アクセスカウンター
ファン
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月13日

【番外編10】Groovesizer mk1 / ブレッドボード

Groovesizer mk1: DIY 16-step sequencer and synth

前回の"ARDUINO STEP SEQUENCER" を見つけたときに一緒にGroovesizer mk1: DIY 16-step sequencer and synthというのも見つけた

Groovesizer mk1.png

"DIY 16-step sequencer and synth"とのことで16ステップシーケンサーらしいんだが・・・ノブ5つはいいとしてボタンも5つで8LEDで16ステップシーケンサーってどんなん?

このサイトに置いてあるYouTube動画で操作方法を説明してるんだがいまいちよくわからない

というわけで作ってみる
Groovesizer mk1 Manual

このサイトを読むとこれがAuduinoを元にしているらしいことが書いてあって、そしてMANUALが置いてありました

Groovesizer mk1 Manual.png

MANUALを読むといろいろできることがわかります

素晴らしい!
Groovesizer mk1 / ブレッドボード

ブレッドボードで確認します

(1)配線

今回MIDI outは配線しません

(パーツ)
   1. 2.2kΩ 抵抗 x1
   2. 220Ω 抵抗 x9
   3. 100nF コンデンサー (104) x1
   4. 100uF コンデンサー x1
   5. 5kΩ トリマポテンショメーター x5
   6. タクトスイッチ x5
   7. 5mm LED x8
   8. 8Ω 0.5Wスピーカー x1
   9. Arduino UNO x1

IMG_0052.jpg

Groovsizer mk1.png

(2)スケッチ

このスケッチは結構長めなのでzipファイルのダウンロードリンク先を置いておきます

(3)実行

実行してみましたが・・・



この動画の流れは

  1. 上記の配線方式では音がほとんど聞こえない
  2. コンデンサーを飛ばしてスピーカーに繋ぐと幾らかは聞こえるけど満足いく音量じゃ無い
  3. ならばとボリューム付きアンプにつないだら挙動がおかしい
  4. じゃ、Groovesizer mk1のサイトと同じくステレオピンジャック経由でスピーカーに繋ぐと・・・よく聞こえるようになる

という感じでした

まあ、はじめから書かれている通りに作りなさいということなんですが・・・

これをミント缶に入れたいんだけど・・・入るかな?

目的がだんだん「とりあえずミントサイズ缶に入れてみる」になってきたな・・・

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年08月06日

【番外編9】ARDUINO STEP SEQUENCER / ミント缶

ARDUINO STEP SEQUENCER

前回このサイト(https://www.instructables.com/id/Arduino-Step-Sequencer/)を参考に"ARDUINO STEP SEQUENCER"をブレッドボードにてテストしました

今回はミント缶に組みます
ARDUINO STEP SEQUENCER / ミント缶

ミント缶で組みやすいように少しパーツを変えて、Arduino UNOからArduino NANOに変更します

(パーツ)
  1. タクトスイッチ X8
  2. トグルスイッチ X1
  3. 3mm LED X1
  4. 10KΩ 抵抗 X9
  5. 10K ポテンショメーター X4
  6. 8Ω 2W スピーカー X1

(1)配線

ポテンショメーターのノブとタクトスイッチのボタンがミント缶の蓋から出るように(1)ポテンショメーターと(2)タクトスイッチを載せる基板を別にして2枚構成にしました

上面
IMG_0068.jpg

下面
IMG_0069.jpg

2枚構成
IMG_0070.jpg

作った後で、ボタンの長〜いタクトスイッチを使うっていう手もあったなと気が付いた

(2)スケッチ

スケッチは前回と一緒

(3)組み立て

動作テストをしてからミント缶に入れて、さらに動作テストをしています



上面図
IMG_0066.jpg

斜め図
IMG_0067.jpg

これでひとまず完成です

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年07月31日

【番外編8】ARDUINO STEP SEQUENCER / ブレッドボード

ARDUINO STEP SEQUENCER

次はArduinoでステップシーケンサーを作りたいと思ってググってたら、その名も"ARDUINO STEP SEQUENCER" のサイトを見つけた

"A simple programmable 8 step tone sequencer"とのことで、tone機能を使った8ステップシーケンサーらしい

まずはこのサイト(http://www.instructables.com/id/Arduino-Step-Sequencer/) を参考にブレッドボードで組んでみます
ARDUINO STEP SEQUENCER / ブレッドボード

ブレッドボードで組みやすいように少しパーツを変えて

(パーツ)
  1. タクトスイッチ X8
  2. スライドスイッチ X1
  3. LED X1
  4. 10KΩ 抵抗 X9
  5. 100K トリマポテンショメーター X4
  6. 8Ω 0.5W スピーカー X1

(1)配線

配線はこんな感じ

ARDUINO.STEP SEQUENCER.jpg

Arduino Step Sequencer.png

(2)スケッチ

スケッチは"ARDUINO STEP SEQUENCER"のサイト からそのままコピーして使うとエラーが出るので次の2箇所を書き換えて使う

 (修正前)
   Serial.print (254, BYTE);
   Serial.print (192, BYTE);

 (修正後)
   Serial.print (254);
   Serial.print (192);

で、修正したのがこれ↓

Arduino Step Sequencer
――――――――――(Arduino Step Sequencer)――――――――――
/* ======================================================================
Arduino Punk Console
A simple programmable 8 step tone sequencer
by dano/beavisaudio.com
Revs
-----------------------------------
15 Sept djh initial version
======================================================================*/
// Map all the input and output pins
#define AnalogInFrequency 1
#define AnalogInTempo 2
#define AnalogInDuration 0
#define DigitalOutSignal 11
#define DigitalInSwitch0 2
#define DigitalInSwitch1 3
#define DigitalInSwitch2 4
#define DigitalInSwitch3 5
#define DigitalInSwitch4 6
#define DigitalInSwitch5 7
#define DigitalInSwitch6 8
#define DigitalInSwitch7 9
#define DigitalInStartStop 10
#define DigitalOutLED 12
// Set up the array for each step
int steps[] = {100,120,140,160,180,200,220,240};
// misc housekeeping
int duration = 50;
int pitchval = 1;
int fPlayMode = true;
int lastPushedStep = -1;
// Initialize the tempo
int tempo = 100;
void setup()
{
// setup pin modes (Digital pins are input by default, but
// I like to set 'em explicitly just so the code is clear.
pinMode (DigitalInSwitch0, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch1, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch2, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch3, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch4, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch5, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch6, INPUT);
pinMode (DigitalInSwitch7, INPUT);
pinMode (DigitalInStartStop, INPUT);
pinMode (DigitalOutSignal, OUTPUT);
pinMode (DigitalOutLED, OUTPUT);

}


void loop()
{
// Main sequence loop
for (int i=0; i<8; i++)
{
// Are we playing or stopping?
fPlayMode = digitalRead (DigitalInStartStop);
digitalWrite (DigitalOutLED, HIGH);
// Check the Hardware
readSwitches();
readPots();

// update the display
updateDisplay();

// Make the noise
if (fPlayMode)
{
freqout (steps[i], duration);
}
digitalWrite (DigitalOutLED, LOW);

// Pause between steps
delay (tempo);
}
}

void updateDisplay()
{
Serial.print (254);
Serial.print (192);
Serial.print ("T:");
Serial.print (tempo);
Serial.print (" d:");
Serial.print (duration);
if (lastPushedStep != -1)
{
Serial.print ("*");
Serial.print (lastPushedStep);
}
}
// Read the current values of the pots, called from the loop.
void readPots ()
{
tempo = (analogRead (AnalogInTempo) * 1.9);
duration = (analogRead (AnalogInDuration));
}
// Read the current values of the switches and
// if pressed, replace the switch's slot frequency
// by reading the frequency pot.
void readSwitches()
{
// reset last pushed button number
lastPushedStep = -1;

// check switch 0, if pressed, get the current freq into step 0, etc. etc.
if (digitalRead (DigitalInSwitch0) == HIGH)
{
steps[0] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 1;
}

else if (digitalRead (DigitalInSwitch1) == HIGH)
{
steps[1] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 2;
}

else if (digitalRead (DigitalInSwitch2) == HIGH)
{
steps[2] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 3;
}
else if (digitalRead (DigitalInSwitch3) == HIGH)
{
steps[3] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 4;
}
else if (digitalRead (DigitalInSwitch4) == HIGH)
{
steps[4] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 5;
}
else if (digitalRead (DigitalInSwitch5) == HIGH)
{
steps[5] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 6;
}
else if (digitalRead (DigitalInSwitch6) == HIGH)
{
steps[6] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 7;
}
else if (digitalRead (DigitalInSwitch7) == HIGH)
{
steps[7] = analogRead(AnalogInFrequency);
lastPushedStep = 8;
}
}


//freqout code by Paul Badger
// freq - frequency value
// t - time duration of tone
void freqout(int freq, int t)
{
int hperiod; //calculate 1/2 period in us
long cycles, i;

// subtract 7 us to make up for digitalWrite overhead - determined empirically
hperiod = (500000 / ((freq - 7) * pitchval));

// calculate cycles
cycles = ((long)freq * (long)t) / 1000; // calculate cycles
for (i=0; i<= cycles; i++)
{ // play note for t ms
digitalWrite(DigitalOutSignal, HIGH);
delayMicroseconds(hperiod);
digitalWrite(DigitalOutSignal, LOW);
delayMicroseconds(hperiod - 1); // - 1 to make up for fractional microsecond in digitaWrite overhead
}
}

―――――――――――――――――――――――――――

(3)実行

さあ、どうでしょう



操作がグダグダ・・・

音がちょっと単調ですが、ステップシーケンサーっぽくなってます

シンセとはまた違った面白さですが・・・思ったように操作できません・・・orz

あと、なんか変だなと思ってたんですが、LED表示が無いのでどのボタンの音がなっているのかわかりにくい

次回はこれを筐体に入れてみます

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年07月17日

【番外編6】Simple_Four-Step_Sequencer (S4SS) / ミント缶

Simple_Four-Step_Sequencer

前回Simple_Two-Step_SequencerというArduinoシンセを少し変えてSimple_Two-Step_Sequencerx2Simple_Five-Step_Sequencerというのにしてみた

これをAuduino_v5と同じようにミント缶に入れようと思ったのだけどスペース的にちょっと厳しい

それでSimple_Five-Step_Sequencerからオシレーターを1つ減らしてSimple_Four-Step_Sequencer (S4SS)をつくる
S4SS / ミント缶

パーツはArduino_v5 / ミント缶とほとんど同じだけどアンプユニットがない分だけ楽にできるはず

今回は電源スイッチとオーディオジャックも蓋につけたい

ちなみにスケッチはSimple_Five-Step_Sequencerのものをそのまま使って5つ目のオシレーター用ノブが無いだけ

(1)パーツ配置

パーツ
  1. ミント缶 x1
  2. Arduino NANO x1
  3. 19kΩ小型ポテンショメーター x6
  4. 12v電池+ケース x1
  5. ユニバーサル基板 x1
  6. 5ピン ステレオオーディオジャック x1
  7. トグルスイッチ x1
  8. 3mm LED x1
  9. 8Ω 2W スピーカー+スピーカーグリル x1

パーツの配置はこんな感じ

IMG_0047.jpg

(2)配線

前回のブレッドボードテストを元にユニバーサル基板に配線しました
上面
IMG_0035.jpg

下面
IMG_0036.jpg

(3)組み立て

では、ミント缶に組み入れます



できましたっっ

IMG_0031.jpg

Auduino_v5と区別がつきにくい・・・

ん〜、今回オシレーター1つ減らしたけど・・・やっぱりフルバーションも作ろっかな〜

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年07月10日

【番外編5】Simple_Two-Step_Sequencer (STSS) / ブレッドボード

Workshop: Basic Arduino Square-Wave Synth

前回までAuduino_v5を少し変えたりしてみたけど、これ以上は似たようなアイデアしかない

ほかのArduinoシンセも聴きたいので別のものを作ってみる

ググってたら"Workshop: Basic Arduino Square-Wave Synth"というサイトを見つけた

スクリーンショット 2018-06-26 14.53.28.png

何かのWorkshopネタらしいのでやりやすいかなと思ったけど、このシンセの音情報が見つけられなかったのでどんな音が出るのかわからない

で、とりあえずつくってから考える
1. Simple_Two-Step_Sequencer (STSS)

(1)配線

まずはブレッドボードでの配線

IMG_0015.jpg

Fritzingも

スクリーンショット 2018-06-26 9.07.35.png

今回、ポテンショは10kΩを使ってます

(2)スケッチ

スケッチは"Workshop: Basic Arduino Square-Wave Synth"からコピペ

Simple_Two-Step_Sequencer (STSS)
―――――――(Simple_Two-Step_Sequencer)―――――――
/*
6: Simple Two-Step Sequencer

This project combines pretty much everything from the previous tutorials.
It involves two oscillators, a status led, and tempo and volume pots.

*/

int speakerPin = 3; //connect speaker to pin 3
int ledPin = 11; //we'll use this pin for our status led
int oscillator1Pin = 0; //we can set frequency for first step here...
int oscillator2Pin = 1; //... and frequency for step 2 on this pin
int tempoPin = 2; //read tempo pot here

/*
The pinState variable checks if we are outputting a sound.
By default we can set it to LOW - meaning "off".
*/
int pinState = LOW;

long previousMicros; //count microSeconds to control frequency
int frequency; //variable to set frequency

long previousMillis; //count milliSeconds to control tempo
int tempo = 120; //default tempo is 120BPM

void setup(){
Serial.begin(9600);
pinMode(speakerPin, OUTPUT);
}

void loop(){

//read from our analog pins and set our frequency limits
float oscillator1 = analogRead(oscillator1Pin);
oscillator1 = map(oscillator1, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator2 = analogRead(oscillator2Pin);
oscillator2 = map(oscillator2, 0, 1023, 200, 2000);

//read and set tempo limits
float tempo = analogRead(tempoPin);
tempo = map(tempo, 0, 1023, 60, 1000);

//algorithm to convert tempo into BPM
float interval = (1000/tempo)*60;

/*
We can't use the delay function in this case,
as it will freeze the sketch and disrupt the
oscillators.
Instead we use a method that counts milliSeconds,
compares it to our BPM, and switches between which
oscillator should be in use.
*/

//oscillator1
if(millis()-previousMillis > interval/2){
playTone(speakerPin, oscillator1, interval/2);
analogWrite(ledPin, LOW);
}
//oscillator 2
if(millis()-previousMillis < interval/2){
playTone(speakerPin, oscillator2, interval/2);
analogWrite(ledPin, tempo/4);
}
//One cycle completed: reset our counter!
if(millis()-previousMillis > interval){
previousMillis = millis();
}
}

/*
We use the same method here as above to
switch our outputPin on and off without having
to use delay() and thus keep everything running
smoothly.
*/

void playTone(int outputPin, int frequency, float tempo){

//this bit is new - it makes sure we're calculating the note's frequency correctly
float hperiod = (500000 / frequency) -7;
long cycles = ((frequency*tempo)/1000);
for(long i=0; i<=cycles; i++){
//we use frequency/2 because one LOW + one HIGH = one whole cycle
if(micros() - previousMicros > frequency/2){
previousMicros = micros();
if(pinState == LOW){
pinState = HIGH; //if the pin is already LOW, set it to HIGH
}
else{
pinState = LOW; //otherwise if it's HIGH, set it to LOW
}
digitalWrite(outputPin, pinState); //Write pinState to specified pin
}
}
}

――――――――――――――――――――――――――――

(3)実行

します



なるほど・・・昔のアニメの効果音みたいな音が出てきましたね・・・
思ってたんとちがーうって感じですがこれはこれで

で、これで終わっちゃうと"Workshop: Basic Arduino Square-Wave Synth"の重複情報を無駄に増やしただけなので少し変えます
2. Simple_Two-Step_Sequencerx2 (STSSx2)

Auduino_v5の時に2倍化しましたが今回もします

Arduino UNOには6つのアナログインプットがありますが、STSSはオシレーター2つとテンポ1つで合わせて3つのアナログインプットが使われています

今回はこれをもう1セット付け加えるだけです
というわけで名前はSimple_Two-Step_Sequencerx2

(1)配線

ブレッドボード上での配線はこんな感じ

IMG_0014.jpg
スクリーンショット 2018-06-26 9.06.23.png

(2)スケッチ

スケッチは少し書き足してこんな感じ

Simple_Two-Step_Sequencerx2
―――――(Simple_Two-Step_Sequencerx2 (STSSx2))―――――
/*
6': Simple Two-Step Sequencer x2

This project combines pretty much everything from the previous tutorials.
It involves two oscillators, a status led, and tempo and volume pots.

Changelog:
It involves four oscillators, a status led, and two tempo and volume pots.
*/

int speakerPin = 3; //connect speaker to pin 3
int ledPin = 11; //we'll use this pin for our status led
int oscillator1Pin = 0; //we can set frequency for first step here...
int oscillator2Pin = 1; //... and frequency for step 2 on this pin
int tempoPin1 = 2; //read tempo pot here
int oscillator3Pin = 3; //we can set frequency for first step here...
int oscillator4Pin = 4; //... and frequency for step 2 on this pin
int tempoPin2 = 5; //read tempo pot here

/*
The pinState variable checks if we are outputting a sound.
By default we can set it to LOW - meaning "off".
*/
int pinState = LOW;

long previousMicros; //count microSeconds to control frequency
int frequency; //variable to set frequency

long previousMillis; //count milliSeconds to control tempo
int tempo = 120; //default tempo is 120BPM

void setup(){
Serial.begin(9600);
pinMode(speakerPin, OUTPUT);
}

void loop(){

//read from our analog pins and set our frequency limits
float oscillator1 = analogRead(oscillator1Pin);
oscillator1 = map(oscillator1, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator2 = analogRead(oscillator2Pin);
oscillator2 = map(oscillator2, 0, 1023, 200, 2000);

//read and set tempo1 limits
float tempo1 = analogRead(tempoPin1);
tempo1 = map(tempo1, 0, 1023, 60, 1000);

//algorithm to convert tempo into BPM
float interval1 = (1000/tempo1)*60;

//read from our analog pins and set our frequency limits
float oscillator3 = analogRead(oscillator3Pin);
oscillator3 = map(oscillator3, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator4 = analogRead(oscillator4Pin);
oscillator4 = map(oscillator4, 0, 1023, 200, 2000);

//read and set tempo2 limits
float tempo2 = analogRead(tempoPin2);
tempo2 = map(tempo2, 0, 1023, 60, 1000);

//algorithm to convert tempo into BPM
float interval2 = (1000/tempo2)*60;

/*
We can't use the delay function in this case,
as it will freeze the sketch and disrupt the
oscillators.
Instead we use a method that counts milliSeconds,
compares it to our BPM, and switches between which
oscillator should be in use.
*/

//oscillator1
if(millis()-previousMillis > interval1/2){
playTone(speakerPin, oscillator1, interval1/2);
analogWrite(ledPin, LOW);
}
//oscillator2
if(millis()-previousMillis < interval1/2){
playTone(speakerPin, oscillator2, interval1/2);
analogWrite(ledPin, tempo1/4);
}
//One cycle completed: reset our counter!
if(millis()-previousMillis > interval1){
previousMillis = millis();
}
//oscillator3
if(millis()-previousMillis > interval2/2){
playTone(speakerPin, oscillator3, interval2/2);
analogWrite(ledPin, LOW);
}
//oscillator4
if(millis()-previousMillis < interval2/2){
playTone(speakerPin, oscillator4, interval2/2);
analogWrite(ledPin, tempo2/4);
}
//One cycle completed: reset our counter!
if(millis()-previousMillis > interval2){
previousMillis = millis();
}
}

/*
We use the same method here as above to
switch our outputPin on and off without having
to use delay() and thus keep everything running
smoothly.
*/

void playTone(int outputPin, int frequency, float tempo){

//this bit is new - it makes sure we're calculating the note's frequency correctly
float hperiod = (500000 / frequency) -7;
long cycles = ((frequency*tempo)/1000);
for(long i=0; i<=cycles; i++){
//we use frequency/2 because one LOW + one HIGH = one whole cycle
if(micros() - previousMicros > frequency/2){
previousMicros = micros();
if(pinState == LOW){
pinState = HIGH; //if the pin is already LOW, set it to HIGH
}
else{
pinState = LOW; //otherwise if it's HIGH, set it to LOW
}
digitalWrite(outputPin, pinState); //Write pinState to specified pin
}
}
}

―――――――――――――――――――――――――――――

(3)実行

さて音の変化は2倍になったんでしょうか



う〜んなんとも・・・表現が広がった気はするけど2倍まではいかないかな

パラメーターをもう少しいじってみたほうがいいかな

とりあえずもう1つの案もやってみる
3. Simple_Five-Step_Sequencer (SFSS)

オシレーターのフリークエンシー調節に使ってるポテンショメーターの数を5つに増やしてみる

オシレーター5つとテンポ1つで6つのアナログインプットを埋めるという案

(1)配線

配線は上記2. Simple_Two-Step_Sequencerx2 (STSSx2)と同じ

(2)スケッチ

スケッチをこんな感じにして

Simple_Five-Step_Sequencer
―――――――(Simple_FIve-Step_Sequencer)―――――――
/*
6'': Simple Five-Step Sequencer

This project combines pretty much everything from the previous tutorials.
It involves two oscillators, a status led, and tempo and volume pots.

Changelog:
It involves five oscillators, a status led, and tempo and volume pots.
*/

int speakerPin = 3; //connect speaker to pin 3
int ledPin = 11; //we'll use this pin for our status led
int oscillator1Pin = 0; //we can set frequency for first step here...
int oscillator2Pin = 1; //... and frequency for step 2 on this pin
int oscillator3Pin = 2; //... and frequency for step 3 on this pin
int oscillator4Pin = 3; //... and frequency for step 4 on this pin
int oscillator5Pin = 4; //... and frequency for step 5 on this pin
int tempoPin = 5; //read tempo pot here

/*
The pinState variable checks if we are outputting a sound.
By default we can set it to LOW - meaning "off".
*/
int pinState = LOW;

long previousMicros; //count microSeconds to control frequency
int frequency; //variable to set frequency

long previousMillis; //count milliSeconds to control tempo
int tempo = 120; //default tempo is 120BPM

void setup(){
Serial.begin(9600);
pinMode(speakerPin, OUTPUT);
}

void loop(){

//read from our analog pins and set our frequency limits
float oscillator1 = analogRead(oscillator1Pin);
oscillator1 = map(oscillator1, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator2 = analogRead(oscillator2Pin);
oscillator2 = map(oscillator2, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator3 = analogRead(oscillator3Pin);
oscillator3 = map(oscillator3, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator4 = analogRead(oscillator4Pin);
oscillator4 = map(oscillator4, 0, 1023, 200, 2000);

float oscillator5 = analogRead(oscillator5Pin);
oscillator5 = map(oscillator5, 0, 1023, 200, 2000);

//read and set tempo limits
float tempo = analogRead(tempoPin);
tempo = map(tempo, 0, 1023, 60, 1000);

//algorithm to convert tempo into BPM
float interval = (1000/tempo)*60;

/*
We can't use the delay function in this case,
as it will freeze the sketch and disrupt the
oscillators.
Instead we use a method that counts milliSeconds,
compares it to our BPM, and switches between which
oscillator should be in use.
*/

//oscillator1
if(millis()-previousMillis > interval/2){
playTone(speakerPin, oscillator1, interval/2);
analogWrite(ledPin, LOW);
}
//oscillator 2
if(millis()-previousMillis < interval/2){
playTone(speakerPin, oscillator2, interval/2);
analogWrite(ledPin, tempo/2);
}
//oscillator 3
if(millis()-previousMillis > interval/3){
playTone(speakerPin, oscillator3, interval/3);
analogWrite(ledPin, tempo/3);
}
//oscillator 4
if(millis()-previousMillis < interval/3){
playTone(speakerPin, oscillator4, interval/3);
analogWrite(ledPin, tempo/4);
}
//oscillator 5
if(millis()-previousMillis < interval/5){
playTone(speakerPin, oscillator5, interval/5);
analogWrite(ledPin, tempo/5);
}
//One cycle completed: reset our counter!
if(millis()-previousMillis > interval){
previousMillis = millis();
}
}

/*
We use the same method here as above to
switch our outputPin on and off without having
to use delay() and thus keep everything running
smoothly.
*/

void playTone(int outputPin, int frequency, float tempo){

//this bit is new - it makes sure we're calculating the note's frequency correctly
float hperiod = (500000 / frequency) -7;
long cycles = ((frequency*tempo)/1000);
for(long i=0; i<=cycles; i++){
//we use frequency/2 because one LOW + one HIGH = one whole cycle
if(micros() - previousMicros > frequency/2){
previousMicros = micros();
if(pinState == LOW){
pinState = HIGH; //if the pin is already LOW, set it to HIGH
}
else{
pinState = LOW; //otherwise if it's HIGH, set it to LOW
}
digitalWrite(outputPin, pinState); //Write pinState to specified pin
}
}
}

――――――――――――――――――――――――――――

(3)実行

これでもっとガチャガチャした音が出てくれればいいんだけど・・・



い、いけてるのか?

まあ、子供騙しなのでこれはこの辺で

で、せっかくなので次回このうちどれかを筐体に入れようかなと思います

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年06月26日

【番外編3】Auduino_v5+DIPS / ブレッドボード

基板用ポテンショメーターはブレッドボードから外れやすい

前回のAuduino_v5をミント缶に実装する前に基板用ポテンショメーターを使ってブレッドボード上でAuduino_v5を組んで動作確認した



この基板用ポテンショは足がブレッドボードから外れやすく、外れると出音が変わることがある

どの足の信号がどんな音の変化に影響しているのかを知りたくてジャンパー線を1本ずつ外してみたりするとほとんどの足で違った音の変化があるように感じる

とりあえず音の変化のバリエーションが多いのは面白いというだけで
「それぞれの入出力をディップスイッチで切り替えられるAuduino_v5」(Auduino_v5+DIP Switch (DIPS))を作ってみようと思った
Auduino_v5+DIPS / ブレッドボード

ブレッドボードで作ってみる

(1)配線

配線はこんな感じ

IMG_0022.jpg

Auduino_v5+DIPS.png
(Fritzingに3極ディップスイッチがなかったので8極で代用)

(2)スケッチ

スケッチはauduino_v5と同じ

(3)実行

では実行してディップスイッチをいじってみます



一応できているかな

ディップスイッチを使わなくても、つまみをグリグリ動かすことで同じような音が出そうですが、ディップスイッチをいじった瞬間に音が変化するのはつまみとは違った面白さがあります

今回はここまで

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年06月19日

【番外編2】Auduino_v5 / ミント缶

パーツ再考

前回、ブレッドボード上でauduino_v5を組んで音を出した
これをALTOIDS缶に組み込みたいけど・・・

IMG_0008-Edit.jpg

9v電池を使おうとすると・・・ALTOIDS缶の大きさが・・・これは全部は入らないんじゃ・・仮置きしてみると

IMG_0009-Edit.jpg

配線を考えるとちょっと入りそうにないので、いくつかパーツを変更することにしました

ケースを大きくするのが一番簡単だということには気がつかないことにします

(パーツ変更)
1. ALTOIDS缶は加工がしやすいように無地のもの
2. Arduino UNOは小さいArduino NANO
3. ポテンショメーター小型のもの
4. 9v電池は小さい12v電池
5. 8Ω 0.5W スピーカーを小型の8Ω 1W スピーカー
6. 4極オーディオジャック実装済み基板を差し込み口固定用ネジがきってある5ピン ステレオオーディオジャック


IMG_0010.jpg

変更したパーツで仮置きしてみました

IMG_0011.jpg

これでいけるはず
実装

実装するのを一回失敗してるので全体の流れを先に示すと

(1)(失敗)配線取り回し
はじめ蓋一体型のミント缶に配線取り回しで作ったけど何回か蓋の開け閉めをしたら断線、ショートしてArduino nanoが壊れた(泣)

(2)(成功)ユニバーサル基板
配線取り回しをやめて、できるだけユニバーサル基板に載せ、蓋の開け閉めを減らすために電源スイッチとLEDをつけた
(1)配線取り回し(Auduino_v5_1st)(失敗)

ALTOIDSサイズ缶の穴あけと配線の半田付けまでをして組み立てて・・・

IMG_0013.jpg

蓋を閉めて音出しをして・・・なんか調子がおかしくなって・・・配線が外れてて・・・音出しをして・・・蓋を閉めて・・・音がしなくなって・・・配線が切れてて・・・結線やり直して・・・蓋をして音が出なくて煙が出て・・・あれ?っと思ったらArduino NANOが反応しなくなって・・・ダメだこりゃ

Arduino NANOが逝ってしまいました(痛恨)
ワイヤーの選択を誤ったな・・・orz

IMG_0012.jpg

この方法は難しいので新しく作り直します
(2)ユニバーサル基板(Auduino_v5_2nd)

Auduino_v5_1stからの改善案

(問題点と改善点)
@ 狭いスペースでの配線取り回しと蓋の開け閉めでケーブルにストレスがかかって接触不良・断線・ショートしてnanoが逝ってしまった
 ⇨ できるだけ基板実装タイプにする
A ポテンショメーターつまみ間の距離が狭く操作性が悪かった
 ⇨ つまみ位置間隔をできるだけ広めにとる
B 蝶番蓋の開け方で配線にストレスがかかる
 ⇨ 蓋を取り外せるタイプにして蓋の開け方に自由度を持たせる
C スピーカー穴のデザインがいまいち&穴あけ面倒
 ⇨ スピーカー穴のデザインを変える
D 蓋を閉めると電源のON/OFFや確認ができない
 ⇨ 電源スイッチとLEDインジケーターをつける

という感じでパーツを作りました

上面
IMG_0045.jpg

下面
IMG_0044.jpg

ミント缶に入れる前に一度テストしてみるとスピーカーでは気にならなかったノイズがイヤホンだと気になって、ボリュームを最小にすると「シー」って音と低い「ムー」みたいな音が聞こえたので出力に47Ωの抵抗をかませて抑えた

ノイズを完全に抑えようとするとスピーカーからの出力が下がるし、低すぎるとノイズがきになるのでその間で47Ωにしました

組み立てと動作テスト

ミント缶に組み入れます



できました!

IMG_0037.jpg
完成

これで完成ですっっっ

ではまた〜



【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino

2018年06月12日

【番外編1】Auduino_v5 / ブレッドボード

Auduinoって?

ロボットのためにArduinoのことを調べているときに"Auduino"というのを見かけた

AuduinoはArduinoを使ったシンセサイザーのようなもののよう
ロボット作りと直接関係ないけど寄り道は楽しい

というわけで番外編

今回は、第6回「シンプルなのに出音がすごいシンセサイザ - Auduino入門」を参考に「Auduino_v5」を作ります

スクリーンショット 2018-06-11 21.57.47.png
この記事は・・・(2009年 7月 16日)のものなんですかね・・・結構前ですね・・・知らんかった

では、やってみます
ブレッドボードでAuduino

(1)配線

ブレッドボードを使って組んでみます

(材料)
  1. Arduino UNO (互換品)x1
  2. Arduino UNO付属のUSBケーブル x1
  3. B10Kポテンショメーター x5
  4. 0.5Wスピーカー x1
  5. ブレッドボード x1
  6. ジャンパワイヤー x必要数


IMG_0001-Edit.jpg

そんなに複雑じゃ無いのでブレッドボードいらないんですが・・・

IMG_0002-Edit.jpg

一応できました

写真だとわかりにくいのでFritzingも置いて

スクリーンショット 2018-06-12 9.40.32.png

(2)スケッチ

スケッチは第6回「シンプルなのに出音がすごいシンセサイザ - Auduino入門」の記事中に紹介されているtinker.it のリスト中のauduino_v5.pdeをダウンロードしてAuduino IDEで開きます

スクリーンショット 2018-06-11 22.02.26.png

auduino_v5
――――――――――(auduino_v5)――――――――――
// Auduino, the Lo-Fi granular synthesiser
//
// by Peter Knight, Tinker.it http://tinker.it
//
// Help: http://code.google.com/p/tinkerit/wiki/Auduino
// More help: http://groups.google.com/group/auduino
//
// Analog in 0: Grain 1 pitch
// Analog in 1: Grain 2 decay
// Analog in 2: Grain 1 decay
// Analog in 3: Grain 2 pitch
// Analog in 4: Grain repetition frequency
//
// Digital 3: Audio out (Digital 11 on ATmega8)
//
// Changelog:
// 19 Nov 2008: Added support for ATmega8 boards
// 21 Mar 2009: Added support for ATmega328 boards
// 7 Apr 2009: Fixed interrupt vector for ATmega328 boards
// 8 Apr 2009: Added support for ATmega1280 boards (Arduino Mega)

#include
#include

uint16_t syncPhaseAcc;
uint16_t syncPhaseInc;
uint16_t grainPhaseAcc;
uint16_t grainPhaseInc;
uint16_t grainAmp;
uint8_t grainDecay;
uint16_t grain2PhaseAcc;
uint16_t grain2PhaseInc;
uint16_t grain2Amp;
uint8_t grain2Decay;

// Map Analogue channels
#define SYNC_CONTROL (4)
#define GRAIN_FREQ_CONTROL (0)
#define GRAIN_DECAY_CONTROL (2)
#define GRAIN2_FREQ_CONTROL (3)
#define GRAIN2_DECAY_CONTROL (1)


// Changing these will also requires rewriting audioOn()

#if defined(__AVR_ATmega8__)
//
// On old ATmega8 boards.
// Output is on pin 11
//
#define LED_PIN 13
#define LED_PORT PORTB
#define LED_BIT 5
#define PWM_PIN 11
#define PWM_VALUE OCR2
#define PWM_INTERRUPT TIMER2_OVF_vect
#elif defined(__AVR_ATmega1280__)
//
// On the Arduino Mega
// Output is on pin 3
//
#define LED_PIN 13
#define LED_PORT PORTB
#define LED_BIT 7
#define PWM_PIN 3
#define PWM_VALUE OCR3C
#define PWM_INTERRUPT TIMER3_OVF_vect
#else
//
// For modern ATmega168 and ATmega328 boards
// Output is on pin 3
//
#define PWM_PIN 3
#define PWM_VALUE OCR2B
#define LED_PIN 13
#define LED_PORT PORTB
#define LED_BIT 5
#define PWM_INTERRUPT TIMER2_OVF_vect
#endif

// Smooth logarithmic mapping
//
uint16_t antilogTable[] = {
64830,64132,63441,62757,62081,61413,60751,60097,59449,58809,58176,57549,56929,56316,55709,55109,
54515,53928,53347,52773,52204,51642,51085,50535,49991,49452,48920,48393,47871,47356,46846,46341,
45842,45348,44859,44376,43898,43425,42958,42495,42037,41584,41136,40693,40255,39821,39392,38968,
38548,38133,37722,37316,36914,36516,36123,35734,35349,34968,34591,34219,33850,33486,33125,32768
};
uint16_t mapPhaseInc(uint16_t input) {
return (antilogTable[input & 0x3f]) >> (input >> 6);
}

// Stepped chromatic mapping
//
uint16_t midiTable[] = {
17,18,19,20,22,23,24,26,27,29,31,32,34,36,38,41,43,46,48,51,54,58,61,65,69,73,
77,82,86,92,97,103,109,115,122,129,137,145,154,163,173,183,194,206,218,231,
244,259,274,291,308,326,346,366,388,411,435,461,489,518,549,581,616,652,691,
732,776,822,871,923,978,1036,1097,1163,1232,1305,1383,1465,1552,1644,1742,
1845,1955,2071,2195,2325,2463,2610,2765,2930,3104,3288,3484,3691,3910,4143,
4389,4650,4927,5220,5530,5859,6207,6577,6968,7382,7821,8286,8779,9301,9854,
10440,11060,11718,12415,13153,13935,14764,15642,16572,17557,18601,19708,20879,
22121,23436,24830,26306
};
uint16_t mapMidi(uint16_t input) {
return (midiTable[(1023-input) >> 3]);
}

// Stepped Pentatonic mapping
//
uint16_t pentatonicTable[54] = {
0,19,22,26,29,32,38,43,51,58,65,77,86,103,115,129,154,173,206,231,259,308,346,
411,461,518,616,691,822,923,1036,1232,1383,1644,1845,2071,2463,2765,3288,
3691,4143,4927,5530,6577,7382,8286,9854,11060,13153,14764,16572,19708,22121,26306
};

uint16_t mapPentatonic(uint16_t input) {
uint8_t value = (1023-input) / (1024/53);
return (pentatonicTable[value]);
}


void audioOn() {
#if defined(__AVR_ATmega8__)
// ATmega8 has different registers
TCCR2 = _BV(WGM20) | _BV(COM21) | _BV(CS20);
TIMSK = _BV(TOIE2);
#elif defined(__AVR_ATmega1280__)
TCCR3A = _BV(COM3C1) | _BV(WGM30);
TCCR3B = _BV(CS30);
TIMSK3 = _BV(TOIE3);
#else
// Set up PWM to 31.25kHz, phase accurate
TCCR2A = _BV(COM2B1) | _BV(WGM20);
TCCR2B = _BV(CS20);
TIMSK2 = _BV(TOIE2);
#endif
}


void setup() {
pinMode(PWM_PIN,OUTPUT);
audioOn();
pinMode(LED_PIN,OUTPUT);
}

void loop() {
// The loop is pretty simple - it just updates the parameters for the oscillators.
//
// Avoid using any functions that make extensive use of interrupts, or turn interrupts off.
// They will cause clicks and poops in the audio.

// Smooth frequency mapping
//syncPhaseInc = mapPhaseInc(analogRead(SYNC_CONTROL)) / 4;

// Stepped mapping to MIDI notes: C, Db, D, Eb, E, F...
//syncPhaseInc = mapMidi(analogRead(SYNC_CONTROL));

// Stepped pentatonic mapping: D, E, G, A, B
syncPhaseInc = mapPentatonic(analogRead(SYNC_CONTROL));

grainPhaseInc = mapPhaseInc(analogRead(GRAIN_FREQ_CONTROL)) / 2;
grainDecay = analogRead(GRAIN_DECAY_CONTROL) / 8;
grain2PhaseInc = mapPhaseInc(analogRead(GRAIN2_FREQ_CONTROL)) / 2;
grain2Decay = analogRead(GRAIN2_DECAY_CONTROL) / 4;
}

SIGNAL(PWM_INTERRUPT)
{
uint8_t value;
uint16_t output;

syncPhaseAcc += syncPhaseInc;
if (syncPhaseAcc < syncPhaseInc) {
// Time to start the next grain
grainPhaseAcc = 0;
grainAmp = 0x7fff;
grain2PhaseAcc = 0;
grain2Amp = 0x7fff;
LED_PORT ^= 1 << LED_BIT; // Faster than using digitalWrite
}

// Increment the phase of the grain oscillators
grainPhaseAcc += grainPhaseInc;
grain2PhaseAcc += grain2PhaseInc;

// Convert phase into a triangle wave
value = (grainPhaseAcc >> 7) & 0xff;
if (grainPhaseAcc & 0x8000) value = ~value;
// Multiply by current grain amplitude to get sample
output = value * (grainAmp >> 8);

// Repeat for second grain
value = (grain2PhaseAcc >> 7) & 0xff;
if (grain2PhaseAcc & 0x8000) value = ~value;
output += value * (grain2Amp >> 8);

// Make the grain amplitudes decay by a factor every sample (exponential decay)
grainAmp -= (grainAmp >> 8) * grainDecay;
grain2Amp -= (grain2Amp >> 8) * grain2Decay;

// Scale output to the available range, clipping if necessary
output >>= 9;
if (output > 255) output = 255;

// Output to PWM (this is faster than using analogWrite)
PWM_VALUE = output;
}

―――――――――――――――――――――――――――

(3)実行
(2)のスケッチをArduinoに書き込んで実行します

初めは小さなビープ音しか聴こえなくて、なんか失敗したかなって感じだったんですが、ノブを色々いじってみるとそれなりに音が聴こえるようになりました


ちょっと楽しくていろいろいじって遊んでしまった

でも・・・音が小さいというか・・・小さい音の中にもかすかに音の変化があるというか・・・何かを聴き落としているような・・・

もっと大きなスピーカーに繋ぐとかイヤホンで聴いた方が良いかな?

というわけで、4極オーディオジャック実装済み基板につないでイヤホンで聴いてみます

IMG_0004-Edit.jpg
4極オーディオジャック実装済み基板


イヤホンから出ている音だけでもスピーカーより大きいような・・・
途中イヤホンの左右のつなぎ変えの方法を確かめたりしてます
音が聞こえないところでは耳にイヤホンを入れて聴いてます

イヤホンを耳で聴いたら、耳が痛いくらいの大音量になったけど、音の傾向は変わらず、逆にゲインが大きすぎると耳に良く無さそうで聴きにくい
心持ちビビリノイズが増えているような・・・

これはアンプに繋いでボリューム調節できないとダメなんじゃ・・・オーディオジャック経由でアンプ付きスピーカーに繋ぐしか無いのかな・・・持ち運びできるといいんだが・・・

なんかいいのないかなあってググっててAmazonでボリュームノブのついた小型オーディオアンプボードを見つけたのでつないでみる

IMG_0006-Edit.jpg
小型オーディオアンプボード


小型オーディオアンプボードのスルーホールに直接ジャンパー線をつないで接続しているのでところどころ接触が悪くて音が飛んでます・・・

結果はまあ、いいんじゃないでしょうか
小さな音の変化を拾いやすくなったような気がします

これくらいの構成で一度ケースに組み込んでみようと思います

ではまた〜


【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,240から


Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

新品価格
¥5,780から


Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

新品価格
¥2,160から


Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit

新品価格
¥3,780から


Arduinoをはじめようキット

新品価格
¥4,310から


Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

新品価格
¥4,320から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.216 3ch RCロボット製作セット 70216

新品価格
¥6,327から


エレキット 水圧式ロボットアーム MR-9105

新品価格
¥4,560から


エレキット バトルタイタン2 MR-9101R

新品価格
¥3,163から


世界最小★OZO-010102-0102 World's Smallest SMART Robot - Dual Pack, 1 Crystal White & 1 Titanium Black 2 Bonus Limited-Edition Skins スマートロボット Ozobot社【並行輸入】

新品価格
¥6,000から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211

新品価格
¥1,345から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.97 ツインモーターギヤーボックス (70097)

新品価格
¥587から


タミヤ 楽しい工作シリーズ No.106 4チャンネル・リモコンボックス (70106)

新品価格
¥1,118から


posted by riserobo: at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Auduino
検索
QRコード
RSS取得
プロフィール
riserobo:さんの画像
riserobo:
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。