2020年05月18日

夢っぽい世界を書いた短編「ドッペルゲンガー」をカクヨムに投稿しました

小説投稿サイト「カクヨム」で
一話完結の短編「ドッペルゲンガー」を公開しました。
3000字ほどです。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896058600/episodes/1177354054897138082

こちらの作品では、「夢」の世界を表現しようとしました。
雰囲気としては過去作「悪魔」に似ています。
でもそれほどネガティブじゃないです。


私は、すべてが細かく設定されている物語より
想像の余地がある絵本などが好きでした。
それを思い出し、この作品内の文章を
「ちょっと何を言っているかよく分からない」感じにしました。


歌の歌詞っぽいイメージでもあります。

たとえば「悲しみ」とかでも、
「恋が終わったあと相手の方はさっさと切り替えているのに
自分だけが立ち直れずに取り残された悲しみ」みたいに限定されると
その体験がない人は「私は関係ないかな〜」となりそうですが
(ピンポイントでその人に届けたいならそれが良さそうですね)

「誰にでも、あと一歩のところで踏み出せない日はあるさ……」
みたいな抽象的な表現だと、多くの人に当てはまりますね。
自分の思い出や気持ちを重ね合わせて聴きたくなります。


絵本も、言葉が少ないからこそ
「実はあの人はああだったんだろうか……」と想像する余韻が生まれます。
ゲームでも、自分で好きに操作できるから楽しいですね。

ってことでそんな「曖昧の美学」を試してみました。
あまりに抽象的すぎたら今度は文章として成立しなくなりますが……。
何か伝われば嬉しいです。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054896058600/episodes/1177354054897138082

カクヨムでの毎日投稿継続中

ここ三日間ほど天気が悪く、
その間ずっとカメムシが網戸に張り付いていました。
天気が良くて暖かいときは活発に飛び回る彼らですが
お天気が悪いと休憩モードなんですかね〜。

さて、今日も更新のお知らせです。
まず三分迷言集から。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054896030657/episodes/1177354054896030834

本当は「面白い言葉」を書きたい、
というか書いているつもりなんですが……
たぶん自分で思うほど面白くないです。センスが欲しいです。
ということで「迷言」です。


お次は関西弁の話題のエッセイです。

関西弁は可愛いけど、自分で書いてもイマイチ……。
みたいなオチにしようと思ったのですが……
何かを題材に書く場合、言い方を気をつけないと誤解を招きそうですね!

ということで一部文章を書き直しました。
切れ味よくいこうと思ったのですが
鋭い書き方は自分には向いていないかも。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054896019060/episodes/1177354054896066451

posted by 四月一日 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(10) | 雑記
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール