ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
レトロゲーマーZさんの画像
レトロゲーマーZ
プロフィール

2017年11月19日

バカリズムVS有野課長世紀の一戦! 所感

11月18日 生放送の「バカリズムVS有野課長世紀の一戦!」の所感です。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、まあ予想とおりの結果でした。

しかし、生放送は大変ですね。
尺を埋めるのが大変そうでした。

かといって、編集でも13時間プレイして使うところが無い時もありますから、番組を盛り上げるのって難しいと思います。
ただ黙々とプレイする訳にはいきませんし。

2017年11月18日

ファミコンのコントローラをMSX互換にしてみた

レトロパソコンを使っていて何が困るかというと、ジョイスティック。

この時代にレトロパソコンで使えるMSX互換のジョイスティックは手に入らず、ヤフオクとかで出ても争奪戦、仮に入手しても当時のジョイスティックはユーザビリティよりも見た目重視なのでクッソ使いにくいのです。

以前、PC-8801mkII SRAtari Flashback 7にファミコン互換機のコントローラを差してみましたが動作しませんでした。

それもそのはず、ファミコンやファミコン互換機はパラレル信号をシリアル信号に変換しているのです。
よく考えると当たり前ですよね。アタリ9ピンだと信号に使えるのは7本、ファミコンは方向AB+Start+Selectでボタンが8つあるので配線が足りません。また、シリアル信号なら配線数を減らせるのでコスト的に有利です。

だったら、パラレル⇒シリアル変換しているSerDes回路を取っ払って直付けすればMSX互換になるんじゃね?」と思ったので、やってみました。

まずは、ファミコンコントローラの用意です。

いつものように100円ソフトを漁っていたら、後ろでファミコン2台が私のほうを見つめていたたため、そのまま2台とも抱えてレジに向かいました。
famicom-msx-controller-01.jpg

1台300円。
どうせヒューズ飛んで壊れているだろうと思ったのですが、2台とも動作しました。
やはり、ファミコンは大量に出回ったので、ダブついてほとんど価値がないようです。

それでは、このファミコンのコントローラUをMSX互換にしてみましょう。
しかし、「MSX互換」って言い方、嫌ですね。
ATARIインターフェースを採用したのはPC-6001やパソピアの方が先なのに。
famicom-msx-controller-02.jpg

開けると、確かにシリアル信号になっているのが分かりました。
ポカ避けでしょうか、わざわざ配線色と信号名がマーキングされています。
HEF4021BPがSerDes回路ですね。データシートを見ると、ただのシフトレジスタじゃねぇかっ。
回路図見ると、FFが4段ある試験に出そうな教科書通りのシフトレジスタですね。
MC14069UBCPは回路図見るとただのNOT回路ですね。Low/Highを反転しているのでしょう。
famicom-msx-controller-03.jpg

基板のパターンを見てピンアサインを確認します。
1-"A"、3-"OUT"、4-"上"、5-"下"、6-"左"、7-"右"、8-"GND"、9-"PS"、10-"CLK"、15-"B"、16-"Vdd"です。
13番と14番にVdd,11番にGNDが繋がっているのは、定数"1"と"0"を入れているのですね。
このシフトレジスタを取っ払って、直付けします。
famicom-msx-controller-04.jpg

チップ、コンデンサを取り払って基板だけにしました。
famicom-msx-controller-05.jpg

お次は配線です。
9ピンなので9C(9芯)の配線が必要ですがそんなものはありません。
となると、10Cですが配線数に比例して高価になるので8Cにしました。
COMMON信号を使わず、A+Bボタンだけなら8Cで十分なので。
famicom-msx-controller-06.jpg

しまったー!
0.5sqじゃ太すぎた。0.3sqにすればよかった。
なんとかねじ込みました。
famicom-msx-controller-07.jpg

ピンアサインは以下の通りです。
5番と8番はNC(Not Connected)にしました。
色は適当に割り振りましたが、基本的には赤Power、黒Groundです。
でも、ファミコンは青Power、赤Groundになってしました。何故でしょう?
famicom-dsub-pinassign.jpg

次はコネクタ側です。
D-Sub9ピンのメスはRS-232C用に出回っているので、入手は容易です。
famicom-msx-controller-08.jpg

ピンアサインがサウザー(表裏逆)にならないように気を付けながら、半田付けします。
famicom-msx-controller-09.jpg

引かぬ!媚びぬ!省みぬ!

はいはい。

コネクタカバーを付けて完成です。
famicom-msx-controller-10.jpg

それでは動作確認してみましょう。
PC-6001で使ってみます。

あー、入らない。
PC-8801mkII SRなら端子が飛び出していて、カバーが付いていても刺さるのですが、PC-6001はジョイスティックコネクタが奥にあるので入りませんでした。
famicom-msx-controller-11.jpg

仕方がないのでコネクタ外被ごと取り外して差し込みます。
famicom-msx-controller-12.jpg

おお!
ちゃんと動作しました。
ただ、タイニーゼビウスだとAボタンしか使いませんね。
famicom-msx-controller-13.jpg

この後、PC-8801mkII SRでも確認し、方向・A・B全てボタン操作できました。

これはいいですね。
材料費 1個あたり1000円未満、中学生レベルの工作でMSX互換ゲームパッドが手に入りますから。
しかも、使い慣れたファミコンコントローラなので、ジョイスティックよりも操作し易いですし。

ちなみに、もう一台のファミコンのUコンを開けてみたのですが、基板が違っていました。
見た目は同じでも、ロットによってコントローラの中身は異なるようです。
勉強になりました。
famicom-msx-controller-14.jpg



スポンサーリンク


PCエンジン うる星やつら STAY WITH YOU

PCエンジン うる星やつら STAY WITH YOU です。
pcengine-urusei-01.jpg

Huカードのゲームは結構高値になってしまいましたが、CD-ROMはプレス単価が安いので供給過多なのか、今でも比較的安く入手できます。
pcengine-urusei-02.jpg

当時持っていなかったので、どんなゲームかプレイしてみたのですが…
pcengine-urusei-03.jpg

残念ながらMAGIC ENGINEでは途中で止まってしまいました。
pcengine-urusei-04.jpg

互換ROMではなく純正ROMであればMAGIC ENGINEでも動作するようです。
PCエンジン Dumperを買うか、CD-ROMドライブを修理するしかないようですね。



スポンサーリンク