2020年12月02日

micro:bitによる関節角度の測定

今回の記事ではmicro:bitを利用した関節角度の測定プログラムを作成したので説明します。micro:bitには加速度センサーが内蔵され加速度だけでなく傾斜角度(ピッチ・ロール)を測定できるようになっています。今回のプログラムは肩関節の外転角度・屈曲角度(上肢を体側に下垂した状態をより外側に離れていく運動方向を外転、上肢を下垂した状態より前方に運動する方向を屈曲といいます。)を測定することを目的として作成しました。測定される人(被験者)の前腕の遠位部(手首)にmicro:bit1(ピッチ角の取得と送信)を取り付けデータを無線送信します。PCにUSB接続したmicro:bit2は送られてきたデータをデバイス・コンソールでモニターすると共にAボタンでLEDに角度を表示できるようにしました。

(図1 プログラムの概要)
20201202-1.png

(図2 ピッチ角より関節角度測定値への変換)
20201202-2.png

(送信用 micro:bit1のプログラム) こちら側にもチェック用としてAボタンで角度表示が行えるよう設定しました。
20201202-3.png

(受信用 micro:bit2のプログラム)
20201202-4.png


パソコンランキング


電子工作ランキング


IoTランキング








posted by ロック at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | micro:bit
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10379564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ロックさんの画像
ロック
独身の中年一人暮しです。日々、仕事に明けくれる生活をしておりますが、休日は、ぼんやり過ごすことが多く、脳の退化を心配する毎日です。今回、思い立って趣味ブログを始めることにしました。どうぞよろしくお願いします。
プロフィール
検索
リンク集
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ