広告

posted by fanblog

2017年11月14日

壊れたパソコンからデータを取り出す方法

パソコン


パソコンのディスプレイが壊れた、Windowsが立ち上がらない、、、急に使えなくなる事があるパソコンですが、ハードディスクのデータは意外にも簡単に、しかも安く取り出す事が可能です。


パソコンが壊れた時の対処方法




大きくは3つです。

  • 販売店、メーカーに修理依頼
  • 修理業者に修理依頼
  • 自分で処置



部品交換して既存品を使い続けるのか、新しいパソコンを購入してデータだけ移管するのかによっても異なります。

ここでは、破損の度合いが激しく新しいパソコンを買って「データを取り出す」と言うところに主眼を置いてお伝えしていきます。

ちなみに我が家にも動かなくなったパソコンが2台ほど棚に眠っております。もう永い眠りについておられるのでそろそろ処分方法を考えないと…データはすでに取り出し済みですし。

そのパソコンの修理をメーカーにお願いしようとして郵送したのだけど調査の結果、新品購入額より高い金額を請求され修理はしないで送り返してもらいました。郵送費はきっちり取られて損こいた!

また、販売店に持ち込んで聞いてみたらよく分からないとか言いよった。頼りにならん。

と言う状況になり自分で対処せざるを得なくなり家電量販店でパソコン周辺装置を探索していたところ見つけた商品を今回の対処方法でご紹介です。


用意するもの



ハードディスクケース
ドライバー

ハードディスクケースとは、これです↓↓↓↓↓

タイムリー IDE-CASE2.5 BK(ブラック/IDE接続 2.5インチ ハードディスクケース)

価格:690円
(2017/11/9 16:48時点)
感想(0件)




ウチにあるのも同じものです。


データ取り出し方法



  • 壊れたパソコンからハードディスクを取り出す
  • 取り出したHDDを上記ケースに接続
  • 接続したケースのUSBを取り込むPCのUSBに接続
  • 取り込みPCで外付けディスクを認識させる



接続できたら外付けHDDと同じ状態になりますので、あとはフォルダーの中身を確認しながら移行したいデータをドラッグ&ドロップで新PCに移動させる。

はい、終了〜。

1000円以下でできちゃいます。

簡単でしょ!!!

といっても、私の場合、昔から家電や機械の分解癖があり、様々なものを分解してきたので何の躊躇もなく分解してしまったのですが、慣れていないと大変かもしれません。

【今まで分解してきたものの数々】

  • 液晶テレビ
  • ブラウン管テレビ
  • オーディオセット
  • ビデオ
  • 冷蔵庫
  • DVDレコーダー


もちろんパソコンも。良い子は真似しませんように!


作業するときの注意事項



安易に分解すると後で後悔するかもなので下記には特に注意してください。

  • 分解すると機械の保証対象外となる
  • HDDのコネクタピンを傷つけない事
  • ドライバーを回路などに触れない事


ハードディスクをケースと接続する時に、小さいピンをケースにはめ込んで行くことになりますが、無理やりはめようとしてピンを折ろうものならその時点でシューリョーなんて事になりますからくれぐれも注意!

分解以降はあくまでも自己責任です。


そして、不要になったパソコンは壊れたパソコンでも買い取ってくれる業者にご相談です。なお、壊れたパソコンに入っていたHDDはそのままHDDとして使ってもよし、不要なら売却するもよし。売却する際は、データは全部消しちゃいましょう。


壊れたパソコンを買い取ってくれる業者さん






















殆どの業者さんが無料買取、送料無料で対応してくれますので相性の合いそうなところにまずはご連絡してみるか、一斉に連絡して合見積もりを取って一番高いところに買い取ってもらうか。

業者によっても買取基準が異なりますので、じっくり話をしてみて下さい。



繰り返しますが、、、


分解するときは自己責任!!


をお忘れなく。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6940704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。