2020年08月18日

放射能とは何だろう。知らないままで良いのだろうか?

スピリチュアルか物理学などの考え方の中に
「ゼロポイントエネルギー」というものがあるらしい。
エネルギーを無限に作り出せるというものだ。
科学もスピリチュアルも分からない私は、
その理屈を見ても飲み込めない。

ただ、そういう話以上に分からないのは「原子力」の正体だ。
私はバカだから分からないのだけど、
でも誰も原子力の恐ろしさについて理解していないんじゃないだろうか?
核兵器や原発がなくならない世界を見ているとそう思う。


危険性があるけれど現状では
莫大な量のエネルギーを生み出す原子力に頼らざるをえない。
それはまだ分かる。

そのエネルギーを武器に使おうとする理由は分からない。


なぜ核兵器なんか作るのだろう。
核兵器以外の銃も爆弾も戦車もいらないと思うけれど、
核兵器はあまりに恐ろしいから
まず核兵器を廃絶しようという意見は分かる。

なのに毎年世界平和が叫ばれても核兵器はなくならない。
それはなぜなのか。私には分からない。


核兵器を使えば自分たちや地球、動物たち、世界の未来が壊れるだろう。
冷静に考えれば核兵器など使えるはずがないのに、
なぜ使わないものを作って持ち続けているんだろうか。
それとも今の平和は仮初めの姿で、実は世界は一触即発なんだろうか。
人類ってそんなものなんだろうか。


8月6日と8月9日、原爆についてのテレビ番組を見た後
ネットで原爆の絵や写真を見ていた。
写真は白黒だが、火傷がすごく痛そうだ。
人間だけじゃなくきっと多くの動物も巻き込まれたんだろう。
なぜこんなひどいことが起こったのか……。

その中で関連情報を見ていると、カラーの写真に行き着いた。
それは東海村JCO臨界事故という原子力事故に遭った方の写真らしい。


事故の内容や原因について読んだけれど、バカな私には分からなかった。
ただ原子力が恐ろしいものであるということは改めて分かった。

事故が起こったのは1999年9月30日。
そんなに昔の話ではない。
けれど私はこの事故について今まで知らなかった。
名前を聞いた覚えもない。


ニュースなどで聞いたけれど
内容を把握できず覚えていなかったのだろうか?
それとも、この事故については
テレビであまり放送されていないのだろうか?

日本航空123便墜落事故やJR福知山線脱線事故、
震災などについては毎年ニュースで触れられているのに。
何か原子力の恐ろしさが隠されているような気持ちになった。


この事故については本も出ている。





被害者の方は事故直前までごく普通の暮らしを送っていた。
そして事故に遭った後、意識があった。
しかし被爆により遺伝子が破壊され、
生きたままだんだんと体が壊れていく。

長い間苦しんで亡くなっていったという話に、
本の説明文やAmazonのレビューコメントを見るだけで心が痛んだ。


原子力が恐ろしいものだとは聞いていたけれど、
遺伝子まで破壊されるものだったとは。
原子力についてもっと知り、向き合うべきではないかと感じた。
そう言う私はあまりにショックでまだ本を読めていないのだが……。


もしも世界に、安全な無限のエネルギーがあるのなら。
それが使える世の中になってほしいと、本気で願いたくなった。
posted by 四月一日 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年08月15日

うだつの上がらないエッセイ集(たまに自由研究)をカクヨムに投稿しました7

小説投稿サイト「カクヨム」に掲載中の
エッセイ集に関する投稿、7回目です。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060

今日もエッセイ集の中の10話をご紹介します。
どこからでもお好きにお読みください。

 ↓ ↓ ↓

「ハシボソガラスとの出会い、ブトさんボソさんの違い(ハシボソガラス・ハシブトガラス)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054898424359
カラスを観察したのち、カラスの種類について調べてみると
ハシボソガラスとハシブトガラスには外見だけでなく
行動面などでも違いがあるということを知りました。


「世界は何もくれないから 好きに生きていい」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054911553051
タイトルがネガティブなので変えようかと思いましたが、このままで。
楽しいとか嬉しいとか好きとか思えるものを大切にするのは良いけれど
いつの間にかそうでもないもの、自分にとって特に何も得られないものに
必死になってしがみついてしまったりしているかもな〜という話です。


「積み上げるつもりだったんだけど」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054898656593
現時点では私のネットでの投稿等がどうしても量産スタイルになっていて
主に最新投稿を見ていただく形になっているんですが
過去投稿も力を入れてきたものなので大事にしたいなーと思ったり。
積み上げるにはどうしたら良いのか模索中です。


「ネットで稼ごうとしたけれど、手応えというものがないっ!」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054898598805
自然に売れる人になりたいんですがなかなかそうもいかないもので……。
どこに行けばいいのか? 迷走中です。


「夜に動物の鳴き声がする」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054908305043
夜になるとギャッギャッと動物の声が聞こえます。
それはサギだったみたい。


「たしかに見たのに! 素通りする奇跡、ヤマトタマムシ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054905651180
最近タマムシに会っていないなー、また会いたいなと思っていたところ
目の前にタマムシが飛んできました! これは運命的出会いか!?
しかしタマムシは止まることなくそのままどこかへ行ってしまいました。


「カマキリって水に口をつけて飲むのか! 雨の日のカマキリ幼虫」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054897721026
カマキリがごくごく水を飲むところを見ました。
カマキリって動くものにしか反応しないわけじゃなく、
ちゃんとまわりを見ているんですね!


「煩悩の泉」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054909175647
私の頭の中には、煩悩が湧く泉があります。
どうせ無限に湧くなら煩悩じゃなくお金がよかった……。
と、これが煩悩なわけですね。


「頑張り屋の夜型アブラゼミ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054917514074
夜になってもジリジリとアブラゼミが鳴きます。
ひょっとして夜の方が鳴きやすいのでしょうか?
夜行性ゼミに進化しかけているとか?


「分かっちゃいるけど、二〜三十兎追いたい!」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054910697337
AをするならA。BをするならB。
一点集中した方が良いこともあります。
海と山同時に目指したってたどり着けません。
しかしなぜか二兎を追ってしまうのです。



これで今回のエッセイ紹介は終わりです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

↓もし宜しければ、こちらのブログから他作品も見て行ってください。
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/355/0


写真素材 PIXTA

ツギクルバナー

2020年08月10日

【無料案件で貯める派】ちょびリッチでのポイ活振り返り

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


私はポイントサイト「ちょびリッチ」に毎日通っています。
毎日5分ほど作業をすることで数円分のお小遣いをゲットし、
たまにゲームで何十ポイントか当たったりもしています。
ちょびリッチでは「2ポイント=1円」です。

↓毎日のルーティンについてのブログはこちら
「ちょびリッチでのルーティン【毎日の無料コンテンツ巡り】」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/331/0


ゲームは、中でも「ちょびガチャ」というものが当たりやすく
いつも楽しく回していました。

↓ブログでも書いています
「ちょびリッチの無料案件やってみました【アンケート・入力ワーク・GamePark・ちょびガチャ・アプリインストール】」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/329/0


しかし最近リニューアル?があり
ちょびガチャで得られるポイントは明らかに少なくなってしまいました。

↓それについてはこちら
「ポイントサイトちょびリッチのガチャで得られるポイントは少なくなった?」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/403/0


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


システム変更はこちらは黙って受け入れるしかないので、
まぁ仕方のないことですね……。
これまで当たりポイントをたくさんいただいたことに感謝し
今はビンゴゲームでの当たりを楽しみにしています。


そんなちょびリッチの中で、
ちょびガチャと同じくけっこうポイントを得続けていたのが
お友達紹介システムです。

こちらは今でも続いており、
一ヶ月に一回、ブログでちょびリッチを紹介することで
毎月100ポイントを得ています。


紹介した人がちょびリッチに登録することでも
紹介ポイントが入るのですが
(※紹介したお友達が、登録した月に1pt以上獲得することが条件)
ブログでの紹介はなんと、誰も登録してくれなくても
宣伝するだけで100ポイントもらえるのです。

ちょびリッチでは「2ポイント=1円」なので
毎月紹介すれば毎月50円ですね。
ありがたいので毎月参加しています。

↓お友達紹介についてのブログはこちら
「ポイントサイト「ちょびリッチ」とは? & ちょびリッチの友達紹介の話」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/328/0


友達紹介は、私はブログでしかやっていないのですが
Twitterやメール、LINE、インスタグラム、YouTubeなど
色んな方法でできるみたいです。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


さて、そんなふうにチマチマ貯めてきたポイントですが
私は一度、換金に失敗してポイントを失ってしまったことがあります。

といっても普通に利用していればそんなことにはなりません。
私は携帯電話を持っておらず、SMS認証が使えないのに
ちょびリッチで貯めたポイントを、換金にSMS認証が必要な
「ドットマネー」に換えてしまったのです。

↓私の失敗についてはこちら
「ちょびリッチのポイントを初めて換金しようとした話【生年月日誤登録・ドットマネー・SMS認証】」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/330/0


注意書きや説明はよく読みましょう、という話ですね。
ちょびリッチで貯めたポイントはそのまま銀行に振り込んでもらえるのに
手数料がかかるのが嫌でケチろうとした私は
説明をよく読みもせず、手数料を取られないという
「ドットマネー」にちょびリッチのポイントを換えてしまいました。

一旦ポイント交換してしまうと、もう元には戻せません。
携帯電話を持っていない人はめったにいないと思うので、
私と同じミスをする人はいなさそうですが、お気をつけください。

ポイントは一気に貯めて換金しないで、
換金最低額が貯まったらまず換金を試し、
流れを確認した方が良さそうです。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


↓私はブログでのちょびリッチ紹介を2年前からやっています。
「ゲーム好きから見たポイントサイト」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/2/0


ちょびリッチでの活動を始めたのが2年前くらいということですね。

このブログではそれと同時にアフィリエイトを始め、
A8.NETの広告を入れたりAmazonアソシエイトをやったり
アフィリエイトの他にも
ストックフォトに登録したり報酬を得られる小説投稿サイトで活動したり
取っ替え引っ替え、色々試してきました。
ちょびリッチ以外のポイントサイトやアンケートサイトにもいました。

↓小説投稿サイトとストックフォトでの作品投稿についてはこちら
「自分の作品《カクヨム・ピクスタ》に関する情報」
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/355/0


でも結局ずっと続けて
一番お小遣い稼ぎができたのはちょびリッチでした。
一日に数円、当たりが出れば数十円とかですが
そちらの方が確実……なのかもしれません。
今まで色んなお小遣い稼ぎに失敗してきた人にも
ちょびリッチはオススメです。

ちょびリッチに登録すると、
お得な情報のメール・おみくじ付きメールも届きます。
私はおみくじをいつも楽しみにしていますが
メールがどんどん届くのが嫌な人はご注意ください。


ではこれで終わります。
最後までお読みいただきありがとうございました。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

2020年08月09日

評価が低かったので逆に気になったアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

↓「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BFM6VQF/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=04010d-22&linkId=1c83b5f13410134b12f7990727107ec2&language=ja_JP

この映画は放映中、テレビでかなり宣伝されていたイメージです。
内容はよく知らなかったのですが、主題歌もあちこちで流れていました。
「パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が♪」
という歌ですね。

勝手に脳内再生されるくらいには、この歌を聞いた気がします。
夏の歌として定着したのか、この間もどこかで流れていたような。

そんなふうに宣伝も歌もよく聞いた作品なので、
この映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は
随分と流行っているんだろうな〜と思っていました。
流行りのものでも合う・合わないはあるのでスルーしていましたが……。


そんな中、同じくスルーしていたアニメ映画
「聲の形」がテレビで放送されていたので見てみました。
すると、これがすごく良い作品だったのでブログに書きました。
http://fanblogs.jp/riia0401/archive/425/0




そしてテレビで次週放送予定の
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
の予告が流れていたので、こちらも見ようと思いました。

しかし、Amazonで「聲の形」のレビューを見ていたときに
関連商品に並んでいた
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
の評価がかなり低いのがチラッと見えたので、
「ん? あんなに流行っていたらしいのになぜ?」と気になりました。


まぁ大勢の感覚と自分の感覚が合わないことは
多かれ少なかれみんなあると思います。
自分が納得できる作品ばかりが注目され評価されるとは限りません。
逆に世間的には低評価な作品でも、
自分にとってはドンピシャかもしれないです。

そんな気持ちで鑑賞してみました。
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BFM6VQF/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=04010d-22&linkId=1c83b5f13410134b12f7990727107ec2&language=ja_JP


※この先ネタバレあります



この映画、主人公の少年とクラスメイト達の会話で進むようで
登場人物たちの言動も自然だし町の映像も綺麗だし
ゆったりのんびりなテンポで進んでいき、
淡い日常系ストーリーっぽいなと思いながら見ていました。


私は主人公達の年齢や学年を表す情報を見落としていたのか
途中までみんな高校生かと思っていました。
私が元々、見た目で人の年齢が推測できないほど「年齢」に疎いからか
最近のアニメは何歳でも似たような雰囲気で描かれているからか
このアニメの登場人物たちも全部大人っぽい外見に見えたのです。
女の子の描き方もやたらと艶めかしいし、若者向けのようでした。

でもそれにしては男子達が
「う◯こ」「◯っぱい」みたいな会話ばかりしているし
男子のリアルってこんな感じなのかな? とか
ちょっとおバカ系男子達なのだろうか? とか
自分を納得させながら見ていました。
で、そのうち登場人物たちは中学生らしいと分かりました。


主人公と主人公の友達の一人は同じ女の子
「なずな」のことが好きなようです。

で、その女の子なずなが、
その子のことを好きな主人公「典道」と主人公の友達「祐介」相手に
水泳で勝負することになり
女の子は、勝った方の男の子を花火大会に誘うのですが
勝った方の男の子「祐介」は約束をすっぽかします。

このへんの登場人物たちの気持ちが私には「?」でした。
さらに見続けても「?」となりました。
恋愛感情が分からないもので。


ヒロインの女の子「なずな」は
お母さんが再婚し、家族で引っ越しすることになっているため
旅立つ前に花火大会に誰かを誘って思い出を作りたかったようなのですが
お母さんによると友達は少ないみたいです。

友達が少ないってことはクラスに馴染めないとかおとなしいとか
そんな感じかなーと思ったのですが
男の子と普通に話しているところを見ると男の子たちとは仲が良く、
数少ない友達に入っていたということなんでしょうか。
なずなのキャラと、なずなと男子たちの関係がよく分からないのですが
なずなは「競争で勝った方を花火大会に誘おう」と決めていたようです。

これは、なずなが主人公「典道」と
もう一人の少年「祐介」のことを同じくらい好きで、
どちらを誘うか決められないから
運を天に任せようと思ったってことなのでしょうか……。
じゃないと勝った方を誘うとかテキトーすぎるような。


で、祐介たち男子の言動も謎です。
祐介はなずなのことが好きだと言っていたのに
約束をすっぽかし、「俺、お友達の方が大事だもん」的な態度を取ります。
あとで「あんなヤツ(なずな)好きじゃない」的な態度もとりますし。

主人公の典道も基本
「俺はお友達(男子)が大事だから」みたいな態度をとっており、
なずなに対してはなんだかやたらと受け身です。
言いたいことがあるなら自分からアクションすればいいのに。
それでいて唐突に、さっきまで仲良くしていた祐介に対して
激昂したりするので「?」となりました。

その後典道は不思議な力を使って運命を変えるのですが
その後の言動もなんか受け身です。
何がしたいのか今ひとつ伝わってきません。


祐介もなずなをほったらかしにするくせに
典道が運命を変えた後なずなと一緒にいると
「俺が好きだと言っていた女を奪いやがった」みたいに怒るし、
典道も一度祐介にキレたくせに
その後はやたらと祐介のことを気にするし
あんまりみんなの意志が伝わってきません。

男子が女子を「俺の獲物」みたいに思っていて
なずなの気持ちはあんまり考えていないのでしょうか?
好き=大事にしたい、ではなく独占欲?


とはいえなずながどういう性格で何を考えているのかも
やはりよく分かりません。
引っ越しが嫌みたいですが、「家出して東京に行く」と言っているので
ここを離れるのが嫌とか、みんなと一緒にいたいとかではないような。

一緒にいたい男性も水泳競争で決めるくらいなので
「この人と離れたくないから」と決まっているわけでもないのかも。
再婚相手の男性が嫌で逃げ出したかったのかな?

新しいパパも、なずなに気を使って可愛いお菓子をあげたり
気持ちを思いやったりして、わりと良い人なのかと思えば
典道を急に殴り飛ばしたりと乱暴な態度に出るし
なずなにとってどういう存在なのかが不明です。

もし新しい父親が苦手で逃げ出すなら……
なずなは連れて行く男性はもっと慎重に選ぶべきではないでしょうか。
典道も気持ちをちゃんと説明せずに
唐突にカッとなって友達(祐介)を殴るような人間ですし
再婚相手の人と大差ないのでは?


そんなこんなで、結局すべてあやふやなまま終わりました。


つまりこの映画は……何を言いたいのでしょう?
アニメ映画を見終わったあとAmazonのレビューを見てみると
評価にもコメントにも「なるほど確かに」と納得してしまったのでした。
女の子の描写がエロかったですが、対象年齢はどのあたりだったのか……。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BFM6VQF/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=04010d-22&linkId=1c83b5f13410134b12f7990727107ec2&language=ja_JP


ところで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は
随分前に実写版が出ていたらしいですが
こっちは評価が高かったそうです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075D6W4R1/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=04010d-22&linkId=cbf5c29aaddf0c479bc96579e1765a7d&language=ja_JP

こちらは小学生たちの淡い恋の話みたいです。

なるほど、小学生なら男子たちが
「う◯こ」「◯っぱい」ばかり言っていたって
受け身で頼りなさげだったって
「俺、お友達の方が大事だもん」みたいな態度をとったり
急にキレたりしたって、納得がいくかもしれません。
ストーリーがどこまで同じか分かりませんが。


そんなわけで低評価だったアニメ映画
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」ですが
これで私は一つ学びました。

お金をかけて宣伝しまくっている作品が面白いとは限らず、
埋もれている作品でも面白いものはきっと
たくさんあるだろうということです。


私は小説投稿サイトで作品を読んだりするのですが、
あまり評価が付いていない作品に面白いものがいっぱいあったし
素晴らしい作品は自然に目立ってたくさんの人に評価されるかというと
そうでもないようでした。

よく目立っているものが素晴らしいかというとそれも疑問です。
純粋に作品で表現しているというより、宣伝に力を入れ
「目立つ才能」「人を集める才能」を持っている人が多いような。

できれば素晴らしいものこそ多くの人から評価され、
口コミなどで目立ってほしいものですが
素晴らしいものが埋もれて、人を集める才能があるものが目立ち続ける
なんてこともあるのかもなーと思ってしまいました。


と言っても、結局面白いとか素晴らしいなんてのは
個人の好みの問題なのだから
合わないものを酷評するのは失礼ですね!

「なんか合わなかったかも〜」あるいは
「こういうところが素敵でした」で終わらせるべきでしょう。

ということでこの作品の良いところを。


まず、音楽はすごく良かったらしく(私はあまり聞き取れませんでした)
サウンドトラックの評価も高いです!




あと、登場人物たちの「セリフ」は若干違和感あるのですが
動きは滑らかでナチュラルです!
映像もすごく綺麗で、まさにファンタジー。
美しい背景に、美しい女の子。ほわんと幻想的です。
夢のような世界が好きな方は、楽しめるのではないでしょうか。


ではこれで作品の感想ブログを終わります。
自分はあんな芸術的な映像を作ることも
中身のあるストーリーを作ることもできないくせに
偉そうに失礼なことを書いてしまってすみませんでした!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BFM6VQF/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=04010d-22&linkId=5172ad207dad863dac735963818f68eb&language=ja_JP

2020年08月03日

こんなに良い映画だったとは!「聲の形」

この間テレビで「聲の形」が放送されていました。
アニメ映画ということなので、見てみました。



(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


この映画の宣伝は公開当時よく見かけましたが、
いじめっ子の男の子が主人公で
ヒロインは耳の聞こえない女の子ということなので
映画館に見に行ったりはしていませんでした。

たぶん、いじめっ子といじめられっ子が仲直りして恋っぽくなるとか
だいたい内容は想像できるかなぁと思ったので……。

あと、私自身、昔いじめられっ子だったのですが
いじめっ子といじめられっ子が仲良くなってめでたしとか
いじめを軽視する感じだったら
傷つくなーという想いもあったかもしれません。

しかし見てみると、思っていたのとは全然違いました!


まず主人公の男の子は、自分がかつていじめをしてしまったことを
ものすごく重く捉えています。
そしてまわりの人との人間関係、それぞれのキャラが
「こういうタイプの人いるよね」と思うような象徴的なキャラになっていて
セリフや描写も丁寧で、良い意味で心に刺さります。

ふわりと夢のような幻想的な感じがあり、キャラも可愛いのですが、
テーマは重くてリアルです。
なので主人公やヒロインにとても共感できました。

初めはなんとなく興味を持って見たというくらいだったのですが
この映画に出会えて良かったです。




この作品は、マンガが原作のようですね。






















ファン
検索
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール