GPIFが日本株を買うという発言は・・・

麻生大臣が「年金積立金管理 運用 の独立行政法人(GPIF)の

動きが6月以降出てくる」と発言しただけで先週先物が大幅に買われる

動きがありました。

130兆円もの公的年金を運用しているGPIFが株を6月以降買うぞ〜!!

なんて言っていた麻生大臣ですが、週末トーンダウンしているようです。

130兆円のうち例えば数パーセント日本株に振り向ける金額を増やすだけでも

兆円単位のお金が株式市場に向かうのでインパクトはそこそこある気はします。

ただ、長期的にはインパクトはそれほどないのでは・・・。

今買って、6月に年金が買うときに売りをぶつけようなんて考えはやめた

ほうがいいですね。


少なくとも自分はやりません。


本当にGPIFが高値をバコバコ買うかも疑問です。


いや公的年金で高値をバコバコ買うのはやめてほしい!みんなの大事な年金

ですから。

おそらく下げたら買ってくる程度ではないでしょうか?・・・

そうであってほしい。








株式市場で利益を上げるコツは・・・


株式市場の1週間の標準営業日(月〜金)を5日とすると

コツコツ稼いで一日で大きく負ける時と損失を最小限に抑えながら

耐えて一日だけでも大きく勝った時の比較をして見ます。

分かりやすいように少し単純化しています。


+1 +1 +1 −10 +1 週合計 マイナス6

−1 −1 −1 +10 −1 週合計  プラス6




上の週は4勝1敗だけど週単位ではマイナス収支。下の週は1勝4敗だけど週単位

ではプラス収支になります。

一日1万円の利益の人はそのまま、1日10万円の利益の人は10倍にして当ては

めてもらえればと思います。

要は負けたときの損失をいかに最小限に抑えるかが長いスパンで見たとき

収支に差がつきます。


これをみると株式市場で利益を上げるには勝率よりいかに損失が出たときの損失額

を最小限にすることが大事かわかってもらえると思います。


1勝4敗でも利益がプラス・・・こんな投資を私は理想としています。











今日、ホームセンターに行ってみると・・・



今日用事がありホームセンターにいってきました。

なんかどさくさにまぎれていろいろなものが

消費増税(3%)以上に上がっていませんか??


例えば石膏ボードですが、以前は200円後半(280円〜295円程度)でしたが、

今日は税込み330円です。

おいおい10%以上あがってるじゃん。

これはいままでなかなか価格転嫁できなかったのを、消費増税を

期に上げたとしか思えませんね。

それ以外でも2×4材も10%以上の値上がり。


株式投資をしているものとしてはデフレ終了はいいことかもしれませんが・・・

円安が進んでコストアップが原因だと思いますが、それならそれで受け入れるので、

消費増税にあわせてわかりにくく値上げはどうかな〜。

消費増税のどさくさに紛れてこっそり値上げせず正々堂々と値上げ

して欲しい






昨日のフリージアマクロス(6343)の暴落に買い向かうが・・・




昨日のことですが、前場途中からフリージアマクロス(6343)に大量の売りがでました。

前場に気がつかず、後場39円をつけたところでやっと暴落に気づき、買い参戦しました。

39円で買い、だめだと思い同値売り・・

その後これは下値に買いを入れておこうと35円・34円と買い指値を入れました。

この指値がヒットすればリバンドで取れるだろうと思いましたが、35円34円の指値が約定

しましたが、大きくリバウンドすることなく35円で引けました。

一日で30%以上下げましたが戻ることはありませんでした。

少し前、音通も同じように暴落しましたが、この時の暴落とよく似ています。

結局、フリージアマクロスは今日もリバウンドはありませんでした。

今日の引値は34円です。

35円ですべて売却して僅かな利益でしたが、リスクと比べてとても割があいませんでした。

少し前の音通も暴落のあと大きく戻ることなく横ばいの動きでした。


まあ、あれですね〜 この動きをする銘柄は

最近はダメですね・・・




忘れたころにしか上がらないパターンかな・・・











   
スポンサードリンク
プロフィール

株式トレーダーM
投資家Mの記録ノート
ランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ

SBI FXトレード
イオンカードセレクト
カテゴリアーカイブ
リンク集
免責事項
このブログは筆者の
個人的なバイアス
(偏り)がかかってお
り記事内容にも当然
バイアスがかかって
いるものとしてお読み
ください。
株式投資は自己責任
です。バイアスのかかっ
た記事による投資の
損害の責任は当ブログ
運営者は負いかねます
のでご了承下さい。