ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2017年07月29日

パックマン コネクト&プレイ アカベイ版を買ってみた ( Pac-man connect and play red ghost Blinky )

パックマン コネクト&プレイのアカベイ版を買いました。
一時は、ネッシーかツチノコかと思われた幻のアカベイ版ですが、ちょくちょく姿を現すので捕獲してみました。
まるで珍獣ハンターですね。
pacman-blinky-01.jpg

パックマン コネクト&プレイ 35周年記念版と並べてみました。
pacman-blinky-02.jpg

パッケージ裏はこうなっています。
pacman-blinky-03.jpg

アカベイは通称「追いかけ」。
パックマンを追いかけてみました。
pacman-blinky-04.jpg

裏面には顔が書いてあります。
その点がパックマン版よりも凝っています。
pacman-blinky-05.jpg

ケーブルを収納できるのは同じです。
pacman-blinky-06.jpg

TVに繋いでみました。
映像信号がPALなので、日本のTVでは白黒で映像が乱れて表示できません。
pacman-blinky-07.jpg

PAL信号をNTSCに変換するアダプタを購入しました。
カプコン TVゲーム機も同様にPALなので、カプコンの画像も更新しました。
pacman-blinky-08.jpg

タイトル画面、内蔵ゲームはパックマン版と同じです。
pacman-blinky-09.jpg

パックマンを動かしてみましたが、普通のパックマンです。
pacman-blinky-10.jpg

ファクトリーモードを起動してみました。
ビルド日付、時間が同じなので、中身はパックマン版と変わらないようです。
pacman-blinky-11.jpg

結局のところ、筐体がアカベイであることと信号がPALであることを除けば、只のパックマン コネクト&プレイでした。
ネス湖のネッシーは捏造でしたが、もし本当に実在し、捕まえることができたら、「なんだ、只の爬虫類じゃねぇか」ってことになったのでしょうね。

ということで、普段は潤沢に流通しているパックマン版を使い、アカベイ版は倉庫でお蔵入りにします。



スポンサーリンク

2017年06月10日

パックマン嫁 アーケード TVゲーム機 をプレイ (Jakks Pacific Ms. Pac-Man Plug & Play TV Game 5 in 1)

それでは、パックマン嫁 アーケード TVゲーム機 Jakks Pacific Ms. Pac-Man Plug & Play TV Game 5 in 1 をプレイしてみます。

まずは、ポールポジションからです。
ms-pacman-2-01.jpg

初期のポールポジションです。
ゲーセンでは U ばかりで、初期物はほとんど見たことはありませんでした。

海外版のため、「予選スタートです」ではなく、なんたらかんたら言ってます。
ms-pacman-2-02.jpg

あれれれー?
レバーを左右に動かしているのに、車が全く動きません。
ms-pacman-2-03.jpg

また、ババ掴まされたかー。
とりあえず、別のゲームで動作確認してみます。

ms-pacman-2-04.jpg
ゼビウス OK。

ms-pacman-2-05.jpg
ギャラガ OK。

ms-pacman-2-06.jpg
マッピー OK。

全てアーケード版。エミュです。

何故か、ポールポジションだけ動かない。
ソフトウェアのバグか?
組み込み機器のソフトウェアって、修正不可能なんですが。

ロットの問題なら、他の個体でも出ているだろうとググってみました。
とあるレビューで、ポールポジションの操作は”twist”しろと書いてある。
twist ... ? あ、そうか。

こうするんですね。
ms-pacman-2-07.jpg
ms-pacman-2-08.jpg

この発想はなかった

確かに、元のゲームは車のハンドルなので、レバーをハンドルに見立てればこのように操作することになりますね。

そういえば、アーケード版 任天堂 スーパーパンチアウトでは、レバーを持ち上げることでダッキングしました。
レバーって、本当に操作の幅が広いこと。

ms-pacman-2-09.jpg

ただ、操作方法がわかっても、レバーが使いにくいことに変わりはありませんでした。
ms-pacman-2-10.jpg

次は Ms. Pac-Man です。

パックマンのパクリゲーだったものが、後からナムコ公認となったゲームです。
ms-pacman-2-11.jpg

って、言うかパックマンって性別あったんですね。

雌雄同体

かと思っていました。

もしかすると、酸性だと雌で、アルカリ性だと雄になるんでしょうか。
ms-pacman-2-12.jpg

いや、パック「マン」だからヒト、つまりヒト科ヒト属でしょうか。

どう見ても、ヒトというよりアレにしか見えないのですが。

ms-pacman-2-13.jpg

(ゲンドウ) あれはヒトではない、使徒だ
(シンジ) 何を言ってるかわからないよ!
(ミサト) パックマンはね、アダムと同じリリスと呼ばれる生命体の源から生まれた19番目の使徒なのよ

何を書いているか分からなくなりました。



スポンサーリンク

2017年06月09日

パックマン嫁 アーケード TVゲーム機 を買ってみた (Jakks Pacific Ms. Pac-Man Plug & Play TV Game 5 in 1)

パックマン嫁 アーケード TVゲーム機 こと Jakks Pacific Ms. Pac-Man Plug & Play TV Game 5 in 1 を買ってみました。

ms-pacman-01.jpg

Ms.というと未婚と思いがちがですが、最近では既婚でもMs.とすることが多いので、気を付けましょう。
ということで、パックマン嫁です。

これをTVに繋ぐと、次のゲームをプレイすることができます。
・ POLE POSITION
・ XEVIOUS
・ Ms. Pac-Man
・ Galaga
・ MAPPY

ms-pacman-03.jpg

2004年発売ですので、いわば、パックマン コネクト&プレイの姉さん女房といったところでしょうか。
ms-pacman-02.jpg

久しぶりの夫婦水入らずです。
パックマンのほうは針の筵かもしれませんが…。

他にもパックマンplug&playゲーム機は沢山ありますが、ほとんどがパックマン コネクト&プレイとゲームが被っており、これだけがポールポジションとパックマン嫁が入っているので買いました。

まあ、世界中に大量に出回っていますので、ほとんどガラクタです。
ただ、驚かされたことが1つあったので、ネタとしては申し分ありません。

次回、プレイします。



スポンサーリンク

2017年06月08日

タイトー アーケード TVゲーム機 をプレイ 後編 (Jakks Pacific Space Invaders Plug & Play TV Game 10 in 1 Part.2)

タイトー アーケード TVゲーム機 Jakks Pacific Space Invaders Plug & Play TV Game 10 in 1 のプレイ 後編です。
タイトーのゲームがあまり好きじゃないのか、何かノリが悪いです。

まずは、影の伝説。
コアなファンが多いのに、Let's TVプレイ タイトー ノスタルジア1 影の伝説でひどいコメントを書いたので、顰蹙を買いました。
taito-2-01.jpg

私のプレイではお話しにならないので、息子たちにやらせてみました。
ですが、さすがの息子たちもどうプレイすればいいのかわかりませんでした。
taito-2-02.jpg

ちくわ、いや巻物を取って忍術発動です。
小さすぎて、どこにあるのか全然気づかなったのですが...。
結局、息子たちでも1面クリアできず。
taito-2-03.jpg

次は、Qixです。
有名なゲームですね。
taito-2-04.jpg

息子たちもすぐ陣取りゲームと気づき、とても気に入っていました。
ぱっと見、パソコンでラインとペイントで作れそうに思えるのですが、実際には実装が難しく、移植されなかったと思います。
taito-2-05.jpg

フェアリーランドストーリーです。
taito-2-06.jpg

ごめんなさい。
全然、ルール分かりませんでした。
パズルゲーム?
taito-2-07.jpg

パズニック。
タイトーはパズルゲーム多いなぁ。
taito-2-08.jpg

あー、もう典型的なテトリス以降に氾濫した亜流パズルゲームですね。
息子たちは物珍しさからプレイしましたが、今ではスマホでもパズルゲームが氾濫していますので、私はプレイする気になりませんでした。
taito-2-09.jpg

最後は Tube It (カチャット)。
エミュレータの作りが甘いのか、ノイズ乗りまくりです。
taito-2-10.jpg

テトリス+水道管ゲーム。
もう、いい加減にしてくれって、感じです。
電車でGO!の開発ストーリーでは、ゲームのネタが尽きて絶望に達した時、開き直って自分の好きなものをゲームにしたらウケたということが書かれていました。
その頃のゲームでしょう。開発者の苦しみ、悲しみ、辛さが伝わってきます。

そういえば、「Dr. スランプ」では終盤ネタが尽きてしまい、鳥山明自身が「ネタがない…ネタがない…」とネタがないこと自体をネタにしていました。
taito-2-11.jpg

ということで、タイトー アーケード TVゲーム機でした。

しかし、パックマン コネクト&プレイでは、これぞナムコ!という定番のゲームが入っていましたが、このタイトーの変なゲームの詰め合わせ感。一体、何を基準にしたのでしょう。

特に、バブルボブルやTube Itなんて、レバーが1つしかないのに、2人同時プレイ可能ゲームだし。
「とりあえず、タイトーなら何でもいいから入れちまえ」って感じでしょうか。

タイトー ゲーム機は他にも1つあるのですが、ルナレースキュー以外は同じです。
気が向いたら、そのうち手に入れるかもしれません。ハンナ・モンタナと一緒に。


しかし、こうやってみると、私はタイトーのゲームはゲーセンであまりプレイしていないことがわかりました。



スポンサーリンク

2017年06月07日

タイトー アーケード TVゲーム機 をプレイ 前編 (Jakks Pacific Space Invaders Plug & Play TV Game 10 in 1 Part.1)

タイトー アーケード TVゲーム機 Jakks Pacific Space Invaders Plug & Play TV Game 10 in 1 をプレイしてみました。

まずは、TVゲームの原点 スペースインベーダー です。
もちろん、スペースインベーダー以前からTVゲームは存在しましたが、世間一般にTVゲームというものを認知させたのはこのゲームに間違いありません。
taito-1-01.jpg

アーケード版そのものです。エミュですね。
随分、100円玉をつぎ込みました。

このゲームのおかげで、多くの人間がゲーム道という地獄道に墜ちていきました。
taito-1-02.jpg

インベーダーといえば、やっぱりレインボーですね。
PartUではないので、ボーナスはもらえません。
taito-1-03.jpg

次は アルペンスキー です。
PSP版では紹介し忘れていました。
taito-1-04.jpg

この頃はまだ「私をスキーに連れてって」よりも前ですので、スキーは地味なスポーツでした。
taito-1-05.jpg

3機の概念はなく、時間内クリアのゲームです。
これだけ有名なゲームなのに、ゲーセンではプレイしたことはありません。
taito-1-06.jpg

バーディキング。
ゲーセンで見たこともプレイしたこともないゲームです。
taito-1-07.jpg

どんなゲームかと思えばゴルフですね。
で、レバーとボタンでどうやってプレイを?
taito-1-08.jpg

OB出しまくりで、3ホール目でやっとカップインです。
激ムズ。
taito-1-09.jpg

お次はバブルボブルです。
ファミコン版はプレイしまくりました。
taito-1-10.jpg

何か音楽がしょぼい。
普通はファミコン版のほうがしょぼいものですが。
taito-1-11.jpg

この右手レバーが固くて固くて操作しにくいったら、ありゃしない。
taito-1-12.jpg

チャックンポップです。
パソコン多数にも移植された名作です。
taito-1-13.jpg

でも、正直パズル系ゲームは苦手なんです。
taito-1-14.jpg

今一つ、操作ができません。
これ、どうやって上に行くんだろ。
taito-1-15.jpg

全て、アーケード版のエミュです。
しかし、こうやってみると、私はタイトーのゲームはゲーセンであまりプレイしていないことがわかりました。



スポンサーリンク