広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年02月23日

Review22. リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント

















リハビリテーション臨床のための脳科学 〜運動麻痺治療のポイント







キーワード
:リハビリ臨床のための脳科学 評価 書評 運動麻痺治療




この書籍は、

脳血管障がい後の、

上肢や下肢などの運動麻痺の治療について、

書かれいる書籍です。




「 一般的な脳領域の各部位や、

  神経ネットワーク等の傾向の概略のイメージ

  は出来はじめてきたが、さらに深めて

  脳科学( 神経科学 )的な知見を利用しながら、

  臨床実践と結びつけようと考察されている

  書籍はないか?」



と探していた時にみつけた書籍です。





この書籍は、

あまり脳領域について今まで関わっていない方の場合、

難しく感じる本ではないかと思います。





一般的にいわれている、

各脳領域の機能の傾向や

注意機能、感覚野、運動関連領野について

概略が把握できじはじめてから読み始めると、

より理解が促されやすいのではないかと思います。






この書籍との個人的な関わりとしては、

実際に、

紹介していただいている実例を

そのまま取り入れるのではなく、

あくまで考え方の一つとしての

参考にさせていただきながら、


 @ 声かけや注意・意識の向け方の違いにより、
   おそらく推測されるであろう脳活動状態
  ( 文献的に研究発表されている脳活動状態 )

 A 脳画像や主観・客観的な状態などから、
   おそらく推測されるであろう脳活動状態
  ( 文献的に研究発表されている脳活動状態 )


などの、

「 現状の状態 」



「 文献的に研究発表されている内容:脳活動状態 」の

結びつきのイメージをつける補助として、

参考にさせていただきました。





現在、

多くの脳科学( 神経科学 )的な

基礎研究などの知見は、

インターネット環境を利用すれば、

無料で閲覧できるように

なりつつあるように感じます。
( その中でも多くの英雑誌は
 アブストラクトは無料、全文閲覧は有料 )





莫大な量の文献を効果的に利用するための、

考え方の1つの補助として、

参考になる書籍ではないかと感じました。






この書籍の価格・レビューなどを比較する






右向き三角1Amazonで商品詳細を見る:

右向き三角1楽天で商品詳細を見る:

右向き三角1セブンネットショッピングで商品詳細を見る:

 リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント


右向き三角1Yahoo!ショッピングで商品詳細を見る:

 リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント/富永孝紀/市村幸盛/大植賢治


右向き三角1ポンパレモールで商品詳細を見る:

 本/リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント/富永孝紀/市村幸盛/大植賢治
 

右向き三角1丸善&ジュンク堂ネットストアHONで商品詳細を見る:

 リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント


右向き三角1紀伊國屋書店ウェブストアで商品詳細を見る:

 リハビリテーション臨床のための脳科学―運動麻痺治療のポイント 富永 孝紀/市村 幸盛/大植 賢治/河野 正志【著】


























[ スポンサードリンク ]







右向き三角1ジュンク堂書店

 :総在庫数200万冊




右向き三角1紀伊國屋書店 ウェブストア


















                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog





右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角12015年 | リハビリ関連書籍の新刊 


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1リハセラピストのためのアプリプログラミング講座


右向き三角1医学・リハビリ | スマホ(Android・iOS)アプリ


右向き三角1医師の転職・求人・アルバイト求人サイト比較


右向き三角1PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較












2014年12月04日

Review49. 快楽の脳科学「いい気持ち」はどこから生まれるか











快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス)







この書籍を読むまでは、


高次脳機能


という言葉は知っていたのですが、


低次脳機能


という言葉で、

脳の機能など説明されていることも

あることを知りませんでした。




また、

本書の40ページで紹介されている

低次脳機能研究会(略称:低脳研)

という研究会があることも知りませんでした。




この書籍で登場する、

「 低次脳機能 」というのは、

脳幹から大脳辺縁系の機能に関連することの総称として

この言葉が使われているようです。



対する

「 高次脳機能 」というのは、

大脳新皮質の連合野の機能だったり、

思考、言葉、判断、理解、推理、空想などと言った事の

総称として、高次脳機能というものが使われているようです。



報酬系や、人の欲望、恐怖・快楽、

各種精神症状(陽性症状、幻覚など)と関連させながら、

神経メカニズムなどについて説明されており、

勉強になりました。



高次脳機能 」と「 低次脳機能 」という

枠組みで、

人の快楽について考えてみたい場合、

参考になる書籍ではないかと思いました。




報酬系、人の欲望、各種精神症状などに関心のある方の

場合、

神経メカニズム的な視点で、

解説がされており、

参考になるのではないかと思います。



この書籍のレビューや価格等を比較してみる
右向き三角1︎ Amazonで詳細を確認してみる:


右向き三角1︎ 楽天で詳細を確認してみる:













[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog









2014年11月12日

Review47. 学習と脳 器用さを獲得する脳












学習と脳―器用さを獲得する脳 (ライブラリ脳の世紀:心のメカニズムを探る)




キーワード
:学習 脳 リハビリ ミラーニューロン キャノニカルニューロン 芸術
 楽器演奏(ピアノ・アコギ・オーボエ) 水彩画 写真 DVD教本





この書籍は、


脳とリハビリテーション・学習、各運動領野の知識や、

 運動学習理論などについて深められる書籍はないか?



と探していた時にみつけた書籍です。




当時、脳と運動・リハビリテーションに関連する文献を、

文献検索サービスや、検索システムを利用し、

猟集していたのですが、

神経系リハビリテーションに関連する

文献(特に英文献)が、増えてきており、

その知識をまとめて処理するために、

適宜復習できるような書籍はないかと、

探していました。





学習と脳―器用さを獲得する脳 」の書籍を、

みつけて、購入したのは、

2009年なのですが、

この書籍自体は、2007年に刊行されていた書籍のようです。






はじめて、

この書籍を読んだときは、

個人的な感覚ですが、

ちょうど詳しく知りたかったことも載っており、

とても驚いたことを覚えています。




脳神経科学的な基礎的なこと以外にも、

リハビリテーションとの兼ね合いも、

当時としては、

試行錯誤段階だとは思いますが、

脳神経科学的な知見をリハビリテーション

活かそうとしようとする試みを読みながら感じました。





書籍全般を通して、

器用さのメカニズム 」に関して、

多くの文献を引用しながら、

考察されているのですが、

身体部位を基準とした空間座標の運動

座標表現と頭頂連合野・頭頂ー前頭野投射関係

頭頂連合野の座標情報と運動関連性

・ 運動前野(背側運動前野・腹側運動前野)の

 機能のと到達運動課題

・ 補足運動野の順序処理

・ 自発的な順序動作や、

 視覚指示信号にもとづいた順序動作

・ 帯状皮質運動野の機能
(尾側帯状皮質運動野・吻側帯状皮質運動野)


・大脳基底核の学習機構の知見

・小脳の運動学習 など



運動を実施する際の、

脳内現象を考察・推測する上では、

役立つような情報を

まとめていただいているのではないかと思います。




また、

@ 適応的運動学習

A 連続的運動学習

といった

運動学習の2つのタイプについても、

説明がされています。



個人的には、上記の運動学習の2つのタイプの考え方に加え、

「 運動学習早期の段階の脳活動 」や

「 運動学習の自動化の段階における脳活動 」などの、

知見を考慮しながら

脳神経系になにかが起こった際の

運動麻痺や、各種失行(道具使用障がいなど)などの、

高次脳機能障がいの症状や、

画像情報や観察から推測される、

残存機能を考える上で、

適宜、

この書籍でまとめていただいている、

基礎研究知見や、

運動学習理論などを、

読み返しながらら学ばせていただきました。





この書籍や、

当サイトで、書評させていただいた



右向き三角131. 運動学習理論に基づくリハビリテーションの実践


右向き三角123. 脳科学と理学療法 理学療法MOOK 16


右向き三角122. リハビリテーション臨床のための脳科学 運動麻痺治療のポイント


右向き三角121. 片麻痺回復のための運動療法―促通反復療法「川平法」の理論と実際


右向き三角120. アクション( 神経心理学コレクション )


右向き三角119. 脳卒中理学療法の理論と技術



等の知識を合わせて学習しながら、

脳神経系の何かしらの損傷後の、

実際の臨床所見や、その後の変化・経過などを、

見させていただく中で、

それぞれの方々で、

漠然とした、

「 運動 」と「 認知活動 」の関連性や、

脳損傷部位と運動麻痺の傾向などが、

みえてくるのではないかと思います。






この書籍のレビューや価格等を比較してみる
右向き三角1︎ Amazonで詳細を確認してみる:

右向き三角1︎ 楽天で詳細を確認してみる:












上記の書評・レビューで書かさせてい頂いた事柄などは、

実際に、後天的などで、

脳に何らかの損傷が起こってしまった方の支援に

携わらさせていただく場合、

脳画像や、実際の臨床所見などの情報もあわせながら

運動麻痺や、各種高次脳機能障がいなどを推測したり、

残存されているであろう機能を推測していく上では、

脳の学習・運動学習に関する知識があると、

知識が無い場合と比べると、

考察の幅がひろがりやすく、

支援を進める上で参考になるのではないかと思いますが、



しかし、

一般的に、

自分自身の余暇活動や、

趣味などに関連付けて見ると、

上記のような細かい知識はそれほど必要ないのかもしれません。




多くの臨床家は、

リハビリメニューの等の難易度設定(段階付け・シェーピングなど)

を試行錯誤されながら、

創意工夫されて、

日々最善のサービスを提供されていらっしゃるかと思います。




今までの経験を通して感じることの1つとしては、

領域特異的な活動、

例えば、


・ ピアノ・ギター演奏、各種楽器

・ 絵画・描画

・裁縫

・その他趣味や余暇活動などのアクティビティ


などは、

すでに、

多くのその道の専門家(例えば、ピアノなどの教師・講師・研究者など)

によって、

初学者・初心者が学習しやすいように

難易度設定がある程度、

体系化されているように感じます。


そういった情報も、

学びなが参考にさせていただくことで、

基本動作以外の、応用的な活動に対する

段階付けのバリエーション、教示方法(見本の提示方法)、

フィードバックの方法(賞賛など)など

の参考になるのではないかと感じます。






以下には、学習つながりで、

アート・芸術関連の初心者向け学習教材をまとめておこうと思います。

どなたかの学習のきっかけとなれば幸いです。


公式サイトで確認していただけると感じていただけると思うのですが、

どの教材も、

初心者の方にやさしい構成を考えていただきながら、

作っていただいているのだと思います。





@ ピアノ教室には小さい頃通わなかったけど、

  大人になってピアノが弾きたくなった方や、


A  憧れのアコースティックギターの

  練習をなにからはじめていいか

  分からない方、


B オーボエの音色が好きで、

  自分でもオーボエを演奏してみたいけど、

  オーボエの学習教材を探すのに

  困っている方、


C 水彩画をはじめたいけど、

  教室に通うのは恥ずかしいので

  自宅で自分のペースで、
 
  水彩画のコツを学習
 (スケッチ・風景・水彩画の塗り方など)

  できるような

  学習教材を探している方 





などの参考になる教材ではないかと思います。





脳と学習に関して学んでいくと、

実際に他者が何かを行なおうとしている時に、

観察者の脳内で「 ミラーニューロン 」

「キャノニカルニューロン」が活動する知見や、


ミラーニューロン




ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)




脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))


 など参照


アクションオブサーベーションセラピー・観察学習などの

知見も散見されており、

運動などの学習を進める上で、

手本・見本となる、

教師・指導者・教材などは、

学習する方にとって分かりやすい方法で、

手本を提示することで、

より学習が円滑に進みやすいのではないかという

知見も徐々に出てきているように思います。




以下に、あげさせていただく、


 ・ピアノ演奏

 ・アコースティックギター演奏

 ・オーボエ

 ・水彩画


などは、子供の頃から教室などに通い、

習って実施していた方にとっては、

比較的その活動自体は、大人になっても、

人並み以上にできやすいとは思いますが、

大人になってから、はじめて

ピアノ・アコースティックギター・オーボエなどの楽器演奏、

水彩画などの絵画を

始める場合、

何も分からない状況では、

学習が不効率になり、

失敗体験を重ねることで、

その活動の習得が難しくなりやすいことが予想されるのではないかと

思います。




この記事を読んでいただいている方の中で、

ピアノ演奏、アコースティックギター演奏、オーボエ演奏、水彩画などに

関心のある方がいらっしゃいましたら、

一度リンク先の公式サイトで、

自分にとって分かりやすい内容なのか、

見ていただき、

検討していただければと思います。





各教材の公式サイトでの、説明や写真などを

見させていただいて感じることとしては、

パソコンなどのコンピュータの性能の向上もあり、

学ぶ方が、分かりやすいように編集できる、

画像技術などが進歩している点や、

高速回線のインターネットの普及により、

このような学習教材などの情報を、

調べようと思えば比較的簡単に、

情報収集できるようになり便利な時代になっていると感じます。






自分自身も、楽器演奏は、

個人で楽しむ程度に実施していますが

ギターやピアノなどを自分で学び始めるにあたって、

いったいどうすればいいのか、

情報を探すのが大変だった記憶があり

こういったまとまった教材を学習をはじめる段階で

しっていれば、

学習教材などを探す手間が省けたのではないかと感じます。







ピアノ教材:30日でマスターするピアノ教本3弾セット





右向き三角1教材の詳細はこちら
 :【30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】







アコースティックギター教材:30日でマスターするギター講座 教本&DVD





右向き三角1教材の詳細はこちらから
 :30日でマスターするギター講座 教本&DVD







オーボエ教材:オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座 3弾セット




オーボエは世界で一番難しい
木管楽器としてギネス・ワールド・レコーズに掲載されているようです。
               * ウィキペディア:「オーボエ」参照

右向き三角1教材の詳細はこちらから
 :プロが教えるオーボエ上達講座






水彩画教材:水彩画講座 3弾セット(色塗り編・デッサン編・応用編)






右向き三角1教材の詳細はこちらから
 :簡単3ステップの水彩画講座





一眼レフカメラ撮影に関する教材もあるようですので、

掲載しておきます。

一眼レフカメラ上達講座 カメラ講座3弾セット(人物撮影編・風景撮影編・物・花撮影編)





右向き三角1教材の詳細はこちらから
 :一眼レフカメラ上達講座
















[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog



2014年10月03日

Review42. 新・脳と心の地形図 ビジュアル版 思考・感情・意識の深淵に向かって










ビジュアル版 新・脳と心の地形図






この書籍では、

脳に関する知見を、

カラーイラストなどを用いて説明されています。




テーマとして、


・ 右脳と左脳

・ 大脳辺縁系

・ 感情

・ 記憶

・ 意識


などについて触れられています。






この書籍では、

大脳辺縁系・ドーパミンなどと、

トゥレット症候群
、強迫性障がい、

飢え、依存症、人の基本的欲求、

などのことについて学ぶ上で

参考にさせていただきました。






読み進めていく上で

この書籍の特徴として感じたこととしては、


人の感情・快楽


に関連する

説明に触れられている点が、

目に留まりました。







1990年から2000年は、

アメリカでは


「 脳の10年 」


と認識されているようですが、

将来、

現在の脳に関連する知見が

どのような捉え方でみられるのか考えてみるのも

面白いかもしれません。




感情・意識などの脳に関連する

近年のトッピックスを、

カラーイラストを利用しながら、

説明されており、

脳のことについて学ぶ入門書として

参考になるのではないかと思いました。








この書籍のレビューや価格などを比較する

右向き三角1︎ Amazonで詳細を確認してみる:



右向き三角1︎ 楽天で詳細を確認してみる:

















[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog



タグ:脳神経系

2014年10月02日

Review41. シリーズ移動知 第4巻 社会適応 発現機構と機能障害










(シリーズ移動知) 第4巻 社会適応 発現機構と機能障害





この書籍は、

平成17年度から、5年間のプログラムとして、

文部科学省科学技術研究補助金特定領域研究


身体・脳・環境の相互作用による

 適応的運動機能の発現

 −移動知の構成論的理解−


(略称:移動知)


の研究成果の一部をまとめたものです。





移動知( Mobiligence )の一連の研究について、

259ページの


あとがき


のところでは、




- 以下引用 -

神経生理学などの生物学の方法論と、

ロボティクスなどの工学の方法論を

融合させ、

動的な生体システムモデルを構成するという。

構成論的・システム論的

アプローチによって、

その解明を図ることを目的として研究が行なわれた



出典
:(シリーズ移動知) 第4巻 社会適応 発現機構と機能障害
あとがき:259ページ


と説明があります。







この書籍では、


社会適応

について考える上で、

コオロギ、シロアリといった生物を題材に、

群ロボットシステムのことについて触れられていたり、

鳥のコミュニケーションなどについても触れられています。





また、

人に関しては、


・ 他者理解

・ 統合失調症

・ 自閉症


に関して触れられています。







「他者理解 」「 統合失調症」「自閉症 」

といったことに関して、

脳との関連についての知見の説明が書かれており、

個人的には、

「 他者理解 」「 統合失調症」「自閉症 」

などの神経メカニズムに関して、

学習する上で、

参考にさせていただきました。






社会性、心の理論

統合失調症、自閉症、応用行動分析、

などに関して、

関心のある方にとっては、

役に立つ書籍ではないかと感じました。





この書籍のレビューや価格などを比較してみる

右向き三角1︎ Amazonで詳しく見てみる:

右向き三角1︎楽天で詳しく見てみる:















[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog



2014年09月27日

Review40. デカルトの誤り 情動、理性、人間の脳










デカルトの誤り 情動、理性、人間の脳 (ちくま学芸文庫)






ソマティック・マーカー仮説

とういう言葉を、

聴いたことがあるでしょうか?



高次脳機能領域に関心のある方は、

この


ソマティック・マーカー仮説




既にご存知の方も

いらっしゃるのではないかと思います。






神経心理学的な知見や、

神経心理学的検査などを学ぶにつれて、

知能的な側面や、評価に関しては、

神経心理学的検査などの検査値などで、

定量化や、

把握のしやすさはあるかもしれませんが、

意思決定や、

社会的側面などに関しては

把握のしにくさを感じやすいのではないでしょうか。










自分なりに、

この書籍の全般的な傾向をまとめると、

「 情動( 感情 ) 」と「 理性( 知能 ) 」、

そして身体(内蔵反応も含む)、

人が何らかの意思決定をする際に、

これらの相互作用などに関しての、

著者の洞察が書かれているよう思います。





383ページには


現代神経生物学と医学の理念


という項目があり、

西洋医学を考える上で、

興味深く読まさせていただきました。






文庫版で400ページ近くあり、

脳に関連する専門用語も多数でてくるため、

高次脳機能領域に関心のないかたにとっては、

読むのは大変ではないかと思います。






高次脳機能領域に関心のある方で、

ギャンブリング課題への興味や、

「 社会性 」、「 意思決定 」、「 直感 」、「 前頭葉腹内側部 」

等といったキーワードに関心のある方にとっては、

基本的な知識として、

体系的に、

ソマティック・マーカー仮説を学ぶ上では、

学習の補助になる書籍ではないかと思います。






また、

この書籍では、

1848年にアメリカのヴァーモントで起きた、

爆発事故により、

鉄棒が頭に貫通してしまった事例の話も紹介されています。






一般的な知能的側面だけでなく、

人格、情動といった側面に関心のある方にとっても、

多角的に症状などを考察する上で、

参考になるのではないかと思います。









この書籍のレビューや価格などを比較する

● Amazonで詳細を確認する:


● 楽天で詳細を確認する:









[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog








2014年09月08日

Review31. 運動学習理論に基づくリハビリテーションの実践










運動学習理論に基づくリハビリテーションの実践






この書籍は、


運動学習の知見に関して

 まとまっている書籍はないか?



と探していた時に

みつけた書籍です。




運動学習理論というと、

少し構えてしまう方もいるかも知れません。





運動学習というカテゴリーに関しては、

文献によっては、

一般的な運動療法全般に対してのくくりとして、

記述されていることもあるように感じます。




この書籍のいうところの

運動学習理論は、

「 神経機構 」や「 運動スキルの習得」に

関連する事柄などに関してのようです。





内容としては、

大きく「 理論編 」と「 実践編 」に別れています。

理論編では、

運動学習に関連する



「 動機付け 」「 顕在学習 」「 潜在学習 」「 記憶と運動学習 」

「 大脳基底核の神経回路 」「 小脳の神経回路 」




などの神経機構についてまとめられており、

運動療法を考える上で、

その神経回路やその神経活動などとの

関連について参考とさせていただきました。





実践編では、


基本動作


から


手工芸(折り鶴)


まで

幅広く取り上げられており、

神経機構と運動療法の段階付け などを考察する上で、

参考となるないようではないかと感じます。





個人的には、

理論編の内容を主に参考とさせていただきながら、

他文献などの内容を取り入れさせていただきながら、

神経機構的な視点での

考察方法を学ばせていただいたように思います。




2008年の刊行の書籍ではありますが、


小脳・大脳基底核に関連する神経機構




運動学習に関連する知見




体系的に学ぶ

土台づくりや、

リハビリテーションとの関連などを学習する上で

参考になる書籍ではないかと思います。








この書籍の価格・レビューなどを比較する

右向き三角1︎ Amazonで詳しく見てみる:

右向き三角1︎ 楽天で詳しく見てみる:








[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog







2014年09月03日

Review29. リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ










リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ―応用行動分析で運動療法とADL訓練は変わる





この書籍では、

応用行動分析学的な視点を用いながら、

運動療法やADL支援などについて考察がされています。



この書籍を読んでいて感じることとしては、

臨床経験豊富で、

関わる方のモチベーションを高められる方の「 接し方 」を

学問的に、

体系立ててまとめていただいているのではないかと感じます。




個人的には、


接し方


の面で

よく参考にさせていただきました。







見通しを与える基準値


として、

現在、報告されている研究結果などとも関連付けながら、

説明させていただいたり、

考察する視点の重要さも

学ばせていただきました。






応用行動分析学、認知行動療法、

SST( ソーシャルスキルトレーニング )、

強化学習、報酬学習

など様々な分類方法はあるかとは思いますが、

共通するものは

同じではないかと感じます。








接し方


に関して悩んでいる方にとっては、

何かしらのヒントが得られる

書籍ではないかと思います。



この書籍の詳細をみてみる




[ 関連書籍 ]

リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ―応用行動分析で運動療法とADL訓練は変わる




この書籍の価格・レビューなどを比較する

● Amazonで詳細をみてみる:

● 楽天で詳細をみてみる:











[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog








2014年08月30日

Review25. 認知コントロール 認知心理学の基礎研究から 教育・臨床の応用をめざして










認知コントロール―認知心理学の基礎研究から教育・臨床の応用をめざして





この書籍は、


「 注意機能、ワーキングメモリ、ストループ課題 」


などに関して、

知見を深めたいと

思った時にみつけた書籍です。





巻頭の部分は、

はじめから読み進めることが出来たのですが、

各論の内容は、

読み進めるのに難渋しました。






末巻には、

日本語用語解説索引のページがあり、

そのページで用語に少しずつ慣れながら、

読み進めるのに必要な

前提知識を身につけながら

読み進めました。






最近のリハビリテーション領域の

歩行に関連する文献では、

転倒予防のための

同時課題( Dual Task )に関する研究を

みかけるような気がします。





転倒予防に興味のある方の場合は、

同時課題についての知見をさらに深めたい場合に

なにかしらの

参考になるのではないかと感じました。





また、

高次脳機能領域に興味のある方の場合は、

認知課題などの難易度設定や、

その考え方を深めるのに

参考になるのではないかと感じました。





個人的には、


ストループ課題


に関して、

臨床との接点を

考えさせられるきっかけとなった書籍です。






この書籍の価格・レビューなどを比較する

Amazonで詳しくみてみる:

楽天で詳しくみてみる:










[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


Review24. 小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか













小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)






小脳に関しては、

日本の基礎研究文献を

よく見かけるような気がしますが、


小脳の解剖から、その機能、

 リハビリテーションなどがまとまった書籍はないか?




と探していた時に


小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか


の書籍をみつけました。








2013年に刊行されている書籍なのですが、



・ 小脳の解剖・機能局在・可塑性と運動学習

・ 小脳機能の最新の評価法

・ 高次脳機能障がい

・ リハビリテーションの進歩

・ ロボット工学の臨床応用




など幅広く取り上げられており、

最近の知見を一望するのに

活用させていただきました。







この書籍を読むまで、

認識できていなかったこととして、


頭頂葉性運動失調


に関してでした。






神経経路の

投射繊維なども考慮した上で、

考察することの大切さを

認識させていただきました。









小脳に関する最近の知見が

まとまった書籍を探している方や、

その運動失調をはじめとした

小脳関連のリハビリテーションの現状の把握、

など

もう一歩、

運動失調や小脳のことについて深めたい方には、

参考となる書籍ではないかと感じました。







この書籍の価格・レビューなどを比較する

右向き三角1︎ Amazonで詳しくみてみる:

右向き三角1︎ 楽天で詳しくみてみる:











[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog










               ▲ この記事のトップへ







右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1サイトマップ


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1医学・看護・リハビリ関連本Search | 本のお探しコンテンツ 


右向き三角1PT・OT・STのためのリハビリQ&A


右向き三角1医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)


右向き三角1コンテンツ(一覧) | リハビリ関連書籍のレビュー.blog




PT/OT人材バンク | PT・OT・ST求人


検索
最新記事
(06/11)TOP - リハビリ関連書籍のレビュー.blog
(06/11)PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較
(06/04)「リハプリント」というリハビリ専門家向けの素材サイトを運営中
(02/26)コンテンツ | リハビリ関連書籍のレビュー.blog
(02/26)医療・介護系の転職求人サイト 特集 - 2019年3月以降の転職に向けて医療・介護系版 -
(12/31)2018-2019年 | 年末年始のご挨拶
(12/31)2017-2018年 | 年末年始のご挨拶
サイトポリシー/免責事項
RehaBookReviewさんの画像
RehaBookReview
プロフィール
姉妹サイト
RehaPockke|リハポッケ.png
RehaPockke | リハポッケ
リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。


[ スポンサードリンク ]



メニュー | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


サイトマップ

プロフィール・サイトポリシー・免責事項

TOPページ

コンテンツ(一覧)

リハビリ新刊書籍

リハビリ本の書評

ニュース

トピックス

医療・介護系求人

ー PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較 更新♪

タグクラウド
QRコード
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。