ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
RUZIOさんの画像
RUZIO
元DTPオペレーターで、今は情シスをやっています。 昔からパソコンに慣れ親しんできましたが、プログラム作成の経験は限りなくゼロ。 将来の夢はApple系OSのプログラム作成と、Webページの作成で稼げるようになること。
プロフィール
にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

Macintoshランキング

広告

posted by fanblog

2017年08月12日

進化を続けるiPhoneカバー SpigerのNeo Hybrid(ネオ ハイブリッド)は、耐久性抜群!!

DSC04275.JPG

私は現在、iPhone SEを使ってますが、その前はiPhone 6を使っていました。
そのiPhone 6の時から使っているカバーが、SpigenのNeo Hybridです。

iphone5s ケース iPhone5 iPhone SE ケース ブランド カバー スマホケース SPIGEN SGP Neo Hybrid ネオハイブリッド



DSC04221.JPG

どこがそんなに気に入っているかと言えば、フレームとバンパーの二重構造になっていて、丈夫なところと、ボタン類も保護されているところです。

DSC04224.JPG

DSC04231.JPG

フレームはTPU「熱可塑性ポリウレタン」というゴムと同じように柔らかいプラスティックで、ゴムに比べると経年劣化が少ないみたいです。
裏面のTPU部分は細かく格子状に筋が入っているので、片手で持った時に滑り止めになります。

DSC04243.JPG

バンパーは「ポリカーボネート」で、これもプラスティック製です。
iPhoneの側面を全て覆うような形ですので、どこをぶつけてもiPhone本体に傷が付きません。

それにバンパーの下は柔らかいカバーなので、衝撃を吸収してくれます。

このSpigenのNeo Hybridシリーズですが、iPhoneが新しい機種を出すごとに改良が加えられて進化しています。

DSC04229.JPG

iPhone 6のNeo Hybridでは、サイドに付いているサイレントスイッチ付近のバンパーが、一部細くなっていて割れやすくなっていましたが、iPhone 6s用になると、サイレントスイッチ付近のバンパーの形状変わり、太い形状になっていました。

今回買ったiPhone S用のNeo Hybridでは、バンパーのLightningコネクト付近が太くされていて、強化されています。

DSC04235.JPG

商品説明に「Military Grade」「MIL STD-810」と書かれていたのですが「製品が軍事目的で使える」品質を示し、温度、湿度、高度、振動、衝撃などの条件の合格した商品を示すそうです。

軍事規格などと書くと、なんだかえらくゴッツイ商品に思える品質内容ですが、実物は割とすっきりしたデザインで、部品の仕上がりも綺麗なので、私のようにSimpleな物を好む人でも受け入れられるデザインです。

>>Macブログランキング

>>人気ブログランキング



【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6582920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。