2018年12月27日

ギャグ漫画みたいに読めるスピリチュアル本!?

ギャグ漫画みたいという言い方が失礼だったらすみません。
今日は、マンガじゃないけどマンガみたいな
スピリチュアル本のご紹介兼感想です。



笑えるスピリチュアル
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


生きていると、なんかモヤモヤすることって色々ありますよね。
「こうなったら嬉しい!」って望みがあるのに
なかなか上手くいかないとか、
あの日あの人から言われた言葉がずっと気になるとか。

しかしこの本を読むと、そんな悩みが軽くなります。

私の場合、最近「批判」への恐怖心を強く持っていたのですが、
この本の「批判するヒトを批判するヒト」というページを見て
気が楽になりました。


皆様の悩みが軽くなるページもきっとあります。
是非、本を読んでみてください。

別に悩みはないけどスピリチュアルが気になるという方にもオススメで、
絵も文章も面白いし、結構壮大な「世界の仕組み」を知れたりします。


この本はテンションが高くて明るいです。
エッセイ的な話も、物語になっているものもあり、
短く、分かりやすく、面白いです。

無理して小難しい本を読んだって 悩みが解決することは少ないですが
(※個人的な意見です)
笑えるスピリチュアルを読むと、「あ、そっか」って
何かがポロッとはずれます。

「面白い」ってすごいですね。


私はこの本を読むのは二回目で、
前に一回読んで「そうだよねー」と納得して本を閉じたのですが
今読み返したときの方が、さっきの
「批判するヒトを批判するヒト」の話が響いてきました。

今の自分のテーマに沿っていたからだと思います。
何度読み返しても、新たな発見がありそうですね。


明るい言葉や深い言葉って、
平常心(?)のときは結構聞き流しちゃうんですよね。
「ああそれ、知ってる。分かってる。」って。

ところが肝心なとき、悩みにぶち当たったときに
知っているはずの解決策が出てきません。
せっかく以前いただいたヒントを、
分かったフリして流してしまっているから……。


結構人間の視野って狭いですよね。
暗い気分のときは暗い方、
明るい気分のときは明るい方しか見えなかったりします。

でもだからこそ、ヒントを手元に置いておいて、
暗いモードに入ってしまったときに
切り替えられるようにしておくことが重要かもしれません。


本ならいつでもヒントをくれます。

明るい気分のときにこの本を読んで笑って、
落ち込んでいるときにも読んでみることをオススメします。
落ち込んでいるときの方が、深く受け取れるかもしれません。


ということで今回は、「笑えるスピリチュアル」のご紹介でした。


気づいて忘れて、また思い出して……
そんな感じでのんびり進んでも良さそうですよね

何度でも大事な言葉を聞かせてくれる本は、
のんびり派にとってありがたい存在です。





最後までお読みいただきありがとうございました!
もし宜しければ、こちらのブログもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

宇宙と繋がって幸せになるための本

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

【スピリチュアルな本】本当に好きなことを仕事にする

【スピリチュアルな本】制限や競争から抜けて、自由な魂に還る

ファン
検索
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール