2019年01月31日

萩尾望都さんの短編集

今回は、萩尾望都さんのマンガの感想ブログです。



「11月のギムナジウム」
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


こちらは萩尾望都さんの短編集です。

私は萩尾望都さんに詳しくないのですが、
この短編集の雰囲気が好きです


絵柄が綺麗で、
セリフの言い回しが今ではあまり聞かないような感じで、おしゃれですね。
いや、ヨーロッパではこういう感覚や言葉遣いが多いのでしょうか。

最近の「中世ヨーロッパ風」も好きですが、
こういった雰囲気も良いですね。


出だしからとんちんかんなことを書いてすみません。
この本の話はどれも美しくて、世界観に惹き込まれます。

うまく言えないのですが、物語がとても印象に残るというか、
読むと不思議な気持ちになるというか……。


私は中学生の時に始めてこの短編集を読んだので、
「11月のギムナジウム」は自分の中で
青春の思い出と一緒になっています。

ある曲を聴いたり香りを嗅いだりすると
それに関連する思い出が呼び起こされることがあるように、
「11月のギムナジウム」にもそんな力がありそうです。
もしかしたら、読んだ人みんなを
懐かしい気持ちにさせるかもしれません。


私がこの本の中で特に好きな話は「もう一つの恋」です。
ラブコメディっぽく、独特の不思議な空気感が面白いです。

他のお話も芸術的な雰囲気のある素敵な作品ばかりなので、
もし宜しければ、皆様も読んでみてください。


ということで今回は、萩尾望都さんの短編集
「11月のギムナジウム」の感想ブログでした。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8517351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール