広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年08月30日

Review27. 整形外科手術 後療法ハンドブック 改訂第4版( 2003 )












整形外科手術後療法ハンドブック





この書籍は、


整形外科領域の手術後の後療法について、

 概略がつかめるようにまとめられている書籍はないか?



と、

探していた時にみつけた書籍です。






第4版は2003年版の書籍ではありますが、

整形外科領域の手術後の、

後療法についての

一般的な知識の学習の補助としては

役に立つのかもしれません。


* 注:後療法に関しては、
    手術方式や施設間の
    プロトコルには違いがあると思いますので、
    書籍情報からだけではなく、
    その都度、臨機応変な対応が必要と思われます。
  





Amazonで詳しくみてみる:














[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog




Review26. 臨床で毎日使える 図解 整形外科学検査法













臨床で毎日使える図解整形外科学検査法





この書籍は、


整形外科領域に関する検査法について、

 その都度確認できるように

  まとめてある書籍はないか?



と探していた時にみつけた書籍です。





頸部領域から下肢までについての

徒手的な検査法が、

写真や図を用いて説明されており、

疑問を持った時などに、

適宜、

確認できる書籍ではないかと思います。


この書籍の価格・レビューなどを比較する














[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog








Review25. 認知コントロール 認知心理学の基礎研究から 教育・臨床の応用をめざして










認知コントロール―認知心理学の基礎研究から教育・臨床の応用をめざして





この書籍は、


「 注意機能、ワーキングメモリ、ストループ課題 」


などに関して、

知見を深めたいと

思った時にみつけた書籍です。





巻頭の部分は、

はじめから読み進めることが出来たのですが、

各論の内容は、

読み進めるのに難渋しました。






末巻には、

日本語用語解説索引のページがあり、

そのページで用語に少しずつ慣れながら、

読み進めるのに必要な

前提知識を身につけながら

読み進めました。






最近のリハビリテーション領域の

歩行に関連する文献では、

転倒予防のための

同時課題( Dual Task )に関する研究を

みかけるような気がします。





転倒予防に興味のある方の場合は、

同時課題についての知見をさらに深めたい場合に

なにかしらの

参考になるのではないかと感じました。





また、

高次脳機能領域に興味のある方の場合は、

認知課題などの難易度設定や、

その考え方を深めるのに

参考になるのではないかと感じました。





個人的には、


ストループ課題


に関して、

臨床との接点を

考えさせられるきっかけとなった書籍です。






この書籍の価格・レビューなどを比較する









[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


Review24. 小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか













小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)






小脳に関しては、

日本の基礎研究文献を

よく見かけるような気がしますが、


小脳の解剖から、その機能、

 リハビリテーションなどがまとまった書籍はないか?




と探していた時に


小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか


の書籍をみつけました。








2013年に刊行されている書籍なのですが、



・ 小脳の解剖・機能局在・可塑性と運動学習

・ 小脳機能の最新の評価法

・ 高次脳機能障がい

・ リハビリテーションの進歩

・ ロボット工学の臨床応用




など幅広く取り上げられており、

最近の知見を一望するのに

活用させていただきました。







この書籍を読むまで、

認識できていなかったこととして、


頭頂葉性運動失調


に関してでした。






神経経路の

投射繊維なども考慮した上で、

考察することの大切さを

認識させていただきました。









小脳に関する最近の知見が

まとまった書籍を探している方や、

その運動失調をはじめとした

小脳関連のリハビリテーションの現状の把握、

など

もう一歩、

運動失調や小脳のことについて深めたい方には、

参考となる書籍ではないかと感じました。







この書籍の価格・レビューなどを比較する










[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog




Review23. 脳科学と理学療法 理学療法MOOK 16











脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))





この書籍は、

2009年に刊行された書籍なのですが、

刊行当時、

医学書店で見かけた時には、


脳科学的な知見を

 いかそうとする時代なのだなあ





漠然と考えたことを思いだします。






作業療法に関係する

脳科学をテーマとした同様なタイトルには、


作業療法と脳科学 2011年6月増刊号vol.45No.7

Amazon:



があり、

2011年の特集となっているようです。





今回書評させていただく、


脳科学と理学療法 理学療法MOOK 16


では、


 @ 基礎編

 A 研究編

 B 臨床編



に別れています。






@ 基礎編 では


その当時の、

脳に関連する知見がまとまっており、

基礎的な面から学習したい場合には

役にたつのではないかと思います。





この書籍では


運動錯覚


についても記載されており、

その当時としては、

興味深く読ませていただき、

参考とさせていただきました。





A 研究編 では、


脳機能イメージング装置( fNIRS,fMRI,PET,MEG,TMS )についての

原理や、利点と欠点などをまとめていただいており、

研究を志す方にとっては、

参考になるのではないかと思います。




B 臨床編 では、


・ 認知理論 

・ 運動学習 

・ 運動イメージ

・ 片麻痺 

・ 失調症 

・ 失行 

・ 半側空間無視

・ パーキンソン病 

・ 痛み



などについて考察されており、

考え方の参考になるのではないかと思われます。






この書籍の価格・レビューなどを比較する

Amazonで詳しくみてみる:

楽天で詳しくみてみる:











[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog






2014年08月29日

Review21. 片麻痺回復のための運動療法―促通反復療法「川平法」の理論と実際










片麻痺回復のための運動療法―促通反復療法「川平法」の理論と実際









この書籍は、

脳血管障がい後の、

上肢や下肢などの運動麻痺に対する

運動療法(促通反復療法 川平法

について書かれている書籍です。




この書籍は、

第1版の時に手にしました。




神経可塑性の知見を

端的にまとめて記載していただいており、

よく参照させていただきました。




この記事で、

リンクを設定させていただいているのは、

第2版であり、DVDが付属されているのですが、

第1版の時には、

写真を主体として方法などが提示されており、

何度も読んで理解を促す必要がありました。




第2版のDVDを見ると、

実用的な方法を動画で提示していただいており、

第1版に比べると理解がしやすくなっていると感じました。






運動療法
に関する、

手技や考え方は、

様々な方法があるようですが、

個人的なこの書籍とのつきあい方として、



 @ 神経可塑性の知見の学習・復習

 A 徒手的な運動療法全般に対する、
  
   効率的な体の使い方( 支援者・被支援者 )




等について

参考とさせていただいています。






人によっては、

書籍の内容や手技に、

難しさを感じる方も

多いかと思われます。



個人的な見解としては、


 @ 運動を誘発させやすくさせるための諸理論
   実技面に関して体系化していただいている

     ー 運動を誘発させやすい反射、姿勢など

     ー 効率性や、安全性( 支援者・被支援者 )を考慮した実技


 A 誘発させたい運動を繰り返す

     ー 神経可塑性の知見を背景として

     ー 介助運動 → 自動介助運動 → 抵抗運動


等とシンプルに考えれば、

書かれている内容の理解が

より進みやすいのではないかと感じました。








この書籍の価格・レビューなどを比較する
















[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog













2014年08月24日

Review20. アクション( 神経心理学コレクション )











アクション (神経心理学コレクション)







この書籍は、

運動関連領野( 運動野・運動前野・補足運動野など )

に関連する

学習をしようと思った時に

手にした書籍です。





この書籍を読むまでは、


帯状皮質運動野


とよばれる領域があることを

知らずにいたので、

そのことに関しても

知見を深めることに役に立ちました。






書籍の構成としては、

主に、

対談形式ですすめられています。







大脳生理学研究者の観点で


大脳皮質の運動関連領野の働き


について考察がされており、

難しく感じやすい内容ではありますが、

対談に参加しているかのような感覚で

読み進めることができました。







読んですぐに

臨床の役に立つ部類の

書籍ではないかもしれませんが、

運動関連領野の機能に関して、

さらに深めたい場合には、

役に立つような

書籍ではないかと思いました。





この書籍の価格・レビューなどを比較する


            










[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog






Review19. 脳卒中理学療法の理論と技術













脳卒中理学療法の理論と技術





この書籍は、

脳血管障がい領域に関連する、


解剖生理学の知識・病態と治療、
 
 評価の知識・理論と理学療法



など

についてまとめられている書籍です。





読んでいて感じることとしては、

脳周辺の神経繊維の経路の視点を、

MRI画像などを利用しながら、

見やすいように提示して下さっているので、

神経繊維の経路を考慮しながら、

症状などを考察する場合に

役に立つ書籍

ではないかと感じています。






その他にも、


脳の可塑性と運動療法


についてまとめられていたり、

脳血管障がい後に生じやすい、


痛み


に関しても、

解剖学的な視点を考慮しながら

説明がされており、

書籍全体の内容からは、

理学療法

作業療法などの職種にとらわれず、

役に立つ内容ではないかと感じました。





この書籍の価格・レビューなどを比較する

Amazonで詳しくみてみる:

楽天で詳しくみてみる:



















[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog










2014年 | リハビリ関連英文献のピックアップ









このページでは、

2014年の

リハビリ領域に関連しそうな英文献

少しずつピックアップしていこうと思います。








脳神経系のリハビリテーションに関して




右向き三角1︎ 上肢運動麻痺

・タイトル:Community-Based Exercise for Upper Limb Paresis
           : A Controlled Trial WithTelerehabilitation

 雑誌名など:Neurorehabil Neural Repair
       September 2014 28: 611-620 Francesco Benvenutiら
 コメント:脳血管障がい後の、上肢運動麻痺に関連する、
       長期的な支援の現状の参考になるのかもしれません。 



右向き三角1︎ 下肢運動麻痺

・タイトル:Modular Ankle Robotics Training in Early Subacute Stroke
                 : A Randomized Controlled Pilot Study

 雑誌名など:Neurorehabil Neural Repair
       September 2014 28: 678-687 Larry W. Forrester ら
 コメント:脳血管障がい後、下肢運動麻痺に関連する、
      ロボットを利用した支援の参考になるかもしれません。









[ スポンサードリンク ]
















右向き三角1訪問リハビリテーション関連

・タイトルなど: A Randomized Controlled Trial of Home Rehabilitation of Older Adults
        2012年から進行中の臨床研究  Frode F. Jacobsenら
 サイト名など:ClinicalTrials.gov
 コメント:訪問領域の評価や、研究デザインなどについて参考になるかもしれません。












                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog







右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1ロボット・アプリケーションの現在とリハビリテーション


右向き三角1リハセラピストのためのアプリプログラミング講座


右向き三角1医学・リハビリ | スマホ(Android・iOS)アプリ


右向き三角1ResearchKitとiPhoneアプリ開発 | 医学・リハビリ研究の可能性


右向き三角1アルツハイマー型認知症とココナッツオイル関連文献


右向き三角1荏胡麻油(エゴマ油:Perilla Oil )関連の文献・論文


右向き三角1リハビリ関連用品などのページ 低周波・高次脳機能バランサー等


右向き三角1コミュニケーション型セラピーロボット・人形関連などのまとめ


右向き三角1聴診器・聴診関連本 特集


右向き三角1打腱器・打診器 特集 


右向き三角1パルスオキシメータ・酸素飽和度モニタ 特集 


右向き三角1介護用品・用具の通販関連の情報


右向き三角1リハビリ型デイサービス開設・介護請求ソフト関連情報


右向き三角1LINEスタンプ作成 | リハセラピストと副業・サイドビジネス


右向き三角1法人・個人事業主(フリーランス)向けのETCカード情報










2014年08月23日

Review18. ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム













ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム






この書籍は、

出版された当初、

偶然、

棚に並べられるところに遭遇したため

知ることになった書籍です。






書籍の中では、


フォーカルハンド・ジストニア 」 


という症状について

取り上げられており、

初めてこの症状のことを

認知するきっかけとなりました。





この


フォーカルハンド・ジストニア


と呼ばれる症状に対する、

見方を学習するだけでも、

脳に関する学習の知見や、

神経核 の機能等に関する知見を

学べるのではないかと思います。







自分自身、

リハビリ領域の専門書のみでは、

しばらくは、

出会うことがなかったかもしれない視点を

えられた書籍であり、

参考になりました。







関連する領域の文献も記載されており、

「 演奏家 」や

演奏技術の基礎知見 」

「 運動学習 」、

「 演奏家がなりやすい症状 」、

「 音楽に関する科学的な視点 」に興味のある方の場合、

その領域の基礎的な内容を理解する補助として、

役に立つ書籍ではないかと思います。







おそらく日本では、
( 自分自身の不勉強かもしれませんが )

あまり認知されていないかもしれない領域であり、

今後の発展により、

より良い支援・治療方法

確立されてこればいいと感じます。






この書籍の価格・レビューなどを比較する

右向き三角1︎ Amazonで詳しくみてみる:

右向き三角1︎ 電子書籍Kindleストアで詳しくみてみる:

右向き三角1︎ 楽天で詳しくみてみる:














[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog






PT/OT人材バンク | PT・OT・ST求人


検索
最新記事
サイトポリシー/免責事項
RehaBookReviewさんの画像
RehaBookReview
プロフィール
姉妹サイト
RehaPockke|リハポッケ.png
RehaPockke | リハポッケ
リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。


[ スポンサードリンク ]



メニュー | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


サイトマップ

プロフィール・サイトポリシー・免責事項

TOPページ

コンテンツ(一覧)

リハビリ新刊書籍

リハビリ本の書評

ニュース

トピックス

医療・介護系求人

ー PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較 更新♪

タグクラウド
QRコード
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。