2019年09月06日

4DX・3Dで超実写版ライオンキングを見に行ってきました!

少し書くのが遅くなりましたが
先月、ディズニー映画「ライオンキング」
超実写版を見に行ってきました!

超実写とはいってもCGだそうですね。


この映画の予告編を見たときは衝撃を受けました。

「ええっ、ライオンキングが実写化!?」
「それって最初から最後までリアルアニマルだらけってことだよね?」
「うわっ、シンバもナラもライオンそのものじゃん!」

と大興奮。
絶対見に行こうと決めていました。


そして映画が公開され、近くの映画館について調べてみると……
そこに「4DX」の文字が。


4DX?
4DXってたしか……。


数年前に、テレビで見たことがあります。

座席が動いたり、風が吹いたり水がとんできたりと、
映画をアトラクションのように楽しめるものだったはず。


でも4DXが本当に、自分の町で見られるの?

てっきり、東京や大阪など、
都会にしかないものだと思っていたので驚きました。


家の近くの映画館で
3D映画が見られるようになったのは、だいぶ前。
そこで初めて見た3D映画はあの「アバター」だったと思います。

その後何度か3D映画を見に行っていましたが、
ここ最近映画館に行っていませんでした。

まさかその間に4DXが導入されていたとは……。


4DXはやはり値段が少し高いようでしたが、
ライオンキングを迫力ある効果付きで見たかったので4DXに決めました。

ということで、映画館にライオンキング鑑賞に向かいました。


※ここから先は、ネタバレ含む映画の感想です。




4DX・3D・字幕版でライオンキングを鑑賞しました。


出だしの映像からすごかったです!
動物たちがいっぱい。
そして目の前に広がるアフリカの大自然。
泣けてきました。


4DXのため、さまざまな仕掛けもあって
ディズニーランドのフィルハーマジックや
ディズニーシーのマジックランプシアターのようでした。

アトラクションよりずっと長い時間、
迫力の映像やさまざまな効果を楽しめて面白かったです!

また4DXで映画を見たいと思いました。


さて、超実写版ライオンキング、物語はほぼオリジナル通りでしたが、
動物たちがリアルなぶん、より凛とした映像になっていました。
冷酷なスカーやハイエナたちも格好良かったです。

また、ムファサとスカーが話す冒頭のシーンで
ムファサがスカーをかばうような発言をしていたのが良かったです。
王の器、兄の優しさを感じられ、
日本語版のセリフも気になってきました。


超実写版ライオンキングでは動物たちがリアルなため
キャラクターたちが無表情に見えると聞いていたのですが、
この作品はコメディというよりはシリアスな物語なので
キャラクターたちの野性的な表情が映えて丁度良いように思いました。

でも、擬人化された動物たちを楽しみたいなら
確かにアニメの方が表情豊かで良いですね。
アニメも超実写版も、それぞれ素晴らしいと思います。


超実写版の、サイチョウのザズーも素敵でした。
アニメ版ではどちらかといえば面白い印象のキャラクターでしたが、
こちらでは、シンバやナラを守ろうとする姿が格好良かったです。
王族に仕える者としての使命や誇りが感じられました。
超実写版のリアルな鳥の姿も良いですね。

アニメ版より登場シーンとセリフが増えた
メスライオンのナラも、良かったです。


でもアニメ版のときから思っていたのですが、
ナラはシンバより強いなら、メスライオンたちみんなでスカーを倒して
女王の国が誕生するなんて展開になっても面白かったですね。
物語的にも動物のイメージ的にもズレているので、ありえませんが。

あと、シンバとプンバァとティモンが星空を眺めるシーンで
プンバァが星について「ガスが燃えている」と言っていたりして
プンバァってとぼけているようで賢いんだなぁと思いました。


そんなわけでライオンキング超実写版、楽しかったです!

リアルなアフリカの動物たちと
ファンタジーな王国や友情の物語、
両方味わえて良いですね。

見に行けるかどうか分かりませんが、
今後のディズニー映画も楽しみです。



2019年06月14日

映画「トゥモローランド」を観ました

この間ディズニーの映画「トゥモローランド」を鑑賞しました。

映画館には見に行けませんでしたが、この映画、
見てみたいと思っていたんです
自分はSF好きと言えるほどではないですが
未来っぽくて謎のありそうな予告に惹かれていました。

ここから先は映画を見た感想ですが、
少しネタバレが入るかもしれません。



「トゥモローランド」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


まず、この映画、自分はストーリーを知らずに見始めたのですが
「トゥモローランド」と題名にあるように、
ディズニーランドのトゥモローランドっぽさがあると思っていました。
また、アトラクション的なシーンも多いのかと思っていました。
しかし、個人的にディズニーランドっぽさはあまり感じませんでした。

また、途中まであまり激しくない穏やかな映画かと思ったのですが
いきなりアクション系になったのでビックリしました


というわけでディズニーランドっぽさはあまりなく
若干バトルものっぽいストーリーだったのですが
幻想的・科学的なSFっぽさもあり、
未来的な街が見られたので良かったです。

ストーリーは全体的に精神面や
人類の選択について説いているように感じられました。

字幕版と吹き替え版両方見たのですが、
個人的には吹き替え版の方が、物語の世界に入り込めて
楽しかったし感動しました!


ディズニーランドっぽさを期待していると楽しめないかもしれませんが
未来的な街とか科学的なストーリー展開、
ハイテクな道具などが好きな方にはオススメの映画だと思います。

登場人物たちは意志の強い人が多かったし、
女の子が活躍するところも良かったです。

ということで今回は映画「トゥモローランド」の感想ブログでした。

2019年01月25日

【CD】ディズニーシーの曲いろいろ

この間のブログで、
「東京ディズニーランド ミュージックアルバム Soundtrack」について
書きました。

【CD】ディズニーランドのアトラクションの曲

今回は「東京ディズニーシー ミュージック・アルバム」の
ご紹介兼感想ブログです。



(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


ディズニーシーのミュージックアルバムには、
エリアごとのテーマソングやアトラクションの曲など、
いろいろ収録されています。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 」の曲
「コンパス・オブ・ユア・ハート」が入っており、
シンドバッド好きの方からの人気が高いアルバムのようです。


最初の曲「アクアスフィア・プラザ〜デイ」は
ディズニーシーのエントランス(地球儀のあるところ)で
朝・昼に流れている曲ですね。
エントランスで地球儀を見てこの曲を聞くと、
「ディズニーシーに来た!」と実感します。
ゆったりとした美しい曲で、感動しますね。

夜は別の曲が流れていますね。
アルバムには入っていませんが、夜の曲も好きです。


アルバムの2曲目は「ポルト・パラディーゾ」
3曲目は「アメリカンウォーターフロント」
4曲目は「ポートディスカバリーテーマ」です。

ポートディスカバリーのテーマ曲、
未来っぽくて楽しいですね。

5曲目は「ストームライダー組曲」。
アトラクションのストームライダー、爆音がすごいけれど面白かったです。
曲も躍動感があって綺麗ですね。


6曲目は「ロストリバー」です。
情熱的・神秘的な雰囲気があり、美しいですね。

7曲目は
「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮」。
アトラクションの雰囲気を感じられます!
大冒険にワクワクしますね。
ハイスピードで駆け抜けるかんじのアトラクションですが、
振り返ってよく景色を見てみると、とっても綺麗ですね。


8曲目は「アラビアンコースト」。
アラビアらしい響きとメロディーが綺麗です。

9曲目は「マジックランプシアター組曲」です。
マジックランプシアターの待ち時間に聞ける曲ですね。
こちらもアラビアらしさを感じられて楽しいです。


10曲目は
「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  (*ライドスルー・ミックス)」です。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 」は
「イッツ・ア・スモールワールド」のように
舟で巡っていくアトラクションですね。
曲の名前は「コンパス・オブ・ユア・ハート」です。
シンドバッドのセリフや歌声も収録されています。


シンドバッドのアトラクションは最初、
原作の「シンドバッド」のストーリーに近かったようですが
リニューアルで、今のディズニー流の物語に変わったそうですね。

出会った生き物たちと
協力したり交流したりしながら進んでいくストーリーに心温まります。
元のアトラクションの雰囲気は知らないのですが、
今のシンドバッドのストーリーが好きです。
「コンパス・オブ・ユア・ハート」の歌詞も良いですね。
ラストの歌声と光景にはいつも感動してしまいます。


11曲目は「マーメイド・ソング」です。
マーメイドラグーンのテーマ曲で、
人魚の世界を感じられる幻想的な歌です。

12曲目「マーメイドラグーンシアター」は
アリエルのショー(リニューアル前)の歌、
「パート・オブ・ユア・ワールド」と「アンダー・ザ・シー」ですね。


13曲目は「ミステリアスアイランド」です。
謎めいた雰囲気で、このテーマ曲も綺麗です。

14曲目は「センター・オブ・ジ・アース」です。
私は絶叫系が苦手なので、センターオブジアースには乗れませんでした。
なのでこのCDでアトラクションの雰囲気を知れて嬉しいです。
センターオブジアースやタワーオブテラー、
レイジングスピリッツにもいつかは乗ってみたいです。

15曲目は「海底2万マイル」です。
「センター・オブ・ジ・アース」の地底の雰囲気と
「海底2万マイル」の海底の雰囲気、どちらも良いですね。
この2曲の雰囲気が好きです。


16曲目は「東京ディズニーシー組曲」。
各エリアのテーマソングが組み合わさっていて楽しいです。


以上で収録曲の感想・紹介は終わりです。


ディズニーシーに初めて行ったとき、
シーはランドに比べて大人向けだと聞いていたので
楽しめるんだろうかとドキドキしていました。

ディズニーランドの方が馴染み深かったので、
最初はシーの雰囲気に慣れるまで時間がかかり、
「ここ、本当にディズニーリゾートだっけ?」と心配になりました。


でも何度かディズニーシーに遊びに行って、
シーの味わい深いかんじが分かった……気がします。
アトラクションは古代の神秘や科学を感じられるものが多いし、
パレードとはひと味違う、壮大なハーバーショーも見られます。
また、ディズニーシーの夜景もすごく綺麗ですね。
ショーの待ち時間に、流れている音楽を聞きながら
景色を眺めるのも楽しいです。

しばらくディズニーリゾートに行っていないので……
曲を聴いていたら、行きたくなってきました。
ディズニーランドもディズニーシーも面白いですね!


ということで今回は
「東京ディズニーシー ミュージック・アルバム」の
ご紹介兼感想ブログでした。





最後までお読みいただきありがとうございました。
もし宜しければ、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【CD】ディズニーランドのアトラクションの曲

【CD】レジェンド・オブ・ミシカの曲

【CD】東京ディズニーリゾートのアニバーサリーソング集

【DVD】「ブラヴィッシーモ!」をノーカット版で

2019年01月24日

【CD】ファンタズミック! の曲

今回は、東京ディズニーシー(と、本場アメリカのディズニーランド)で
行われている夜のショー「ファンタズミック!」についての話や
CD版「ファンタズミック!」を聴いた感想などを書かせていただきます。
一応CDの紹介ブログのつもりです。

あんまりディズニーに詳しくありませんが、
それでも問題なければお付き合いください



東京ディズニーシー(R) ファンタズミック!
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


「FANTASMIC!」はいくつかのパークで行われているそうで
海外のものは日本のものとは展開・演出・曲が少し違うようです。
アメリカ版「FANTASMIC!」を動画サイトで見てみたのですが
すごいスケールでした。
ミッキーさんの動きなんかにも違いがあって面白いですね。
アメリカのファンタズミックもいつか生で見てみたいです。
もちろん日本のものも素晴らしく、
(まだあまり見に行けていませんが)大好きです。


まだディズニーシーがなかったころにディズニーランドで行われていた
夜のパレード「ファンティリュージョン!」は、
本場のディズニーで行われていた「ファンタズミック!」を
東京ディズニーランド用にパレード化したものだったそうです。

エレクトリカルパレードは「ドリームライツ」になって帰ってきましたが
ファンティリュージョンもある意味、ファンタズミックとなって
帰ってきたと言えますね


ファンタズミックの前のショーは「ブラヴィッシーモ!」でしたね。
こちらも好きなので、またいつかリメイク(?)版で戻ってこないかなと
期待しております。
でもそうなるとファンタズミックがなくなってしまう……。
あれもこれも好きなので難しいですね

ファンタズミックは本場でも長く行われている
「これぞディズニー!」というショーのようなので
エレクトリカルパレードとファンタズミックが終わることはないかな?


ファンタズミックをディズニーシーで見ると
水の音や人の声、音の響きも聞こえて臨場感があります。
そしてCDだと、曲のみをしっかりと聴くことができるので、
これもまた楽しいです。
みんなでショーを見ているときは一体感とかお祭りのような感じがあり、
CDの方は音楽だけに集中することができる上に
何度でも繰り返し聴けて……やっぱりどっちも良いですね!

出だしの静けさから徐々に盛り上がっていく曲を聴いていると
ディズニーシーでファンタズミックを見たときのことを思い出します。
ショー開始時はワクワクしますね。


ショー開始前に、ショーの準備をしておられるキャストさんを見たり
スピーカーから流れている曲を聴いたりしながら待つのも好きでした。
ファンタズミック開始15分前からの曲と、終了後の曲も
(CDには入っていませんが)良いですね。
スピーカーのすぐ近くで見たときは、
ショー開始後の音の大きさにビックリしました。


一番最初にファンタズミックを見たときは
キャラクターたちから少し離れた、高い位置にいたので
あまりキャラクターさんたちが見えませんでした

ブラヴィッシーモのプロメテオやベリッシーは大きかったので
遠くから見るとそれはそれで綺麗でしたが
ファンタズミックは近くから見るのが良いですね。

あと、見る位置によってはショーを裏から見ている感じになります。
メディテレーニアンハーバーの方から見たら表だったと思いますが
裏から見るのも面白かったです。


ファンタズミックは夢の中の世界がよく再現されていますよね〜。
テーマは多分「イマジネーション」ですね。
たしかに夢って、いきなり怖くなったり、なにか象徴的だったりします。
でも夢は、自分の手で変えることができます。
そして自分で変えるしかありません。だって自分の夢だから。
また、それは現実でも一緒。……ですね!

ファンタズミックは、ヴィランズたちの暴れっぷりと
やられっぷりも可愛いですね〜。
悪夢のファンタズミックでいつもワクワクしてしまいます。

ということで今回は「ファンタズミック!」の感想ブログでした。





最後までブログをお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【DVD】なつかしのファンティリュージョン!

【DVD】「ブラヴィッシーモ!」をノーカット版で

【CD】エレクトリカルパレード&ワンマンズドリーム

【CD】ミッキーのフィルハーマジックの音楽

【CD】ジュビレーション! の音楽

【CD】レジェンド・オブ・ミシカの曲

2019年01月23日

【CD】イッツ・ア・スモールワールドの曲(CCCD)

今回は、ディズニーランドのアトラクション
「イッツ・ア・スモールワールド」で
流れる曲が収録されたCDの感想です。



Tokyo Disneyland it’s a Small World(CCCD)
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


このCDでは、色々な言語で「小さな世界」が歌われています。
世界のこども達の歌声と、楽器演奏に癒されます。
(※このCDは2002年のものです。)

アトラクションでは様々な歌声や音が混ざって聞こえますが、
このCDだとそれぞれの国の演奏や歌をしっかり聴けます。
「小さな世界」の歌で、世界一周気分を満喫できます


アトラクションだと音が埋もれたり響いたりして
あまり聞こえなかった楽器の音も、CDならよく聞こえます。
各地域の、いろんな種類の楽器の音が聴けました。
「こんな音も流れていたんだ!」と、新たな発見がいっぱいです。
日本語の歌もあります

今度「イッツ・ア・スモールワールド」に乗ったら
耳をすませてよく聴いてみようと思いました。


様々な国や地域の特徴を取り入れた音楽が
これ一枚でたくさん聞けて楽しいです。
賑やかな動物たちの声も入っています!

収録時間は22分なので、
ちょうどアトラクションに乗って一周するくらいでしょうか。
時間は22分ですが、聴いてみると充実感があり、大満足です。
それぞれの曲でトラックが分かれていて、
全部で43トラックあります。


やっぱり「イッツ・ア・スモールワールド」は良いですね!
ディズニーランドに行ってこのアトラクションに乗ると
癒されるし、「ディズニーランドに来たんだなぁ」と実感します。

このCDは「イッツ・ア・スモールワールド」好きの方からも
好評のようで、オススメです。
ただ、私はCDプレーヤーで聴いているのでよく分からないのですが
このCDは「CCCD(コピーコントロールCD)」で
デジタルコピーができない場合があるそうですので、ご注意ください。

ということで今回は
「Tokyo Disneyland it’s a Small World(CCCD)」の感想ブログでした。





最後までブログをお読みいただきありがとうございます。
もし宜しければ、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【CD】ディズニーランドのアトラクションの曲

【CD】ミッキーのフィルハーマジックの音楽

【CD】エレクトリカルパレード&ワンマンズドリーム

2019年01月20日

【CD】ディズニー夏祭り2013の曲

ディズニーランドでは夢と魔法と、外国のような雰囲気を味わえて
日本じゃないところへ来たような気分になりますね。
でもディズニーの和風イベントも楽しいです。
今回は、ディズニー夏祭り(2013年版)の曲が収録されたCDの感想です。

このCDにはミッキーさんたちのセリフも入っています。



東京ディズニーランド(R) 夏祭り 2013
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


ディズニー夏祭りは毎年行われているようですね。
私は2012年版と2013年版しか見ていないのですが、
夏祭りの和の雰囲気が楽しくて、好きです。
2013年版のストーリーは前年の続きになっていたような?

和風ですがもちろん完全に和風ではなく、
ディズニーらしさ(アメリカの雰囲気?)と
日本のお祭りが融合しているのが面白いです。
「イベント感」の強いショーですね。

曲を聴くと、あの時の熱気が思い出され、テンションが上がります!
日本人の血も騒ぎます。


みんなのダンス対決(?)とヒートアップ鼓舞ダンスが楽しいですね。
ヒートアップ鼓舞ダンスは何度も流れるし、
重要な曲なので心に残っています。
ダンス終了後に流れる曲も夏らしく熱いです!
「水分補給を忘れないように」の声も臨場感があって良いですね


リズミックラテンビートはリスさんたちの歌声がすごく可愛くて、
スーパークールファミリーの曲は太鼓の音と
不思議なメロディーが面白いです。
スパークリング・サマースターズは女の子らしくオシャレで綺麗ですね。
贔屓しかけるミッキーさんも可愛いです。
お祭りファイアーズの曲はすごく盛り上がれるし、カッコいいです。
でも全力のドナルドさんの掛け声(?)は可愛いですね。

ザ・ファイナルで登場するあの方もなんか可愛いです!
とにかくみんな可愛いですね。
そして盛り上がり(と炎)がすごかったです!
これぞ夏祭り!


スペシャルトラックの2曲もすごいです。
「スカイ・オブ・ザ・ワールド」は和風で綺麗な曲で、
「ディズニー"D.JSP" メドレー」は和風ディズニーメドレーです。
この二曲は、ショー開始前に会場で流れていた曲かもしれません。
(違ったらすみません。)
たくさん曲が入っているので嬉しいです!


ということで今回は
「東京ディズニーランド(R) 夏祭り 2013」の感想ブログでした。



↓他の年の「ディズニー夏祭り」もCD化されていますね。



↑東京ディズニーランド ディズニー夏祭り



↑東京ディズニーランド(R) 『ディズニー夏祭り』2014



↑東京ディズニーランド ディズニー夏祭り 2015



↑東京ディズニーランド(R) ディズニー夏祭り 2016



↑東京ディズニーランド ディズニー夏祭り 2017



↑東京ディズニーランド ディズニー夏祭り 2018

2019年01月17日

【CD】レジェンド・オブ・ミシカの曲

今回は、ディズニーシーの昼のショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の
曲が収録されたCDの感想ブログです。
ショーを見たときの感想や思い出話も入ります。



東京ディズニーシー(R) レジェンド・オブ・ミシカ 2011
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


このCDには、「レジェンド・オブ・ミシカ」の始まりから
終わりまでの曲が収録されています。
ミッキーたちの声は入っていません。

最初の、瞑想用音楽のような静かなメロディーのあと
始まりを告げる太鼓の音が響き、曲が盛り上がっていきます。
最後の方の曲も素敵ですが、序盤から、鳥肌が立つほど綺麗です。
物語を伝えるナレーション(?)の声も優しくて良いですね。
ストーリーも曲も演出も、全部最高です

中盤の曲の、現地では聞き取れなかった音もCDだとよく聞こえ、
ここってこんな曲だったんだ! と思いました。


歌はほとんど英語なので、
ディズニーシーで「レジェンド・オブ・ミシカ」を鑑賞しているときには
歌の意味が分かりませんでしたが、
CDで曲を聴きながら歌詞を目で追ってみると
いくつか意味を感じることができて、今更ですが感動しました。

歌に多くの言霊が込められていたんですね。
日本のためにこの物語を贈ってくれたのではないかと思えます。
もちろん、東京ディズニーシーを訪れた海外の方の為にも。


「レジェンド・オブ・ミシカ」は2014年に終了していたんですね
伝説の生き物たちが登場する壮大なストーリーや、
物語全体から感じる優しさと温かさ、そして美しい音楽が大好きでした。

このCDには入っていませんが、
ショーの15分前から流れる曲も良かったですね〜。
(ファンタズミックやブラヴィッシーモの15分前からの曲も好きです。)

ミシカのストーリーは今見てもグッときます。
短い中にも平和へのメッセージがぎゅっと詰まっていて、
すごいお話ですよね。


「ミスティックリズム」や「ブラヴィッシーモ!」では精霊の世界、
ミシカでは伝説の生き物たちの世界が表現されていて、
この3つのファンタジーなショーが好きでした。
(そもそもディズニーはどれもファンタジーですね。)
どれも何度も見た思い出のショーです。

雨の日にミシカを見たこともありました。
たしか雨の日はいつもショーを見る場所より
前に出て見ることができて、大迫力でした。


しばらくディズニーリゾートに行っていませんが、
今のショーもまた見に行きたいです。
常に進化し続けるディズニーのショーが、
これからどうなっていくのかも気になります
「ファンタズミック!」は何度か見ることができました。
このショーも大好きです!

ということで今回は
「東京ディズニーシー(R) レジェンド・オブ・ミシカ 2011」の
感想ブログでした。





最後までブログをお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【DVD】なつかしのファンティリュージョン!

【DVD】「ブラヴィッシーモ!」をノーカット版で

【CD】ジュビレーション! の音楽

【CD】東京ディズニーリゾートのアニバーサリーソング集

2019年01月16日

【CD】ディズニーランドのアトラクションの曲

ディズニー音楽はいつ聴いてもワクワクしますね。
今回は、東京ディズニーランドの人気アトラクションの曲が収録された
アルバムの感想ブログです。
ディズニーランドで遊んだ思い出話もちょっと入ります。



東京ディズニーランド ミュージックアルバム Soundtrack
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


こちらのアルバムには、
お馴染みのアトラクションの曲が色々入っています。
カリブの海賊やホーンテッドマンションの曲が聴けて
ディズニーランドを巡っている気分になります!
(※それぞれの曲はちょっと短めかもしれません。)


最初の「東京ディズニーランド・バンド」で
ディズニーランド感がぐっと高まりました!
ディズニーの世界に引き込まれますね。


カリブの海賊の曲は水の音も入っていて、
水の匂いまでしてくるようでした。
音が響いて聞こえて、アトラクションの雰囲気がすごく出ています!
この曲は比較的長く収録されているように感じました。

アトラクションに乗っていても思ったことですが、
海賊の皆さんのセリフは英語なので何を言っているか分かりませんが
なんかえげつないこと言っていそうですね


ホーンテッドマンションの曲は、アトラクション内の
もっとも盛り上がるエリア(?)で流れている
「グリム・グリニング・ゴースト」です。
この曲はちょっと短めで、すぐ終わります。

「グリム・グリニング・ゴースト」が好きなので、
この曲だけ何度もリピートして聴いたりしていました。

ホーンテッドマンションはゴーストたちの楽しそうな(?)様子が
印象的なアトラクションですよね〜。
ゴーストたちの世界が幻想的で綺麗です


「ピーターパン空の旅」や「イッツ・ア・スモールワールド」、
「ピノキオの冒険旅行」「カントリー・ベア・シアター」の曲も
雰囲気出ています!


また、こちらのアルバムは2008年のものなので
リニューアル前の「スター・ツアーズ」の曲が入っています。
懐かしい曲が聴けるので嬉しいです
アトラクションの本編ではなく、
歩いて通る通路(?)で流れている曲だと思います。


スプラッシュ・マウンテンの曲も臨場感いっぱいで、
アトラクションのワンシーンを思い出しました!

と言いたいところですが、
絶叫系が苦手なので乗ったことがないんですよね〜
このCDでアトラクションの雰囲気を知れて嬉しいです。

センターオブジアースやタワーオブテラー、レイジングスピリッツにも
一度は乗ってみたいです(これはシーの方ですね)。


バイシクル・ピアノは、
ディズニーランドバンドのように演奏してくださるんですよね。
ディズニーランドではアトラクション以外にも
ショーやパレードや演奏、グリーティングなど色々あってすごいです。


「トゥーンタウン」はトゥーンタウンのテーマ曲ですね。

ロジャーラビットのカートゥーンスピンは
ストーリーはあんまり知らないのですが賑やかで楽しいですね!
ディズニーランドの閉園間際になってくると
カートゥーンスピンの待ち時間が5分くらいになるので
(今はどうか分かりませんが)
閉園前に何度も繰り返し乗ったりしていました。
乗り放題で楽しかったです


プーさんのハニーハントは、いつ見てもすごい待ち時間ですね
プーさん人気がすごいのであんまり乗れたことがないです。
仕掛けがたくさんあって楽しくて、絵本の世界に入れる感じですね。


最後は花火の曲です。
ディズニーランド・ディズニーシーでの1日の終わりを思い出しますね。
花火を見る頃はちょっと寂しいけれど、充実感でいっぱいの時間です。
ディズニーランドはとにかく楽しい! ですね!


ということで今回は
「東京ディズニーランド ミュージックアルバム Soundtrack」の
感想ブログでした。

2019年01月12日

【CD】オルゴールでディズニー

今回は、ディズニーミュージックをオルゴールで聴けるアルバムの
ご紹介+感想です。



ディズニー・イン・オルゴール
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


こちらのCDに収録されているのは、以下の18曲です。

01 メインストリート・エレクトリカルパレード〜メドレー
02 ハイスクール・ミュージカル〜メドレー
03 夢はひそかに(シンデレラ)
04 カラー・オブ・ザ・ウィンド(ポカホンタス)
05 魅惑のチキルーム
06 ハンナ・モンタナ〜メドレー
   (シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ)
07 ミッキーマウス・マーチ(ミッキーマウス・クラブ)
08 パート・オブ・ユア・ワールド(リトル・マーメイド)
09 愛を感じて(ライオン・キング)
10 ホール・ニュー・ワールド(アラジン)
11 イフ・アイ・ネヴァー・ニュー・ユー(ポカホンタス)
12 ディズニー・ヒット〜メドレー
13 サムディ(ノートルダムの鐘)
14 美女と野獣(美女と野獣)
15 いつか王子様が(白雪姫)
16 くまのプーさん(くまのプーさん)
17 パイレーツ・オブ・カリビアン〜メドレー
18 小さな世界



ここから感想です。

オルゴールが好きなのと、
エレクトリカルパレードが入っているのが嬉しかったので
こちらのアルバムを購入しました。

にぎやかでパワフルなエレクトリカルパレードも良いですが
オルゴール版の優しい音色も良いですね。
不思議の国のアリスやシンデレラ、白雪姫など
いくつかのフロートの曲も入っています。


「夢はひそかに」や「カラー・オブ・ザ・ウィンド」、
「パート・オブ・ユア・ワールド」「愛を感じて」
「ホール・ニュー・ワールド」「ディズニー・ヒット〜メドレー」
「美女と野獣」「いつか王子様が」
「パイレーツ・オブ・カリビアン〜メドレー」
「小さな世界」も良いですね〜。

「パート・オブ・ユア・ワールド」や「ホール・ニュー・ワールド」は
オルゴールとよく合いますね!(もちろん他の曲も。)
「ディズニー・ヒット〜メドレー」はいろいろ入っていて嬉しいです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」は大好きな曲です!
(あんまり映画は見ていませんが……。アトラクション好きです。)
オルゴール版もすごく綺麗ですね! 特に出だしが最高です。


オルゴールでディズニーミュージックを聴いていると、
なんだか子守歌とか、赤ちゃんだった頃のことを思い出します。
ってそんな昔の記憶ないのですが
聴いていると優しい気持ちになれますね。

知らない曲も多かったですが、
知っている曲も知らない曲も新鮮な気持ちで聴けて楽しかったです!

ということで今回は
「ディズニー・イン・オルゴール」のご紹介+感想でした。





最後までブログをお読みいただきありがとうございます。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【CD】ピアノでジブリ

【CD】2000年以前のスタジオジブリの歌

【CD】Disney on CLASSIC のアルバム

【CD】エレクトリカルパレード&ワンマンズドリーム

2019年01月08日

【CD】Disney on CLASSIC のアルバム

今回は、
ディズニー・オン・クラシック
~まほうの夜の音楽会 10周年記念ライブ・ベスト スペシャル・エディション
の感想ブログです。



(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


こちらのアルバムは二枚組で、
誰でも一度は聴いたことがあるような名曲が多数収録されています。

ディズニー・オン・クラシックを見に行ったことのない自分でも、
知っているディズニーソングばかりなので楽しめました。
クラシックなので落ち着いた大人な雰囲気で面白かったです。


自分は吹奏楽部だったので、
楽器を吹いたり演奏を聴いたりしていたときのことを思い出しました
大ホールでの音の響き方等、雰囲気がありますね。

特にパイレーツ・オブ・カリビアンは私たちも演奏したので懐かしいです。
でもプロの演奏はやはり違いますね
このアルバムでは低音がよく響いていてカッコいいです。

ファンティリュージョンやエレクトリカルパレードもやりたかったです……。
このアルバムに入っているエレクトリカルパレードは、
ドリームライツではなく初代のバージョンかもしれません。
聴き分けられなかったので分かりませんが


楽器や演奏会がお好きな方にオススメのアルバムな気がします。
ディズニーランドで聴くのとはまた違った迫力や魅力があります。
(でもアトラクション待ち中などに静かに流れてくる音楽の雰囲気には
 ちょっと似ています。アラビアンコーストとかカリブの海賊とか。)

しかし、クラシックがお好きでない方は
あまり楽しめないアルバムかもしれません。
Amazonでの評価はやや低めのようです。


単に私がバカ耳なのでよく分かっていないのかもしれませんが……
楽器の音もよく聞こえるし、
個人的には素晴らしいアルバムだと思いました


ということで今回は
ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 10周年記念ライブ・ベスト スペシャル・エディションSpecial Edition」の感想ブログでした。

ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール