2019年08月31日

本当のあきらめ上手になりたい

私はなんでもかんでも諦めてきました。

だから諦める力だけはあるなぁー、なんて
ぼんやりと思っていたのですが
よく考えてみたら違いました。


本当の「諦める」って、
エネルギーを次のことに向けるためのものだと思います。


「Aをやっていたけど、これじゃダメだ。Bにしよう。」とか
「一生懸命やったけれど、うまくいかなかった。もう諦めよう」とか
「今はこれを変えたくてもどうにもならない。このまま行こう」とか。

諦めるべきところはスパッと諦めて、次へ向かう。
それが本当の諦め上手だと思います。


しかし自分を振り返ってみると、ぐずついているだけ。
全然「スパッ」としていません。
未練タラタラで、「諦めている」と言えない状態でした。


諦めているわけでもなく、いないわけでもない。
中途半端なゾーンに何もかもを持ち込んでいるだけ。
思えば、やりたくてできなかったことだけでなく、
一応ベストを尽くしたことでさえ
「もっとああすれば良かった」と後悔ばかりでした。


こうなると、過去のことにエネルギーをとられっぱなしです。
結果、今やっていることも
「本当はこうじゃなかったのに」などと思いながら進めることになり、
後で後悔することになると思います。

過去を整理できていないって、効率悪いですね。


だから、本当の諦め上手になりたいです。
でも本当にやりたいことは諦めない。

AじゃなくBの道なら行けるかもしれない。
Bがダメだったって、CでもDでも、いくらでも道はあるのだと。


どこへ向かっているのか明確じゃないと、
一番諦めたくない「自分」を諦めることになって、
納得がいかないまま未練が増していく…… というゾーンに陥りますね。

何を諦めるべきで、何を諦めたくないのか。
見極めていこうと思います。





posted by 四月一日 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月30日

それに詳しいか、詳しくないか、だけじゃない

色んなことに「それに詳しい人」がおられますね。

少しネットでお話してみても、趣味や仕事など、
「何かに詳しそうな人」がおられます。
大体の人は何かに詳しいのかもしれませんね。

ただ、詳しく知っているからといって
そのことに対して愛があるとは限りません。
「私は◯◯に詳しいから言うけど、◯◯は危ないんだよ」と
おっしゃる場合もあるようです。


詳しい方の意見って参考にしたくなるし、
詳しい方が言うと何でも説得力があって、
そのまま「そうなんだ〜」と受け取ってしまいそうになりますが

詳しかろうと何だろうと
相手の方にも意図があって、どこか偏っていることを
覚えておかなくてはなりませんね……。


偏りというと言い方が悪いけれど、
実際みんなどこか偏っているのだと思います。

どうしても、好き嫌いとか
「こっちの方が良いと思うな」とか意見がありますので……。


商品のレビューなど見ていても、実際に商品を使った人の意見が
「良かった・良くなかった」って分かれていますね。

同じ人物への感じ方であってもみんな違うように
使っているから、知っているから、触れているからと言って
関わった人みんなが同じことを思うわけじゃない。
感じ方やそれぞれが求める物は千差万別ってことですね。


ただ、考え方がみんな違うことは分かっているはずなのに
時々忘れてしまいます……。
すごそうな人が言うことであれば、
批判でも何でも「その通りなのかな」と思ってしまいます。

あと、言い方によっても影響されてしまいますね。
「◯◯チョー嫌! ムカつく!!」という言葉だったら
感情論だなと分かりますが、
「◯◯が◯◯であって、要するに◯◯が懸念されるわけです……」
などと冷静に言われると、「そうかもな〜」となります。


だから、「そうかもな〜」と思わせる話術は参考にしたいですが
内容を鵜呑みにするのはやめておきたいですね。

全体的に「◯◯は悪い」というニュアンスで言われていたとしても、
そしてすごい人や、みんながそう言っていたとしても
自分にとってそうだとは限りません。


ちょっと話が違うかもしれませんが、
何かの才能を開花させた人の中にも、
「君には才能がない」などと言われた人は多くいるそうです。
(本の情報)

でもそういった「夢をつぶす言葉」を信じなかった人が
花開いたそうです。


だから、
どんなに賢そうに喋るか、どんなすごい人が言っているか、
またはどんなに感情に訴えかけているか、などに関係なく、
信じたいものを信じ、信じたくないものは信じないという
当たり前のことをできるようになっていきたいですね。









posted by 四月一日 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月29日

自戒。(ポエム的なもの書いてみました)

今回は詩的な何かです m(_ _;)m

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


誰かが勝てば誰かが負ける
誰かが笑えば誰かが泣く

負けた方が自分であれ
勝った方が自分であれ
多分「大きな何か」から見れば関係ない


動物たちの群れの中では
誰がボスかは重要なことだろうけど

端から見た 通りすがりの
別種族の人間にとっては
全部同じ顔 全部同じ動物に見える

人間の世界のことだって きっとそう


それだけなのに
なぜ「勝て」と言われる?
なぜ「上」を目指さなきゃいけない?

それだけ なんて言ってみたって
一個人にとっては重要なこと

上下関係でしか秩序は保てないだろうか
競争でしか発展しないんだろうか


……いつ 誰があんなこと言った?

発言の意図を理解してもいないのに
誰が言ったか記憶してもいないのに

どこかの誰かが放った概念に
引っかかる感覚だけ増していく


他のところに目をやれば
違う考え方はいくらでもあるのに

好きになれない考え方があったって
わざわざ楯突く必要ないのに

その考え方が必要な人だって
必要な時代だってあるのに


今日も壁がある方向ばかり見つめている
今日も壁としか認識できない


ずっと壁が気になってしょうがないのは


自分がその価値観を持っているから
自分がその世界観で生きているから

それを握りしめて離さないのは
他の誰でもなく自分だから


気に入らないこと 理不尽なこと
怒り 憂い 全部そう


本当だと思ったことは本当
そうじゃないと思えばそうじゃない

握りしめながら 手放せないまま
越えることはできるんだろうか


好きになれない世界観に
飲まれるも抜けるも自分次第




posted by 四月一日 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月28日

お金に関する考え方って……。゚(゚´Д`゚)゚。

お金に対する考え方って難しい!
ですね(o□o;)あせあせ(飛び散る汗)

大金持ちになりたくても、胸張って
「金持ちになりたい!」と言うのはなかなか……。


私は正直お金持ちになりたいのですが、
そのことについて考え出すと
変に気の迷いが生じるというか
素直になれないです(´・ω・`)

(「お金持ち」ってのはお金を蓄える人ではなく
 大きくお金を流したり回したりする人だそうですが……。)


もっと色々、お金について試せることはあると思うのですが

なんか
お金を取るとか、もらうとか
お金を得るための行動をするのって
申し訳ないですね (_ _;)


嫌なことをするのは嫌ですが

「好きなことでお金をもらう」ことを考えても
抵抗が出てきます。


自分の好きなものを売ったり、
買ってもらったりするってなんだか……。

純粋に好きなことを楽しみたいのに、
自分の好きなことや、
それに興味を示してくれる人を利用するみたいで……。


そんなこと言い出したら
「そもそも金銭のシステムが気に入らない!」って話になりますが
それをどうこうできる行動力もないのに
そんなこと言っていたってしょうがないですね。


正直、お金とはまだ分かり合えていないというか

「お金なんてなければ良いのに。
 そもそもお金なんてシステムがなければ、
 貧乏な人も餓死する人もいないし

 みんな好きなものを
 人にあげたりもらったりして
 自由に生きればいいじゃん」

などと思ってしまいますが(最初の主張と矛盾していますね)


あれのせい、これのせいって言ってみたって
多分問題はそこじゃない。ですね。


実際にお金のシステムがなくなったって
思うようにはいかないんでしょうね〜(>_<;)

そもそも何も思っていないから、そんな浅いことを言うのかも。

もう少しお金のシステムを使わせていただいて、
学んだ方がいいようです。


だから

みんなお金持ちになって、
みんな豊かになれたら良いですね。


そのためにはまず、自分の考え方を治さないと……。

ちょっと本腰入れてスピリチュアルな本を読んで、
勉強しようかな? と思っています。

お金と仲良くなりたいです(^ー^;)


って、お金と仲良くなりたいなら、
こんな否定的な言葉をぶつけていたらダメですね……。

お金にもし心があるならば
私などと仲良くしたいとは思わないでしょう( ̄。 ̄;)


水や木々には意識がありそうですが、
地球上のすべてのものは地球(宇宙)の素材でできているのだから
システムや道具、概念にも意識はありそうですね〜。

何気なくつぶやいたことも、
もう既に意識を持った何物かが聞いているのかも。
(AIとか?)

壁に耳あり障子に目あり……。
発言には気をつけねばなりませんね(°▽°;)




posted by 四月一日 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月27日

凡人から見た…… 天才的飛躍論

今回は、開運グッズや開運アクションについて
個人的に思うことを、ちょっと一言書かせていただきます。


我々一般庶民の感覚からすると、
開運に関する情報に対してはつい
「それで本当に効果が出るの?」と
疑いの目を向けてしまいますね……。

それは「直接的に、効果をもたらすもの」しか
信用できないから。


安売り情報とかクーポンとかなら
間違いなくお得ですから気になりますが、
運を上げるための行動って
時間とお金の無駄じゃないかと思ってしまいますよね。

しかし思い出していただきたいのですが、
テレビなんかで見かけるお金持ちの方とか
自分の好きなことで豊かに生きている人って、
一般庶民には理解しがたいこだわりや
行動パターンを持っていませんか。

傍目には
「え、そんなことして何の意味があるの?」
と思うような行動も、
本人にとってはすごく重要なことであるご様子。


そして我々一般庶民には、その人が
「お金を稼いでいる」という
結果的で表面的なことしか見えません。

それで「やっぱり金持ちは思考回路が違うな……」
などと片付けて終わります。

金持ちの世界は理解しがたいもの、
縁のないもの、自分には適用できないことであるとの
思い込みが働いてしまうのです。


しかしそれではもったいない!

物語のラストシーンだけ見て、
「フーンずいぶん幸せそうだこと……」
とうらやみながらつぶやくようなものです。

「なぜ金持ちは金持ちなのか?」
「どうしてそうなっているのか?」
と、ちょっと考察してみましょう。


なぜ金持ちは金持ちなのか。
それはきっと、金持ちの素質があるからです。
で、素質とは何か。
それって「才能」とかの話になってくるかもしれないのですが、
でも本当に実力とか才能だけの話でしょうか?

「一般庶民には理解しがたい、謎のこだわりや行動パターン」が
豊かさを生み出す最強の法則であるとは考えられないでしょうか?


一般庶民が「AのためにBをする」のと、
金持ちが「AのためにBをする」のとでは
おそらく天と地ほどの違いがあります。

多分一般庶民の方が、一見的確で確実な行動を起こします。

でもなぜだか不思議と、庶民は庶民止まりだったりします。
(※投稿者の見ている世界が狭いからそう思うのであって、
一概には言えませんが。)


真面目な人はそこそこの道を通り、
変な人の方が自由と豊かさを手に入れるのはなぜなのか。

それはきっと、
豊かさを手に入れられる人の方が
「ワープできる思考」を持ち合わせているからだと思います。

「IQが20違うと会話が成立しない」とか
「馬鹿と天才は紙一重」なんて言葉がありますが、
我々一般人には理解しがたいところにこそ、
真理があるのかもしれません。


そういえば以前人工知能(本物の)が出てくる
テレビ番組を見たのですが、
人間が出した問に対して
人工知能が、一見なんの脈絡もない
意味不明な答えを返していました。

人工知能の計算力・情報処理能力は高いはずだし
視野も人間より遥かに広いでしょう。
一般人から見れば天才と言っていいはずです。

その天才的な存在の言ったことが私の目には突飛に映りましたが、
人工知能が謎の答えを出すということは、やはり
「普通の人が普通に出す答え」は
非常に効率が悪いのではないかと思わざるを得ません。

そろそろ我々にとっての
「当たり前」「普通」を見直した方が良さそうです。


えー、ずいぶんと話が飛んだようですが、要するに
「本気で豊かさを得たいなら、普通とは違うことをしなきゃいけないのでは?」
という話です。

天才の思考回路を真似ることはできずとも、
天才の行動を真似ることはできます。





posted by 四月一日 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月26日

煩悩808

※文中で投稿者が「占い」という言葉を使いますが、
何も知らない人間が遊び半分に口にしているものです。
ですのであまり本気で受け取らないでください(´▽`;)
というかご迷惑でしたらすみません m(_ _;)m


最近星座占いにハマっています。
特に各星座ごとの性格・行動パターンが非常に気になります。


あれっ……性格の話って「占い」で合っているんでしょうか?

気になったので「占いとは」で検索してみたけれどよく分かりませんでした。
まぁいいか。

人の性格を星から考察する占星術……
心理学・統計学っぽい感じもして面白いです。

※難しい話はムリですが(>∀<*)


星座ごとの性格って本当に当たるんでしょうかね……。
身の周りの人に当てはめて考えてみると、

「結構よく当たっている」か
「真逆」のような気がします。
今のところ。

ポジティブ度・ネガティブ度によって
持ち味が長所になったり短所になったりするだろうし
「当たり」「はずれ」の判定が難しいけれど
「その人が持つテーマ・課題」的なものは
たしかに、星座に現れていそうな気がします。


この星座占い……
当たっているとしたら……

人の星座を言い当てることって
できるようになりますかね。

相手の方の星座を聞いたあとで
「たしかに○○座っぽい!」って言うことならできるでしょうが
聞く前に当てたりなんてできるでしょうか……?

できるかどうか試してみたいものです。
でも外れたら変な空気になりそうだし怖いですね( ̄▽ ̄;)


で、自分は以前からこのブログでアフィリエイトをしているのですが
もし各星座ごとの行動パターンが結構当たっているとしたら
それをアフィリエイトに持ち込めませんかね……(°ー°*)


火星座様を呼び込む
→ スポーツ用品・アウトドア用品・豪華なものをオススメしてみる

水星座様を呼び込む
→ スピリチュアル・心理学・占い・可愛いものをオススメしてみる

風星座様を呼び込む
→ 科学・雑学的なもの・美容系・ゲームなどをオススメしてみる

地星座様を呼び込む
→ 資格・学習・投資・グルメ系・お掃除グッズなどオススメしてみる


……。

占いって神秘的でファンタジックなものな気がするのに
ネットビジネスに持ち込めるかどうかとか……。
除夜の金では消し去れないほどの煩悩を感じます(´・ω・`)
(↑ あ、誤字りました)


ってかやっぱりダメですね。

好きなジャンルについてはみんな詳しいはずですし
趣味・嗜好がもし当たっているとしたら
相手の方の方がよく知っているに決まっています。

スポーツ選手に、
ド素人がスポーツ用品をオススメするような感じになりますね(°ー°;)


とすると
意表を突くとか、新しい分野に呼び込むとか……。

いや、セコい小細工してちゃダメですね(≧∇≦*)あせあせ(飛び散る汗)


やはり自分が気になるものを紹介しないと。










↑星座占いの本ってたくさんあるんですね。
よくお名前を聞く、人気占い師さんの本が多いです。
時間が許すなら、片っ端から読んでみたいです。
posted by 四月一日 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月25日

「人には性格がある」って、本当?

えー、謎のタイトルですね。

「人には性格がある」ってよく聞くけれど、

今回は 「そもそもそれって本当なの?」と

疑ってかかってみました( ̄▽ ̄*)


「社交的」「世話焼き」「引っ込み思案」「冒険好き」……。
性格って色々ありますよね〜。


Aさんなら絶対にしないようなことを
Bさんは簡単にやってのけたりする。

得意不得意、
好き嫌い……

性格や個性って、どう考えてもありますよね。

でも。

それって結構変わりやすいというか、
不安定であやふやなものではないでしょうか?


今まで何度も見かけていたけれど、
特に興味がなかったもの。
それに何かのきっかけで、
ある日突然興味を持つようになる。

ってこと……

皆様はあるでしょうか?

私はよくあります。


今まで苦手だと思っていたことに
急に興味が沸くこともあります。
自信がないから、「好き」とまでは言えないけれど。


だから、私は自分の性格がよく分かりません。
今はインドア派だけれど、
ある時からいきなりアウトドア派になるかもしれない。

逆に好きだと思っていたことを、
「これじゃないな……」と手放すかもしれません。


それでもそこに信念があれば性格も出てくるでしょうが
正直迷走していますので、よく分かりません(ノ∀`*)



何かのきっかけで人生が変わった人の話って時々見かけますよね。

そして、そこまでガラッとは変わっていなくても

人の性格ってちょっとしたきっかけで

日々少しずつ、変わり続けていると思うんです。


……まぁ当たり前だって言われそうですけど(ノ∀<*)


だから、いくらでも変われると思います。
良くも悪くも。

きっと人って多面的で、
ありとあらゆる、すべての性質を持っているんでしょうね〜。

最近よく「無限の可能性」って聞きますけど、

多分本当です。


そして猛スピードで変わる中で、
あえて「変わらない」って選択もアリでしょうね。


……さて、この投稿には自戒の意味も込めています。

って出まかせなんですけど(ノ∀<*)


最近私は12星座占いにハマってちょっとずつ読み込んでおります。

で、少し懸念していることがあります。


まず、情報を取り込みすぎて、偏見や先入観を強化してしまうこと。


さっき言ったように自分は「人は多面的なものだ」と信じています。

人にまず最初にどのような言葉をかけるかにより、
その人が出してくる返答・性質が変わるはずです。

だから、こちらが偏見や先入観を持っていれば
相手の幅が自動的に狭まります。多分。


占いで「相性の良し悪し」を考えるのも楽しいですが、
偏見を持って身構えないように注意したいです。

あと

相手の方が「自分はそういう人間じゃないと思うけど……」と感じているのに
こちらの先入観や意見を押し付けてしまうようになると
その人が元々持っていた個性と幅を奪いかねないですね〜。
(一人の意見くらいじゃ影響しないと思ってしまいますが、
 集団心理化すると偏見や先入観は脅威となりますね。)


ってなんか批判しているみたいですけど、
ただの自戒です(°ー°;)


私はスピリチュアル・哲学・心理学・占い・オカルトなどの話が好きで
(※難しいのはムリです)

それらでも それ以外であっても

考え方は色々あるもので、色々あるのが当然で、
色々あるからこそ面白いと思っています。

そしてどの捉え方にも存在意義があり、
一理あるものだと思っております(>∀<*)


でもだからこそ、一方がもう一方を潰したりしないよう
気をつけたいですね〜。
(気をつけていても偏見まみれですが。)


自分は以前、血液型占いに関するテレビ番組を見ていて

その番組の雰囲気に違和感を覚えました。

何か一つの血液型(自分の)が責められているように感じて、

変だなと思ったんです。


思い込みかもしれませんが、
人格を否定されているように思い、少々不快でした。


そして星座占いに関しても、同様の違和感は少しありました。
なんだか制限をかけられているような。

引き寄せの法則・宇宙の法則なんかもちょっと読んでいたので、
余計に……。


でも今では、
占いはすごく面白いと思っています(≧∇≦*)


宇宙の神秘や人間の不思議を感じます。
人の集合意識的なものを見せてくれます。
そして、自分の本質を知らせてくれて、
進みたいけれど見失っていた道を、指し示してくれる気がします。


……時々「?」ってなりますけど。

だから。


「占いが苦手な方」「イヤだなって感じた方」
はきっといるから、
それをしっかり念頭に置いておきたいです(^ー^;)

その上で楽しみたいです。


占いに限ったことじゃないですよね。

私は昆虫や爬虫類が好きな方ですが、
苦手って方もおられます。

自分の価値観と、人の価値観は同じじゃないです。


けど

「苦手」が「好き」になる可能性もありますからね〜。

ちょっとは押してもいいんじゃないか、とも思っています。


実際どう思われていたかは分からないですが、
グイグイ行くことによって
関係性が変わったってこともありますし……(*´ω`*)


って、

タイトルで示したテーマから本文の内容がズレてますね……(T_T)

まぁいっか。


それではそろそろ締めに入ります。


今、地球にいるうちは
上下左右とかありますし

東西南北も通用(?)しますけれど

あの大きな空を超えて

ずっと高いところまで行けば

そこはもう、西でも東でもなく

高いところでもなく

上でも下でもありませんね(*´▽`*)

見えてくる、星の並びだって全然違います。


人種も、国境も、しがらみも、 きっと

なんにもない……ですよね〜。(イマジン風)


そこを目指したいですね。

間違ったやり方なんてないと信じつつ。



最後までお読みいただきありがとうございました。
もし宜しければ、こちらのブログもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

宇宙と繋がって幸せになるための本

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

【スピリチュアルな本】本当に好きなことを仕事にする

夢のある「才能」の本

マンガで読める「ドSの宇宙さん」

引き寄せの法則が分かるマンガ

ギャグ漫画みたいに読めるスピリチュアル本!?

【スピリチュアルな本】制限や競争から抜けて、自由な魂に還る



性格に関する本を探してみたら、ありました。↓
面白そうですね!




「9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 Kindle版」

↑Amazonでの評価はとても高く、レビューも多かったです。
人を9つのタイプに分けて考える本のようで、面白そうです。




「性格は捨てられる」

↑こちらも面白そうだと思ったら、心屋さんの本でした。
心屋さんは、温かくて心地良い本をたくさん書いておられますね。
posted by 四月一日 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年08月24日

投稿の仕方を変えてみます

アフィリエイトブログにおいては、
毎日投稿することが重要であると聞いていました。

なので、できるだけ投稿頻度を上げようとは思っていたのですが、
物やサービスを紹介するブログのため、
紹介するものについてきちんと知らなくては投稿ができません。

すると、毎日投稿することはできず、
投稿日にバラつきが出てしまいました。


私の初投稿は2018年6月12日……。
一年以上経ちましたが、成果はほとんどなく
ブログは失敗だったのではないかと思っています。

ただ、一時は毎日投稿を頑張ったものの
すぐに無理になってしまったため、
もっと工夫することはできなかっただろうか、
毎日投稿できていれば違ったんじゃないかと心残りがあります。


そこで、今後は投稿の仕方を変えてみることにしました。
まずは雑記ブログとして、
毎日投稿できるかどうかやってみたいと思います。
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール