2018年11月19日

【マンガ版】狸と天狗と人間の物語【全4巻完結】

今回は、妖怪(?)たちが登場するマンガの感想兼ご紹介です。



有頂天家族 (1) (バーズコミックス)
(画像をクリックすると商品販売ページに飛びます。)


人間に化けられる狸が主人公のファンタジー漫画、
「有頂天家族」を読みました。

小説が原作で、アニメ化もされている人気作品です。
京都が舞台のため、京都の街並みや名所が多く登場します。


私は原作の小説を読んでおらず、
アニメを見る前にこちらのマンガ版を知ったのですが
マンガ版だけでも楽しく読めました。

アニメ版とキャラクターデザインは同じですが
デザインした方とは違う人がマンガを描いているようで、
絵柄がアニメ版と若干異なります。

アニメの絵の方が好きという方もいるようで、
絵柄については好みが分かれるところですが
マンガ版の絵は勢いがあってカッコよく
不思議な世界観や京都らしさが引き立っていると思います。
マンガとアニメを見比べて、雰囲気の違いを楽しむのも面白そうですね。





有頂天家族は主人公が狸で、
出だしからいきなりファンタジーな世界観です。

読み進めても 謎な雰囲気が消えることはなく、
狸と天狗と人間の世界が混じり合う不思議ストーリーが
特に説明もなくどんどん展開されるので、
突拍子もない印象を受ける方もいるかもしれません。


ぶっ飛んだファンタジーが苦手な方にはオススメできませんが、
人間っぽい視点や価値観で描かれる 人間化された妖怪像よりも
摩訶不思議でつかみどころのない本来の妖怪っぽさを好む方なら
こういう作品の方が好きかもしれません。

現代らしさがありつつも良い意味で古い感じのある作品で、
狸が化けるシーンも満載です。


ということで
妖怪寄りの妖怪モノをお探しの方や、狸好きの方、
京都が好きな方に有頂天家族をオススメします。

京都の行事関連の話もあり、
狸や天狗の世界と京都の雰囲気がマッチしていていて面白いです。
あまり京都のことを知らない方も、日本らしさとして楽しめると思います。


さらに、有頂天家族はストーリーに深みがあって
感動するシーンも多いです。

タイトルに家族と付く通り、家族愛をテーマにした作品で
兄弟たちや、お母さんとの絆が感じられます。

また、人間と狸の関係も面白いです。


ということで今回は有頂天家族のご紹介でした。
宜しければ皆様も読んでみてください。











最後までお読みいただきありがとうございました。
もしご興味がありましたら、こちらのページも覗いていってください。

 ↓ ↓ ↓

ほのぼの系たぬきマンガ【一冊完結】

化けアニマルがいっぱいのファンタジー学園漫画【全7巻完結】

本格的な妖怪図鑑

妖怪・生き物・自然好きの方にオススメのアニメ映画1

妖怪・生き物・自然好きの方にオススメのアニメ映画2

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8311264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール