広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
トップページ>ERROR: NOT PERMITED METHOD: name

相続税法について

相続税法は相続税だけでなく贈与税も含まれますが、簿記論や財務諸表論の知識は必要ありません。
代わりに財産評価の知識や民法の知識が必要になってきます。

相続税というのは「死亡した人が残した財産を引き継いだ場合に課される国税」のことで、
贈与税というのは「他人から財産の贈与を受けた場合に課される国税」のことです。

相続税法は実務でも活用頻度が高く、ある税理士は相続案件はボーナスみたいなものだと言うぐらい
1件あたりの報酬も高いことから、相続をメインに営業されている税理士事務所もあるほどです。



相続税法の出題傾向


相続税法では大問が2題出題され、理論と計算が半々(5:5)です。
計算問題はほとんどが、納付すべき相続税額までを算出させる総合問題ですが
簿記論の知識や財務諸表論の知識は必要ありません。

出題範囲ですが「当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。」です。

   
スポンサードリンク


プロフィール

ゴロー
どもーゴローです。 もう社会人も3年目になりました。 そして、会計事務所へ転職。とりあえず、アルバイトから正社員という立場になったので一安心。(笑) とりあえずは仕事に慣れながら、簿記の勉強でもしようかと思っています。ということで、今年の税理士試験受験は断念することにしました。そのかわりと言ってはなんですが、9月から大原に通うことにしました。今は仕事に集中して、9月からは仕事しながら税理士試験の勉強をみっちりしていこうと思います。
☆応援お願いします!☆
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

カテゴリアーカイブ
リンク集
☆リンク募集中☆
きらきらネット マネーフォワード 高還元率のポイントサイト 寶ポイント 懸賞ボックス
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。