2020年03月11日

ひねくれた主人公の一人語り。「悪魔」をカクヨムに投稿しました

↓以前こちらのブログで自分の作品について書きました。

詩集「良くも悪くも、星の回転は止まらない」をカクヨムに投稿しました

ロボットが登場するSF風短編「からくりの鼻唄」をカクヨムに投稿しました

雑草が主人公の短編ファンタジー「月色の夏」をカクヨムに投稿しました


今回も自分の作品、「悪魔」を紹介します。

悪魔


この作品にはいろんな思いを込めました。
当時全力を尽くしたはずです。

タイトル通り悪魔的作品です。
普通、映画やアニメの悪役を見ていても
そこまで「うっ……」となる悪いヤツはいないのですが
(私が優しい作品ばかり見ているせいかもしれません)
この「悪魔」は、読んでくださった方を90%の確率で不快にします。

不快というのは怒りとかショックです。
なので、読むときはご注意ください。


生きていると悲しみとか怒りとか虚しさを感じることってありますよね。

どこでどう考えてそのような感情を抱くか、そして
どのくらい悲しみや怒りや虚しさで頭がいっぱいになるかは
人によって違うと思うのですが、
このお話の主人公は絶望に飲まれて逃げてしまいます。


絶望の内容は、今までの作品でも触れてきたような事柄かもしれません。

この作品は「からくりの鼻唄」を書いた頃のものですが
「からくりの鼻唄」「月色の夏」
そして「良くも悪くも、星の回転は止まらない」の詩たちの
続きになっているようにも思います。

何に絶望するか、というのも人それぞれですが
この主人公は自分と世界そのものに絶望していたのかもしれません。
あんまりまとまりのない話ですが、
読んで何かを感じていただけたら嬉しいです。


第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話


ではこれで終わります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。




ツギクルバナー
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9567452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール