ファン
検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2017年12月31日

スーパーファミコン 極上パロディウス

スーパーファミコン 極上パロディウス です。
superfamicom-gokuparo-01.jpg

久しぶりに極パロをやろうと思ったのですが、プレステソフトの大半が行方不明になっていてプレイできません。
かといって、もう一度同じものを買うのも悔しいので、スーパーファミコン版を買ってみました。
パロシリーズもレトロゲームブームで高騰していますが、店頭で何とかAmazon最安値ぐらいでゲットできました。
superfamicom-gokuparo-02.jpg

REVIVAL ON にしておかないと、やられたら戻されます。
superfamicom-gokuparo-03.jpg

スーパーファミコン版は、ゴエモン、ドラキュラくん、赤ちゃん(ウパ)のキャラクターが追加されています。
ハードの低さを新キャラでカバーしています。
ただ、これらのキャラでやってみたら地獄でした。
superfamicom-gokuparo-04.jpg

とういことで、豚でプレイします。
superfamicom-gokuparo-05.jpg

PSP版は1面目の音楽が版権の関係で差し替えられているそうですが、スーファミ版はオリジナルと同じです。
superfamicom-gokuparo-06.jpg

2面目ボスのおほほほ文字が小さいような気がしますが、”ばっしゃん”もきちんと再現しています。
superfamicom-gokuparo-07.jpg

何だか勝手が違うので、やられまくり、コンティニュー使いまくりです。
superfamicom-gokuparo-08.jpg

アーケード版やプレステ版に比べ、やはり音楽がしょぼいです。
バキュラもどきの数字の減り方が遅いですね。
superfamicom-gokuparo-09.jpg

ここの
♪「かぐや〜姫〜」
の曲を知っている人は、かなりの年配です。
確か「ベルトクイズQ&Q」の時にやっていたCMだったと思います。がんばり入道。
superfamicom-gokuparo-10.jpg

容量の制限なのか、ちちびんたさんが何だか粗いですね。
映画「ピクセル」みたいになってます。
superfamicom-gokuparo-11.jpg

「かかってきなさい」の後の「この〜」のボイスがカットされています。
superfamicom-gokuparo-12.jpg

ピクチャーもカットされています。
「Nice to meet you.」のボイスもカットされています。
superfamicom-gokuparo-13.jpg

SPECIAL STAGE は同時プレイじゃないと地獄なのですが、スーファミ版は同時プレイができないので難易度が下げられています。
superfamicom-gokuparo-14.jpg

プレステ版はアーケード版と遜色ない出来でしたが、残念ながらスーファミ版はハードと容量の制約上、
色々と不備があります。

せめて、定番のオリジナルステージでもあればよかったのですが、カセットではさすがに無理のようでした。


スポンサーリンク

2017年12月24日

スーパーファミコン ギャラクシーウォーズ

スーパーファミコン ギャラクシーウォーズ です。
superfamicom-galaxyw-01.jpg

スペースインベーダーの直後に登場し、ゲームセンターあらしにも出てきたので、当時ゲーセンでプレイした人も多いと思います。

これ、ゲームセンターあらしかと思ったのですが、よく見ると違いますね。
小学館のライセンスが取れなかったのでしょうか。
superfamicom-galaxyw-02.jpg

ギャラクシーウォーズには「先っぽだけなら大丈夫」という、放射能に当たってもやられないというバグがあるのですが、見事に再現しています(実際には先っぽじゃなくても大丈夫なこともあるのですが)。

ただ、それを意識しすぎたのか、アーケード版よりも発生確率が高くなっています。
superfamicom-galaxyw-03.jpg

放射能の数は、ゲームセンターあらしやWikipediaでは「同時に3つまで」となっていますが、実際には同時に存在するのは4つです。
ただ、連続して出るのは3発で、4発目は少し遅れて発射されるため、誤解されやすいのだと思います。

このスーパーファミコン版は放射能が連続で出すぎですね。
実際には、もう少し間隔が空いたと思います。
superfamicom-galaxyw-04.jpg

UFOのラスト1機の動きも少し速すぎますね。
superfamicom-galaxyw-05.jpg

ある程度進むとメッセージが出るのですが、下手だったのでゲーセンでは「WONDERFUL !」までが限界でした。
superfamicom-galaxyw-06.jpg

スーパーファミコンはリメイク版も収録されています。
superfamicom-galaxyw-07.jpg

自機を左右に素早く動かすことで必殺「炎のコマ」となり、自機が消えて無敵になります。
superfamicom-galaxyw-08.jpg



スポンサーリンク

2017年12月10日

ジャンクのスーパーファミコンを買ってみた

スーファミが息子たちの「ドラゴンボールZ 超武闘伝1,2,3」、「トルネコの大冒険」で取られてしまったので、お父さん用にジャンクのスーパーファミコンを買ってみました。

お店に山積みになっている1台500円のスーファミの中から

「きみにきめた!」

と選んだのがコレ。

単に筐体とスロットが一番キレイだったからなんですが、念のためACアダプタのピンや映像出力の基板が折れていないかも確認しました。
superfamicom-2nd-01.jpg

どうせ壊れているだろうと、ヒューズ交換やコンデンサ交換を覚悟で動作確認したのですが、

普通に動くし。
superfamicom-2nd-02.jpg

やはり、スーファミも生産台数が多いのでゴミ同然みたいですね。
むしろ、ケーブル類のほうが高いし。


スポンサーリンク

2017年12月04日

スーパーファミコン トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

スーパーファミコン トルネコの大冒険 不思議のダンジョンです。
superfami-torneko-01.jpg

当時持っていなかったので買ってみたのですが、さすがに100円では無理だったので500円で買いました
superfami-torneko-02.jpg

あの海外の名作 Rogue をドラクエの世界観でリメイクしたゲームです。

Rogue と言えば、高校の時にパソコン研究会(すごい名前ですね、何の研究をするのでしょうか)の同級生から「面白いから、やってみ」とPC-8801版を借りて遊んだ記憶があります。

ただ、マニュアルもなく全部英語なので、どうプレイすればいいかわからず、結局はすぐに突っ返しました。
superfami-torneko-03.jpg
(序盤で武器、防具が出るかどうかですね。)

Rogue の操作はUNIXのviに類似しているということで、viの練習用ゲームとして配布されたこともあるそうです。
superfami-torneko-08.jpg
(やっとの思いで最初のノルマ、王様の宝石箱をゲット!)

私自身も、入社するといきなりUNIX環境だったので当然viを使う羽目になりましたが、Rogue を借りた時の経験は全く生かせませんでした。

しかし、開発環境がWindowsに移行するまでの16年間、ずっとviと付き合うことになります。
superfami-torneko-05.jpg
(キメラに追われながら帰還中、よりにもよってガス噴射。)

Rogue はとても一般受けしない地味なゲームですが、ゲームシステム自体は素晴らしく面白いゲームなので、ドラクエの世界観を取り込むことでスーパーファミコンの歴史に名を残すゲームとなりました。
superfami-torneko-06.jpg
(キメラにやりたい放題にされ…)

一般受けしなかった海外の地味ゲーの中には、トルネコのように世界観を変えればヒットするような名作が埋もれているかもしれません。
まさに、温故知新ですね。
superfami-torneko-07.jpg
(憤死。息子たちに後を託しました。)



スポンサーリンク


2017年12月02日

スーパーファミコン 宇宙の騎士テッカマンブレード

スーパーファミコン 宇宙の騎士テッカマンブレードです。
superfami-blade-01.jpg

当時は新品でもゴミみたいな値段だったので100円で買えるだろうとタカをくくっていたのですが、泣く泣くいい値段で買ってしまいました。
superfami-blade-02.jpg

アニメに熱中した最後の作品がこの宇宙の騎士テッカマンブレード。
これ以降、アニメは惰性で見ています。
superfami-blade-03.jpg
(クリスタルで変身していた頃はフリチンです。)

このアニメの影響で、今でもブチ切れると

「ボル   テッカーーーーーーー!」(ピカチュウではない)

と叫んでしまいます。

で、更にヒートアップしてくると、

「三段返し!」(ええっ!そっち〜?)

みたいになります。
もう、結構な歳なのですが。
superfami-blade-12.jpg
(見たことないラダム獣が出てきます。)
(ここで体力を削られて、ボス戦で苦しい思いをします。)

このテッカマンブレードは言うまでもなく旧タツノコアニメ 宇宙の騎士テッカマンのリメイクです。
superfami-blade-04.jpg
(ダガーは、ただ突っ立って斬るだけで倒せます。)
(このゲーム、下手に動き回らないのが正解です。)

ただ、旧作は大河原邦男デザインの丸いヒーローだったので好き嫌いが別れ、視聴率低迷で打ち切りとなり、最後は単身ワルダスターに突撃して「完」となる視聴者を無視した作品でした。
superfami-blade-05.jpg
(エビルも丸腰にすれば相手に方向キーを入れて、ただ立ち斬りするだけ。)

このテッカマンブレードも途中でストーリーが破綻し始め、ハラハラしながら観ていましたが、何とか無事完結してくれました。
superfami-blade-06.jpg
(このゲーム最強のアックス。)
(丸腰にすれば端でしゃがみガード⇒斬るを 繰り返せば楽勝。)
(ただ、ガードしても体力を削られるのでラダム獣戦でどれだけ体力を残すかが勝負。)

で、最終回の前話でついにエビルとの兄弟対決に決着がつくのですが、最後の最後で絵柄ぶっ飛びで台無し。

またメガゾーン23 PARTUの再来かと悪夢が蘇ったのですが、別の人でした(戦犯のもう一人、板野一郎氏は関与していますが)。
superfami-blade-07.jpg
(ランスは丸腰にしたら端に追い込んで斬るだけ。)
(離れるとしょぼいボルテッカ?みたいなのを出すので、接近戦に終始するべし。)

パラレルで製作している手前、絵柄に差が出てしまうのは仕方ないのですが、もうちょっと寄せて欲しかったですね。

確かに、エヴァやガンダムも毎回絵柄が違いますが、オタクでなければそんなに分からない程度です。
ですが、テッカマンブレードのアレは素人目でもはっきり判ってしまいますので、本当にがっかりでした。
superfami-blade-08.jpg
(見るからにキッツイおば...お姉ちゃんのソード。)
(ジョー・ヒガシみたいなスラッシュキックがウザい。)

唯一の救いは、最終回後半での若本さんの一人舞台でしょうか。

「それは! ぅえびるのクリスタルぅ!」

といった、およそ10分間の規夫節が炸裂です。

superfami-blade-09.jpg
(ブラスター化前と同じで、相手の方に方向キーを押しながら立ち切り。)

平家物語の「諸行無常の響きあり…
枕草子の「春は曙…
徒然草の「徒然なるままに…
うる星やつら ビューティフルドリーマーの「私の名はメガネ…
テッカマンブレードの「よくぞここまで来たな ぶれぇどよぅ…

の下りは試験に出るから全文覚えるように。

superfami-blade-10.jpg
(唯一ボス戦でボルテッカを使える場面なのですが、決められませんでした。)
(クリアにコンティニューを使ってしまいましたが、連射パッドがあれば使わずに済んだかもしれません。)

これだけ好きならパートUも見たのだろうと思いきや、自分の中ではテッカマンブレードは終わっているので、ほとんど見ていません。

いや、今になって見てみようかとも思ったのですが、テックシステムの都合上、登場人物が

全裸になる

ので、妻や子供の前じゃ見れないんです。

superfami-blade-11.jpg
(スーパーファミコンの性能を微塵も使っていない素敵なゲームでした。)
(でも、結構面白い。)


スポンサーリンク