ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
【りらくる柏増尾台店】フシキさんの画像
【りらくる柏増尾台店】フシキ
プロフィール

2020年11月15日

『とみ田』 松戸の人気ラーメン店

7FB61EAC-66E0-4D62-B17C-726F76355D2B.jpeg

遂に松戸の人気ラーメン店『とみ田』に行きました

全国的にも有名な人気店です。
人気過ぎて行列も作っていられないのか、当日事前に食券を買って指定の案内時間に再度来店するというシステム。

平日は8時から食券の販売を開始、土日祝は7時から。
食券を買ったら昼以降の指定の時間に戻ってきます。

今回、土曜日だったので7時に行こうと思いましたが寝坊して8時に

そうしたら購入時に最後の一席と言われ、閉店間際の14時50分に案内されるとのこと
びっくりですね(笑)
7時に販売開始で8時には売り切れ。
とにかく食べられることになって一安心。
購入したのは「つけ麺(並)」(1250円)「特選全部乗せトッピング」(1000円)「極太メンマ」(200円)の合計2450円…、結構なお値段

3年前位?に行った時は昼頃行列に並んで、店員さんに15時頃の案内と言われ断念。
再度来店した時は、すでに売り切れと…


食券も何とか手に入れました…
さて案内まで約5時間、何するんだ?
特に決めてなかった…

そこで、今まで行こうと思って行っていなかったところへ行ってみようと。

色々浮かびましたが、結局両国の『江戸東京博物館』へ。
これはまた今度書こうと思います。



『江戸東京博物館』の見学を終え、再び松戸に戻って来ました。
少し早めの14時20分着。
お店の前にはすでに案内時間を待つ人々が。

時間が来て待っている方全員案内されました。
完全な入れ替え制のようです。

店内に入ると木製カウンターときれいな厨房が。
みんなさんあまり喋らず、緊張した雰囲気。
店員さんの仕事に見入っています。

店長さん?、がまず「特選全部乗せトッピング」のチャーシュー数種類を丁寧に盛り付けます。
懐石料理等の盛り付けみたいに丁寧にきれいに並べていきます。
タイミングを見計らって、大粒のシューマイや極太メンマを温めるために蒸し器に。
麺も茹で始めます。

店員さん達は緊張するでしょうね、こんなに見られて。
気が抜けません(笑)

これも一つの演出なんでしょう。


そろそろ麺が出来そうなタイミングで『特選全部乗せトッピング』や『極太メンマ』、ご飯物等が説明と共に提供されます。

緊張してあまり耳に入らない(笑)

いよいよ麺も用意されました。

7E3406F1-1892-4AA0-A787-2B85EDF22523.jpeg

麺は極太、うどんですよね?

スープのいい香りがします。

チャーシューも出汁もTOKYO-Xという豚を使っているそうですぶた

まず麺だけ食べてみるとコシがあって噛み締めると小麦の甘さが出てきます。

スープはクセがなく濃厚だけど、脂っぽさは感じません。
最近は豚骨、魚介豚骨のつけ麺は至る所にあります。
美味しいのですが、臭みがあったり脂っぽさがあって食べていくうちにクドくなってしまいます。

スープに付けて麺を食べてみます。
極太麺の見た目とは逆で、ガツンと来るような衝撃的な味ではありません。
どちらかというと繊細な味?
食べていくともっともっととどんどん食べたくなる味です。

隣の女性は大盛りで大丈夫か?、と思いましたがこれなら食べきれます。

『極太メンマ』はシャキシャキすごい歯応え。
筍の煮物と通常のメンマの間じゃないかと。

チャーシューは1枚1枚違う部位、調理法とのことです。
むしろこっちがメイン?、と言うほどの力の入れよう。
説明はされましたが忘れてしまって、ロースかモモか脂身が少なくピンクの半生のようなものがしっとりとして1番美味しかったです。

麺とトッピングを交互にちょこちょこと楽しみ、程よい満腹具合でお店を後にしました。

さすが、超有名店!

という感じでした。


時間とか金額を考えると、しょっちゅう行こうとはなりませんが、何ヶ月かに1回の楽しみにしてもいいと思います。

今度は『らぁめん』とご飯物を食べようと思います



2020年10月08日

チャメ タネまで食べられるメロン

295339AC-8B0A-45E2-BFBE-4631719119C3.jpeg

これって有名なんですかね?
『チャメ』というメロン。

ちょっと前にコストコに行きました。
フルーツ売り場に珍しいものが…

FB29FFAA-E396-44E4-9951-F69F344183F9.jpeg

「タネまで食べられます」

そう表記された黄色と白のシマシマ模様の果物。
手の平サイズの可愛らしい形

メロンだそうです。
箱にはハングル文字、韓国産のようです。

1つずつ丁寧に小袋に入り、キャラクターのプリントが。

86D94D74-E0D0-4947-B37C-ED2EF85BF2CC.jpeg

「おチャメちゃん」

このゆるキャラ流行るかな?


1箱購入し食べてみることにしました。

家に帰って袋から取り出してどんな香りがするのか嗅いでみると、あまり香りはせず…。

黄色と白のシマシマの皮をむいて、カットするだけでいいようです。

あのメロンのタネを取る面倒くささはありません

日本では"タネ無しフルーツ"が流行る中、韓国ではタネまで食べられるようにしてしまえ!、というのが主流なのでしょうか?

皮をむいてカットすると真っ白な果肉。
タネは薄茶色?黄色?フツーのメロンのタネ。

49244980-ACB9-49DA-8E16-468A061566A9.jpeg

タネも食べられるというから、きゅうりみたいな柔らかい透き通った感じのものと想像していました🥒

しっかりしたメロンのタネ。


食べると…
サクサク、固めの果肉。
甘みはあまり強くなくありません。
さっぱりした味です。

タネは…
カリカリ、ボリボリ…

確かにフツーのメロンのものよりもカリカリで噛み切れますけど、あまりいい感触ではない

2個目からはタネ取りました(笑)


お菓子のような甘さのフルーツがもてはやされる時代に、すっきりした甘さで悪くはありません。

サラダとか料理に使ってもいいかも知れません。

あの生ハムメロンには最適かも

あまーいメロンに生ハムはどうやっても合う気がしません(笑)
こういうメロンこそ合うのではないかと。


おチャメちゃん
もしどこかで会ったら1度食べてみてほしいメロンです




2020年02月07日

大宮のハンバーグが美味しいうどん屋さん

26A1FD94-C664-4968-8A25-716158ABEED9.jpeg

ちょいと用事があって、埼玉県の上尾市に行きました。
柏駅から東武野田線…、いやアバーンパークラインか、に乗って大宮まで。
そこから"埼玉新都市交通ニューシャトル"に乗りました。

このニューシャトル、初めて乗りましたがこれは電車なのかモノレールなのか🚝
短くてコンパクトなんですが、未来的。
座席もスタイリッシュで座り心地抜群。
動き出した途端、普通の電車と違った振動が
外を見ると、「アレ?線路が無い」
金属の車輪ではなく、タイヤが使われているようでした。
そしてその外側には車両を固定する(?)レールが。
普段電車乗らないので知りませんでしたが、いつの間にか進化してるのですね


用事を済ませて再びニューシャトルに乗り、大宮に戻りました。
15時30分という中途半端な時間帯に遅めのランチを。
事前に調べていたお寿司屋さん(寿司政)もランチタイムが終わってしまっていて、1.5倍の通常価格に
諦めて別のお店を探しました。

寒いのであまり歩き回りたくないなと思い、駅に隣接した『DOM』という商業施設へ。
時間帯的に多くのお店が中休みしていました。
そんな中に他店舗とは違い少し派手な?外観のお店が「商い中」とありました。

自店を紹介しているテレビ番組の録画を流していたり、雑誌に紹介されている記事を貼っていたりと自己主張強目でした(笑)

2D47D372-84F6-4792-8B55-D3FFC0A6CD4F.jpeg
「ハンバーグが美味しいうどん屋」というわけわからないフレーズに惹かれて入店





入ると男女一組のお客さんのみ。
「アレ?失敗したか…」
と思いましたが、時間は16時近くですからねぇ…

7094ABE5-4840-4C6D-9EEB-4C06E9F17AAF.jpeg

とりあえず、スタンダードっぽい「テレビでお馴染み うどん屋さんのハンバーグセット」を注文。
ソースは「チーズ」、サイドメニューは「武州うどん」で。
16時30分までランチタイムのようでドリンクも付きました。

9176A8A9-7FBD-420C-A5C3-0C1594D7CA35.jpeg

うどん屋さんということで、まずは「武州うどん」から。
麺はふわふわの柔らかめ、おつゆは出汁が効いた透き通ったあっさり味。
関西風のうどんと思って頂ければ間違いないです。
…武州ってどこ?

次は話題のハンバーグ。
食感は硬過ぎず、柔らか過ぎずで肉の味がしっかりしています。

そして、何よりソースが美味しい
デミグラスソースにとろけるチーズが混ざってなんとも言えない濃厚さ。
しっかりとしたハンバーグによく合います。
付け合わせのもやしにソースが絡み、これまた美味。
これだけで一品出来そうです。

ここにスープ代わりのうどんがまた良い。
うどんの美味しさも感じさせながら、濃厚なハンバーグをサラッと流してくれます。


初めは怪しいかな…、なんて思っていましたが良いお店に出会えてラッキーでした(笑)

もし、大宮に行くことがあれば是非立ち寄ってみて下さい。





2019年10月27日

昔ながらの喫茶店@増尾駅近く

15F9CCFA-1D84-4234-9787-C14E005DDA1B.jpeg

随分以前からあるなぁ…
こちらの喫茶店『BOB』。
円柱形の昔ながらのポストが印象的ですね!

自分が子供の頃からずーっとあったと記憶しています。
そして今までずーっと入ったことなかった(笑)


一生の内にできる限りやり残したことを少なくしたい…
ということで、入ってみました。
(大げさだな)


入ってみると、ほぼ想像していた感じの内観。

8DC78874-559E-4D65-956E-029DDD0A768D.jpeg

落ち着いた照明、木のテーブルと椅子、たくさんの漫画や雑誌…

テレビ等の影響で頭に刷り込まれた、"昔ながらの喫茶店"のイメージなんでしょうね


メニューはこちら

634B2985-7BD9-4BE6-B258-BC73FDF5EBA3.jpegA183795D-8643-4074-83EC-DCE3164A7B90.jpeg

注文したのは、ミックスピザトーストと極上炭焼きコーヒー。

3B938910-92A3-4026-8750-1878691F0801.jpeg

最近のカフェは結構凝ったものが多い中、こちらはシンプルな感じですね。

コーヒーは種類が多く色々こだわっていそうです。
今回は1番スタンダードな(?)、極上炭焼きコーヒーです。


ミックスピザトーストは見た目の想像通りの味。
でも、それが良い。
自分で作ると、意外に具材も多く焼き加減も難しいですので、こういうお店じゃないとなかなか食べないですね。

パンもサクサクフワフワで美味しいなぁ

極上炭焼きコーヒーは深煎りで、苦味と甘味が強めで香りがいいですね。

コンビニのコーヒーも美味しいですが、また喫茶店の本格コーヒーは格別ですね。



お客さんは年配の男性が多く、みなさん本や新聞を読みながらくつろいでいました。


身近で入ったことのないお店も、新たな発見があって良いものですね


2019年06月06日

【結果】『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

前回の記事、『(52)ひるふぁーむ』で『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』で行ったお店のレポートは終了しました!

結果は69店中51店でした。

んー…、全店制覇ならず。

残念ですが、今回もランパスのお陰で色々なお店の料理に出会えました。
しかもお得な価格で。

ランチパスポート柏・我孫子版vol.11 (ランチパスポートシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2019/2/6 01:24時点)




もちろんランパスはお得な価格でランチが食べらるというのが一番の目的ですが、それに加えて新しいお店の発見に役立ちます。

言ってしまえば、ハンドブックサイズの全ページカラーのグルメ本に割引クーポンが付いているようなものです。

今でも過去の物も取っておいて、どこか行きたい店を調べるのに役立てています^_^


さて、どれだけお得になったか集計してみました。



(No.、店名、元の値段、割引額、"★=1080円'')

1、おもに亭、1501円、421円、★
2、はらドーナッツ、966円、426円
3、かしわ亭、740円、200円
4、たけや、842円、302円
5、フレッシュネスバーガー、831円、291円
6、Salon de K おにぎり屋、750円、210円
7、一魂、1100円、560円、★
8、ちょこっと、840円、300円
9、おいもやSUN、760円、220円
10、ずず平、750円、210円
11、三代目てらっちょ、820円、280円
12、いなほ、918円、378円
13、一真堂、880円、340円
14、PINKY TIARA、800円、260円
15、うどん市、950円、410円
16、GLOBAR、880円、340円
17、ポムの樹、1112円、362円(※750円へ割引)
18、numa cafe、1180円、640円
19、ペニーレーン、750円、210円
20、松丸米店、950円、410円
21、Amuser、1000円、460円
22、とらとら、1000円、460円
23、B's cafe、800円、260円
24、サフランズカフェ、756円、216円
25、熊福、842円、302円
26、サフラン北柏店、864円、324円
27、おぼんdeごはん、1545円、465円
28、久世福商店、780円、240円
29、ジャンジャーオ、1058円、518円
30、トラジ、1500円、420円、★
31、舞米亭、780円、240円
32、海月、756円、216円
33、BaBa's キッチン、890円、350円
34、リヨン小麦館 我孫子店、740円、200円
35、吉岡茶房、800円、260円
36、ルメール、850円、310円
37、TESHI、850円、310円
38、ユニーク、780円、240円
39、GLEEFL CAFE、950円、410円
40、LUNBINI、1500円、420円、★
41、サンヴェルティカル、740円、200円
42、大勝軒いちぶん、880円、340円
43、紅虎餃子房、1350円、810円
44、芳蘭、864円、324円
45、アンテナショップ daichi、900円、360円
46、鮒忠、750円、210円
47、Pecori(ペコリ)、880円、340円
48、花小鳥、1500円、420円、★
49、石窯パン工房 サフラン柏の葉店、756円、216円
50、ミレー 西原店、740円、200円
51、ひるふぁーむ、1976円、896円、★

合計割引額 17,397円


おおっー!
17,397円の節約です。

こういう使い方を節約と捉えるか賛否ありそうですが(笑)

どのみち、私は1日1〜2食は外食をしているので私の生活スタイルにとっては間違いなく節約です。

さらには、食べ歩き好きなので色々なお店に行けるので、こんなに好都合ものはありません。

また、今後も発行が続くのなら利用していきたいですね!



…で、その節約したお金で少し贅沢なランチを食べた内容の記事を書きたいと思います。
(↑って、節約になってるのか!?)

では、また。



(51)ひるふぁーむ ー 『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

7F8C0757-6192-419C-B43C-CDF7549A061F.jpeg

『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』、52店目は石焼ピザと野菜のお店『ひるふぁーむ』です。

以前からランパスに何度か掲載されてから、お気に入りのお店になりました。
ただちょっぴり遠いのですよね(^^;)

流山の専用農園で採れた新鮮野菜を使っているお店です。

E7A57558-2DFB-4EE4-8995-C475162DC187.jpeg

以前の掲載ではブュッフェもやっていて、色々な野菜や果物をたっぷり食べました。

そして、大きめのピザもふっくらと焼き上がっていてとても美味しかったです。

今回のランパスメニューはそのピザも入った「石焼ピザと野菜プレート」です。


ピザは12種類から選べます。
私が選んだのは「ひるふぁーむピザ」です。
旬の野菜とモッツァレラチーズのピザです。

E434D909-4F43-4DFF-A4B2-4B2EE4C9A076.jpeg

「ひるふぁーむピザ」はレタスと春菊が乗っていました。
1人分にしては大きめで、宅配ピザのMより少し大きめサイズです。
でも、生地は薄めなので食べ切れます。

野菜プレートはサラダ、バーニャカウダ、野菜入りソーセージスープ、たけのこの煮物でたっぷり野菜を楽しめます。


ピザをはじめ、野菜を楽しむメニューが並びます。
野菜好き、健康志向の方はおすすめのお店です。



2019年05月28日

(50)ミレー 西原店 ー 『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

08FAC929-6B6E-4F71-99A0-86DCB4F787EF.jpeg

『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』、51店目はパティスリー『ミレー 西原店』です。

474FA2D2-DE87-42B1-804C-CBB56081941C.jpeg

柏を中心に3店舗展開しているそうです。
流山に1店舗と流山おおたかの森SC内にもあった記憶があります。


今回のランパスメニューは「選べるプチガトー 2個セット」です。
私が選んだのはランパスの写真に載っていた「アンジュ」白いケーキ、「ショコラ」チョコレートケーキです。

DC4EB61A-BC06-4113-92F1-7F814D8A6B82.jpeg

見た目も凝っていて美しいですね。
それぞれ濃厚なホワイトチョコとチョコレート味です。

しっとりとしたスポンジと「アンジュ」は木苺の酸味、「ショコラ」はチョコレートムースの甘味が合います。

小さめのサイズですが、美味しさがギュッと詰まっていて十分に楽しめます。


他にも色々なデザインのホールケーキがあるので、誕生ケーキやクリスマスケーキにはもってこいです。

見ているだけでも楽しめるケーキ屋さんです。

ランチパスポート柏・我孫子版vol.11 (ランチパスポートシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2019/2/6 01:24時点)





2019年05月24日

(49)石窯パン工房 サフラン柏の葉店 ー 『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

95C181D8-31A0-4780-A391-12D933A99121.jpeg

『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』、区切りの50店目は人気のパン屋さん『サフラン 柏の葉店』です。

チェーン店の『サフラン 北柏店』は26店目で行きました。(前の記事→https://bit.ly/2UHArbl)

北柏店とはまた雰囲気が違い店内は広々としています。
全て見たわけではないですが、パンの種類も違うようです。


今回のランパスメニューはランチボックスです。
内容はハムポテトサラダとツナマヨのサンドウィッチ、卵サラダパン、唐揚げ、フィッシュフライ、大福のようなモチモチの小豆パンです。

70C623A1-986A-4687-8A1F-4A3CAE200280.jpeg

中のポテトサラダやツナマヨ、卵サラダが特に美味しくパンに合っています。
こちらのパン屋さんは調理パンが多くどれも美味しいのが特徴なのかも知れません。

一つ一つは小ぶりでボリュームは少ないですが、ちょこちょこと色々な味が楽しめます。
女性受けしそうなランチボックスですね!


実は1度午後に行ったのですが、すでに売り切れでした。
その時の店員さんにお昼過ぎには売り切れてしまいます…、と言われました。
かなり人気のようです。


他のパンも興味ありますね。
またランパスとは別に行きたくなるお店を見つけてしまいました(笑)

ランチパスポート柏・我孫子版vol.11 (ランチパスポートシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2019/2/6 01:24時点)





2019年05月23日

(48)花小鳥 COFFEE STAND ー 『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

EDBF2F17-25D1-4591-A6C2-3CC151A8F1DD.jpeg

『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』、49店目は手賀沼近くのふるさと公園内にあるステキなカフェ『花小鳥 COFFEE STAND』です。

木で作られた外観と開放的なテラスが印象的です。

A3228E9F-9DF4-404C-90D4-9013CD20CB71.jpeg

79099DA6-E638-4F12-9688-629D1AB26F3C.jpeg

テラス席は天気のいい日はとても気持ち良さそうです!
外はキレイな花も満開です。

6A88617C-97F5-4738-A243-EE8A265FC4A9.jpeg

店内はカウンター席程度とテーブル席が5つ程度、さほど広くはないのですが開放感があり実際より広く感じます。

さて、今回のランパスメニューは「選べるランチプレートセット」です。
グリルチキンやキーマカレー等から好きなメイン選び、スープとコーヒーが付きます。

私はグリルチキンを選びました。
グリルチキンは表面をカリッと焼いて、トマトをベースとしたベジタブルソース(?)が乗せてあります。

913A8299-7EC7-40B4-BC6A-7409F3E72373.jpeg

主食は十五穀米とのことです。
サラダも付いています。

スープはミネストローネで薄味ながらトマトの酸味と甘みが良く出ていてとても美味しく飲みやすかったです。

食後のコーヒーは「ミカフェートコーヒー」ということですが、苦味と酸味のバランスがいいコーヒーでした…
ミカフェートコーヒー…、調べて下さい(笑)

全体的にヘルシー志向のランチプレートです。
店内には「デトックスウォーター」としてハーブ入りの水が自由に飲めます。


オシャレでヘルシー志向のカフェということで、女性のお客さんが多いのかと思いましたが意外に仕事の休憩で利用していると思われる男性も何人かいらっしゃいました。

休日には手賀沼をジョギングしたりサイクリングしたりする方が休憩に利用するのではないでしょうか?

ぜひ一度行ってもらいたいステキなカフェです!

4555331E-6D12-4671-B5F3-99FCA5B16797.jpeg

↑こちら、バイクスタンドということです。黒い取っ手みたいの。

ランチパスポート柏・我孫子版vol.11 (ランチパスポートシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2019/2/6 01:24時点)





2019年05月22日

(47)Pecori(ペコリ) ー 『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』

9E536F19-4740-477A-89FA-7AFDA93137F6.jpeg

『ランチパスポート 柏・我孫子版Vol.11』、48店目はcafe&dining『Pecori(ペコリ)』です。

雑居ビルの2階にある店内は、意外に広々としています。
木目を基調にしていてちょっと南国リゾートのようなイメージです。
ランパスには"女性の居心地の良さを追求した…"とありましたが、まさにその通り。
でも、決して男性が入りにくいわけではないですよ(笑)

やはり店内は女性のお客さんが多く、賑わっていました。
素敵な店内写真を撮りたかったのですが、人が写ってしまいそうなので、やめておきました(笑)

替わりにメニュー表を
C06E4535-F03E-433F-BD76-3F804CDD6081.jpeg

お肉料理を中心に結構ガッツリした料理もあります。
パーティー等によさそうなメニューですね。


さて、今回のランパスメニューは「牛すじデミグラスソースのオムライス」です。

310033E2-124E-4B08-BE2E-CEEE5F7F3D4E.jpeg

トロトロの牛すじがゴロゴロ入っていて、デミグラスソースもしつこくなく程よい甘みと酸味があります。

あまりデミグラスソースは好まないのですが、結構前のランパスでも行った時に意外に美味しかった記憶がありました。
今回改めて食べて確信に変わりました。
間違いなく美味しいです。
(↑表現が上手くいきません。私が普段デミグラスソースを好まないというだけです。)

卵のトロトロもいい具合ですね!
おすすめてできるお店です。
何もないとなかなか1人では入らないお店ですが、ランパスはこういう出会いができるので割引だけじゃない魅力があります。

ランチパスポート柏・我孫子版vol.11 (ランチパスポートシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2019/2/6 01:24時点)