広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年12月27日

テロのあったクリスマスマーケットに行ってみた。

こんばんは、ぴょんすけです。

クリスマスがまずは終わり、振替休日の今日、

ふと思い立ち、テロのあったクリスマスマーケットに行ってきました。

ちょうど、ベルリンの西エリアに遊びに行こうと思っていたので、

この目で現場を見てみようと思ったわけです。


現場になったクリスマスマーケットはわたしの生活圏内ではないエリアで、

正直言ってあまりテロがあった実感がなかったのです。

しかし今日、その場所に行ってみて、

献花場所があり、多くの花や蝋燭が添えられているのを見て、

やっと、

「あぁ、ここでテロがあって、人が亡くなったんだ。」

と実感することができました。


クリスマスマーケット自体は数日前から再開されていて、

予定通り1月1日まで開催することが決定したとニュースで見ました。

今日も人手もそれなりにあり、テロ負けない姿勢をベルリナーは見せていると感じました。


いま必要なのは、怖がって家に閉じこもることではなく、

普通に過ごすことが一番強い意思表示なんだろうと思います。


野次馬のような、複雑な気分で訪れた現場になったクリスマスマーケットですが、

訪れてよかったです。

身近でテロが起こった実感と、それに負けない姿勢を学ぶことができました。











2016年12月25日

ともあれクリスマス。

こんにちは、ぴょんすけです。

今年のベルリンのクリスマスは、テロのせいで妙な形で注目されてますね。

逃げていた犯人はミラノで射殺され、共犯者も捕まっているので、

まぁこれで少しは落ち着いたかなと思います。

ぴょんすけの周りの人は、肝が据わっている人が多いので、

そんなに神経質になっていない人が多いです。




「むしろベルリンで、今までテロが起こらなかったのが不思議なくらい。」

「テロは事故みたいなもの。普通に街を歩いていても、トラックにひかれて死ぬこともある。」


でも、確かにその通りだな、とぴょんすけは思います。

亡くなった方々は突然命を奪われて本当に気の毒だと思いますが、

生き残った私たちはいずれにせよベルリンで生きているのだし、

悲しんでばかりも怖がってばかりもいられません。


できることは、自分の日常をこなすだけ。

必要以上に怖がらずに、楽しむところは楽しんでいくしかないと思います。


ってなけでクリスマス。

まったりした25日の雰囲気を味わいます。










2016年12月21日

ベルリンでテロ

こんばんは、ぴょんすけです。

うーーむ。。ついにベルリンでテロが起こりました。

ぴょんすけの普段の行動範囲に入っていないベルリン西側エリアでのテロ。

クリスマスマーケットなんて、それこそ誰もがいる可能性がある場所です。

しかもこれを書いている時点で、直後に逮捕された人物は犯人ではないと報道されていて、

真犯人は逃走中とのこと。

うかつに出かけられない状況です。。。

ベルリンのクリスマスマーケットは、事件翌日の今日は中止になっているところが多いそうです。

真犯人逃走中では、明日以降も再開されるかどうかわからないですね。。



ぴょんすけは、そもそもあまり人の多いところに行かないのですが、

それでも図書館とかには行くので困ったなぁという感じ。

にしても死亡した犯人の一人はポーランド人で、犯行に使われたトラックもポーランドで盗まれたって、

なぜポーランド人がベルリンでテロをやったのか、動機も気になります。

(追記:ポーランド人は犯人ではなく巻き込まれた可能性が濃厚だそうです。)

あまり神経質になり過ぎずに、動向を見守りたいと思います。










ベルリンでテロ

こんばんは、ぴょんすけです。

うーーむ。。ついにベルリンでテロが起こりました。

ぴょんすけの普段の行動範囲に入っていないベルリン西側エリアでのテロ。

クリスマスマーケットなんて、それこそ誰もがいる可能性がある場所です。

しかもこれを書いている時点で、直後に逮捕された人物は犯人ではないと報道されていて、

真犯人は逃走中とのこと。

うかつに出かけられない状況です。。。

ベルリンのクリスマスマーケットは、事件翌日の今日は中止になっているところが多いそうです。

真犯人逃走中では、明日以降も再開されるかどうかわからないですね。。



ぴょんすけは、そもそもあまり人の多いところに行かないのですが、

それでも図書館とかには行くので困ったなぁという感じ。

にしても死亡した犯人の一人はポーランド人で、犯行に使われたトラックもポーランドで盗まれたって、

なぜポーランド人の若者がベルリンでテロをやったのか、動機も気になります。


あまり神経質になり過ぎずに、動向を見守りたいと思います。










2016年12月18日

日本とドイツのクリスマスと正月の違い。

こんにちは、ぴょんすけです。

ベルリンはすっかりクリスマス模様です。

ドイツ人のうかれっぷり半端ない笑

日本人にとってクリスマスは娯楽ですが、

ドイツ人にとってはクリスマスは聖なるもので、

日本人にとっての大みそかと正月みたいな位置づけです。

そこらへんの感覚って、住んでみないとわからないと思います。


そこで見つけた超おもしろそうな本!!


幸福の人類学 -クリスマスのドイツ・正月の日本- (シリーズ 汎いのち学―Paragrana 1)

新品価格
¥2,376から
(2016/12/18 20:05時点)




幸福の人類学ってタイトルが、なんかの新興宗教の本みたいだと思いました笑

でも京都大学やベルリン自由大学の教授が共著で書いている、

れっきとした学術書です。


ドイツに住んでいると感覚的にわかるものが、

こうやってちゃんと研究されて書籍化されているってすごいと思います。


ベルリン在住のぴょんすけは、

できれば電子書籍で読みたかったのですが、

残念ながら現時点では電子書籍化されてなかったので、

日本に居る両親に郵送してもらいました.

しかし後でちゃんと見たら、ドイツへ海外発送対応の書籍だったようです。

1100円で海外発送してくれるなら、両親を介すよりそっちの方が安かったかもしれないです。。

しまったちゃんと確認すればよかった。




いまはまだ忙しくて、軽く斜め読みしただけなのですが、

大学教授が書いたとはい全体的にシンプルで読みやすそうな文章でした。

読むのがいまから楽しみです。


たぶんぴょんすけがこの本を落ち着いて読めるのは、

まさに真っただ中のクリスマスから正月になりそうですよ。

幸福の人類学 -クリスマスのドイツ・正月の日本- (シリーズ 汎いのち学―Paragrana 1)

新品価格
¥2,376から
(2016/12/18 20:05時点)














2016年12月14日

どんどんハードになるベルリン生活。

こんにちは、もはや軽く欝というかノイローゼ気味なぴょんすけです。

なんだか久々にブログを更新していたら、色々と書きたいことが

わーーーっと出て来た感じですね。


ワーホリでベルリンに来たぴょんすけがベルリンに住んで早丸3年。

そしてなんと4年目に突入しました。


そして、年々ハードになるベルリンの生活。

なんだこれ。。。


特にぴょんすけの場合、諦めたくない目標が明確にあるので、

自分の思っていた通りに物事が進まないと非常にストレスですし、

同時に落ち込むわけです。


そしてそれらの過程で、自分が外国人であることを思い知らされたりするわけです。

これは、たぶん1年のワーホリや短期の交換留学で帰国するひとは絶対に味わわない経験だと思います。


最初はお客さんとしてドイツにいるわけですが、

長く居ると社会的なステータスが必要だったり、

そして社会的なステータスを手に入れるということは

同時に社会に対して責任を負うということで、それはやっぱり大変なことなんですね。

しかも外国人の立場で。


ううむ、難しい。

ぴょんすけは現在、いわゆる仮ビザでベルリンにいます。

不安定な状況をなんとか打開するために四苦八苦していますが、

なる様にしかならないと腹をくくるしかない部分もあると思います。


ともあれ、がんばりますよー。







2016年12月13日

出会いのペースが早い。

こんにちは、ぴょんすけです。


最近思ったことですが、なんか最近出会いのペースが早いなぁと。

例えば日本で働いていたころは、基本的には職場にいるし、

週末に出かけてもワンパターンなところしか行かなかったし。


でも最近は特に、新しい人に友人経由で知り合うことが多く、

こういうのって日本じゃあまりなかったなぁと。


そしてドイツ・ベルリンを去っていく友達もいたりして、同時に別れのペースも早い。

とはいえ、離れても縁があればまた会いたい人たちばかりです。


こんなことを書くなんて、

寒くなってきてちょっとセンチメンタルな気分なのかもしれまんせんねー。







2016年12月12日

最近の思うところ。

ブログを更新していなかった。

というか、更新する余裕なんてないくらい慌ただしい日々でした。

そんなわけで、その間に起こったことから、自分が思ったことをここに書いてみます。

かなりひどい目にあった後なので、だいぶひねくれた見方かもしれません。

いまの自分が一番感じていることは、


自分に悪意がないからといって、他者から攻撃を受けないとは限らないということ。


です。

悪意がない人を平気で攻撃する人はいるんだということを学びました。

全ての人を信用しないわけではないけど、やっぱり違和感のある人は危険視しないとダメ。

「良い人」を利用する人って実はすごくたくさんいる。

私は「良い人」が好きだし、自分自身も自然体で「良く」あろうとしたいけど、

そういう自分にとっての基本的なルールが通じない人っているんだなぁと。


特に海外生活で、日本で培った常識が外れてしまい、

それどころか人としての大事な部分まで、

海外生活をしている中で外れてしまっている人って私が思っていた以上に多いみたいです。

そういう人が、わたしは全力で嫌い。


うーーん。。。

もちろん、そんな人ばっかりじゃないんですけどね。

自分はフレンドリーで、だいたい誰とでも友達になれてしまいます。

おしゃべりも好きだし、いろんなことをシェアして、世界を広げたいと思うタイプなのです。

だから発信すること、自分の世界を広げることを辞めないけど、

他者からの悪意に対して、もっと敏感にならないといけないなぁと思った次第です。













超久々の更新!

超久しぶりの更新です。

というか完全に放置だった。。

1年以上放置してたような気がする。


その後のぴょんすけですか?

もう色々と大変でしたよ。

一部は現在進行形で大変です。


でもまだベルリンに居ます笑


最近、ちょこっと自分の状況が変わったので、それらをブログにしていき、

それが自分の力になればいいなぁって感じです。













2015年05月20日

春めいて来ました。

こんにちは。

ベルリンはまだ肌寒い日もありますが、少しづつ春めいてきていますね。

公園に花が咲いていたり、カフェのテラス席に座る人が増えたり。。


去年の今頃はまだワーホリビザで、しかも来てまだ数か月。

「来年の今頃は日本に帰っているのだろうか・・。」

なんて思っていました。


ぴょんすけ、まだベルリンにいますね笑

2年目の今年は本当に思うところが多いです。

視野が広がっている感じがします。

今思うと、1年目って赤ちゃんみたいな状態だったなぁと。


いま経験していることを、もう少し整理しつつ、

落ち着いたらまとめてブログにアップしていきたいです。


それにしても2月から4月くらいは、日本の春休み中の大学生と思われる旅行者をいっぱい見かけ、

5月はゴールデンウィークの社会人旅行者をベルリンでよく見かけました。


直行便がないベルリンに来るっていうのは、それだけ興味を持たれているんでしょうね。


住んでいる私も日々新しいベルリンに出会います。

すごく自分が成長できるのを感じられて、この街に居れるのが自分にとって価値のあることだと感じます。


まだまだぴょんすけのベルリンでの挑戦は続きます!












amazon


楽天市場
プロフィール
ぴょんすけ@ベルリンさんの画像
ぴょんすけ@ベルリン
アラサー女。 いろいろあってドイツ、ベルリンにいます。
ブログ
プロフィール
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村


amazonで超高評価!中級ドイツ語学習者向け

中級ドイツ語のしくみ

新品価格
¥3,024から
(2014/9/14 20:29時点)



おすすめ記事
【拡散希望】座間宮ガレイさんによる
日米原子力協定講座!
youtube動画まとめ

最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
検索

小豆島の特産品
送料無料のお醤油お試しセットあり


<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

送料無料の「お試し野菜セット」が980円から!


国産あじかん焙煎ごぼう茶

小豆島の国産オリーブオイル!



マクロビ・ヴィーガン対応の
お菓子屋さんです♪



素材にこだわった無添加シフォンケーキ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。