ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
炭治朗さんの画像
炭治朗
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月15日

東アジアE-1選手権 日本-香港






韓国(釜山)で開催されている東アジアE-1選手権。

日本代表の第2戦 日本対香港戦が14日行われた。

初戦の中国戦から、先発11人を総入れ替えで東京五輪を目指すU-22日本代表メンバーを多く抜擢してのぞんだ。

格下、香港が相手という事もあり5対0の圧勝であった。



前半8分  MF 菅大輝の強烈な左足ボレーで先制。
          (菅はA代表デビュー戦で初得点。)

同14分   FW 田川亨介のヘディングで2点目。
          (田川もA代表初得点。)

同26分   FW 小川航基が3点目。
          (小川もA代表初得点。)

前半終了間際にも小川がこの日、2ゴール目をあげ前半を4対0で折り返した。

後半も13分に小川が3ゴール目をあげハットトリック。(代表デビュー戦でのハットトリックは2010年に平山相太が記録して以来、史上3人目の快挙。)

それ以降は得点こそ無かったが終わってみれば5対0の圧勝である。







今大会は、国際Aマッチウィーク期間ではないため、海外組の召集は見送られ、Jリーグ勢中心としたヤングジャパンで挑んでいるが、ここまでは2連勝で結果を残している。

次は18日にアジア最大のライバル韓国との一戦となる。

勝てば、2013年以来、3大会ぶり2回目の優勝である。

韓国戦といえば、毎回、ヒートアップした激しい戦いが繰り広げられる。

最終戦。死力を尽くして是非とも森保ジャパン初のタイトルを獲得して貰いたいものです。

頑張れ!日本!



人気ブログランキング












2019年12月12日

東アジアE-1選手権 日本-中国





downloadfile.jpg


サッカー「東アジアE-1選手権 日本-中国」戦が12月10日、韓国(釜山)で行われた。

2年に一度、開催されるこの大会。日本代表は3大会ぶりの優勝を目指す。

今大会、日本代表は選出メンバー23人全員がJリーガー。うち14人がU-22世代。

森保一監督は「A代表組とU-22世代の融合」をテーマに掲げ、6人の東京五輪世代がA代表デビューを果たす。


[試合結果]

 試合結果は、日本2ー1中国で、日本代表が初戦を勝ちきった。嬉しい白星発進です。

 得点は

     MF鈴木武蔵(25歳=札幌)がA代表初ゴールとなる先制点。

     2点目はDF三浦弦太(24歳=G大阪)がこれまた待望の代表初ゴール。


 [試合内容]

 両チームともファウルが多く全体的に荒れた印象。

 中国は、フィジカルが強く高さと強さを兼ね備えファウル覚悟で激しい寄せをみせてきた。

 実際にレッドカードでもおかしくないような(というかレッドカードでしょう!)危険なプレイもみうけられた。

 日本は、12月7日のJ1最終節から3日しか経っておらず疲労も残っていただろうし、初顔合わせの急造チームでもあるのでチームとしての意志疎通が余り出来ていないように見受けられた。

 森保監督の、やりたいサッカー。(縦パスからスイッチを入れて複数の選手が絡みあって攻撃するサッカー)がまだ浸透していない印象でした。

 まあ、これは急造チームなので仕方がないところで、今後、試合を重ねていくうちに修正されていくでしょう。

 初戦、白星とれたのでOKですね。


 次戦は、14日の香港戦。個人的には、エース番号10をもらった仲川輝人(27歳=横浜F.マリノス)がみてみたいです。

 頑張れ!日本代表!日本代表応募します!



人気ブログランキング








 









×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。