2020年01月28日

ちょびリッチのポイントを初めて換金しようとした話【生年月日誤登録・ドットマネー・SMS認証】

今回はポイントサイト「ちょびリッチ」の換金をやってみた話です。

ポイントサイトとは利用することでポイントを貯められるサイトのことで、
ポイントサイト経由でお買い物をしたり
アプリをダウンロードしたりすることでポイントを得られます。

私はお買い物等せず、無料コンテンツで毎日ポイントを稼いでいます。


ちょびリッチについて書いた今までのブログはこちら↓

ゲーム好きから見たポイントサイト

ちょびリッチの無料案件やってみました【アンケート・入力ワーク・GamePark・ちょびガチャ・アプリインストール】


さて、私はちょびリッチでちょっとずつポイントを貯めており、
それと同時にライティングサイト「REPO」というところでも
作業をして報酬を得ていました。

そして、
ちょびリッチのポイントが約6000ポイント(3000円分)、
REPOの成果が1100円となったため、
そろそろ換金してみた方が良さそうだと思い、
チャレンジすることにしました。


どちらも信頼と実績のある会社のようなので
トラブル等の心配はしていませんが
私が機械オンチなので……

早めにやり方を確認しておいた方が良さそうだと思いました。
(遅い気もしますが……)


まずちょびリッチで換金にチャレンジ。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

最初、自分のゆうちょ銀行口座に振り込んでもらおうと思っていました。
しかし、ゆうちょ銀行への振り込みだと
手数料が150円かかると書いてあります。

「150円かー……。結構かかるな……」
そう思いつつ交換先を眺めていると、
「ドットマネー」という交換先が目にとまりました。

「ドットマネー」へポイントを交換すると、
銀行振り込みに手数料がかからなくなる上に
初回限定で100マネーもらえる&ドットマネー1%増量の
特典付きだそうです。


私は「Ameba」に登録しているので
ドットマネーのことは時々見かけていました。
今まで使ったことはないし、よく分からないのですが
Amebaに登録している地点で
ドットマネーのアカウント(?)は持っているはずでした。

そしてドットマネーのページを覗いてみると、
やはりちゃんと私の登録情報がありました。


そこでせっかくなので、ドットマネーについて調べてみました。

ドットマネーは「1マネー=1円」で
ポイントサイトのようにマネーを貯めたりもできるようです。
Amebaのブログの機能を利用してアフィリエイトした場合も、
成果はドットマネーでいただけるみたいですね。

ドットマネーは換金する際に手数料がかからないのが魅力ですが
獲得したマネーには期限があるそうで、
期限内にマネーを交換しないと失効になるようです。


ポイントカードなどって大抵は

「獲得したポイントは一年間利用がないと消滅する。
ただし継続してポイントを得ている場合
貯めたポイントは無くならない」

という感じだったかと思うんですが

ドットマネーは新しくマネーを得ても
それぞれに期限がついているみたいですね……。
ちょっと難しそうです。


といってもポイント交換で得たマネーの期限は6ヶ月あるそうだし
期間内に換金できれば問題ありません。

手数料無料に惹かれ、
私はちょびリッチのポイント3000円分をすべて
ドットマネーに変えることにしました。


……今思えばそれが不幸の始まりでした……。


早速ちょびリッチのポイントを交換
……しようとしたら電話認証が必要とあったので、
まずは家の電話から操作しました。

そして認証をクリアしたら
「秘密の質問を設定してください」との表示が出ました。
不正なアクセスによりポイントを盗まれることを避ける
セキュリティー用の設定らしいです。


で、その設定をするためにまず生年月日の確認が必要だったので
普通に入力したのですが

「間違っています」

との表示が出ました。


間違っているも何も、
これが私の生年月日なんですが……

そう思って何度も入力してみるものの
やはり「間違い」と出ます。

これはどうやら、生年月日を
「登録時に間違えて入力した」みたいです。


しょうがないのでプロフィールの設定を変更しようとしたのですが
生年月日変更の欄がどこにもありません。
生年月日は隠しプロフィール(?)のようです。


慌ててちょびリッチのQ&Aを見ると
「生年月日を間違って登録してしまった場合」について載っていました。
問い合わせフォームから
設定の変更をお願いしなくてはいけないらしいです。

そして「生年月日の修正は1回のみとなります」みたいな
注意書きがありました。

確かに何度も変更できていいものじゃないですよね。
しかし一回間違えているぶん、
「もう一回間違えたら終わりか……」と緊張しました。


とにかく書いてある手順通りに操作し、
ちょびリッチさんの返信を待ちます。


その間に今度はREPOの報酬交換をすることにしました。

REPOでは報酬を
「メルマネ」か「ドットマネー」に交換できるらしいのですが
メルマネというものは何なのかサッパリ分かりません。
ドットマネーもたった今調べたばかりで分からないんですが……。

とりあえず、メルマネは無理そうだと判断して
REPOで得た成果1100円も
ちょびリッチのポイントと同じドットマネーに変えることにしました。


……今思えばそれがさらなる不幸の始まりでした……。


REPOでドットマネーの口座番号を入力し、交換をお願いすると
あっさりポイント交換が終了しました。

ちょびリッチではあんなに
電話認証やら秘密の質問やらあったのに
REPOはこんなに簡単で良いのか……

そう思いつつドットマネー通帳を確認してみたら
0マネーだった表示が「1100マネー」に変わっていました。
ちゃんと交換されていました!


セキュリティー上は、あれこれあった方が良いのかもしれませんが
REPOのシンプルさは機械オンチにはありがたいです。

そういえばライティングのときも報酬発生時も
REPOはやけにシンプルな、ゲームみたいな画面だったので
驚いた覚えがあります。


さて、翌日、ちょびリッチからメールが来ました。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

「生年月日の変更手続きには5〜10日かかる」と書いてありましたが
なんと生年月日を1日で変更してくださっていました。
ありがたいです。


それで生年月日を入力してみると無事手続きができ、
秘密の質問を設定できました。

これで一安心です。


しかし、早速ちょびリッチの6000ポイント(3000円分)を
すべてドットマネーに交換しようとしたら、今度は
「レギュラーランクだと1日の交換上限は2000ポイント」と出ました。

交換の上限とかあるんですね……。

それで、ちょうどもうすぐ日付が変わる頃だったので
2000ポイント(1000円分)ずつ、2日に分けて
4000ポイント(2000円分)を交換しました。

残りの2000ポイントは次の日に交換です。


このときドットマネー通帳を確認すると
1100+2000で
ちゃんと「3100マネー」になっていました。

でも、ちょびリッチからドットマネーにポイント交換すれば付くはずの
初回交換特典100マネーと、1%増量分のマネーが来ていません。

それで特典についてよく読んでみると、
「特典分のマネーは来月17日以降に付与されます」
と書いてありました。


さらにもう少し調べてみると、
なんと増量キャンペーンのマネーは付与された月の月末までで
期限が切れるという情報がありました。

しかもドットマネーの換金は1000マネーから。

ということは、来月の17日〜30日の短い間で
換金を済ませてしまわなければなりません。


とりあえず、ちょびリッチにはあと2000ポイント
(1000円分)が残っているので
次の日にこれもドットマネーに交換しようと思いつつ、
もう少しドットマネーについて調べてみました。

すると
「ドットマネーの換金にはSMS認証が必要」という情報を見つけました。
携帯電話の番号を入力しなくてはならないシステムです。


「……!?」


そのとき思考が停止しました。

私は、携帯電話もスマホも持っていなかったのです。


サーッと全身の血が引きました。

SMS認証……。


SMS認証には何度か行く手を阻まれたことがあります。
何かのサイトに登録しようとしたらSMS認証が必要だったのですが、
何度か試してみてダメだったので諦めていました。


「しまった、油断したー!!」


そう叫んでももう遅いです。

まさかここでSMS認証が出てくるとは……。
ここまでは固定電話も使える「電話認証」で進んできたのに……。
口座と番号さえあれば絶対に振り込んでもらえるものだと、
勝手に思い込んでいました。

こうなったら、キャンペーンポイントどころではありません。
ドットマネー全額消失の危機です。


「もっと調べておけば良かった……」と思ったら、
REPOの報酬に関する注意事項のところに、親切にハッキリと
「ドットマネーを交換するにはSMS認証が必要」と書いてありました。


多分注意事項は以前一度読んだけれど、
そのときはドットマネーを使おうと思っていなかったから
軽く読み流したんだと思います。

注意事項を再確認しないなんてバカですね……。


とにかく、何とかならないんでしょうか。
換金がダメなら、Tポイントに変えるとか……。
そう思いましたがダメです。
Tポイントへの交換にも、SMS認証が必要でした。

電子書籍に使える「読書ポイント」というものもあり
「これなら……」と思いましたが
こちらもSMS認証が必要でした。


調べてみると、SMS認証なしで交換できるのは
「Amebaコイン・アメブロのデザイン・ゲームアイテム」のみでした。

私はAmebaのゲームをやっておらず、
コインもデザインもアイテムも使っていません。


完全に行き止まりです。

このままだと、
6ヶ月後に3100円消滅です……。


この3100円、金額としては3100円ですが
私にとってはただの3100円ではありません。

ちょびリッチやREPOについてウェブで調べたり、
自分で試してみたりしてやっと貯めたものでした。

ちょびリッチとREPOが、私にネットの夢と現実を教えてくれた……
そんな中でやっと貯めた3100マネーだったんです。


何でしょう…… 例えるなら、
お店で買ったプチトマトと、
自分で種から育てたプチトマトの違いみたいな?

いや、大事にやり込んできたゲームのデータでしょうか……。


まさか、手数料150円をケチったために
こんな結末になるとは思いませんでした。

……いや、ちゃんと注意事項を読んでいないせいですね。


その後、なんとかドットマネーを換金しようと、
SMS認証関連の海外アプリをダウンロードして使ってみたりしましたが
何を試しても結局SMS認証の画面を通過することができませんでした……。

これはもう、
諦めるしかありません。


バカなことをしました。

注意事項をちゃんと読めば良かったです。
また、最初から大きな金額をまとめて送らずに、
交換最低額が貯まった時点で
それぞれ換金を試してみれば良かったです。

今回の件でお金の大切さを学びました。
3100円は勉強代だったと思っておきます……。


しかしとりあえず、ちょびリッチの
「レギュラーランクの1日の交換上限は2000ポイント」
というルールのおかげで、
2000ポイント(1000円分)のみは手元に残りました。

それで、この2000ポイント(手数料150円を引くと850円)を、
最初の予定通りゆうちょ銀行に振り込んでもらうことにしました。


交換の申請をして、数日間待ちます。
(交換予定日は土日祝日を除いて4営業日以内ということでした。)

間に土日休みがあったためか、ちょっと遅かったので
また何か間違えたんじゃないかとヒヤヒヤしましたが……

その後しばらくして、振り込み完了のメールが届きました。


そして数日後に記帳しに行って
850円を振り込んでいただけたかどうか確認しました。

その結果……

無事、振り込まれていました!!


嬉しいです。
850円をこんなにありがたく感じたのは初めてかもしれません。

これで次からは失敗せず換金できそうです。


そしてその翌月……

ドットマネー通帳を確認してみると
初回交換特典の100マネーと、1%増量分のマネーが
送られてきていました。

増量キャンペーンのマネーが付与されたのは20日、
マネーの失効はその月の30日。
確かに期限が切れるのが早いですね。


私はSMS認証で引っかかってしまいましたが、
ドットマネーは様々な方法で貯められるし、
換金に手数料がかからない、すごいシステムだと思います。

携帯電話を持っていてSMS認証を突破できる方なら
行く手を阻まれることはないはずなので
良ければドットマネーを利用してみてはいかがでしょうか。


ではこれで初めてのポイント交換の記録を終わります。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール