2020年11月23日

赤や黄金…深まる秋色 神戸の森林植物園や有馬温泉郷


赤や黄金…深まる秋色.JPG
見ごろを迎えた神戸市立森林植物園の紅葉=神戸市北区で 2020年11月18日午後2時42分、木田智佳子撮影(毎日新聞)

 神戸市北区の森林植物園や瑞宝寺公園で、落葉樹の色づきが深まり、訪れた人を楽しませている。紅葉の見ごろはいずれも23日ごろまでという。

 森林植物園では、イロハモミジやドウダンツツジ、メタセコイアなどが赤や黄金に色づいている。30日までは無休で開園し、一部エリアは午後4時半から7時半までライトアップされる(平日は午後6時半まで)。

 有馬温泉郷にある瑞宝寺公園でもイロハモミジなど約2000本が赤や黄色に染まっている。友人らと訪れた稲美町の主婦、三島えみ子さん(76)は「色鮮やかできれい」と喜んでいた。園内では抹茶や団子などの軽食が楽しめる「もみじ茶屋」が29日までオープンしている。

 問い合わせは、森林植物園(078・591・0253)、有馬温泉観光総合案内所(078・904・0708)。【木田智佳子、中田敦子】

毎日新聞 11/21 

posted by reire3404 at 13:19| 国内・地域















カテゴリーアーカイブ
芸能(78)
国内・地域(1550)
広告(42)