ファン
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
写真加工依頼はこちらへ イラスト依頼はこちらへ ロゴ作成依頼はこちらへ

広告

posted by fanblog

2017年02月10日

魔法にかけられた炎の画家の秘密をどうぞ





「さよならソルシエ」

作者はデビュー作から話題騒然の穂積先生です。

ソルシエとは魔法使いみたいな意味です。
でも、ファンタジー作品ってわけではありません。

ある有名画家とその弟の伝記ロマン。

その画家とはフィンセント・ファン・ゴッホ。
そうです、
あのゴッホです。ひまわりとか自画像とかは美術に明るくない方も
一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。(・・あの耳ケガしてるやつね。)

その印象は鮮やかな色彩であったり、独特のタッチであったりとその画面から
伝わるパワーは圧倒的と言えるものがあると思います。
そして、その個性からまさに「炎の画家」と呼ばれていたりします。

でも、この物語はそんなゴッホの弟、
もう一人のゴッホを中心に進んでいきます。

弟の名はテオドルス・ファン・ゴッホ。
天才画商。このもう一人のゴッホの魔法により、
兄フィンセントは世界に知られることと成るが、、

そこには、兄弟の絆・愛・嫉妬・確執そして、宿命と
様々なドラマがあります。

「炎の画家」と呼ばれるに至る魔法。
必見です。


人気ブログランキングへ


そして、なんとこの作品ミュージカルにもなっているみたいです。
来月には東京で再演もされるということです。
この記事を書いていて、たまたま知ってビックリ。

原作も読んでミュージカルも見られた方の感想もぜひ聞いてみたい
ところです。
ぜひ、コメントお寄せください。

そして、今日は静かに燃える炎のようなこの曲を



ブラームス 弦楽六重奏曲 第1番 第2楽章

>ブラームス:弦楽六重奏曲第1番・第2番 [ ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員 ]




同じ19世紀の雰囲気を感じてみては如何でしょうか。
それでは。。


P.S
生きてるうちに一度はオランダのクラレー・ミュラー美術館とゴッホ美術館に足を運びたいなぁ…なんて思っています。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5928162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
記事ランキング
応援ぜひ よろしくお願いします。 ↓↓ 人気ブログランキングへ
タグクラウド
最新コメント
プロフィール
プケ蔵さんの画像
プケ蔵
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。