2021年03月03日

偕楽園でデジタルアート「光の祭」 竹林、梅林照らす


偕楽園でデジタルアート「光の祭」 .JPG
「チームラボ偕楽園光の祭」内覧会の様子(水戸経済新聞)

 日本三名園の一つに数えられる水戸市の偕楽園(かいらくえん)で開かれる「水戸の梅まつり」に合わせた展覧会「チームラボ偕楽園光の祭」が3月1日、始まった。(水戸経済新聞)

 アート集団「チームラボ」が手掛ける同展。1500本の梅林と竹林で人の動きに反応し音や光が伝わるなどの演出を施した作品を展開する。担当者によると「偕楽園そのものにある、陰と陽を生かした演出」という。

 展覧会は県の観光誘客推進事業の一環。新型コロナの感染拡大を受け、開催が約2週間延期となった。国の緊急事態宣言対象地域からの来場は控えるよう呼び掛けている。

 開催時間は18時〜20時30分。観覧料は大人=1,500円、中高生=800円、小学生以下無料。今月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク 3/2 
posted by reire3404 at 11:11| 国内・地域


最新記事



カテゴリーアーカイブ