2020年11月22日

午後8時までの彩り 自粛ムードの中、イルミネーション始まる 札幌


午後8時までの彩り.JPG
点灯時間と期間を短縮して始まった「さっぽろホワイトイルミネーション」=札幌市中央区の大通公園で2020年11月20日午後4時32分、貝塚太一撮影(毎日新聞)

 新型コロナウイルスの感染拡大で自粛ムードが漂う中、札幌市の冬を彩る「第40回さっぽろホワイトイルミネーション」が20日、中心部の大通公園など5会場で始まった。
歓楽街ススキノでは午後10時以降の酒類提供を控えるなど飲食店に時短要請が出されており、消灯も当初予定を2時間繰り上げ午後8時とした。例年実施している点灯式や大通公園での「ミュンヘン・クリスマス市」も初めて中止した。

 車で通りかかり立ち寄った北海道岩見沢市の介護職員、亀井女江(よしえ)さん(55)は「自粛で家にいると気持ちが暗くなるが、イルミネーションに癒やされた」と話した。【高橋由衣】

毎日新聞 11/20 

posted by reire3404 at 17:21| 国内・地域















カテゴリーアーカイブ
芸能(78)
国内・地域(1550)
広告(42)