ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2018年01月07日

namco COMMUNITY MAGAZINE NG

ゲーセンに置いてあった ナムコ エヌジー です。
namco-ng-01.jpg

当時、ゲーセンに行くと無料の冊子や新作ゲームのカタログが置いてありました。
ゲームが進化していくと同時にとっつきにくさも進んで行くので、メーカー側も少しでも遊びやすくするために配布していたのだと思います。

Wikipediaにもない当時の開発裏話とか書かれていて、今思えばもっと沢山集めておけば良かったと後悔しています。

ちなみに、この号はナムコへの入社方法や適性についても書かれていました。
(記事をそのまま載せられないので、モザイクをかけました)
namco-ng-03.jpg

きっと、これらの冊子を段ボール一杯に持っている人がいるのでしょうね。

メーカー側もバックナンバーを閲覧できるようにしてくれると嬉しいのですが。

posted by レトロゲーマーZ at 11:50 |

2017年11月12日

マイコンBASICマガジン、PIO等を回収

リフォーム中の実家に行ったら、当時所有していたマイコン・パソコン雑誌が出てきました。

basicmagazine-01.jpg

家族曰く、「捨てようと思ってた」って、おいーーーーー!

ということで、私にとってマイコン・パソコンがピークだった1983年〜1984年頃のマイコンBASICマガジン、I/O別冊PIO、コンプティークが戻ってきました。
その他、テクノポリス1冊とペーパウェア PC-6001 [1]もあります。

残念ながら、月刊I/Oは結婚前に処分してしまっているので、もう残っていません。

他にもPC-6022プロッタプリンタの交換ロールペーパー、アジアで大人気 美魔女のりぴー のグッズなども出てきました。
basicmagazine-02.jpg

そろそろ、我が家の倉庫もレトロパソコンやレトロゲーム機、ゲームソフトや怪獣ソフビが占有して、えらいことになってきました。

BEEPさんみたいに、どこか隠し倉庫を確保しないといけないかもしれませんね。

posted by レトロゲーマーZ at 09:30 |

2017年09月10日

ネットランナー 2002年7月号 (中華キャノン)

ネットランナー 2002年7月号 です。
netrunner-2002-07-01.jpg

ネットランナーなんて雑誌を買ったのは、後にも先にもこれ一度だけでした。
何でこれを買ったかというと、「中華キャノンプラモ」が付いてたから。
netrunner-2002-07-02.jpg

元ネタは中国が開発したロボット「先行者」。
あまりにもショボかったので、こんなことになってしまいました。
netrunner-2002-07-03.jpg

あまりに盛り上がったので私も勢いで買ったものの、自宅に帰って正気に戻り、作らずにそのまま放置しました。
netrunner-2002-07-04.jpg

まだP2Pが規制される前なので、ヤバいこと沢山書いてありますね。

2002年と言えば今から15年前ですか。
世の中、変わったといえば変わりましたし、変わっていないといえば変わっていませんね。

IT系は新しいデバイス・新しいサービスが登場して劇的に変化しましたが、非ITでは「まだこんなことやってんの?」とツッコミ入れたくなるようなモノが沢山残っています。

しかし、一大イベントを控えているのにこんなネタとは。

posted by レトロゲーマーZ at 18:00 |

2017年08月28日

べーしっ君 完全版

遅ればせながら べーしっ君 完全版 です。
BASICN.jpg

べーしっ君が連載される頃には既にログインは買ってなかったため、友人の家で読んでました。
当時は結構笑ってたのですが、今読んでみるとすっかり元ネタが分からなくなってますね。

しかし、いつまでも紙メディアで買ってないでKindle版にしろよと言いたくなりますね。
私生活もレトロです。


スポンサーリンク
べーしっ君 完全版 (立東舎)

posted by レトロゲーマーZ at 20:45 |

2017年08月21日

ニュー はまり道

吉田戦車先生の ニュー はまり道 です。
new-hamari.jpg

はまり道から続いていたのですね。
ファミコン通信が週刊化してからはお金が続かず、どうせお金を使うならソフト買えばいいんじゃね?とファミコン通信を買わなくなったので、続編が出ていたことを知りませんでした。

面白いのですが、ゲームキャラをあまり大っぴらに使えなくなったので、以前のようなノリは楽しめませんでした。
また、ファミコンやスーファミの頃のゲームのほうがツッコミどころが多い分、ネタにしやすかったのではないでしょうか。


スポンサーリンク
ニューはまり道 (Beam comix)

posted by レトロゲーマーZ at 21:44 |