2020年09月21日

「元気を出そう。」 光のツリー、例年より1カ月早く点灯 静岡・御殿場


「元気を出そう。」 光のツリー.JPG 静岡県御殿場市神山のリゾート施設、時之栖(ときのすみか)で恒例のイルミネーション「ひかりのすみか」が催されている。新型コロナウイルスの流行が続く中で迎えた今年のテーマは「元気を出そう。」。

 会場は全長が370メートルの「光のトンネル」、もみの木を光で飾った「ツインツリー」などの五つのエリアがある。新エリアの「ツリーの森」は地元の企業や団体がそれぞれ装飾した38個の光のツリーが並ぶ。最高到達点が150メートルの噴水ショーを楽しめる「王宮の丘」、200種4500匹の金魚を展示した「水中楽園」の二つのエリアは有料となる。

 新型コロナ対策で混雑を緩和するため、例年より1カ月ほど早い18日にスタート、来年3月21日まで開催する。イルミネーションは1月11日までが午後10時、その後は午後9時半の終了。【長沢英次】

(写真)拡大
毎日新聞 9/20 

posted by reire3404 at 20:03| 国内・地域









最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30