『Adobe Reader X』を保護モードで開けない?

『Adobe Reader X』を保護モードで開けない?


2011/3/22 まだ、お悩みの方のアクセスが多いようなので、追記しました。

※2011/3/26追記。5/3追記を整理修正し、更に別の解決法を紹介。5/28画像追加。6/11追記修正。

※『Adobe Reader X』をご存じでない方は、
先に
PDFファイルを安全に開きたい(保護モード)
をご覧ください。


『Adobe Reader X』を保護モードで開けない?
と言う、質問が多数寄せられているようです。

おそらく、多くの場合は、勘違いではないかと思われます。
保護モードになっているのに、その表示が見えないので、
不安に駆られているのだと思います。

(私も、どうなっているのだろうと、不安になりました。)


と言うのは、
いったん、『Adobe Reader X』をインストールし、
他のPDF閲覧ソフトにデフォルト(既定)の設定を変更しなければ、
『Adobe Reader X』で、『保護モード』でPDFファイルが開かれます。



上部のバーに、黄色い、メモとかラインマーカーの表示があるので、
『Adobe Reader X』で、開かれているのが分かると思います。

[Adobe Reader Xの上部の画像]

ただし、タイトル部分には、
『(ファイル名)+Adobe Reader X』ではなく、
『(ファイル名)+Adobe Reader』の表示があるので、
わかりにくいです。
(私は、まごつきました。)

また、このとき、
『Adobe Reader X』の画面を見ても、
『保護モード』と言う表示はありません。

特に『保護モード』をオフにしなければ、
自動的に『保護モード』になっているのですが、
表示がないため、勘違いしやすいのです。


<『保護モード』であることを確認するには…>


メニューの『ファイル』をクリックし、
『プロパティ…』をクリックすると、
『文書のプロパティ』ウィンドウ(ダイアログ)が開かれます。
個々のタブの一番右側に『詳細設定』がありますから、
これをクリックし、一番下を見ます。
『保護モード: オン』となっているでしょう?

大丈夫です。保護モードです。

もっと、わかりやすくしてくれるとよいのですが…


ちなみに、保護モードをオフにするには、
ここではできません。


≪保護モードをオフにするには…≫


メニューの『編集』の一番した『環境設定…』をクリックすると、
『環境設定』ウィンドウ(ダイアログ)が現れます。

上から3行目の『一般』をクリックすると、ページが変わりますから、
この下から2行目にある、『起動時に保護モードを有効にする』のチェックを、
クリックして外し、『OK』をクリックすると、保護モードがオフになります。

せっかくの保護モードをオフにするのでは、
『Adobe Reader X』を採用した意味がなくなるので、
やり方はお教えしましたが、お勧めしません。





2011/03/22追記。3/26に追加修正。
5/3整理して修正し、更に別の解決方法を追記。

まだ、お悩みの人が多いようなので、追記します。

『Adobe Reader X』で、本当にPDFファイルが開けない場合も、
実はありました。


当時記事を書こうかと悩んだのですが、
主要な原因が、
一部の、特定の著名なウィルスソフトなどの常駐型ソフトなどと、
トラブルを起こしていたものであったため、
結局アップしなかったものです。


もし、下記のように最新バージョンにしても、治らない場合は、
その記事元にしようと思っていた、次の、Adobe社のページを参照して
ください。

保護モードのトラブルシューティング(Windows 版 Adobe Reader X)
※ただし、日本語環境での動作保証をしているわけではないので、注意!

※上記のページは、一時的にアクセスできなくなることが多いようです。
必要な人は、印刷またはPDFファイルなどで、保存しておくとよいでしょう。

ちなみに、この上記のページは、
グーグル・クロームGoogle Chrome(Ver11.0.696.16)とFirefox(ver4.0)の印刷(PDF)では、
正しく印刷されず、(一部消えるか、重なるか、していた)
インターネット・エクスプローラーInternet Explore9(Ver9.0.8080.16413)では、
正しく印刷されました。

Adobe社の製品自体に、相性の良しあしがあるようです、ね。

私は、本文については、グーグルの拡張機能のiReaderを使用して(画像なし)、
(『グーグルで本文だけを読みたい!』を参照ください。)
全体については、IE9を使用して、
2種類のPDFファイルを作成しました。


もし、あなたのパソコンで、『Adobe Reader X』が、
うまく作動しない場合は、まず、最新版かを確認してみましょう。

以前の2010/06/24の記事、
不正PDFファイル、ついに日本へも』でも書きましたが、
PDFファイルも、
悪質な人たちからの攻撃対象に
なっています。

常に対策をとられた最新版にしておくことが大切です。


≪最新版かを確認するには?≫


次を試してください。

『Adobe Reader X』を立ち上げ、
若しくは、どれでもよいですからPDFファイルをダブル・クリックなどで開き、

メニューからヘルプを選択し、『アップデートの有無をチェック…』を実行します。


『利用可能なアップデートがありません』と表示されたら、
最新版です。


そうでなかった場合は、指示に従ってアップデートしてください。


ほとんどの場合、最新版にアップデートすれば、
問題点は改善されていると思います。



なお、これから『Adobe Reader X』をインストールしようと考えている人は、
○Windows版の場合、
Adobe Reader X のダウンロード手順 (Windows 版)』を、

○Macintosh版の場合
Adobe Reader X のダウンロード手順 (Macintosh 版)』を

ご覧になることをお勧めします。


別の解決法
『Adobe Reader X』で、ファイルが開けないのを解決するのではありませんが、
『Adobe Reader X』の新機能と同等の機能を利用したいのであれば、
次の記事はお役にたてるでしょう。

『Adobe Reader X』を利用したい理由が、PDFファイルへのコメントやラインマーカーなら…





他、次の記事も参考になるかもしれません。(6/11追記)
PDFファイルのダウンロード時の破損の場合を、説明しています。
(Google Chromeでは、ときどき発生する)

Adobe Reader X正しく開けない? 読めない・印刷できない?

なお、PDFファイルのトラブルについては、
画面右側のカテゴリアーカイブで『PDFファイル』を選択
していただくと、
関連の記事をすべて読むことができます
(記事下の『PDFファイル』↓をクリックしてもOKです。)

この記事へのコメント

   
プロフィール

M
リンク集

情報起業家を応援します! インフォタイプ
人気ブログランキングへ
最新記事
http://fanblogs.jp/revess/index1_0.rdf
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ