広告

posted by fanblog
  2014年06月03日 / リビングルーム

 レイアウトの参考になる、鏡を使ったフォーカルポイントのつくり方

海外インテリアサイトInterior Designで鏡を使ったフォーカルポイントの実例をまとめたエントリー「MIRROR AS FOCAL POINT」がアップされていましたので、今回ご紹介したいと思います。

フォーカルポイントをつくることはルームコーディネートの基本のひとつですから、この記事を是非参考にしてみてください。



レイアウトセンスが光る、鏡を使ったフォーカルポイントの実例まとめ




フォーカルポイントとは元々ガーデニング用語ですが、視線がもっとも集まる見せ場のことを指します。
つまり、インテリアの中のフォーカルポイントとはその部屋の中で一番視線を集める場所、ポイントなるエリアという意味です。

とくに鏡は部屋を明るくすることができ、空間を広く見せる効果もあります。
比較的、取り入れやすいアイテムですのでオススメです。



扇子のようなデザインが美しい鏡を3つ並べてレイアウト。動きをつけて飾るところがまたオシャレです。
グレーの壁とシルバーのコントラストも、色見を押さえたシックなリビングで鏡をより一層引き立てています。




きらびやかな装飾が施されたフレームミラーは存在感もあり、また空間をラグジュアリーにアップデートすることができます。
ゴールドのフレームカラーがシャンデリアとマッチしており、またスカイブルーのソファや壁紙とも相性がよく、センスのいい空間をつくりあげています。




デザイン性のある形の鏡をチェストとセットでレイアウト。チェストの上に配置したランプや小物と色見を合わせることで、そのスペースをより際立たせることができます。




ソファの後ろの壁は鏡をレイアウトするにはかっこうの場所のひとつです。
この実例のように大きいサイズの鏡を掛けることで、空間に奥行きが生まれます。




立体的なフォルムの鏡はフォーカルポイントづくりの上でもっともユニークに仕上げることができます。
見る角度によって反射する面も変わるので、オブジェ的な使い方ができます。



本来、鏡は自分の姿を映すものですが、インテリアのフォーカルポイントとして取り入れる場合は、対面のものを反射するその性質を活かして光を拡散させたり、空間を広く見せたりといろいろな使い方ができます。

とくにリビングに鏡を取り入れる場合は、姿見としての使い方ではなくインテリアのひとつとしてレイアウトしてみてはいかがでしょうか。

鏡を使ってすぐに実践できそうな、オシャレでセンスの良いフォーカルポイントのつくりかた実例でした。

  スポンサード リンク
 

  このエントリーをはてなブックマークに追加


  ランキング参加中です。クリックして頂けると嬉しいです。

  にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ ブログ王

  Facebookもありますので、あわせてどうぞ。

Wallpaper/廃材柄壁紙

SCRAPWOOD WALLPAPER

カテゴリ「リビングルーム」の記事一覧
カテゴリ「ベッドルーム」の記事一覧
カテゴリ「ダイニング」の記事一覧
カテゴリ「キッチン」の記事一覧
カテゴリ「バスルーム・トイレ」の記事一覧
カテゴリ「インテリア・雑貨」の記事一覧
カテゴリ「その他」の記事一覧

IKEAの家具を使ったカスタマイズ一覧

New Entry/新着記事

RSS表示パーツ

Popular Entries/人気記事

Room Category/カテゴリ

リビングルーム
ベッドルーム
ダイニングルーム
キッチン
バスルーム・トイレ
インテリア・雑貨
その他

Archive/月別アーカイブ

2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
 Facebookシェアアイコン   Facebookをシェア
 Twitterフォローアイコン   Twitterをフォロー
 RSSアイコン   RSS購読する
 お問い合わせアイコン   お問い合わせ
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。