広告

posted by fanblog
  2013年02月11日 / その他

 部屋作りにおいて気をつけなければならない、色使い7つの注意点

海外インテリアサイトHGTVで部屋作りにおける、色使いの注意点7つをまとめたエントリー「7 Color Mistakes to Avoid」がアップされていましたので、今回ご紹介したいと思います。

個人的にも非常に参考になりましたので、備忘録の意味も兼ねてご紹介させて頂きます。



部屋作りにおいて、色の使い方は非常に重要であり、誤った使い方をしてしまうとせっかくコーディネートしたお部屋もアンバランスになってしまいます。

これからご紹介する色使いのヒントを参考に、今後のお部屋作りについて今一度考えてみてもいいかもしれません。



ルームコーディネートにおける、色使いの注意点7つまとめ



1.色相環を見落としてはいけません


部屋をコーディネートするにあたって、まずは基本的な色相環を理解していなければなりません。色相環を理解することにより色の組み合わせの相性を知ることができ、失敗を防ぐことができます。





2.色の黄金比6:3:1を忘れないでください


色の配色においてもっとも美しく見える黄金比は6対3対1だといわれています。60%がベースカラー、30%がセカンドカラー、そして残り10%がアクセントカラーとなります。





3.ライティングを意識してください


常に照明が色の選択にどのような影響を与えるか念頭に入れておきましょう。
それぞれの色が一日のさまざまな時間帯で、部屋をどのように照らすのかを充分に考慮してください。





4.ベージュだけが中立色だと考えないでください


一般的にベージュは中立色とされていますが、暖色と寒色のバランスを上手く利用することで、このリビングルームのように赤色が中性色として作用させることもできます。





5.カラーパレットに過負荷を与えないでください


多色使いは時には美しく見えることもありますが、基本的にあまりに多くの色や相性の悪い色通しを使ってしまうと非常にバランスが悪くなります。





6.必ずしもトレンドカラーに頼らないでください


毎年変わるトレンドカラーを部屋に取り入れる場合は、その色を使う箇所に注意してください。
壁の色や小物などは安易に変えることができますが、大きな家具などで取り入れてしまうとトレンドカラーが変わった時に変更が困難になる恐れがあります。





7.色を性別で分ける必要はありません


今ではピンク=女の子、ブルー=男の子の色ではありません。
女性をイメージする色、男性をイメージする色。をわざわざ使う必要はなく、自分の好きな色を自由に使ってください。


  スポンサード リンク
 

  このエントリーをはてなブックマークに追加


  ランキング参加中です。クリックして頂けると嬉しいです。

  にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ ブログ王

  Facebookもありますので、あわせてどうぞ。

Wallpaper/廃材柄壁紙

SCRAPWOOD WALLPAPER

カテゴリ「リビングルーム」の記事一覧
カテゴリ「ベッドルーム」の記事一覧
カテゴリ「ダイニング」の記事一覧
カテゴリ「キッチン」の記事一覧
カテゴリ「バスルーム・トイレ」の記事一覧
カテゴリ「インテリア・雑貨」の記事一覧
カテゴリ「その他」の記事一覧

IKEAの家具を使ったカスタマイズ一覧

New Entry/新着記事

RSS表示パーツ

Popular Entries/人気記事

Room Category/カテゴリ

リビングルーム
ベッドルーム
ダイニングルーム
キッチン
バスルーム・トイレ
インテリア・雑貨
その他

Archive/月別アーカイブ

2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
 Facebookシェアアイコン   Facebookをシェア
 Twitterフォローアイコン   Twitterをフォロー
 RSSアイコン   RSS購読する
 お問い合わせアイコン   お問い合わせ
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。