストのみであることは、

言ってなかった。

彼は、今、自分が見上げている景色に

そうとう驚いているに違いない。

その証拠に、彼のスリムズボンの前がその輪郭が

見てとれるほど大きく膨らんでいる。

顔に似合わず大きそうだ、、、

ブーツの口に足先を差し入れた妻の脚が下ろされていき、

右足のブーツを履き終えた。

暑い、、、

興奮で僕の体が熱を帯びてきて、暑かった。額に汗が滲む。

コートを脱いで後ろのチェアーに放り投げる。

第二幕の準備に入る彼が、自分の横に立てて置いてあったブーツを

取ろうとしたが、上手く取れなくて倒してしまう。

それが彼が思わぬ景色に焦ったからなのか、

あるいは名演技なのか分からなかったが、

僕は、思わずグッドジョブ、と心の中で呟いた。

鏡と壁の角隅に倒れてしまったブーツ。

「あれっ?、、」と手を空振りさせる彼に、

妻が、クスクスと笑ながら自分の手をそのブーツにに

伸ばして上半身を横にひねりながら屈める。

「ちょっと肩借りるわ、、ねっ、、、と、、、」

と片手を彼の肩に置いて体重を預けながらもう一方の

手を彼と壁の狭い隙間に伸ばす。

コートの後ろからお尻が丸見えになるのは、

もう当然だったが、それより前の方が気になる。

重力でパサッと片側が開き、ライトに照らされた妻の白い乳房の

片方が鏡に映りながら彼の肩の横に触れるほどに

近づいているのが見える。

僕は、彼の目線からの光景を思い浮かべ、ドキッとした。

「ふふっ、、はい、、」と拾い上げたブーツを彼の手に当てる妻。

彼が、手にしたブーツの向きを確認する演技をしてから、

妻の足元にそれを片手で差し出す。

先ほどと違うその微妙なブーツの差し出し方とその位置を見て、

僕は、心の中で、おお、いいぞ、と唸った。

妻の左脚からやや外側、2足分ほどだろうか、の位置に

垂直のまま置かれたブーツ。

なんの疑問も持たないまま妻が立ち位置を変えずに、

今度は左手をブース壁についた。

そして、そのままそのブーツの口を目指して左足を

スーッと持ち上げる。

ブーツの口が垂直に置かれると、どうなるか、、、

妻の膝が腰より高く持ち上げられる。

ブーツが脚の外側に置かれると、どうなるか、、、

脚が少し開かれた状態になる、、、当然、股間も、、

この時、軸足の右足には不安定な細いハイヒール。

妻の身体がフラつき、ブーツの口を狙う持ち上げられた足先も

フラフラと行ったり来たりする。

鏡を見ると、そこに映る妻の股間の露出具合が

先ほどとは比べ物にならない。

妻のアソコに濡れてべったりと貼り付いたパンスト。

股下シームレスだったので、開き切っているヒダヒダと

その中心の赤味がかった穴の辺りまでハッキリと

透けて見えてしまっている。

うおお、、凄い、、、

「、、んっ、、と、、あれっ?、、入れづらいわね、、、」

上手く足先をブーツの口に入れられないので、

いったん左足を床に下ろし、2度目のトライを始める妻。

そして、散々、彼に濡れ濡れの股間を晒しまくって、

3度目のトライでやっとブーツに足を通した妻。

両足にロングブーツを装着した妻が、僕の方に斜めに向き直る。

そして腰に片手を当てたモデルのようなポーズで、

「どう?、、、」と、嬉しそうに微笑む。

少し体を引いて全身を眺める僕、

「、、うん、、、すごくいい、、脚が一段と長く見えるよ、、、」

MADAM-X 安藤千代子

新品価格
¥2,889から
(2017/6/18 17:22時点)




美熟女AV女優 黒木麻衣

新品価格
¥2,403から
(2017/6/18 17:22時点)




ピーチキャラメル 熟女の本気汁 ローション付き

新品価格
¥760から
(2017/6/18 17:22時点)




五十路の叔母さん 五十嵐真理 51歳

新品価格
¥1,902から
(2017/6/18 17:23時点)








思いと裏腹な妻、その27、主演女優の妻

RUBY 金髪熟女物語2 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,452から
(2017/6/18 17:05時点)




RUBY 昭和熟女の宴 叶艶子 DVD・ローション付き

新品価格
¥3,041から
(2017/6/18 17:04時点)




思いと裏腹な妻、その27、主演女優の妻

「はは、、すいません、なんか思い出してドキドキしてしまいますね、、、、

ところで、これ、奥様、オッケーって言ってくれますかね、、、」

と、彼がブーツに目を落としながらもう一度妻にフィッティングが

できるかどうかを心配する。

「んー、、、たぶん、ダメだろうなぁ、、、

彼女、かなり恥ずかしがってたし、、」

と、僕が正直に言うと、

「そうですよね、、、」

と、残念そうに肩を落とすイケメン店長。

「、、で、、考えたんだけど、、、」

と、ここで僕は、少し声を落として、思いついたことを彼に提案してみた。

一通り聞き終えた彼が、

「、、そ、、、それは、面白そうですね、、、」と、

興奮でかすれた声をあげた。

僕と店長が戻ってくると、待っていた妻がチェアから立ち上がる。

「あなた、、ありがとね、、高かったでしょ、、」

妻が嬉しそうに僕に腕を絡めて身体をすり寄せてきた。

「色々とサービスしてくれたよ、、、

特別割引券とかノベルティももらったし、、」

僕がレジでもらった小さな紙袋を妻に見せる。

「わー、、すごい、、ありがと、、」と喜ぶ妻が店長を見る。

「いえいえ、、こちらこそありがとうございました、、」

と彼が言ってから、抱えていたロングブーツを

妻の前に差し出し、言葉を続ける。

「、、あの、、これに履き替えて行かれたいと、ご主人が、、、」

「えっ、、でも、、、」と、妻が戸惑いながら僕を見る。

「どう?、、もう一度彼にフィッティングしてもらいたくて、、、」

と僕が勧める。

「、、、でも、、、」

ひょっとしたらここで妻が軽く、いいわよ、と言ってくることを

少し期待していたが、、、

んー、予想通りの反応だ、、、

僕が小声で妻の耳元に「、、やっぱり、、、まだ恥ずかしい?」

と聞くと、うん、と頷く妻。

「あ、、あの、、でしたら、目をつぶっていましょうか、、、」

と店長が言う。

その言葉が意外で可笑しかったらしく、妻が、プッ、と吹き出す。

「、、ふふふっ、、見えなくてもできるの?、、」

「ええ、できると思います、、、やったことないですが、、はは、、」

と彼も笑う。

「それなら、、どう?」と、僕が妻に聞いてみる。

「んー、、、でも、、」とまだ拒む妻。

確かに途中で彼が目を開けないという保証は、ない。

「ははっ、、じゃあ、、、俺が後ろから店長の目を隠そうか?、、どう?」

「ええっ、、、そこまでするんですか?、、

信用ないですね、、はは、、」と笑う彼。

妻もその光景を思い浮かべたらしく、クスクスと僕の横で笑い始める。

「、、うーん、、、じゃあ、こうしようか、、」

と僕は、自分の首に巻かれていた黒いストールマフラーを外して、

真ん中を細く絞り、一歩進んでそれを店長の目に当てた。

「ええっ、、本当にするんですか?、、、」

と言った彼を無視してそのままそれを頭の後ろで結んでしまう。

ブーツを抱えたまま黒いストールマフラーで目隠しされた彼が口を

ポカーンと開けている光景がすごく間抜けな感じがして、

つい、はははっ、と笑ってしまった。

妻も一緒になって、くくくっ、と笑いを堪えている。

僕が妻に振り返り、「どう?、、、これなら、、」と聞いてみると、

「はー、可笑しい、うふふふっ、いいの?それ、、、

わかったわ、、それなら、いいわ、、」

と、この妙な展開に妻も乗ってきた。

「じゃ、店長、、こんな変な姿をもしも見られると大変なので

、、こっちへ、、」

と僕が店長の腕と肩を掴みゆっくりと一番奥の試着ブースの中へ誘導する。

「うわっ、、な、、なんか見えないと恐いですね、、」

と言いながら彼が恐る恐る歩みを進める。

ここまでが、先ほど、店内で僕から店長に言ってみた作戦だった。

すでに、かなり見られてしまった、と自覚のある妻に

もう一度フィッティングさせて欲しい、とお願いしても

きっと無理だろうと思っていた。

肝は、店長が目隠しをすること、そうすればきっと妻も面白がって、

そして見られる心配もないのでOKしやすいのでは、、、と考えた。

ブースの奥の鏡の前で彼を180度反転させて、

「ここでいいかな、、、」と言うと、彼がそーっとその場に跪く。

ここで妻に聞こえないように、オッケー?、

と彼の耳元に囁くと、彼が一つ頷いた。

セッティング完了、、、あとは、、、

と、振り返るとブースの入口の端から妻がまだクスクスと

笑ながら面白がって僕ら二人を覗いている。

「ふふふっ、、、ほんとに?、、ここで?、、履かせてもらうの?、、」

「はは、、任せてください、、、でも、もし前後左右とか間違えたら、

僕を蹴っ飛ばしてもいいですよ、、」

と、彼が冗談を言うと、

「ふふふっ、、そんなことしないわ、、でも、ちょっと

踏んづけちゃうかも、、、」

妻も楽しくなってきたようだ。

僕は、ブースを出て妻の後ろに周り、

「じゃあ、、靴を抜いで、、店長の前へ、、」

と妻のお尻をポンッと叩いて目隠しフィッティングの

開始の合図をした。

僕を振り返り見る妻が、ふふっ、と楽しそうな笑みを浮かべる。

靴を脱いだ妻がブースに入ったところで、

僕は、「ちょっと待って」、と妻の両肩を掴んでクルリと

身体をこちらに回した。

そして唇にチョンと軽く触れるぐらいのキスをしてから、

妻のコートのボタンに手をかけた。

妻から拒まれるかと思ったが、妻の両手は下げられたままで、

僕の手を阻止しようとしない。

顎を引いてジッと僕の指を見ている。

そのまま一気に上から順番にボタンを外した。

コートの前の隙間から、胸の谷間、おへそ、そしてノーパンパンストから

透ける濃いめの黒い茂みが縦のラインに並ぶのが見える。

うーん、、、エロい姿だ、、、

もう一度、軽く唇を合わせてから、妻の両肩を掴んで

クルリと向きを反転させた。

1畳強程度の狭い試着ブース内で妻が奥の鏡に向き合う。

その妻の足元には、目隠しされた店長。

彼がやや上を見上げる感じで、両腕を前に真っ直ぐ伸ばして

ロングブーツの片方の口を差し出している。

僕は、伸ばせばすぐに妻に手が届くほどの近さのブースの

入口の外に立ち、そこから二人を覗き見る。

当然、カーテンは、閉めていない。

店長の背中側の一面に鏡があるので、少し見る角度を

ずらせば妻の正面の様子もよく見える。

もしも誰かがこのスペースに急に入ってきても

僕が対処できる絶好の監督ポジション。

思わず、アクション!、と言ってしまいたくなるが、

心の中だけに留めておく。

主演女優の妻が、アクションを開始する。

親戚のおばさんといけない子作り 喜多見ゆりえ40歳

新品価格
¥1,196から
(2017/6/18 17:01時点)




RUBY(玩具) 純淫 藤木未央の熟女名器 【エクセレントローション15ml付き】

新品価格
¥2,013から
(2017/6/18 17:01時点)




JOYBOX 【絡みつく熟女ホール】あなた許して・・ ローション付き

新品価格
¥918から
(2017/6/18 17:02時点)




翔田千里の熟女肉便器 DVD付き

新品価格
¥2,940から
(2017/6/18 17:02時点)






思いと裏腹な妻、その26、妻は特殊仕様

北条麻妃の熟女肉便器 DVD付き

新品価格
¥2,818から
(2017/6/18 16:46時点)




TIARA J-HOLE 美熟女の肉壷 松嶋友里恵 ローション付き

新品価格
¥884から
(2017/6/18 16:48時点)




思いと裏腹な妻、その26、妻は特殊仕様

「マネージャー?、、店長みたいなもの?、、すごいね、、、」

「ははっ、一応、、、雇われの身ですが、、」

「いくつ?」

「28です」

「おー、若いね、、いいなぁ、、」

「でも、、奥様もそれぐらいですよね、、、」

と、彼の目線が目を閉じて静かに座っている妻にチラッと走る。

「ははっ、、、もう30代だよ、、、」

「えっ、本当ですか?、、、自分と同じぐらいか、少しお若いか、

と、、、すごくお綺麗で可愛らしいですし、、、」

と、信じられないようにジッと妻を見つめる。

妻を褒められるのはいつでも嬉しい。

「ははっ、、ありがとう、、、あっ、そうだ、あのブーツ、頂いてくよ」

と僕が言うと、彼の笑顔がパッと光った。

「あ、、あのご試着されたブーツですね、、、ありがとうございます、、、

では、、、すぐに、、、あっ、ゆっくり、ご用意いたします、、」

と、彼が軽い冗談を飛ばしてから店内に戻って行った。

ふーーっ、と息を吐いて、僕も妻の横に腰を下ろした。

妻は、まだ目を閉じてうつむいたままだったが、

今は穏やかな呼吸をしていた。

眠っているようにも見える。

そのまま妻の肩を抱いたままでいると、しばらくしてから妻が、

フッと目を開けて頭を上げた。

「、、、大丈夫?、、」

と僕が声をかけると、

「、、ふふっ、、ゴメンね、、、」

と、妻が照れ笑いを浮かべる。

「ははっ、、焦ったよ、、、でも、彼がいい感じの人でよかったね、、」

「うん、、、でも、すごく、、恥ずかしい、、」

と、紅潮した頬を両手で覆う妻。

先ほどのことを色々と思い返してしまっているようだ。

その色々なことを聞いてみようと思ったところで、

イケメン店長が戻ってきた。

「あ、、あ、、よかった、、、奥様、、、大丈夫ですか?、、、」

と、回復した妻を見て、心底嬉しそうな笑顔で妻を気遣う彼。

「えっ、、は、、はい、、もう、その、、あ、、えっと、、ありがとう、、、

じゃなくて、、ごめんなさい、、、」

と、頬に両手を当てたままの妻が恥ずかしさのあまりモジモジする。

そんな可愛い妻を見て、僕と店長から笑いが起こる。

「あ、、これ、、よかったらどうぞ、、」

と彼が手にしていたホットミルクティのペットボトルを妻に手渡す。

「わーっ、、嬉しい、、、ありがと、、」

と、妻が喜ぶ。

そして、「ブラックでよかったですか?」と、僕には、温かい缶コーヒー。

さすが若くても店長、なかなか気が利くな、、、、

とまたまた感心してしまった。

「、、あの、、ご主人、、すいませんが、レジの方でお支払い、

よろしいですか、、」

と彼が言うので妻をその場に残して、僕と彼は、

店内のキャッシャーに向かう。

思った通り、セール中でもけっこういい値段だったが、

まあ、妻がより魅力的になるなら安い、安い、、、

と、自分に言い聞かせた。

支払いを済ませながら、もう一度彼にフィッティングしてもらいたいなぁ、

と邪心を思い立った僕は、このブーツに履き替えて行きたい、

と店長に伝えた。

分かりました、と彼が値札を取り去る。

「お世辞じゃなく、すごくお似合いでしたよ、、、」

と彼が周りに人がいないのを確認してから続ける、

「、、、正直、見惚れてしまいました、、、自称、脚フェチなんですけど、

ははっ、、、奥様、僕の理想です、、、」

「ははっ、、ありがと、、、それは、妻も喜ぶよ、、」

次の客がレジにやってきたので、僕と彼は、その場から離れる。

妻の待つスペースに彼と並んで戻る途中も堰を切ったように彼の

妻に対する熱い語りが続く、

「本当に奥様のような、素敵なお客様には、

なかなかお目に掛かりません、、、

最初に、お声をかけさせて頂いた時から実は、

僕もドキドキでしたけど、、、、

本当に可愛らしいくて、、、新年早々、今年の運を使い

果たしたかもしれません、、はは、、、」

ははっ、、、どうやらそうとう妻に参ってしまったという感じだな、、、、

これだけ妻が褒められると夫として当然嬉しい。

彼の話に相槌を打ちながら妻の待つスペースの手前まで来たところで、

彼が足と同時に話を止めたので、僕の足も止まった。

そこで何か急に言い辛そうな仕草を見せた彼が、

「、、あ、、あの、、その、、できれば、もう一度、このブーツを

フィッティングさせてもらえないでしょうか、、、

奥様のご体調さえよければ、、、」

と、僕に申し出をしてきた。

こちらから頼む手間が省けたな、と思いながら、僕が答える。

「うん、、俺は、もちろん、構わないけど、、、というより、

そうしてもらおうかなって思ってたんだけど、、、」

「あ、、ありがとうございます、、」

と、本当に嬉しそうに満面の笑みを浮かべる彼。

「んー、でもなぁ、、彼女が、いい、と言えば、、だけど、、」

と、僕は、正直に思っていたことを打ち明けた。

あんなに恥ずかしい思いをした妻が、果たしてオッケーと

言うかどうか、実のところ僕にも自身がなかった。

「あ、、確かに、それは、そうですよね、、、」と、彼が何か

思い当たる節でもある様子で両手に抱えていたブーツに視線を落とす。

彼に直球をぶつけてみる僕。

「、、、で、、もう、気づいていると思うけど、、、

実は、下着を履いていないんだよ、、、彼女、、」

「えっ、、あっ、、その、すいません、、、」

と、僕のボールが豪速球すぎたのか、うまく打ち返せない彼。

「ははっ、、実は、けっこう見えてた?、、、」

と、追い打ちをかけると、

「あ、、あの、、はい、、実は、かなり、、」

と、彼が正直に白状する。

「ははっ、、ぜんぜん構わないから、、、で?、驚いた?」

「それは、もう、、、かなり、、、」

「ははっ、、そうだよね、、、、どのあたりから気づいた?、、」

「その、、実は、最初は、よく分からなくて、、、

あれっ?って感じでしたけど、、、で、そのうちに、

もしかして、そうかなって、、はは、、すいません、、、」

「そっか、、で、手が滑った、と、、、」

「あ、、あれは、、すいません、、でも、わざとじゃないですよ」

と、焦る彼。

「ははっ、知ってるよ、、、、で?、かなり、だったんだ、、」

「ええ、、一瞬でしたけど、、かなりの衝撃でした、、、はは、、」

この辺りで彼も男同士の顔つきになり始めた。

今度は、彼から僕にボールが投げられる。様子見のボール玉。

「あの、、、奥様のさっきのあれって、

発作っておっしゃってましたけど、、、もしかして、、、」

「ははっ、、そう、、、その、もしかしてだよ、、、」

と、僕がそのボール玉を打ち返す。

「、、、す、、凄いですね、、、そんなこと本当にあるんですね、

あんなの初めて見ました、、、」

と、興奮気味の口調で彼が目を見開く。

「ははっ、、その気持ち、よく分かるよ、、、、」

今回で2度目、いや3度目か、、、だが、僕にとっても初回の

衝撃は今だに色あせていなかった。

妻が持つ、特殊仕様、、、、脳内快感だけでイッてしまう体質

RUBY 妖艶熟女名器 大塚咲 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,452から
(2017/6/18 16:48時点)




RUBY 紫彩乃の淫熟女名器 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,850から
(2017/6/18 16:49時点)




熟女名器 戸山初子

新品価格
¥3,042から
(2017/6/18 16:50時点)




完全再現 初脱ぎ熟女名器 沢村ちひろ 50歳 [日本製][ローション付属][非貫通]

新品価格
¥3,466から
(2017/6/18 16:50時点)






2017年06月17日

思いと裏腹な妻、その25、妻が妄想でいっちゃいました。

RUBY 森文乃の超熟女名器 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,452から
(2017/6/17 19:43時点)




RUBY 牧本千幸の淫熟女名器 DVD・ローション付き

新品価格
¥2,851から
(2017/6/17 19:43時点)




思いと裏腹な妻、その25、妻が妄想でいっちゃいました。

すでに僕の足は妻の方向に歩き出していた。

僕が妻の横にたどり着く、、

妻は、イッてしまってる真っ最中だった。

目をギュッと閉じ、顎をグッと上げ、

必死に手で口を押さえながら、、、、

手のひらの向こう側から圧し殺した妻の喘ぎ声が

微かに聞き取れる。

「、、、んっ、、、、、、ふっ、、、、、、んんっ、、、」

快感にのみ込まれながら背中をビクン、ビクンと反らせる妻の

足元に跪いている店員を見ると、、、

妻の片足を掴んだまま、唖然とした表情で妻を見上げていた。

突然横から現れた僕にも唖然としたままの表情を向けた店員は、

何が起こっているのか飲み込めず、どうしていいのか分からない様子で

妻と僕に交互に目を配る。

「大丈夫、、、、、いつもの発作だから、、、」

と彼に言って、身を屈めて横から妻の身体をギュッと抱きしめた。

「、、、大丈夫、、、俺だよ、、」と、妻の耳元に囁く。

僕の腕の中でしばらくビクビクと痙攣していた妻だったが、、、

やがてスーッと波が引いていくように僕に体重を預けてきた。

僕は、かなり辛い体勢だったが我慢しながら、店員に顔を向ける。

「、、、だ、、大丈夫ですか?、、、救急車呼びましょうか?、、」

と、心配顔の彼が言う。

当然、そんな大それた事をされては困る、と思った僕は、

努めて明るい笑顔で、

「ははっ、、大丈夫、大丈夫、、、彼女、、うちの奥さん、、

たまにあることだから、、、もう、治まったよ、、、」と返した。

「、、、あの、、、旦那様ですか?、、、」と、

彼が聞くので、うん、と頷いた。

「悪いけど、、、少しここで休ませてもらってもいいかな?」

と、僕が尋ねると、

「あ、、それは、全然構いませんが、、、」

と彼が立ち上がり、店内を見渡すように首を動かす。

そして、「もう一つ椅子をお持ちしますね、、、少し、お待ちください」

と言ってその場を離れた。

絶頂の余韻だろう、時折妻の身体がピクッ、ピクッと

震えるのが僕の体に伝わってくる。

すぐに、妻が座っている椅子と同じ形の椅子を

持ってきた店員が、それをすぐ隣りに置く。

「こちらにどうぞ、、、」と、

彼が僕にそこに座るように促してくれたので、

僕は、妻の身体を支えながら妻の横に腰を下ろすことができた。

ギックリ腰にでもなりそうだった辛い体勢から

開放された僕は、ホッと一息入れた。

彼のなかなか落ち着いた判断と行動がかなりありがたかった。

妻を僕の肩にもたれかからせ、向こう側の肩を抱くよう支える。

そうとう必死に声を圧し殺したのだろう、まだ肩で大きな

呼吸を繰り返している。

「はー、ありがとう、、助かった、、」

と僕が彼にお礼を言うと、

「いえいえ、、、」と言った彼がそのままジッと

沈黙して妻を見つめている。

ここで僕は、背後の店内を見回して見る。

やはり、数人が、何事?、という感じでこちらをチラチラと見ていた。

今すぐにでもここから立ち去りたいが、、、、

この妻の様子では、自力で歩けるまでに少し時間が

かかりそうだった。

しかも、コートの下がほぼ裸という今の状態では、

肩を担いで行くわけにもいかない。

下半身を隠しながらなんて、まず無理だ。

まるで夜の公園のベンチのように男女が肩を

寄り添って座っている姿が、客や他の店員の好奇の

目に晒されてしまうが、、、

まあしょうがない、、、、ここでこのまま妻が回復するのを

待つか、と、考えていたところに店員が口を開く。

「、、、あの、、よろしければ、あちらの奥にもう少し

落ち着いて座れるスペースがありますが、、、」

と、こちらの事情を理解したように気を

遣ってくれることに、感心した。

彼の言う、あちら、を見ると、ここから少しだけ離れた斜め前の壁に

1枚分のドアをくり抜いたような間口があった。

「、、、ありがとう、、、でも、、、」

でも、このコートの下は、ほとんど裸なんだ、

なんてことは言えるわけがない。

その間口まで近いが、いくらかの人の目を引きつけてしまっているこの

状況下で妻の下半身を晒すことはできない。

「よろしければ、手をお貸ししますけど、、、、

二人がかりでしたら、その、、、大丈夫かと、、、」

と、言いにくそうに言葉を続ける彼の目線が妻の

下半身辺りに向けられる。

あ、、そうか、、、彼は、もう知っているんだった、、、

そういうことなら、、、

「ははっ、オッケー、、、じゃあ、悪いけど手伝ってくれるかな、」

僕がそう言うと、彼が「はい」と妻を挟んで僕の反対側に

スッと移動した。

何をすればいいのか理解している動きだったので、

彼を信頼することにした。

「いい?、、、ゆっくり立つよ、、、」

と妻の耳元に言うと、妻が、うん、と頷く。

彼と二人で両側から脚に力が入らない妻を支えながら、

そーっと立たせる。

フラフラする妻の身体を彼に預けて、僕は、妻のコートの後ろが

開かないように片手で合わせ目を握り、

さらに自分の体で覆うようにガードした。

「オッケー、、じゃあ、、少しだけ歩くよ、、、」

と僕が妻に言うと、顔をうなだれたままで妻が頷く。

ハァ、ハァと吐息を漏らしながらゆっくりと歩みを

進め始める妻を彼が横から支え、僕も後ろから補助する。

近くにいた店内の客が、何?、あの人気分でも悪くなっちゃったの?、

という感じで僕らをチラチラ見ていたが、もう気にしないようにした。

くり抜かれた壁を抜けるとそこは、洋服店の試着室のような、

いや、試着室そのもののスペースだった。

店内を背にした壁側に3人掛けほどの長さのシンプルな木枠フレームの

ソファーチェアーが2席並んで置いてあったので、

その一つに妻をそーっと座らせる。

店員が言う、「、、背もたれもありますし、、ここで、少しお休み下さい」

「ありがとう、、、悪いね、、」

と僕が言うと、いえいえ、と彼が手を振る。

チェアーの反対側に試着用のブースが4つ並んでいる。

それを不思議そうに見ていた僕の疑問に答えるように彼が口を開く。

このスペースは、以前ここにあった洋服ブランド店の

名残であるということ。

そして今は、使用していないが、この先、倉庫として利用する予定、

ということを説明してくれた。

最後に「靴屋には必要ないですし、、」と笑う彼に、

僕も「ははっ、、確かに、、」と笑った。

「ありがとう、、、仕事中なのに迷惑かけたね、、

ところでお店の方は、大丈夫?、、」

「迷惑だなんて、全然、、、それに、店も大丈夫です、

今日はスタッフを多めにいれてますから、、、

えっ、と、申し遅れました、、、、」

と彼がシャツの胸ポケットから薄いメタルケースの名刺入れを取り出し、

僕に一枚を差し出す。

名前の上にマネージャーと書かれてあった。

TIARA J-HOLE 豊満熟女の肉壷 加山なつこ ローション付き

新品価格
¥760から
(2017/6/17 19:43時点)




RUBY 近所のムッチリおばさん ローション付き

新品価格
¥1,330から
(2017/6/17 19:44時点)




センタービレッジ 肉厚菩薩

新品価格
¥2,790から
(2017/6/17 19:44時点)




J-HOLE美熟女の肉壷 村上涼子

新品価格
¥935から
(2017/6/17 19:44時点)






思いと裏腹な妻、その24、店員さんに見られちゃいました。

RIDE 【変態熟女】じゅくじゅく ヴァージンローション付き

新品価格
¥434から
(2017/6/17 19:22時点)




熟女の星 翔田千里の陰部完全レプリカ

新品価格
¥2,530から
(2017/6/17 19:22時点)




思いと裏腹な妻、その24、店員さんに見られちゃいました。

僕の役は、それをドキドキしながら見守る変態の王様?、、、か、、、

あまり慣れていない細く高めのヒールに妻の身体が少しフラフラする。

妻のもう一方の片手が彼の肩に置かれ、

手と手を取りながら妻と彼が笑いながら何か会話を交わす。

その光景を見ても特に嫉妬心は、起こらなかったが、

本当にそのままダンスを始めて妻をクルクル回してくれないかな、、、、

と、妄想して興奮してしまう僕(変態の王様)。

そのまま店員が妻を促して数歩離れた姿鏡の前に妻を立たせる。

そのヒールがやや高めの黒い革のスリムフィットの

ロングブーツは、僕好みだった。

妻の美しい脚にもよく似合っていて、脚長効果抜群だった。

うーん、良い、、、

買い、、だな、でも、ちょっと高そう、、、

両手でコートの後ろを押さえながら鏡に向き合う妻。

いつものようにクルクルッといった感じではなく、

ゆっくり慎重に前、横、そして後姿を写しながらそーっと回り出す。

その足さばきが何だか危なかしくて、僕までハラハラする。

店員が何か話しかけ、妻が照れながら笑っている。

何か嬉しいことを言われているみたいだ、、、

その時、突然、あっ!と声が出そうになった。

妻が身体を回した時に、きゃっ、という感じで

バランスを崩してふらついた。

反射的に店員が妻の横から支えようと手を伸ばす。

そして、妻がとっさに彼の腕と肩にしがみつきながら転ば

ないように踏ん張る。

横方向に動いた脚の勢いで妻のコートの後ろの合わせ目が

逆V字にパッと開き、一瞬、お尻が露出する。

うおっ、、、

妻が、あっ、という感じですぐに脚を揃えて片手で

コートの後ろを押さえる。

よろけてイケメン男性に抱きついてしまう美女。

まるで、よくある少女漫画のワンシーン。

そのヒロインが全裸コートの興奮状態の人妻で

あることを除けば、、、だけど、、、

すぐに、あっ、ごめんなさい、といった感じで店員から離れる妻。

店員も予想外の展開にドギマギしている様子で動きがぎこちない。

再び鏡に向かった自分の姿を見ながら妻が

胸に片手を当て、深呼吸するようにフーッと、息を大きく吐いている。

妻もかなり焦ったことだろう、ここまで妻の

ドキドキしている心音が聞こえてきそうだ。

転ばなくてよかった、、、と思っているかもしれない、、、

あるいは、とっさにイケメン店員にしがみついてしまった

ことにドキドキしているのか、、、

妻のドキドキ感が僕にも伝わってくるようだった。

僕も無意識にフーーーッ、と大きな息を吐いていた。

しかし、、、

先ほどの僕の邪念が通じてしまったかのようなハプニングに

少し可笑しくなりながらも素直に興奮してしまう。

あのコートの下の心理効果は、思った以上に凄い。

再び妻が試着用の椅子にそっと慎重に腰を下ろす。

店員も再び妻の正面に跪き、今度は脱がせるため

ロングブーツに手を伸ばす。

この時も、すぐに両手がコートの上から離されて、

ブーツを履かされた時と同じ姿勢になる妻。

なかなか脱げないブーツに二人が笑っている。

彼が何とか脱がそうとして、妻の脚を揺らすのでコートの

前の隙間がチラチラと開く。

ひょっとしたら妻が足首を使ってわざと脱がしに

くくしているのかも、、、

爽やかな笑顔で妻に話しかけているイケメン店員だが、

すでに妻のコートの奥を見たい欲望に負けてしまっているらしい。

さりげなくその目線がしっかりと妻の脚の付け根あたりに

注がれているのがここからでもよく分かる。

同じ男だから彼の行動と気持ちがよく分かる、

こんなイイ女のパンチラが正面から拝めたら、

きっと少なくとも今日一日は、ハッピーな気分で過ごせる。

ノーパンパンストなら、その破壊力は、計り知れないだろう、、、

しかし、、一体、どこまで見えているのか?、、、、

彼の眼前にどんな景色が?、、、、

コートの影でそこまでハッキリと見えていないことを

ちょっとだけ祈りつつ、、、

でも、ひょっとしたら、、、と望んでしまう僕がいた。

興奮して頭がクラクラしてきた。

そして残りのブーツに手を掛ける店員。

同じように揺すられる脚、そして妻の股間に

目線を忍ばせる店員。

ここで、全くの予想外の出来事が起こった。

あまりに突然過ぎて何の反応すらできなかった。

なかなか脱げないブーツをグイッと引っ張る店員の手が滑って、

その反動で妻の左脚の膝がスポンと跳ね上がった。

大きくめくれ上がるコートの合わせ目から飛び出す妻の

白い太もも。

きゃっ、とバランスを崩して背中側に倒れそうになった妻が

必死に身体を支える。

慌てて体勢を戻して、両脚を閉じ合わせ、

コートの前を押さえる、、、、

が、、、時すでに遅かった。

えっ?、と信じられないモノを見たように

彼の目が大きくなっていた。

妻と彼、そして僕、3人だけ時間が止まったように固まった。

コートの前を両手でギュッと押さえながら店員を見つめる妻。

どうしていいか分からないようだ、、、

彼も驚いたまま妻を見つめ返していたが、、、

すぐに、ハッ、と我に帰り、なんとか止まった時間から抜け出す。

そして彼は、見てはいけないものを見てしまった、という感じで

黙々と目を伏せたまま、手からすり抜けてしまった

ロングブーツを妻の足から抜きとった。

なんだ、、、簡単に脱げるじゃないか、、、と、

やっぱりあれは妻の悪戯だったな、と確信した。

このハプニングが性急すぎて、この時の僕は、興奮というより、

見られてしまった、という事実にただただ唖然としていただけだった。

微動だにしない妻の足元で、目線を上げられない彼が、

妻の元々履いていたショートブーツを手に取る。

妻が足先をフロアから少し上げることを待つ彼。

少し間をおいた彼だが、動かない妻、

いや、完全に見られた恥ずかしさで動けない妻。

仕方がなかったのだろう、彼が手を伸ばし、

妻のふくらはぎを下から持ち上げる。

その瞬間、ビクッと妻の肩が震える。

とっさに握った片手の甲を口に当てる妻。

んっ、???、どうした?、、

そして、さらに続けてビクビクと背中を軽く反らしだす妻。

なっ!、、、まさか、、、

続いてもう片方の足のふくらはぎに彼の手が触れると、、、、

妻が手の甲を裏返し手のひら全体で口を覆い、、、

ググッと胸を突き出しながらビクビクビクッと

伸びるように身体を痙攣させ始める。

その振動が足元の店員にも伝わってしまったようで、

彼が伏せていた顔を上げて妻を見上げる。

まずい、、、

TIARA J-HOLE 淫乱美熟女のあそこ 青山葵 ローション付き

新品価格
¥760から
(2017/6/17 19:23時点)




熟女の星 風間ゆみの陰部完全レプリカ

新品価格
¥2,376から
(2017/6/17 19:24時点)




団地妻は蜜の味 【肉厚 2つ穴オナホール パンティ付き 】

新品価格
¥1,344から
(2017/6/17 19:24時点)




熟 素娘名器

新品価格
¥866から
(2017/6/17 19:24時点)




熟女の秘穴

新品価格
¥1,323から
(2017/6/17 19:25時点)







思いと裏腹な妻、その23、見えちゃうよ

Utimi バイブレーター フェラ電動バイブ 8つの振動モード 舌の形ラブグッズ Gスポットバイブ

新品価格
¥2,520から
(2017/6/17 19:02時点)




ローリングフェラボンバー

新品価格
¥4,740から
(2017/6/17 19:03時点)




思いと裏腹な妻、その23、見えちゃうよ

よく見なくても妻の頬が上気して赤みを帯びているのが分かった。

そのまま数店、妻に付き合わされた。

妻を見つけて一安心して落ち着いて冷静にになってくると、

この妻のコートの下がほぼ全裸だと思うことに

だんだんとドキドキして興奮してきた。

一体、妻自身のドキドキ感はどれほどなんだろう?

「ここ、新しいお店ね、、、前に来た時なかったわ、、」

と、足を止める妻。見ると、、、靴屋。

腰ほどの高さの凝ったディスプレイに女性用の靴が並べられている。

「ちょっと、見てもいい?、、」

と、一応僕に聞くが、すでに入る気満々の妻。

店内に入ってみる。

いわゆるディスカウント靴屋と違った雰囲気で洒落たブランド服店、

いや、、高級鞄店に近い感じか、、、照明もややトーンダウンされている。

男性用の靴もあるようだが圧倒的に女性用のものが多い。

意外に奥行きのある店内には、女性客が目立っていて、

あとは、カップルがちらほら、といった感じだった。

妻は、僕に組んでいた腕をスルッと抜いて、

僕を置き去りにしてハンターのような目つきになり店内を探検し出す。

おっと、買い物モードに入ったな、、、と、思いながら僕は、少し離れて

妻の姿を目で追っていた。

次々と気になる靴を手にとってクルクルと

回して眺めてから、元の位置に戻す妻。

手でコートを押さえながらとはいえ、白い太ももがコートの前後の

深い合わせ目からかなり際どくチラチラするので、

いちいち妻の動きにドキドキする。

でも、まさかあのコートの下が全裸パンストだなんて

誰も思わないだろうなぁ、、、、

と思いながら少し距離をとって妻を眺めながら僕も店内を

ウロウロしていた。

妻が、あるロングブーツの前で立ち止まり、その片方を手に取る。

そのブーツを気に入ったのだろう、少し長めに自分の身体の前で

クルクルさせて検分している。

そんな妻の後ろ姿を眺めていたら、スルッとそのブーツが

妻の手から滑り落ちてしまった。

条件反射、、、、

あっ、とコートの後ろを押さえることを忘れたままフロアに

落ちたブーツについ手を延ばしてしまう妻。

この時、ちょうどゴルフのティーを芝に刺すような感じで

脚を伸ばしたまま上半身を深く屈めてしまったのがいけなかった。

コートの後ろの裾がずれ上がり、合わせ目がまるで

カブト虫の羽のように左右にパッと広がった。

うおっ!、、、

ほんの2、3秒だったか、パンストだけに包まれたお尻の下半分以上も

露出して目が釘付けになってしまった。

丸見え、、、だぞ、、

妻が、ハッ、としてすぐに身を起こし慌てて片手でコートの

後ろを押さえて、すぐに後ろを振り返ったので目を

見開いていた僕と目が合う。

伝言ゲームのように、僕も、ハッ、として慌てて後ろを振り返り、

誰かに見られなかったか、とキョロキョロする。

ふーーー、、大丈夫のようだ、、、

再び妻に目を向けると、半身をこちらに振り返ったまま、、

ふふっ、やっちゃった、、というような照れ笑いを浮かべ僕を見る。

そこへ、僕の視界の外から若い男性の店員が妻の横から歩み寄ってきて、

妻が落としたブーツを拾い上げながら妻に声をかけたのでドキッとした。

妻も相当ビックリした様子で店員の方に身を向けながら片手を

心臓の上に当てている。

見られて、、、なかったよな、、、、

僕の位置から会話の内容は、聞き取れなかったが、

笑顔の店員が妻の手にしているブーツの説明をしているようだ。

僕は、妻がすぐにその店員をあしらって僕のところに戻ってくると

思っていたが、意外に会話が弾んでいる。

よく見ると妻好みの爽やかな感じで、なかなかのイケメン男性だ。

20代後半ぐらいだろうか、黒い細身のズボンに

白いパリッとしたシャツの洒落た装いで落ち着いた感じがする。

店員が妻に試着用に置いてある椅子を指差し

てからお店の奥に行ってしまった。

??試着するのか?

店員が示した椅子にチョコンと腰掛けた妻が

ニコニコ顔を横に向けて僕を見る。

面白そうなのでこのまま少し離れた位置から見守ることにした。

しばらくすると、先ほどの店員が妻のサイズのブーツを

持って戻ってきた。

店員からブーツの片方を手渡された妻がそれを膝の上に

抱えて彼を見上げ、何やら楽しそうに会話を交わす。

妻が片手を口に当てながらクスクスと笑う仕草を何度も見せる。

あのコートの下を想像すると、そんな妻のすぐ側に男がいて

話しかけているのを見ているだけでかなりドキドキして興奮してくる。

さらに、これからあの店員が注視する下で妻は、

ブーツを履いたり脱いだりしなければならない。

それを思うと、、、さらに興奮が昂まってきて、

僕のコートの下の男根もすでに大きく勃起し始めていた。

きっと妻自身のドキドキ感も半端ないはずだ、、、

しかし妻の横顔からは、何も読み取れない。

などと、思いながら眺めていると、そのイケメン店員が

座っている妻の正面にスッと片膝をついたので驚いた。

えっ?、、、マジか?、、

この日もう何回目だろう?、、、こう思ったのは、、、、


なんと、妻は、彼にブーツのフィッティングを

させるつもりだ、、、

妻が膝から下の片足をスッと持ち上げて店員の前に差し出す。

その試着椅子は、シンプルな四角い背もたれなしの布張り。

それに姿勢よく腰掛けている妻を横から眺める僕。

一応今のところ、妻は、脚をピタッと揃えたまま両手でコートの前を

膝の上からを押さえている。

今のところ、、、は、、、

履いていた妻のショートブーツを手際良く脱がせた店員が

これから試着するロングブーツの片方を手にする。

その口を妻の足先に合わせて履かせていく。

脚を伸ばしやすい姿勢を取ろうと思ったのか、妻の両手が

押さえていたコートの上からスッと離され、後ろに回される。

その両腕で支えながら上半身を少し背中側に倒す妻。

やばい、、これは、ドキドキする、、

ブーツを履かされる方向に力が働くので、

自然と妻の膝が上に少し持ち上がる。

コートの合わせ目が少し開き、妻の白い太ももの内側が

脚の付け根のギリギリまでチラチラ見え始める。

うおおっ、、、見えそうだ、、、

妻の足元に跪いた店員が笑顔で何か妻に語りかけながら

上目遣いでチラチラと正面の妻を見上げている。

彼の視線からは、どこまで見えているのだろう?

コートの下からいきなり股下ギリギリの太腿が現れたので、

この下はどうなっているのだろう?、と不思議に思っているかもしれない。

彼の背後から妻の様子を眺めたかったが、

彼のすぐ後ろが壁を使った靴の並ぶ棚だったので、

それもできないのがもどかしかった。

ロングブーツを履かされ終えた妻が店員に、私を引っ張って立たせて、

という感じで片手を差し出す。

立ち上がった彼がその手を取り妻が椅子から立ち上がるのを手伝う。

まるで、よくある物語の若い王子様が妻をダンスに

誘うシーンのようだった。

鬼フェラホールIII 玉包 桜井あゆ

新品価格
¥2,790から
(2017/6/17 19:03時点)




【猥辱4穴・晶エリー】もはや説明不要のAV界のスーパースター晶エリー(大沢佑香)?フェラ感を加えた第一の穴、手淫感を加えた第二の穴、動きのある極上膣を表現した第三の穴、さらに、程よい締りが熟肛門と、魅惑の合計4穴が誘う、非貫通型、猥辱系快感ホールなのです!

新品価格
¥5,680から
(2017/6/17 19:04時点)




フェラオナホール 魔女の口?代  フェラと陰交 3 D口腔  食用?シリコン 大人のおもちゃ (肌色)

新品価格
¥2,580から
(2017/6/17 19:05時点)






ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
大人の小部屋(11)
洋子ママ(15)
妻と後輩(12)
奥様と下僕(9)
家内の彼氏、(29)
性感マッサージ(5)
家庭教師(14)
続洋子ママ(10)
義母(お母さん)大好き、(25)
これって、4P(2)
妻の妊娠(5)
過ぎ去りし日(10)
(1)
嫁の策略(4)
ないしょ話、でかいのがいいわ。(1)
かわいい娘(4)
妻が帰ってきました。(9)
家族風呂(5)
彼女と彼女のお母さん(4)
妻と若者(12)
運命(6)
甥っ子(10)
出張先で家内(9)
押しかけた親子(1)
奉仕する妻(14)
(30)
下着泥棒(11)
水泳教室(26)
友人の母、(5)
続姉(25)
混浴旅行(12)
母の願い(12)
妻の願望(8)
調教(13)
私の妻は(27)
馬鹿社長の短編日記(5)
夫婦慕情(16)
私の罪、耐える家内、(20)
続・私の妻は(5)
身を売る妻(11)
妻への贈り物(14)
スナックでバイトする妻(16)
続友人の母(27)
パートに出た妻は、(13)
妻の巧(15)
妻への制裁(16)
妻のお話、(20)
浮気の代償(17)
ナース妻(11)
デリヘル紹介に妻が(20)
続ナース妻(14)
わたしはさせ子(7)
妻が手こき嬢に(7)
娘の引っ越しを手伝う妻(11)
本音を話す妻(14)
彼女の連れ子、絢(9)
幼くても私は女よ(7)
ソープにデビューした妻(9)
男の身勝手、女の身勝手(9)
変体趣味(3)
大きいのが好きよ、(7)
好き者かあちゃん(23)
主人をいじめる喜び(5)
奈落(9)
三年前の浮気(19)
夫婦の履歴(17)
120分のご主人様(62)
続・好き者かあちゃん(19)
裏切った妻(16)
彼の一部となった妻(9)
償いを受ける妻(12)
タガが外れた妻(13)
小さな出来事(1)
旅館で燃える妻(6)
奪われた妻、(12)
うちのおかんも飯場じゃ美人(1)
初めての人は外人熟女、(9)
強要される妻(21)
浮気の十字架(20)
娘の友達(36)
妻は何を(15)
母と娘(34)
彼氏がいる妻(13)
私の知らない妻(71)
妻のヌード撮影(15)
目上妻(8)
スケベ妻(50)
相部屋でごめんなさいね(3)
ラマンだった妻(10)
ソープ体験談(3)
モデルになった妻(11)
プライベートビデオ(10)
熟年妻とその友達(32)
よくわからない妻(15)
続熟年妻とその友達(22)
続・良く分からない妻(19)
開花する妻(18)
マッサージされる妻(24)
性春白書(29)
娘とやっちゃいました(1)
先生と妻

寮母

あなたならどう

種馬

同級生

異国で

狂った願望

気になるご近所

妻と私の性癖

デルヘル妻

不思議な幸福感

妻を覗く

妻をハプニングバーへ

サラリーマン無情

情けない、

女に目覚めて行く

主婦の戯れ

実録/ラマン

年上の人

混浴白書

妻を試します

妻の恩返し

由美子マネージャー

青年とおばさん

ゴールデンウィークの悲劇

身代わりに

友人に引かれる妻

離婚した友人

憧れ

温泉旅行

元妻の物語

妻の冒険

させ子妻

続・妻の冒険

私は名探偵

妄想と現実

続・妄想と現実

チャット

お医者さんゴッコ”>

義妹

夫婦交換

一夏の経験

続・気になるご近所

オジサン・大好き

痴漢電車

スワッピングと妻

妻の混浴

若竹

愛妻

単身赴任

仮面をかぶる妻

春よ来い、

尾行

母と娘

花火

玩具にされた妻

愛人になった妻

パンティに他人の精子

妻の献身

続・妻の献身

妻のAVデビュー

洋子クラブ

続・洋子クラブ

サレ夫の托卵

妻をご自由に

懺悔

太った女

続・懺悔

母の受難

夫婦の愛し方

妻の託卵

おばさんと僕

遊ばれる妻

隣のご夫婦

コーチと妻

妻に媚薬を

シャボン玉

仕事人

ストリップ劇場の妻

エロおやじと妻

堕ちていく

悪夢

妻の中出し報告

初めての3P

妻と元カレ

落ちて行く女社長

下着が無くなるのよ、

続・痴漢電車、

コーチの役得

監禁レイプ

妻とバイト君

僕は熟女好き

思わぬ展開に

移り気の妻

秘めてきた願望

恋に落ちた妻

スト―カ―

続・恋に落ちた妻

サラリーマン無情

俺ってM

犯された妻

ママ友

妻の浮気

良母

未開地へ>

スワッピング

奈落(再)

私の家内をご賞味下さい>

アイマスク

彼女と先輩

妻の光り

続ストーカー

僕はペット

妻とセクハラ上司

義姉と私>

尻軽だった妻

童貞と妻と僕

エロガキ

他人に溺れゆく妻

義姉の性

性奴隷に落ちていく妻

妻と甥っ子

妻のヤリマン日記

妻の初体験

女先生

快楽に落ちてゆく

妻物語

性処理便所

続妻物語

新妻物語

浮気妻

妻のいたずら

妻の洗脳計画

娘の旦那さん

ママ僕だよ

妻の乱交

妻の青春

交換デート>

妻と私の秘密

私の屈辱

お姉さんと僕

寝取られの果てに

嫁の母

田舎暮らし

叔父さんの愛人になった妻

思いと裏腹な妻

私を混浴に連れて行って

続・私は名探偵

妻の真情

R-1スターターセット&U.F.O*2個(両胸)のセット

新品価格
¥15,115から
(2016/6/14 23:50時点)

【Gitem】 怪盗グルーのミニオン危機一発 ミニオン ミニオンズ  ボールペン 8種 + ふせんセット (A)

新品価格
¥1,480から
(2016/7/3 08:04時点)