2019年12月16日

ある日突然占い師になった!? 実話を描いたコミックエッセイ

占いって楽しいですよね〜。
私は占い師さんに見ていただいたことはないのですが
プチおみくじ的なものや心理テスト、
そして血液型占いや星占いに関する記事が好きでよく見ています!

今回はそんな占いに関するコミックエッセイのご紹介兼感想です。



「引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


このマンガの作者さんはなんと突然スカウトされて占い師になり、
そこからさらに転機を迎えて夢を叶えていったそうです。
作者さんが出会った占いは「手相占い」です。

私は書店でこの本を見つけ、
タイトルが気になって立ち読みし始めたのですが
出だしから驚きの連続でした
こんなことってあるのでしょうか!?
スピリチュアルな世界は予想外というか、
私のような者には未知の領域です。
才能や運のある人ってすごいですね〜。


私は自分の人生の参考にしたくて
しばらく立ち読みした後にこの本を買ったのですが
自分にはこのマンガの作者さんのような才能や運はないし、
こんな思い切ったことはできそうにないです……。
すごいなぁと、ただただ尊敬の念を抱きつつ読みました。

でも、読んでいるとなんだか前向きになれました!

私は後ろ向きなので、未来に対して悪い妄想や予想ばかりしてしまうし
ネットやテレビでも、何かを売るためか
不安を煽るような言葉が飛び交っていますが
「私の未来ももしかしたらすごくハッピーで、夢がなんでも叶うかも!」
と思えました。


今好きじゃないことをしている人も……
夢や幸せ、才能はどこにあるか分かりませんね。
ある日突然、自分の才能と出会えるかもしれないです!

この本を読んで、そんな前向きで暖かい気持ちになれました

また、Amazonのレビューを見てみると
色々な方がこの本を読んでいると分かり
こちらも興味深かったです。


ということで今回はコミックエッセイ
「引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話」
に関するブログでした。




この作者さんは他にもたくさん本を出していて
どれもAmazonで高評価のようですね!





2019年11月14日

初心者でも分かりやすい、12星座あるあるのマンガ

12星座占いって面白いですね〜!
運勢とか惑星の動きとかホロスコープとか
難しいことは分からないのですが……。

星座ごとに属性(?)とか相性とか、
性格の違いがあるということを知ったときは驚きました!
そんなに細かく色々決まっているものなんですね。

12星座それぞれの神話なんかも面白いし、
12星座占いに興味を持ってから
プラネタリウムに行くのが楽しくなりました。
(あまりに心地良くてうたた寝してしまうけど……。)

ということで、今回は
12星座に関する本のご紹介です。



「マンガ おもしろいほどよく当たる! 12星座あるある Kindle版」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


この本では12星座あるあるを漫画で読めます!


12星座あるあるの漫画って、ありそうでなかったらしいです。
漫画だと、文字だけで読むより
キャラが分かりやすいのでありがたいですね!
マンガの他に、各星座の説明など文章で書かれたページもあり、
初心者の私でも楽しく読めて勉強になりました。

もちろん、ちゃんとした(?)占い師さんが書いた占いの本です。
著者のキャメレオン竹田さん、よくお名前を見かけていたのですが
可愛らしい女性の方だったんですね。

この本を大勢の友達と読んで、
あるあるで盛り上がったりしたら楽しそうです。
この本がきっかけで星占いにハマる友達も出てくるかもしれないですね!
まぁ私はぼっちなので関係ないですが

大勢で読んでも一人で読んでも楽しめる本だと思います!


私は各星座の性格の話が好きで、ネットでよく見ていたので
この本のことを知ってすごく気になっていました。
そして読んでみたらやっぱり面白かったです!

火と地とか、水と風とか、色んなタイプの人が集まって
仲良くワイワイ話しているシーンを見るのが好きです!
こういうのを見たかったので、期待通りで嬉しいです。
和むし癒されますね

登場人物たちの年齢が20〜40代と結構幅広いところや、
皆さんが勤める会社がおもちゃ屋さんというところも素敵です。
おもちゃ屋さんって夢があるし、こんな会社があったら楽しそうですね!


あと個人的に、ししさんとおとめさんの関係が好きです。
てんびんさんかっこいいし、うおさんのポジションもステキですね〜!
見所満載です


どの星座も「らしさ」がしっかり出ていましたが
星座ごとの性格って、占い師さんによって微妙に
解釈が変わったりもしますね。

ネット上の情報も、大体「◯◯座は◯◯」とか
スタンダードな型はあるものの、
どこが強調されているかは、書いている人によって結構違って
それによって印象が変わってきたりもしますね。


ゲームやアニメの二次創作でも、
描いている人によってキャラの印象が若干変わってきますが
そんな感じでしょうか。

この漫画でも、星座ごとの特徴が
強調されている部分と、あまり出てこない部分があったりして
そこもまた面白かったです!

星占いの解釈は自由なのが良いですね。


ではこれで終わります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!



2019年03月30日

マンガで読める「ドSの宇宙さん」

今日は、「宇宙のオキテ」がわかる本を読んでみた
感想について書かせていただきます。

以前、「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖」という本について書きました。

 ↓ ↓ ↓

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本


今回はそのマンガ版についてです。



「マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


私はたしか、ドSの宇宙さん(第1作)のことを新聞の広告で知りました。
そしてその時から気になっていたのですが、宇宙の法則については
たまに話に聞いていても全然分からなかったし、
「ドSの宇宙さん」も難しい本なんじゃないかと思って
読んでいませんでした。

その「宇宙さん」の本の存在を忘れた頃に本屋さんで見かけ、
「この本かー……」と思いながらめくってみたところ
堅くも難しくもなく面白そうで、
「本を読むのは苦手だけど今なら読める気がする!」
と思い、買ったのでした。


「ドSの宇宙さん」を読んでみると……
面白かったし、感動がありました!

読み終わって人にもかしたところ喜んでいました。
読み終わったときに、この本にはマンガ版もあると知り、
本屋さんでマンガ版を見つけたときにそちらも購入しました。
今回はそのマンガ版の感想です。


さて、「マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」についてなのですが
私はてっきり、マンガ版ドS本は
元の本のストーリーをマンガにしたものだと思っていました。

しかし読んでみると、また別のストーリーになっていました。
今度の主人公は女性です。

また新しい話が読めて、「宇宙さん」ワールドをマンガで体験できて
おなじみのコイケさんや宇宙さんも登場して、
そしてやっぱり話が面白いので、楽しかったです!


主人公の女性は、コイケさんの「2000万円」ほどではないのですが
借金200万円を抱えています。そしてネガティブです。

コイケさんもこの女性もスタート時は大変な状況で、
少々重いテーマにも見えます。
なのに、「ドS本」はやっぱり、書き方がすごく面白いです!
このマンガ版でも、最初からクスッと笑わせていただきました。


こちらのマンガ版は、
借金200万円を抱えた38歳独身、仕事ナシの女性が
「ドSの宇宙さん」の本に出会ってコイケさんの店に行き、
そこから「宇宙のオキテ」を実践していくというお話になっています。

マンガの絵が可愛くてコミックエッセイみたいに読めるし、
マンガと文章が交互に載っているので分かりやすいです。
主人公の女性「ヒロミ」には、コイケさんのとはまた別の宇宙さん
「うーちゃん」がついているのですが、この子がまた、可愛いです。


マンガ版ドS本では、
第1作「ドSの宇宙さん」で出てきたお話をなぞりつつ
「ドSの宇宙さん」の読者さんから寄せられた
疑問や質問に答えてくださっています。

主人公のヒロミさんと共に
宇宙のオキテをもう一度最初からおさらいできるし、
疑問解決編もついているし、
さらに上級者向けの内容になったというより
さらに初心者向けに、分かりやすいものになっています。
これなら、宇宙の法則でつまづきやすい方でも楽しく読めると思います。


というわけでマンガ版宇宙さんの方も面白かったです!

宇宙の仕組みはシンプル。
これからは色々試してみたいと思いました!
皆様も宜しければ読んでみてください。

2019年03月02日

夢のある「才能」の本

今日は才能に関する本のお話です。


「あー、自分にも何か才能があればなぁ……」
って考えたことのある人は、多いのではないでしょうか。

あるいは、好きなことはあるけれど、
それがあんまり上手くなくて評価されないとか。

私は絵や文章を書くのが好きですが、
それが上手かというと、そうでもありません。
そして「別に好きじゃないけどコレは得意」と言えるものもありません。


才能って一体、何でしょうか。
好きなら開花するとも限らないのでしょうか。



「自分の才能の見つけ方」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


才能について知りたくて、こちらの本を読んでみました。
才能について書かれている、本田健さんの本です。

この本を読み始めてすぐ「これは面白そうだ」と思いました。
「眠いから本でも読もう」と思ってページをめくったのですが、
眠気が吹き飛びました。


私は今は迷いっぱなしですが、
元々「すべての人に才能はあるはずだ!」と思っていました。
だから自分にもあるはずだ、と。

この本「自分の才能の見つけ方」では、
そのような前提で話が進みます。
忘れていた感覚を呼び起こしてくれるようで心地良いです。


この本は「なか見!検索」で試し読みできるようです。
最初の何ページかを覗いてみれば、
自分に合うか合わないか分かると思いますので、
良ければリンク先から試し読みしてみてください。

https://amzn.to/2TBJNkg


私はこの「自分の才能の見つけ方」を読んでみて、
最初の話から「なるほど〜!」と思いました。


歌手になりたくてもなれなかった人、
画家、スポーツ選手、研究者、作家……
好きなことを頑張っても、それで成功できる人は少ないですよね。

けれど歌手や画家やスポーツ選手になることだけが才能ではなく、
そうなれないからといって才能がないわけではないそうです。
多くの人は、「何か一つだけ才能を持っている」のではなく
いくつかの組み合わせで、才能を持っているらしいのです。

「ちょっと得意なことがある」とか、
周りの人がその人から感じる魅力、長所なんかも才能のようです。


長所なら誰にでもありますよね。
それが才能なら、生かす方法はありそうですが……

みんなに長所があるからといって、
それぞれの長所がいきなり大きな何かに繋がるとは、思えませんよね。
何かで褒められることはあっても、大抵褒められてその場で終わりです。

「これが長所、才能かな?」と思うものがある場合、
どうすれば良いんでしょう。

さらに読み進めました。


この先には、「ありきたりの才能」を生かす話が載っていました。

歌手や画家やスポーツ選手も良いけれど、「ありきたりの才能」を使って
豊かに自由に生きられる可能性があるなんて、夢のある話ですね!


自分の持つ才能が「ありきたり」って、
ガッカリしてしまう人もいるかもしれませんが、
才能は誰かに見せつけたり、有名になったり、
狭き門をくぐり抜けてすごいステージに立つことだけではなく、
すべての人にチャンスがあるんですね。

無理をすることなく、みんなに喜んでもらえて、
ワクワク生きられるなんてすごく楽しそうです。
平々凡々の才能万歳です。
で、ありきたりの才能を生かすコツとは?


この先の話は是非、本でどうぞ。


「自分の才能の見つけ方」には他にも面白い話がいっぱいです。
才能を発揮した人の実例、才能をつぶす言葉、
才能を使う生き方は何歳からでも間に合う、
人の神経を逆なでするものも才能、などなど。

楽しくて為になる話が満載ですので、
皆様も宜しければ読んでみてください。

2019年01月29日

引き寄せの法則が分かるマンガ

最近、分かりやすいスピリチュアルの本がたくさん出ていますね。

今回は、スピリチュアルな本「マンガでわかる 引き寄せの法則」の
ご紹介&感想ブログです。



(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


こちらの本には、マンガと文章が交互に載っていて、
引き寄せの法則を知らない方でも楽しく読むことができます。
マンガなのでストーリーになっていて、分かりやすいです。


主人公の30歳の女性が引き寄せの法則に出会って
夢を叶えていくというストーリーで、
絵と文字、そして物語で引き寄せの法則を体感でき、
ストーリー内の出来事については文章で詳しく教えてくれます。
マンガと文章、両方あることで理解しながら読めました
「なるほど〜」と納得できる話がたくさん載っています。


また、書き方は「なんとなく」といったフワフワしたものではなく、
順序立ててしっかりと、「こうするとこうなる」と教えてくれます。
スピリチュアルの教科書のようですね。


↓ここからは、自分の感想です。


私は「恐れ」がすごく強くて
目や耳に入ったネガティブな言葉にすぐ流されてしまい、
なかなか引き寄せの法則がうまくいかないのですが、
この本には、うまくいく物事の捉え方や発想についても
詳しく書かれています。

自分の内側の声に耳を傾けるべきなんですね。


どこかでネガティブな言葉を見るとすぐ、
「こういうことしたらこう思われるのか……」
「悪口を言われたくないから、できるだけおとなしくしていよう」
と思ってしまうのですが、人の言葉に注目するのではなく、
自分が「どうしたいのか」「何を叶えたいのか」「何が自分の幸せか」
をしっかり持つべきなんですね。


私はいくつか引き寄せの法則の本を読んでも、
なかなか飲み込めない方なのですが
気付きは得られていると思うので、
もっと「好きなものは好き」と胸を張れる強さを持ちたいと思います。
(↑あの歌の歌詞みたいですね。)


自分の「夢」を壊してくるような存在は
「ドリームキラー」というそうですが、
こちらの本(別の方が書かれた、スピリチュアル入門書です)では、
ドリームキラーについて分かりやすく書かれています。

 ↓ ↓ ↓

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本


人それぞれ、引き寄せの法則でつまづくポイント、
引っかかる点は違うと思います。
(もちろん、全然つまずかず、一発で飲み込める人もいると思います。)

本は、詳しく取り上げられている点や
表現の仕方などがそれぞれ違うので、
何冊か読むことで「そうか!」と腑に落ちるかもしれません。


幸せの形は人それぞれですし、
「これこそが最終的にたどり着くべき幸せの形」とか
「こうなっていない人は幸せとは言えない」なんてことは
何一つないと思います。


本などの情報、幸せな人の話を参考にしつつ
「自分の幸せ」に焦点を当てて、
自信を持って幸せになりたいですね

ということで今回は、
「マンガでわかる 引き寄せの法則」のご紹介&感想ブログでした。

2018年12月27日

ギャグ漫画みたいに読めるスピリチュアル本!?

ギャグ漫画みたいという言い方が失礼だったらすみません。
今日は、マンガじゃないけどマンガみたいな
スピリチュアル本のご紹介兼感想です。



笑えるスピリチュアル
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


生きていると、なんかモヤモヤすることって色々ありますよね。
「こうなったら嬉しい!」って望みがあるのに
なかなか上手くいかないとか、
あの日あの人から言われた言葉がずっと気になるとか。

しかしこの本を読むと、そんな悩みが軽くなります。

私の場合、最近「批判」への恐怖心を強く持っていたのですが、
この本の「批判するヒトを批判するヒト」というページを見て
気が楽になりました。


皆様の悩みが軽くなるページもきっとあります。
是非、本を読んでみてください。

別に悩みはないけどスピリチュアルが気になるという方にもオススメで、
絵も文章も面白いし、結構壮大な「世界の仕組み」を知れたりします。


この本はテンションが高くて明るいです。
エッセイ的な話も、物語になっているものもあり、
短く、分かりやすく、面白いです。

無理して小難しい本を読んだって 悩みが解決することは少ないですが
(※個人的な意見です)
笑えるスピリチュアルを読むと、「あ、そっか」って
何かがポロッとはずれます。

「面白い」ってすごいですね。


私はこの本を読むのは二回目で、
前に一回読んで「そうだよねー」と納得して本を閉じたのですが
今読み返したときの方が、さっきの
「批判するヒトを批判するヒト」の話が響いてきました。

今の自分のテーマに沿っていたからだと思います。
何度読み返しても、新たな発見がありそうですね。


明るい言葉や深い言葉って、
平常心(?)のときは結構聞き流しちゃうんですよね。
「ああそれ、知ってる。分かってる。」って。

ところが肝心なとき、悩みにぶち当たったときに
知っているはずの解決策が出てきません。
せっかく以前いただいたヒントを、
分かったフリして流してしまっているから……。


結構人間の視野って狭いですよね。
暗い気分のときは暗い方、
明るい気分のときは明るい方しか見えなかったりします。

でもだからこそ、ヒントを手元に置いておいて、
暗いモードに入ってしまったときに
切り替えられるようにしておくことが重要かもしれません。


本ならいつでもヒントをくれます。

明るい気分のときにこの本を読んで笑って、
落ち込んでいるときにも読んでみることをオススメします。
落ち込んでいるときの方が、深く受け取れるかもしれません。


ということで今回は、「笑えるスピリチュアル」のご紹介でした。


気づいて忘れて、また思い出して……
そんな感じでのんびり進んでも良さそうですよね

何度でも大事な言葉を聞かせてくれる本は、
のんびり派にとってありがたい存在です。





最後までお読みいただきありがとうございました!
もし宜しければ、こちらのブログもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

宇宙と繋がって幸せになるための本

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

【スピリチュアルな本】本当に好きなことを仕事にする

【スピリチュアルな本】制限や競争から抜けて、自由な魂に還る

2018年11月18日

【スピリチュアルな本】制限や競争から抜けて、自由な魂に還る

今回も、スピリチュアルな本のご紹介です。



未来図Part1
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


私たちはなぜ今、生きているのか。
なぜ頑張らなくてはいけないのか。
なぜ人間として生まれたのか。

私たちの居場所は本当にここなのか?
ここ以外に、これ以外に、何かがあったのではないか?


ふるさとと呼べるような……。
心の底から安心感と幸せを感じられるような……。
この弱肉強食の世界ではない、どこかに……。

ただ、永遠の時の中で、何にも縛られず
みんなと仲良く暮らすことはできないのだろうか。

子供の頃のように。夢の世界のように。


……そんなこと、よく考えていたりしますか?


すごく温かく、包み込まれるような夢を見て
目が覚めたときに泣いていたり……。

生き物や自然、そして宇宙やファンタジーなど
人間以外のものに強く心惹かれたり……。


もしそうなら、こちらの本を読んでみることをオススメします。
そうじゃなくてもオススメです。

「絶対に人生観が変わる」などと断言はできませんが、
一つの答えを見つけられるかもしれません。



今までにもブログで何冊かスピリチュアルな本をご紹介しました。

これまで私が読んできた本は、物語のようだったり
目指している目標・目的が分かりやすかったり
人間的な表現が多く使われていたりしていたりしたのですが

それでも
「理解できない、受け入れられない、自分にはまだ無理だと感じる」
「越えられない何かがある気がする」
「内容が右から左へ抜けていく」
「簡単にそうなれたら良いとは思うけど、そうなれない」
「文章自体はシンプルで、言っていることは簡単なのに
 突然文の意味が分からなくなる」
などなど

本を読んでいる最中に、自分の中から
ありとあらゆるネガティブな感情が出てきました。


正直まだ抜けてはいません。

が、それでも何冊かスピリチュアルな本を読んで、
ブログでもスピリチュアルな方の話を読ませていただいたりして
少し飲み込めたような気がしていました。


しかし、今回読ませていただいた「未来図Part1」は
また雰囲気が違いました。

「???」の連続です。
ピントが合わないような。

(これは本ではなく私の問題です。)


おっしゃっていることは大体、
スピリチュアルの世界で共通していることだと思うのですが
言葉がより感覚的、芸術的、詩的に感じられました。
というより、「宇宙的」でしょうか。

人間である自分には少し難しかったです。
「これはこういう本でした」と説明したり感想を書こうとしてみても、
今の段階の私だと多分捉え方が間違っていると思います。


でも、読み進めていくとピントが合ってきた感じがしました。
全部は理解できていないかもしれませんが、
観念の手放し方や、現実的な制限の話などを見て
「ああ、これまではそうだったなぁ……」
「これからは自分で変えていくんだ」と思いました。


未来図Part1の著者、関野あやこさんは
バシャールさんとも知り合いらしいです。

宇宙的スピリチュアルに懐かしさを感じたり、
なにかピンとくる方はこの本を是非読んでみてください。
(そういう方は既に読んでいそうですが……。)





最後までお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

宇宙と繋がって幸せになるための本

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

【スピリチュアルな本】本当に好きなことを仕事にする

2018年11月14日

【スピリチュアルな本】本当に好きなことを仕事にする

「自分の好きなこと」が分かる人はどのくらいいるでしょうか。
「好きなこと」を探す必要性は、どのくらいあるでしょうか。
今回は仕事に関する、スピリチュアルな本のご紹介です。



「好きなことして、楽しくリッチになる方法 働かない働き方☆ 」
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


この本にはタイトル通り、「仕事」に関する
スピリチュアルな考え方がたくさん載っています。
成功した人や、著者の方、ご家族などのお話もあり
仕事について、スピリチュアルな視点からの情報や思いを
分かりやすく書いてくださっています。

シンプルに、
「もっと楽しく生きられないかなぁ〜♪」と思う方にも、
「今まで散々頑張ってきた。もう疲れた」
「他の生き方はないのだろうか……」と模索中の方にも
オススメの本です。

元気やアイデアが沸いてくる、
小さい頃に持っていた純粋な気持ちに戻れる……
そんな希望に満ちた話がいっぱいです。


「元々はポジティブで、
 ユニークなアイデアと、愛や夢のある話が好きだった」
という方には特にオススメの本です。

この本を読むことで、
本来持っていた明るいエネルギーを取り戻せると思います。


私自身はネガティブで、
「変わりたいけど変わりたくない」と常々思っている者なのですが
この本は分かりやすい言葉で書かれていて、
自分のようなネガティブ人間でも読むことができました。

この本の文章は明るく、
作者の方も自分の夢である生き方を叶えておられます。
しかし、最初からご自身やご家族の人生が順風満帆だったわけではなく
しんどいこと、辛いことも経験しておられます。

そしてそこから心境や状況を変えたお話が載っているので
訴えかけるエネルギーも強く持っておられ、話に説得力があります。


この本には他にも色々な方の成功例が出てきます。
その方々は、行動に移した内容も、
性格や考え方もそれぞれ違うようですが
共通するのは「自分の気持ちに素直に従ったこと」です。

「この場合こう」という、具体的な決まったやり方や枠組、
規定のようなもの、「こうしなきゃいけない」ということは無いようです。
逆にそれらの考えから抜けなくては見つからないものなのかもしれません。

やりたいことも幸せも、一人一人違うのだから、
誰かが決めた「やり方」を探し求めたり
成功パターンを模索したりしているうちは
まだまだなのかもしれませんね(私のことです)。


自分は恐れや不安が強いネガティブ人間なので、
何かやってみたいことを見つけると真っ先にネットで
「◯◯になる方法」なんてワードで検索するのですが

そこで「◯◯で成功するのは難しい。それができる人は一握り」
などという話を見て、やりもしないうちから
何かをやって失敗したような気分になり、諦めてしまうことが多いです。

でも、本当に自分が望むことや、自分が幸せになる方法を
他の人が知っているわけがないですよね。
絶対の成功を保証するマニュアルも存在しません。
人はそれぞれ性格も得意なことも違って、
自分に合ったやり方をできた人が成功していると思うので……。


少し話がそれましたが、この本には
「自分のワクワクに素直に従おう」という話がたくさん載っています。

特に最後の方のページに載っているお話は驚きの連続で、
「自分の魂を喜ばせてあげなくてはいけない理由」や、
人間の才能、可能性について知ることができました。

そして、お金や才能に対する間違った考え方についても触れられていて
「なるほど、自分を低く見てはいけないのか!」という学びを
改めて得ることもできました。


こういった情報を見て、
「そんなに上手くいくわけないじゃん……」と感じてあきらめるか、
「これからは本気で、自分の心の声に耳を傾けよう!」
とやる気を持てるかが、分かれ道のような気がします。

それはスピリチュアル全般に関する話かもしれませんね。


この本を読んでいると、
「楽しく、趣味や遊びのように仕事をしたいと考えても良いんだ」
「そういう考えの人もたくさんいるんだ」
「自分の夢を実現化させて、人生をまるごと変えた人もいるんだ」
と知ることができ、それだけでも気持ちが楽になります。


結局、誰かがどうにかしてくれたり
やり方をすべて教えてくれたりするなんてことは
長期的に見てありませんね。

自分を苦しみから救うこと、喜びの方向へ向かうことに
ヒントを出してくれるものはたくさんありますが、
実際に自分の人生を動かせるのは自分だけです。

「で、結局どう動けば良いの? 何をすれば良いの?」
という質問は、自分に向けて、自分から答えを得るしかないようですね。

それを他の人に尋ねてまわったり、情報をあさってみたりしたって
自分の声に耳を傾けるまでは何も得られず、ピンとくるものも見つからず
せっかくのヒントを垂れ流してしまいます(私のことです)。


私はネガティブなので、
沸き上がる情熱やひらめきというものを忘れてしまい
今も不安や怒りに取り付かれているのですが……

これからもスピリチュアルな本を読んで、
スピリチュアルな考え方に触れていこうと思います。
そして徐々に思い出していけたら嬉しいです。


ということで、ポジティブな方もネガティブな方も、
自分探し中であれば是非この本を読んでみてください!





最後までお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

宇宙と繋がって幸せになるための本

宇宙と繋がって幸せになるための本

「宇宙」と聞いてどう感じるか、
何が思い浮かぶかはきっと人それぞれ。

正直私は科学的にもスピリチュアル的にも宇宙に詳しくないのですが、
宇宙といえばあたたかくて愛に溢れた、
お母さんみたいな存在かなと思います。

今回も、引き寄せの法則・宇宙の法則に関する本のご紹介です。



「宇宙につながると夢はかなう【新装版】 」
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


前述の通り私は宇宙に詳しくないのですが、
この本に書いてある内容はシンプルで読みやすく、
宇宙の法則について知ることができました。

この本は最初、運の話から始まります。
著者の方は他にも、運に関する本を出しておられるようです。

私はこの方の本はこの一冊しか読んでいないのですが、
一冊だけ読んでも分かりやすかったです。


私がこの本を読んでいた中で驚いたのは、
「あなたの意識に、あなたが『不快』と感じるものを入れないでください」
という話です。

シンプルに考えれば当たり前かもしれませんが、
ゴチャゴチャと考えていた自分にとっては目からウロコでした。


「不快」と感じるのは、
相手がネガティブなものを発したときか、
自分の中の痛いところを突かれたときか……。

その違いが見極められず、人の言葉に対して
取り入れるべき意見なのか、無視していいものなのかと
迷うことがよくあるのですが
確かに、自分が不快と感じたなら
一度遠ざかって、視点を変えるのも良いかもしれませんね。
(解釈が合っているのかどうか分かりませんが……。)


前述の通り、この本に書いてある内容はシンプルで読みやすく
難しいことは書かれていないのですが
自分は宇宙に詳しくないので、読み間違えたり、捉え違えたり、
見落としている部分もたくさんあります。


スピリチュアルな言葉はシンプルで温かいので、
ついつい言葉を都合よく受け取ってしまったり、
夢見がちな、フワフワした話かなと思うときもありますが
よくよく見てみるとそうではありません。

スピリチュアルの世界は、
ハッキリしていて、結構厳しいです。

一貫して、「自分の世界は自分で創っている」という話なので
自分の過去や現状や未来を誰のせいにもできないし、
「誰かがどうにかしてくれる」というものではないからです。

スピリチュアルではなくても、当たり前なのかもしれませんが……。
心が弱くネガティブな自分にとっては、耳が痛くなるお話です。


しかし、まだまだスピリチュアルを誤解はしていると思いますが、
以前よりは引き寄せの法則などの話を読みやすくなりました。

スピリチュアルな本を読んでみて、最初は
「文章自体は簡単なのに、何を言っているか分からない」という
つかみどころのない奇妙な感覚を感じたり、
言葉の重要さに気づかず、肝心な部分を適当に読み流して
都合よく解釈してしまったりしたのですが
今では前より、言葉の意味を見過ごさず捉えられている気がします。


色々な本を読んだ後、それぞれの本を読み返してみれば
以前は分からなかった言葉のニュアンスが分かるようになっていたり
気づかなかった部分に気づけたりするかもしれませんね。

私もまた、この本を読み返してみようと思います。

皆様も宜しければ読んでみてください。





最後までお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

2018年08月14日

楽しく読めて、「宇宙のオキテ」が分かる本

宇宙の法則・引き寄せの法則・スピリチュアルなことに興味がある方へ。
今日はこちらの本を、紹介させていただきます。
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)



「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖」
です。

これは、夢を追って借金2000万円を抱えた主人公のコイケさんが
謎の存在「宇宙さん」と出会い、人生を変えていくというストーリーで
なんと実話だそうです。


この本がすごいのは、
「とにかく分かりやすい!」というところ。


スピリチュアルな話って、

なんだか難しくて分かりづらかったり
「分かる人にしか分からない感覚」を元に書かれていたり

「それができりゃ苦労しないよ」
「やれるなら最初からそうしているよ」
「だからそういう性格になれないから困っているんだってば……」
と思うような、やけに明るくて前向きな言葉が並んでいたり

逆に堅苦しく、厳しく感じるようなものだったり……


そんなふうに感じたことはないですか?


それが、この本は、すごく分かりやすいんです。
しかも面白いです。

スピリチュアル初心者が「?」となるような難しい言葉は
ちっともありません。
あったとしても、きっと何度か読み返してみたら
「ああ、そういうことか!」と腑に落ちると思います。
何度でも読みたい本です。

主人公のコイケさんは、最初、いい感じにネガティブです。
思うこと、考えること、やってしまうことが
ネガティブで親近感が沸きます。

これ、大事ですよね。

初心者向けスピリチュアルの本なのに、
最初から前向きで明るさ前回で、
物分かりが良すぎる主人公だったら
ついていけません。

私自身、ポジティブにはなりたい方なのですが
元々ネガティブで、ネガティブに戻りやすい癖があるので
ぶっ飛びすぎた話にはついていけません。

この本は、そんな「ネガティブの心」をコイケさんが代弁してくれて、
それに対して宇宙さんが厳しく、でもめちゃくちゃ面白く活を入れるので、
宇宙のオキテを受け入れて納得できるんです。

宇宙さんの言い分も分かりやすいし、二人のキャラが立っていて
「なるほど、宇宙さんはそう思っているのか!」と
コイケさんと宇宙さんの両方に親しみが沸きます。


「ネガティブだけど変わりたい、けど抜けられないんだよなぁ……」
という方に、この本はオススメです。
徐々にコイケさんの思いや状況が変わっていく様子に
自分を重ね合わせて読めば、無理なく前向きになってゆけると思います。
読み返せば新たな発見も得られるかもしれません。


この本は最初から最後まですごい話ばっかりですが、
特に後半は目からウロコの連続です。
「ええっ、そうだったの!?」
「引き寄せの法則についてはちょっと調べていたけど、
 そんなことは知らなかった!」という話がいっぱいです。

「一度は引き寄せの法則とかにハマりかけたけど、
 試してみても全然成功しないから、
 『なんだこんなのウソじゃん!』って思ってやめたんだよね」
という方にも読んでいただけたらなと思います。
試せることは色々あると思います。


とにかくこの本は面白いです。
「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖」
を読んでみて、私は、
「これってこんなに面白い話だったのか!」とビックリしました。

以前から気になっていた本だったのですが、
もうちょっと難しくて専門的で分かりにくて、
ビジネスの話とかが出てくる
堅苦しい本だと思っていました。(←失礼ですね)

ところがこの本に書かれていることは
ものすごくシンプルです。
「えっ、そんなんでいいの!?」と拍子抜けするくらい。

もちろん行動が大事なんでしょうが、
まず行き先と行動の意味が分からなければ
進む方向も分からないので、
この本からいくつもの重要なヒントをいただけて
本当に良かったです。

宇宙の仕組みはシンプル。
これからは色々試してみたいと思いました!
皆様も宜しければ読んでみてください。

ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール