ファン
検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2018年04月13日

コレコビジョン フラッシュバックをプレイ その2 ( ジャングルハント : JUNGLE HUNT)

コレコビジョン フラッシュバック 、お次はジャングルハントです。
アタリ フラッシュバックでも紹介しましたね。
colecovision-2-01.jpg

アタリよりもアーケード版に近いですね。
colecovision-2-02.jpg

ワニが急に動きを変えてきたため、やられてしまいました。
colecovision-2-03.jpg

岩のところがちゃんと坂になっています。
アタリでがっかりしたユーザがコレコビジョンで救われた感じでしょうか。
colecovision-2-04.jpg

スプライトが足りないのか、原住民がチラつきます。
colecovision-2-05.jpg

無事クリアできました。
colecovision-2-06.jpg

でも、やっぱりジャングルキングのほうがいいかも。
いや、ゲーム自体は同じなのですが。

「アアアーァァァ…」



スポンサーリンク


posted by レトロゲーマーZ at 22:50 | Atari

2018年04月08日

コレコビジョン フラッシュバックをプレイ ( スペースパニック : SPACE PANIC )

それでは、コレコビジョン フラッシュバックをプレイしてみましょう。
spacepanic-coleco-01.jpg

まずは、スペースパニックです。

ゲームセンターあらしにも出てきた有名なゲームですね。

ファミコンなどの日本の家庭機には移植されなかったのですが、コレコビジョンに移植されていたようです。
spacepanic-coleco-02.jpg

穴を掘ってエイリアンを落とし、埋めるゲームです。
まさに、平安京エイリアンの縦版です。
spacepanic-coleco-03.jpg

自ら穴に落ちて逃げることもできますので、隠居掘りでも大丈夫。
spacepanic-coleco-04.jpg

平安京エイリアンでは時間がかかりすぎるとエイリアンが大量発生しますが、スペースパニックは酸素量による時間制限があります。
spacepanic-coleco-05.jpg

エイリアンを埋めそこなうと、狂暴化して1段穴では死ななくなります。
spacepanic-coleco-06.jpg

さらに埋めそこなうと、さらに狂暴化して穴を3段にしないといけないので、もはやクリア不可能です。
spacepanic-coleco-07.jpg

インテレビジョンのことがあったので正直期待していなかったのですが、予想外にいい出来でした。
ただ、コントローラーの操作感がぐにゃぐにゃなのは気に入りませんが。

他のタイトルもアーケードゲームの移植が多いので、Atari VCSをファミコンに例えるとコレコビジョンはPCエンジンみたいな位置づけでしょうか。




スポンサーリンク


posted by レトロゲーマーZ at 15:00 | Atari

2018年04月07日

コレコビジョン フラッシュバック (Colecovision Flashback)

コレコビジョン フラッシュバック です。
colecovision-01.jpg

Intellivisionに続いて、Atari VCSのライバル機であるColecovisionのフラッシュバック機の登場です。
Colecovisionは日本には発売はされなかったようですが、エポック社のカセットビジョンもその名の通り、IntellivisionやColecovisionの影響を受けていると思います。

※と思ったら、Colecovisionよりカセットビジョンのほうが先だった...
 Intellivision ⇒ カセットビジョン ⇒ Colecovision

Atari Flashbackが出たのが2004年、Commodore64 DTVが出たのも2004年、IntellivisionやColecovisionのFlashbackが出たのが2014年なので、ファミコンミニやスーファミミニで「最近こんなの流行してるね〜」なんて人がいますが、実はPlug&Playゲーム機に関しては日本はかなりの周回遅れなのです。

Intellivision同様、60ゲーム版は潤沢に出回っているのですが、61ゲーム版はややレアです。
ボーナスゲームとしてピングーが入っています。
え、違う?
いや、どう見てもピングーだろコレ。
ピングーじゃなければペンギーか。「Pengi〜 Power〜」とか言って空飛んだり。
colecovision-02.jpg

おお、スペースパニックが入っているようです。
PC-6001 エイリアンでも書きましたが、ゲーセンでは見たことがありませんでした。
ただ、ググるとプレイ動画が結構あるようなので、私の住んでいるところになかっただけのようです。
colecovision-03.jpg

Intellivision同様、電話機のようなコントローラです。
まるで黒電話ですね。というか、平野ノラが持ってるバブル期の携帯電話みたいです。
colecovision-04.jpg


スポンサーリンク


posted by レトロゲーマーZ at 19:20 | Atari

2018年04月06日

インテレビジョン フラッシュバック をプレイ (Intellivision Flashback)

それでは、インテレビジョン フラッシュバックをプレイしてみましょう。
intellivision-play-01.jpg

このコントローラー...。
コモドール マックスマシーンを思い出させますね。
ボタンが劣化すると凹んだまま戻って来なくなります。
intellivision-play-02.jpg

ATARI仕様の9ピンコネクタですが、ボタンが12個あるのでATARI仕様のコントローラは使えないと思います。
intellivision-play-03.jpg

まずは、適当に「HARD HAT」というゲームをプレイしてみます。
intellivision-play-04.jpg

中央にエレベーターがあり、ビルの間を移動できます。
intellivision-play-05.jpg

なんだか、ルールがよく分かりません。
intellivision-play-06.jpg

次は「SPACE ARMADA」です。
intellivision-play-07.jpg

あー、スペースインベーダーのパクりゲームですね。
intellivision-play-08.jpg

難しいー。
これ、クリアできるのか?
intellivision-play-09.jpg

次は「Frog Bog」
intellivision-play-10.jpg

Frogsですね。
やはり、PC-8001のFROGが一番面白いと思います。
intellivision-play-11.jpg


やばい、どのゲームも

クッソつまんねぇ。

やはり、レトロゲームは当時持っていたものを懐かしむものであって、初見でやるもんじゃないですね。




スポンサーリンク



posted by レトロゲーマーZ at 22:22 | Atari

2018年04月02日

インテレビジョン フラッシュバック (Intellivision Flashback)

インテレビジョン フラッシュバックです。

Atariのライバル機だったので、Atariカテゴリに入れました。
intellivision-01.jpg

昔、バンダイが代理店となってインテレビジョンを販売し、ツービートを起用してCMも流していたそうですが、全く知りませんでした。

まあ、当時5万円ぐらいしたそうなので、持ってた人はまずいなかったでしょうね。

「インテレビジョン」となっていますが、スペル的には「インテリビジョン」です。
おそらく、当時はまだ「インテリ」という言葉が日本に浸透していなかったので、「テレビジョン」とすることでTVにつなぐものと連想させたのだと思います。

60ゲーム版のフラッシュバックは潤沢に出回っているのですが、何故か61ゲーム版は出たその日に売れてしまいます。

それでも、何とか手に入れました。
といっても、ボーナスゲームはただのBASEBALLなのですが。
intellivision-02.jpg



子供のイベント満載でプレイする暇がありません。

そのうち、プレイします。
intellivision-03.jpg



スポンサーリンク


posted by レトロゲーマーZ at 20:45 | Atari