ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2017年03月31日

PC-8801 mkII SR で液晶ディスプレイを使う

今時、PC-8801mkII SRを使うような奇特な方には釈迦に説法ですが、自分の備忘録も兼ねて使えるディスプレイについて書きます。

PC-8801mkII SR以降であれば、PC-9801の640x400の解像度に対応したディスプレイならそのまま使用することができます。

我が家ではNANAOのFlexScan S1901-STを使っています。
バックライトが蛍光管の時代のもの(現在の液晶ディスプレイはバックライトがLED)なので、まだPC-9801に対応していました。
pc-8801-monitor-001.jpg

うれしいことに、PC-9801に対応していた昔の液晶ディスプレイはハードオフなどで1000円〜2000円の粗大ゴミ扱いで売られています。もし、PC-8801シリーズ(SR以降)を持っていて、既にディスプレイを処分して無い場合、それらを使うことができます。

ただし、何でも使えるという訳ではなく、公式にPC-9801対応をうたったものや、解像度640x400に対応したもの、カタログでアナログ走査線周波数が水平24.8KHzに対応したディスプレイに限ります。
昔の国産メーカ(特にNEC製)であれば大丈夫だとは思いますが、念のためGoogleで検索することをおすすめします。
pc-8801-monitor-004.jpg

また、ディスプレイコネクタのサイズやケーブルもPC-9801用となり、PC(いわゆるAT互換機やDOS/V機)とは違いますので、ディスプレイ側がD-Sub15ピンなら変換コネクタ、ディスプレイ側にPC-9801用の入力があるならPC-9801専用ケーブルを別途入手する必要があります。
昔は、ディスプレイを買うとPC-9801ユーザに考慮して必ず変換コネクタが付いていました。捨てずにとっておきましたが、まさかこんな形で活躍するとは思いませんでした。
pc-8801-monitor-002.jpg

もちろん、PC-8801mkII SR側の設定変更も必要です。
デフォルトでは出力信号が水平16KHzになっているので、ディップスイッチ1の8番をON(上)にすることで水平24.8KHzとなり、PC-9801用のディプレイでも映るようになります。
pc-8801-monitor-003-.jpg
(まだ調整中なので、基板むきだし)

当時の色合いにこだわらなければ、あのクソ重いブラウン管モニタを処分できるので、助かります。
ただ、インタレース表示になってしまうのか、画面は縞々でした。


スポンサーリンク
サンワサプライ AD-D15NE モニタ変換アダプタ (D B15オス-HDB15メス)

NANAO FlexScan 19インチTFTモニタ 1280x1024/DVI-D24pin/D-Sub15pin/セレーングレイ S1901-BSTGY

posted by レトロゲーマーZ at 21:27 | NEC PC-8801

2017年03月30日

NEC PC-8801 mkII SR 修理しました

お待たせしました。
長らく放置していたPC-8801mkII SRですが、重い腰を上げてようやく修理しました。

マザーボード上の電解コンデンサ全部とディップタンタルコンデンサを半分ほど交換し、一度動作確認したところ、無事起動することができました。
pc-8801se-repair-01.jpg

ディップタンタルコンデンサを交換中、うまく足が抜けずにスルーホールに残存し、かなり苦労して引き抜いてしまいました。そのため、スルーホールを潰したかとヒヤヒヤしましたが、通電すれば何とかなるようです。
pc-8801se-repair-02.jpg

コンデンサを交換する前は、電源を入れても画面が真っ暗で何も表示しなかったため、やはり電解コンデンサとディップタンタルコンデンサのどれかが寿命だったのですね。

もしかすると、明日になったらまた電源が入らなくなるかもしれませんし(あるある)、フロッピーディスクの動作確認もできていないので、まだまだ先は長いです。


スポンサーリンク
蘇るPC-8801伝説 永久保存版
posted by レトロゲーマーZ at 23:01 | NEC PC-8801